愛知県日進市の白山宮で、サッカー・ワールドカップ(W杯)のカメルーン戦(14日)を前に、日本代表の活躍を願う多くの絵馬が奉納されている。

 白山宮には足腰を守る神様を祭った「足王社(あしおうしゃ)」があることから、02年のW杯日韓大会あたりから、サッカーの神様としてサポーターや選手が参拝するようになった。白山宮を訪れた日進市の山田哲弘君(8)は「精いっぱいやって、絶対勝ってほしい」と日本代表の活躍を期待していた。【竹内幹】

【関連ニュース】
南アW杯:東京の料理店に南ア30人集結
南アW杯:人種の壁越え開幕
南アW杯:壁面に応援メッセージ 東京・電通ビル
南アW杯:日本応援サポーターも出発
南アW杯:「虹の国」素顔は…日本の交流組織が多彩な計画

2009年度の中途採用実績は大幅減、2010年度は?(Business Media 誠)
<航空機テロ対策>日米で連携、インドネシアに保安機材供与(毎日新聞)
生活保護費で使途不明金 高槻市(産経新聞)
山下が勝ち2勝1敗=囲碁本因坊戦(時事通信)
菅首相会見速報(9)参院選勝敗ラインは50議席 (産経新聞)
AD