愛知県半田市の道路脇の草むらで会社員山本博三さん(50)の遺体が見つかった事件で、県警半田署捜査本部は13日、道交法違反(ひき逃げ、事故不申告)と自動車運転過失致死の疑いで、半田市宝来町、酪農業中島博己容疑者(81)を逮捕した。捜査本部によると、「何かにぶつかったが、人とは思わなかった」と供述し、ひき逃げ容疑については否認しているという。
 逮捕容疑は7日午後10時半ごろ、同市馬捨町の路上で車を運転中、歩いていた山本さんをはねた上、救護せずに逃走し、脳損傷などで死亡させた疑い。 

【関連ニュース】
飲酒し自転車でひき逃げ=重傷負わせた男書類送検
ひき逃げのトラック運転手逮捕=パンク修理の男性死亡
ひき逃げ容疑で内装業者逮捕=路上の男性死亡
警察官をひき逃げ、出頭の高校生逮捕=バイクで10メートル引きずる
同乗者3人、危険運転は不起訴=名古屋ひき逃げ死亡事故

佐賀県の「一部ユニット型」特養、国と異なる解釈で報酬を算定(医療介護CBニュース)
<ランキング>日本32位 母親になるのにベストな国(毎日新聞)
リニモ運行会社員、8900万円着服し馬券購入(読売新聞)
法被姿で歌舞伎祭アピール=石川県小松市〔地域〕(時事通信)
美容と健康に効く!“真っ黒メニュー”が登場(産経新聞)
AD