クランキンボックスすたんだぁ~ど

大人になってからバス釣りを再開しました。
釣行日数も少ないのでいつまで経っても初心者アングラー。
中級目指して思いつくままに書いてみます。


テーマ:
橋にぶつけてリップを破損したビーツァを改造してみました。






まず綺麗に折れたリップを金ヤスリで削って、サーキットボードを好きな形に切って、ビーツァの取り付け部に角度に気をつけて糸ノコギリで切れ目を入れます。

で接着剤でくっつけるんですが、私はかなり昔にやったので瞬間接着剤でやってしまったため白くなっていますし劣化するのでオススメしません。

100均でも大きな店だと2液性のエポキシ接着剤がありますのでそちらをオススメします。



↑この糸ノコギリで切れ目を入れる部分で改めてビーツァはソリッドボディなんだなと実感します。

普通のプラ性ルアーじゃ浸水しますので、マネしづらい部分ですね。





リップを付けた当時は何も知らないのでサーキットボードで作っているのにM3と同じサイズのリップにしていました(笑)

それでもビーツァのボディの完成度が高いお陰でそれなりに泳ぎます。

まさに「リップに頼らない素晴らしいボディデザイン」とはこのことなんですね(*_*)




それなりには泳ぐんですがオリジナルとは違う動きなので色々更にいじっていました。

ラッキーストライクのアップショットのようにしたり、板重り貼ったり、ブレードを付けてフックの干渉具合を見たり、かなり勉強させてもらいました。

ソリッドボディなのでブレードクランクのようにアイを増やすことも可能ですが、後戻りできなくなるのでそれはやめときました。






で、1つの答えがこれ。

元々フラットサイドクランクで体高があるんですが、ロールしやすいように細長いウェイトが内蔵されています。

さらにロールに振ってシンキングにするために後方に板重りを貼ります。

この段階でロールするi字系なんですが、前傾姿勢にならないので根掛かりが心配です。


なのでテールフックは外してベリーのみの大きめダブルフック仕様。
あまり暴れないi字系ならこのダブルフックが使えるんです。
(トップみたいですね(笑))


更に思いつきで100均で売っている超強力マグネットなるものをエポキシで板重りの上にくっつけます。
(板重りの上なら最悪ボディから板重りごと剥がせます)




ダブルフックを固定してサイレント仕様にするんですが、バイトの際にマグネットから外れるくらいでちょうどいい磁力です。

(FAのBクルーズはオリジナルではありません。オリジナルは別です。)





フックがこれだけ出ていますのであまりカバーにコンタクトはさせない方がいいですが、ダブルフック1本なのでi字系にしてはかなり使いやすいと思います。



テールが寂しいのでブレードを付けてもいいんですが、尻下がりでスピナベ的には使えますが操作はしづらくなります。





今回の仕様はスナッグレス性はありますが、フック自体が後方のウェイトになるためロール主体の動きになります。
普通のクランクのチューニングにはあまり向きません。

フラットサイドをi字系にする場合には有効ですかね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ハンドメイド」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。