楽団BBQ大会

テーマ:

今年も太閤山ランドで吹奏楽団のBBQ大会が開かれたので参加してきた。例年と違う点は、私事になるがスペーシアで来たから私はお酒が飲めるという事!なわけで缶ビールをプシュッと開けて飲んでいた。それにしても毎年天気が良い。楽団には強力な晴男が集まっているのだろうか?


ただ何となく量を食べれなかった。会費を払ってるんだから食わないと損だけれど、頭の中でどうしてもセーブしているような印象だ。もったいない…

次男をえぢりさんとかおかざきさんとかに抱っこさせていた。両人ともまだ40代だけれどお子さんがそれなりに大きいので『そろそろこういうの出来るよ…』というアピールだったがまんざらでもないようだった。ちなみに私に孫が出来るとなると多分その時私は還暦を過ぎてるんじゃないかと思う(汗)


恒例の集合写真を撮って解散…その後しばらく太閤山ランド内を歩いていた。長男が小川に入って走っている。毎回太閤山ランドに来るとびしょ濡れになるという印象があるので今回も着替えを持って来て良かった。

 

新緑の良い季節・・・

すっかり夕方になって車に戻ってくる。フツーに運転席に座りエンジンのスタート釦を押したが、いやいや違う!私は飲んだので運転はあきちゃんだろう。という事で後席に移動して帰途についた。

AD

まつりだまつりだ

テーマ:

平日だし仕事しているから別に雨降っていて山車(やま)の奉曳が無くても構わない…そういう風に軽く考えていたら、午後から雨がやんで次第に晴れてきた。そうなるとうずうずしてくる。

 

という事で思い切ってpm3:00で仕事を切り上げて帰宅。街まで山車を見に徒歩で出掛ける事にした。家族は留守…という事はもう見に行っているはず。現地での合流を目指す…

 

末広町から片原町へ…それから旧町の方へ…どんどん人が多くなっていき山車が見えた。何処を巡っているか詳しいスケジュールを知らなかったけれど、山車は7基あるのでどれか見つかるとは思っていた。途中掛かってきたTELに寄るとあきちゃんは二番町の山車につんだって歩いているらしい。7基の殿(しんがり)の山車だ。

 

すぐに見つかって合流…ちなみに何故二番町の山車かというと、長男が気に入っているからとの事。他の6基は四輪車だがこの二番町の山車だけ大きい2輪車になっていて特にコーナーリングがスムーズ…というか他にない特徴のものを好む傾向は両親のDNAの影響だろうか?

 

4基集まっていた…

 

その後曳き納めを見てから関野神社にお参りする。昔は曳き納めが終わってももっと人がいたと思うけど…ちなみに自分が中学だったか高校の頃までラジカセで軍歌を流す傷痍軍人の方々がおられたが今はそういうのはいない。もうそういう時代ではないのだろうな…代わりに目立ったのは高校生の女子たちが化粧をしている顔…特に女子だけのグループで来ている子に共通するのは『カワイイ方向に向かっていない』というもの…きっと慣れていないんだろうな。そういう失敗を繰り返して大人になっていくのかも?それにしてもそんなに若いうちから塗って年食ったらどうなるのか心配だ(笑)

 

さて、露店で長男にいくつかアクティビティーというかやらせたが、ひとつひとつが高い割に景品がイマイチな感じがした。この業界景気はどうなんだろう?そもそも自分が子供だった頃には末広町から高ノ宮通りまでビッシリと露店が続いていたものだが…人手も今よりずっと多かったし。そういう時代もう来ないのかな?うちの子が高校生とかになる頃はどうなってるんだろう?というかうちの子たちいつまで親と一緒に祭りを見に行くのだろう?長男に関してはあと10年ないかも(汗)

AD

山へ海へ…

テーマ:

昨夜自治会の班長会議があり、今年度より班長になった私は公民館へ出頭…帰りは笹にくるんだ押し寿しをしこたま貰ったので、今日はそれを持ってピクニックに出掛ける事にした。ついでに先日買ったアウトドア用のバーナーを持参。途中のスーパーでカップ●ードルを買っていざ二上山へ…車はスペーシアであまり負荷を掛けないように走らせる。こういう時エンジントルクのおいしい回転域を選択し続けるCVTは便利だと思う。やはりもうMTの時代ではないかな(汗)

高岡市の二上山キャンプ場というのがあるのを最近知った。しかし地図を見て『こんなところに入って行く道あったっけ?』と不思議に思っていたけど、実際に車1台ぐらいの幅の道があり天気も良いので何人かのハイカーとかすれ違った。そして結構広い駐車場があるキャンプ場に到着…あきちゃんが管理棟に交渉に行って空いているオートサイトを使わせてもらう事が出来たのはラッキー!早速車をサイトに横付けしてシートを敷いて、強い風で飛ばないように小型のクーラーボックスで押さえた。奥の屋根がある炊事場の周りに何組かの親子連れがいる。各々道具やテントを展開して食事を楽しんでいるようだった。風がゴウゴウ吹いているけれど木立に遮られ地表付近はそんなに風を感じないものだ。これは先日の海辺とはぜんぜん違う。早速バーナーにガスをセットして魔法瓶の中のお湯を温め、カップ●ードルに注ぎ込んだ(熱湯を持っているならそのまま注げば良いのだけれど…汗)。同じものでも外の日の光の下で食べると美味しく感じるものだ。次は登山で食べてみたい気もする。

 

便利だね…ケトルあれば良いかも?

食事が終わったら周辺を散策。炊事場のファミリーのおとーさんに話しかけると午前中の強風でテントのマストが折れて宿泊は諦めるとの事。そういう事もあるのかと驚いた。それから管理棟を挟んで東側のテントサイトをぐるっと回ってきた。ボーイスカウトの子供たちがテントを設営していた。連休だからか賑わっているようだ。家から近いのでそのうち我々も利用してみたい。

伏木方面に山を降りて次は先日デイキャンプをした松田枝浜へ…連休中は人が多いと聞いていたがそんな事はなく閑散としていた。風は相変わらず強いけれど先日と違って西風だからか波は穏やか…波打ち際で少々遊んでから松林の中を歩いて駐車場へ戻った。少ないながらキャンパーが各々のスタイルで楽しんでおられた。そういうのを見ると自分らも早くデビューしたいなとうずうずする。

穏やかな海…ただ水はまだ冷たい


私の実家に寄ってから帰宅。あまり動いて無い割に疲れた…

AD

デイキャンプのようなもの!?

テーマ:

晴天の休日という事でデイキャンプというか野外炊飯に出掛ける。これが上手く行けば宿泊を伴うキャンプにも行けそうだが果たして…

前日まで新たに用意した道具は、長男用の折り畳み椅子、焚火台、薪、鉈と鋸、木炭、火起こし兼火消壺、とんぐ、ターボライター、小型のサイドテーブルなど…あきちゃんが台所から持ち出すのは、鍋、カセットコンロ(何故か2台?)、プラスチックの食器類、割り箸など…食材は米と焼肉用の肉パック、それからBBQ用の野菜類、サツマイモ、調味料など…で、先日買った椅子2脚と台車も積んでルームミラーから後が見えないぐらいのパンパンの積載量になった。もちろん子供のチャイルドシートは後席に並べて足元にもぎっしりと荷物を載せてある。まだルーフボックスを買っていないものの、デイキャンプでこの積載量なので果たして宿泊を伴うキャンプなんて出来るのか不安になった。

 

積みすぎ?

とにかく出発!海側へ向かって車を走らせた。積載物が暴れないように安全運転を心掛ける。途中コンビニとかに寄って30分程度で雨晴に到着!海水浴のシーズンではないのでビーチに人影はまばらだが、松林のキャンプ場は大学生ぐらいの団体が入っていたり、何組かのキャンパーがおられるようで、丁度昼近くもあったので各々焚火を始めていた。

火を見るとテンション上がる!こちらも車から荷物を降ろし台車に載せて場所を探す事にする。海からの風が多少あるのとタープとかの準備が無いので日差しを避けようと、松の木の日陰でやや広い所に陣取った。果たしてここが良いのか悪いのか?でもって長男がせがむのですぐ目の前の浜で投げ釣りをするものの、まだ時期尚早で小さなフグ以外の魚は掛からなかった。投げっぱなしの置き竿にしてまた松林に戻る。

あきちゃんはカセットコンロと鍋でご飯を炊いていた。ただカセットコンロは屋内用なのでこの風の中では使いにくいという。そのうちアウトドア用の物を買わないといけないな…椅子を出して焚火台は組み立ててあったが何も載っていないので、鉈で薪を細かくして新聞紙とターボライターで火を着けた。風のせいで最初着き辛かったが、火が大きくなると風のおかげで弱くなる事はなかった。大きい薪に火が回ったら木炭も投入して、それらに火が着いたら火起こし器で育ててやった。大学生の時に何度かこういうのをやったが毎回火の当番をしていたと思う。おかげで火に関しては得意分野だ。

網の上で肉を焼く。焼肉用のパック肉はペラペラで気を抜くと簡単に焦げる。それにしても肉を焼いてタレを付けて食べるだけなのになんて美味しいんだろう?ただ海からの風が強くなって寒かった。ご飯は冷たくなってしまったのがザンネン…あきちゃんがサツマイモを濡れた新聞紙とアルミホイルで包んだのを焚火に投入。あとマシュマロを焼いていた。ただ次男がグズッていてゆっくりとは食べれない。メニューや調理器具に関してはまだまだこれからといったところだが、積載物の大きさが気になるところだ。

次男がまだ立って歩けないので片付けも不便だった。かといってヨチヨチ歩きで焚火の周りを歩かれても困るが…しばらくは次男には目が離せない。

それにしても風が冷たく寒かった。焚火で暖はとれるけど背中は寒い。風よけは必要だな…そして撤収…また道具を車に積み込むのに苦労した。やはりルーフボックスの手配を急ごう。しかし今後宿泊を伴う場合はテントなどの新しい装備も増えるし大型のクーラーボックスも要る。そのうち車も買い替えないといけなくなるだろうな。何に乗ろうかな?

 

天気は良いが・・・

 

ピカピカの鏡面仕上げも一回使えば・・・

 

楽しい経験だった。ただ余裕はなかったな・・・経験を積めばより楽しくなるだろう。

一人増えて…

テーマ:

あきちゃんの職場の歓送迎会という事で私は夕方に帰宅して一家でスペーシアで富山へ向かう。夕方の道路は少々混んでおり開宴時刻ギリギリになったものの無事に城の横のホテルに送り届けた。

 

さて、その後が問題。だいたい2時間ぐらいをどのように過ごすべきか?とにかく長男が『おなかすいた』というので国道41号線を南に車を走らせアピタの糸庄で夕飯にした。アピタに着くまで次男は寝ており母親がいなくなったのをいまいち理解してない様子。とにかく親子でワンテーブル占拠してうどんを食べる。ここの店の良い所は広くてすいている所だと思う。長男はともかく次男もつるつるとうどんを食べていた。

 

ここまでで約1時間を消費する事が出来た。そしてまた車で移動。移動の間長男も次男も大人しかったのはありがたかった。やはり何事もまず腹ごしらえだろう。

 

ファボーレの横のSPORTS DEPOでキャンプ用品を見る。子供らの椅子で何か良いものはないか?と思っていたけれど、荷物が増えるのが嫌だったので見るに留める。それからファボーレへ…子供服とか見ていたらあきちゃんから『そろそろOK』とメールがあった。長男にご褒美という事で駄菓子屋で少し物を買ってから車に乗せてあきちゃんを迎えに行く。ここで次男は少々グズッたがストロー付の水のボトルを与えたら静かになった。

 

無事にあきちゃんを回収して帰途に就く。2時間なんて結構あっという間だった。長男が幼かった時はこういう時結構不安だったけれど、二人目になると案外楽なものだ。

お花見へGo!

テーマ:

天気が良くなるようなので毎年恒例のお花見という事で古城公園へ向かう。今回は荷物が多いので台車を押して出発!風が吹いていて桜吹雪になっていた。まずは本丸広場に向かったが閑散としていたので小竹藪へ…こちらは賑わっていて中央の広場に空きがなかったが北側の林の中にスペースがあったのでそこに陣取った。先週買ったアウトドア用チェアを広げる。長男は折り畳みの簡易テーブルの設営をやってくれるようだ。頼もしい!

 

盛りは過ぎたか・・・

 

桜吹雪・・・

 

我々のように家族で来ている者、大学生風の男女数人のグループ、女性二人連れ、いろんな人がいるものだ。残念ながら桜の花びらは半分は落ちてしまったけれどそれぞれに食べたり喋ったり楽しんでいるようだ。

 

長男が自分の仕事とばかりに水筒に入っているお茶を配っていた。ちょっと早いけれど持参した「スパムむすび」を食べる。外で食べると美味しく感じ3人でペロリと全て平らげてしまった。

 

スパムむすび・・・ハワイ行きたい。ハワイのスパムむすびは米が不味いが・・・

 

もっといろいろと準備しておくんだったなぁ…しばらく春の風景を楽しんだ後片づけて帰宅する。サッサと帰宅して次は何をしよう?と思うも長男が台車を押したいと言ったのにモタモタしている。そして長男推しなあきちゃん…ここでまた一悶着始まりそうだが、売店でモナカアイスを買って落ち着いた。

 

桜はまた来年・・・

 

帰宅してから次は街の方へ出掛けた。目当てのカフェで何か甘味を食べようと思ったものの満員御礼にて退散…他に目当ては無く、大和の地下でコーヒー豆を買い、パン屋でつまみを買いそれをつまみながら帰途に就いた。その後はまた長男と公園へ出掛けたので今日の歩数は1万歩を越えたようだった。疲れた…

 

夕景・・・

 

まだまだ元気・・・

次の車どうする?

テーマ:

キャンプについて考えると今のインプレッサの積載能力が問題になってくる。後席の後ろにカーゴスペースはあるけれど、リアのオーバーハングが短いのとリアウインドーが傾斜しており容量が無い。そうなると2010年にこの車を買わずにBP5レガシィー(その時点で中古だが)あたり買っとけば良かったが今更どうにもならない。そんな中とある考えが降りてきた…『そういえばアレはどうなんだろう?』

 

仕事帰りに中古車販売店へ向かう。初めての店だったのでその辺を歩いていたセールス氏に声を掛けて車を見せて貰った。わざわざ鍵を持って来てエンジンを掛けてくれたのは好調である事のアピールだろうか?運転席に座ってみるとインパネに黄色の給油ランプが点いていた。何か申し訳ないぞ…

 

白いボディーに黒い内装。アルカンターラのシートがしっかり体を固定して滑らないのが良い。内装やフロント方向の景色などの感じは今乗っているインプレッサと大差ないけどちょっと上下方向に長いのかな?ステアリングの横にパドルが付いている。アクセルをあおるとフォンフォンとレスポンス良く回転が上がった。自然吸気の2.5Lエンジン…なかなか良い音だ。そしてアイサイトのところのスイッチを操作して天井のカバーを開けると広大なガラスルーフが現れた。ただこれは前席からはあまり視界に入らない。

 

運転席の後ろの後席に移動。こちらからはなかなか壮観な天井の眺めだった。新緑の並木道とか走ったら綺麗だろうな…ただ黄砂のヨゴレが少々目立つ…それにしても運転席を目一杯後ろに下げているのに足元に余裕がある。GHインプレッサだと膝が前席の背もたれに当たるのに…これは130mmばかりホイールベースが長いからだろうな。でもって後席の後ろを見ると3列目のシートは倒されていてなかなか広いカーゴスペースが見て取れる。後ろのハッチのガラスも立っていて結構積めそうだが、3列目シートの倒れ方がイマイチでカーゴスペースが後ろに向けて傾斜しているのが少々気になる。3列目のシートは使う事がないと思うのでカーゴスペースのフラットなステーションワゴンの方が良いかな?しかしステーションワゴンはリアシートが固定だけれど、この車は3列目があるためにこのリアシートがスライドするはず…う~む。

 

スバル・エクシーガ…今までノーマークだったけれどなかなか面白い車だった。この個体は走行距離が結構行ってるので手頃な価格になっているものの程度はそんなに良くないかな?あとホイールが純正でなかったのと前ユーザーが施したノイズ対策が気になった。この車に乗り換えるとまたロードノイズとの戦いが振り出しに戻るのだろうか?それはイヤ…いずれにせよ試乗してから決めないとな。セールス氏に礼を述べて帰宅。

 

夜にあきちゃんに車の話をしたが乗り気な感じではなかった。そもそもキャンプ道具からまず揃えて行かないと…とりあえず今の車で頑張ってみてダメだったら考えよう。やはりルーフキャリアとルーフボックスの購入からか。

父親・・・

テーマ:

父の命日という事で一家で墓参りに向かう。昨日の暖かさにつられて一気に桜の花が開いたものの今日は天気が悪く花見という感じではない。お寺さんには『花見会』と称して紅白の幕が張ってあったものの、毎年恒例の菊作りの老人たちが作業している他に人もいなかった。お墓の前で手を合わせる。

 

それから富山に向けて国道8号線を東へ…豊田のアウトドア専門店へ入った。ここは以前は登山用品が充実していたが今はキャンプ用品が充実しておりいろいろと見て回る。

 

実は昨年あたりから『一家でキャンプに行こう!』とあきちゃんが息巻いている。本とかで知識を増やす割に何のアクションもしないのはいつもの事だが、道具類を揃えて行くとなれば実物に触れたり知識を持つ人の意見を聞いたりするのがいいと思う。しかし店の中でも疑問形の言葉が多いあきちゃん、人に聞く前にちょっとは考えようよ…店内にはテントがいくつか展示してあった。テントを買うとキャンプらしくなるだろう。大きいのは漏れなく高い…さらにかさばる。そういうところがネックになりテント購入は手が出ない。テント泊するならルーフボックスを買うか車自体買い替えるかしないといけないだろう。今のところそれは現実的ではないので(ルーフボックスなら買っても良いが)、例えば野外炊飯(デイキャンプとか)から始めるのが良いと思い、まずはチェア(椅子)かな?ネットの評価などもあるけれど基本的には実物に座って考えるべき…店内のチェアを何点か座ってみて気に入ったのを購入した。ちなみに今回は2脚だけ…子供らのはまた考えよう(汗)というかこの2脚が少々かさばるので子供らのはもうちょっと簡素なのにしようと思う。

 

その後昼食を食べてから立山町のモンベルショップへ…こちらは初めて行ったがとてもお洒落な感じでこういうショップが近所にあれば良かったのにとか思った。ただモンベル製品が何でも揃うような店だけれど、ウェア系はどうも質実剛健というか色使いとかに斬新さがないように思う…他のアウトドアブランドのも見たい気もした。

 

帰宅して早速チェアを出して部屋の中で座ってみた。快適だ!次はテーブルかな?同じブランドの同じラインのものはかさばるので、かさばらずに丈夫で使い勝手の良いものを探そう。そしてその後はあれもこれも…う~む今の車では難しい(汗)やっぱ次はミニバンかな?

 

夜に寝室で子供らの寝顔を見る。私の父は私が37歳の時に亡くなったが、私はこの子らの成長をいつまで見守る事が出来るかな?あきちゃんによれば男の子の場合ある程度の歳になると親と同行しなくなるがキャンプになるとついてくるという。確かにキャンプというのは特に男の子の場合は良いかもしれないな。例えば焚火を囲んで息子らと語り合う…そういう親子であれたらな。
 

誕生日

テーマ:

うちの会社には誕生月に1日休暇を取れという『バースデイ休暇』なる制度があるので誕生日のその日に休む事にした。久しぶりの平日の休みという事で朝から床屋へGo!…髪が軽くなったところで次は車を洗車機へ入れる。車がピカピカになったところで服屋へGo!ジーンズを試着した。


いろいろな考え方があると思うけれど自分はジーンズは消耗品だと思う。洗濯は頻繁にはしないので長持ちはしていると思うけれど、経年劣化により例えば膝だったり二つ折り財布を入れているケツのポケットの角に穴が開いてくる。それも味ではあるけれど、みすぼらしく感じる時もあるのでそうなってしまったら『作業用』になり一線を退く…今回は2011年あたりに買ったリジッドのヤツの代替品を探す。


前回ジーンズを買ったのは2015年の9月に仙台へ出張に行った時で、ホテルに近いジーンズショップで自分で選んで黒のものを…その前は2014年の10月に大垣へ出張に行った時にイオンで臙脂色のを買った。出張は滅多な事が無い限りは残業にならないので夜は自由な時間があり、そうやって服などを買ってしまう事が多いのだが、黒のヤツは帰ってから履くとどうも太く感じられその後履く頻度があまり上がらない。やはりもうちょっと時間を掛けて納得の行く1本を選ばないといけない…


そんな訳で今回はいろんなものを納得の行くまで選んでみた。店はヒマそうだったが付き合わされた店員には申し訳なく思う(汗)しかしその甲斐あって納得の行くのを選べた。今回は久しぶりのリーヴァイだ!

 

その後春休み中の長男をあきちゃんがおとぎの森公園に連れて行くというのでそちらに向かった。日差しはあるけれどまだ風が冷たい。芝生にシートを敷いてコンビニで買ってきたおにぎり等を食べてピクニック気分…長男はもっと遊びたいというけど私は先に帰宅した。その後あきちゃんたちが帰ってきて、私が床屋に行ってる間に作ったという手作りのケーキで誕生日を祝ってくれた。あと長男がいろいろと考えてくれたらしく、100均で買ったパーティーグッズでお祝いしてくれた。そういう事も考えられるようになったんだな…ありがとう。

 

42歳…今年は何が出来るかな?

あたってもやめない!?

テーマ:

夜中に起きてトイレ直行!オカシイぞ。腹が下るのには慣れているがこんな夜中に下るのは珍しい…しかも硬いのから始まって軟らかくなって最後は液体…これは単なる下痢ではなく食あたりではないか?考えられるのは昨夜食べた焼き牡蠣だが、話によれば滅菌処理されてて生でも食べられるはず…他何かあったっけ?あきちゃんも長男も同じもの食ってるはずなのにな…

 

まあしかし最近トレーニングをしていなくて少々太ってきたからまあ良いか(笑)

 

なお、腹の調子が悪かったのは夜中の1時間と朝起きての1時間ぐらいで、ちゃんと仕事に行って来れたし、その後はいたって普通だった。良いデトックスだったのではないか(笑)

 

美味い!からやめない(笑)