ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》のスタッフブログ

2016年8月26日(金)〜28日(日) 阿倍野区民センター 大ホール

ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》
公式WEB:http://hdff.jp/


テーマ:

みなさま、こんにちは。

大阪事務局の池本です。

 

厳しい寒さが続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか。

 

私は先日、初めて自治会の夜回りに参加しました。

「火の用心!」「カチカチ!」と拍子木を打ち、

ご近所の方たち、子どもたちと一緒に町内を歩いていると、

あちらこちらに灯った明かりがとても暖かく感じ、

一軒一軒、それぞれの暮らしが見えるようでした。

 

ところで、

「ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》2016」へお越しいただいた、

お客様の声の一部をお届けいたします。

 

今年、14回目の開催となりましたが、

回を重ねるごとに、

ドキュメンタリー映画ファンの広がりを感じています。

 

2016年も残り数時間、

あっという間に新年を迎えます。

 

みなさま、よいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「ありがとう!」

 

ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》2016

 

第14回を数える我等が映画祭、

今年も三日間で2,800人を超える方々が足を運んでくれました。

ありがとうございました。

 

2,800人が2,800人それぞれに映画と出逢い、

映画の記憶を持ち帰ってくれたことを思うと、

映画祭を開催して本当によかったと思っています。

 

「映画は観客と出逢い、はじめて映画になる」

14年間、私達は手弁当で出逢いの場を創り続けて来ました。

映画祭などと係わったことのないメンバーが、

見よう見まねでで続けて来た手作り感覚の映画祭です。

今年も色々と行き届かないところがあったと思います。

お赦しください。

 

「感動は予想を超える!」のキャッチフレーズ通り、

笑い、泣き、怒り、語り、黙り・・・

参加した一人ひとりが主人公の、映画祭でした。

 

一人ひとりにお礼を言いたい。「ありがとう!」

 

2016.年末 映画祭を振り返って

(総合プロデューサー 伊勢真一)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん

こんにちは。

映画祭事務局の浦方です。

 

映画祭から2ヶ月あまりが経ちました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 

11/26(土)から大阪・十三のシアターセブンにて、新作が公開される伊勢真一監督からメッセージが届きました!

画家・絵本作家のいせひでこさんが、東日本大震災で被災し倒木となった一本のクロマツと出逢い、そして描いた“いのちのかたち” の物語ー。

みなさま、ぜひご来場ください!

 

 

【映画祭総合プロデューサー 伊勢真一監督からのメッセージ】

 

 

第14回の「ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》」では応援ありがとうございました。

 

暑い夏がようやくと終わり秋…

約束通り季節は巡りました。

 

で、我が新作ドキュメンタリーが完成しました。

いのちのかたち -画家・絵本作家 いせひでこ-

 

数年前、阿倍野でも上映した東日本大震災の記録『傍(かたわら)』の続編のようでもあり、ファンタジーに充ちた絵本のようなドキュメンタリーでもあり、不思議な魅力に溢れた映画です。

 

大阪は十三にあるシアターセブンで、11月26日(土)から二週間

・11/26(土)~12/2(金)は12時30分より

・12/3(土)~12/9(金)は10時20分より

一日一回上映です。詳細はこちら

 

※東京は新宿K'sシネマ、名古屋は名演小劇場で、それぞれ11/19(土)から二週間。

 

ひきつづき、応援よろしくお願いします。

 

かんとく いせしんいち

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

初めまして、映画祭ボランティアスタッフの阿部です。

普段は京都の大学で大学院生をしていますが、
西成の街にオルゴールを流すアートプロジェクトを個人的に進めています。
今回色々なご縁から、映画祭のボランティアをさせていただくことになりました。
これが初・ブログ執筆ですが、どうぞよろしくお願いします!


さて、今回の記事の舞台は、もちろん釜ヶ崎。
普段は京都に住む私が、まだまだ西成のことが分からないということもあり、
先日、映画祭事務局長の池本さんと、映画祭スタッフの浦方さんのご厚意で
釜ヶ崎にある「旅路の里と「ふるさとの家」訪問に同行させてもらいました。
(ちなみに、浦方さんは、今年度から西成区まちづくりセンターで勤務していて、
ちょうど萩之茶屋あたりを担当していらっしゃる方です。)


この二か所は、池本さんが40年前にボランティアをしていたゆかりの地。
毎年ドキュメンタリー映画祭のチラシは置いてもらっていたものの、なかなか直接訪問することができなかったそうです。
なので、池本さんにとっても40年ぶりの訪問
西成ビギナーの私は、知らない場所だったのでドキドキです・・・・。

◎旅路の里
旅路の里は、古くからあるキリスト教の施設。
周りにホテルが立ち並ぶ中、ひっそりと何十年も釜ヶ崎に寄り添ってきた小さな家。
室数は多く、簡易宿泊施設にもなるようで、今でも大学生や高校生がボランティア来ているらしいです。 池本さんは40年前にボランティアをしていて、労働者の方と、神父さんと一緒に食事をしていたそうです。

残念ながら神父さんは不在でしたが、中に上がらせてもらうと・・・・・灼熱の暑さでした。
目がくらむような暑さではありますが、何人もの人が泊まっていたと思うと感慨深いものがありました。部屋も綺麗に保たれているので、涼しくなったらまた遊びに行きたいです。

◎ふるさとの家
ふるさとの家は、三角公園にほど近い日雇い労働者の方々のための支援施設です。



着いて目に飛び込んでくるのは、一階のラーメン室

ラーメンを持参すれば、調理に必要な物は貸して貰えるそう。
以前は食堂だったようですが、なんと池本さんは当時ボランティアで食堂で注文を聞いたり、配膳などをしていたそうです。

食堂奥にある階段で二階に上がると、人はまばら・・・・。
クーラーがついてる別の施設に皆さん行かれるらしいです。

そして、階段近くには「さんぱつ整理券」の看板が。
この整理券をもらうと、神父さんが髪を切ってくださるそう。
こんなサービスがあるなんて・・・。

そして印象的だったのは、納骨堂。身寄りの無い労働者の方々のお骨が、
身を寄せ合うようにひっそりと納められている5畳ほどの小さな部屋。
多くの人たちに想いを馳せつつ、しっかりと手を合わせてきました。

ふるさとの家も神父さんは不在でしたが、スタッフの藤井さんがとても親切にしてくれました。
ありがとうございました!

今回は「旅路の里」と「ふるさとの家」をご紹介させていただきました。
釜ヶ崎に長年寄り添ってきた二つの施設には、不思議な温かさが満ちていたように思います。


ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》2016 開催まで、あと一週間です! 詳しくは、公式サイト(http://hdff.jp/) をご覧ください。
是非来週はご来場ください、お待ちしております。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
映画祭スタッフの浦方です。

今回はひとつご紹介したいことがあります。

天王寺動物園の最寄り駅である大阪市営地下鉄「動物園前」駅。
こちらは御堂筋線と堺筋線の乗換駅となっています。

御堂筋線のホームの壁には、ゾウやライオン、キリンなどの動物たちがタイルに描かれています。

 

 

近づいてみれば、わかるかもですが・・・。
なんと!動物等身大で描かれています。

また柱には、動物の後ろ姿(おしり)の写真が施されています。

 

阿倍野に住んでる僕や、また御堂筋線を利用する方にとっては何気ない風景ですが、それ以外の方は知らないかも?と思い掲載してみました。

ちなみ実は「天王寺動物園」へ向かうには隣駅の「天王寺」駅からが一般的となっています。もちろん「動物園前」駅からでも、行けます。

今年、上映する「天王寺おばあちゃんゾウ 春子最後の夏」をご覧になられたら、ぜひ「天王寺動物園」にも足をお運びいただければと思います。
その際はぜひ、御堂筋線「動物園前」駅を利用してみてください。



「天王寺おばあちゃんゾウ 春子最後の夏」(99分)
監督:人見 剛史
上映日時:8月26日(金) 13:00-
http://hdff.jp/2016/haruko_saigo_no_natsu/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。