第4セクターの乗りバス・乗船日記

大型時刻表に掲載されている、全ての地上・海上を走る乗り物の完乗を目指している第4セクターの記録です。

第4セクターへの質問・問い合わせ・意見などは、
dai4sekuta@gmail.com まで。


テーマ:

年も新たになりまして、乗りバス関係の今年の目標などを。

まあいつものとおり、新設路線には積極的に足を運ぶと伴に、今年の早いうちに首都圏~京阪神間を結ぶ、路線高速バス全てに乗車しようかと思っています。

で、今日はどうしようかと思っているのですが・・・。

先ほど某ドリームを高速バスネットで見たら、2号車は誰も予約が入っていなかったり・・・

キング貸切にはならないとは思いますが、まあ1階席は占拠できそうな感じだったろするんですが、ドリーム号は散々のっているしな・・・

東北急行のフライングライナーの乗車記がどこにも見当たらないし、浅草にも寄るようになったし、ここらで東雲から藤井寺まだ行ってみるのも良いかな・・・


さて、高知~松山間といえば、高速道路が開通する前は、国道33号線を経由する、国鉄バス(JR四国バス)の松山高知急行線で結ばれていましたが、高速道路開通に伴い、地元バス会社連合のホエールエクスプレスとJR四国バスが運行する、なんごくエクスプレスのダブルトラック体制へと移行しました。

っと、今回は、伊予鉄が運行する、ホエールエクスプレスに乗車してきました。

乗車したのは、こちらのバス。


第4セクターの乗りバス日記


伊予鉄セレガ。

まあ伊予鉄=日野車なのはお約束なんですけどww

4列シート、補助席なし、後方トイレ仕様となっています。

高知駅前BTから5人、はりまや橋から1人の計6人で本日は確定。

高知駅前BTで乗車券を購入したのですが、乗車券と伴にこちらを渡されまして・・・


第4セクターの乗りバス日記


伊予鉄・土佐電・県交通で使える、200円分の乗車券。

これは地元の交通事業者だからできる施策ではないかとww

ありがたく、伊予鉄電車で使わせてもらいました。

地場の路線バス・鉄道は貴重な経営資源ですので、ちょっとしたことで、高速バスの利用促進やローカル路線の振興になるのは、とても良いことではないかと。

さらに発券当日限りの運用でなく、発効日から6ヶ月有効というのも、使い勝手が良さそうな感じです、ハイ。


いつもの如く、土木技術の粋を集めた高速道路で、険しい四国山地を貫き、香川・愛媛と穏やかな瀬戸内海沿いをバスは走ります。

松山道は、一段高いところを走っていますので、


第4セクターの乗りバス日記


第4セクターの乗りバス日記


町並みから、伊予三島の製紙工場群、その先の碧い瀬戸内海など、いい感じの景色が広がっていきます。


で、松山市駅は定刻に到着ということで、こちらで高浜行き電車に乗り換えて、松山観光港に向かう、第4セクターでした。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード