自民党の谷垣禎一総裁は8日夜、党本部で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、鳩山政権が目指す5月中の決着ができない場合、内閣不信任決議案の提出を検討する考えを明らかにした。
 谷垣氏は「首相としての退陣を要求していく。(不信任案も)視野に含めて考えていく」と述べた。 

【関連ニュース】
沖縄の理解なしに決めぬ=普天間移設、平野発言を修正
陸上案は民意無視=稲嶺名護市長
普天間、社・国が移設案提示=5月決着目指し対米交渉へ
官房長官の発言批判=共産・市田氏
反対決議「自然な流れ」=谷垣氏

地域主権2法案を閣議決定(時事通信)
朝鮮学校の授業料無償化 公明・山口代表「除外すべきではない」 (産経新聞)
北教組事件 小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
女性飛行士と宇宙生活 山崎直子さん、来月5日に初飛行(産経新聞)
岩手で推定1.9メートルの津波=入り組んだ地形影響-気象台調査(時事通信)
AD