多いに越したことはないが…

テーマ:

あきちゃんのおばあちゃんが入院しているという事で、あきちゃんはお見舞いに息子たちの写真でカレンダーをカメ●のキタム●で作ってきて渡すとの事。コレの写真のチョイスは私がしており実際に出来てきたカレンダーを見たのだが…

すごく綺麗にプリントされているなと思った。

もともと写真の腕も良い…カメラ機材が良いのもあるけれど、露出やコントラストや彩度に補正が掛かるのか?もともと良い写真はより美しく、驚いたのはあきちゃんが撮ったビミョーなカメラの写真に関しても、補正された感じがしない自然な仕上がりで綺麗になっていた。

スゴイね~…それにしても膨大な写真を持っているけれど、プリントする機会はほぼなく、PCやタブレットの画面上で閲覧するだけになっている。バックアップは外付けHDD×2台に同じものが書き込んであるけれど、もし何かの原因で同じタイミングで2台のHDDが破損した場合、彼らの子供時代の写真は失われる事にならないか?そういう不安をずっと抱えている。だから良いのをチョイスしてカラープリントに出そうとも思うけれど、なかなかそういうのをやっている暇もない。

そんな中あきちゃんから『イヤーアルバム作ろう』というという提案があった。

イヤーアルバムというのはフジカラーの商品で一度は作ってみたいとは思っていた。しかしながらやはり暇がないので先送りになって何年も経っているという状態だ。なお、あきちゃんはチラシを持っていてキャンペーンで今月中に申し込めば(普段より)安く出来ると言っていた。

そんな簡単に言われてもなぁ…という事で一応『どの期間で行く?』と聞いたら2016年1月~12月という回答があったので、仕事の合間…休み時間や昼の時間に当該期間の息子らが写っている写真を集めてみた。なお旅とか散歩とかした時はその期間の写真を全てチョイスするのだけれど、たった1年で50GB近くあった。そこから余分な風景写真や著しくピンボケしているものや被写体ブレしているものや構図が重複している物など間引いて、合計12GBぐらいにまで減らす事が出来た。

簡単に書いたがコレがタイヘンだった。1年でコレだから毎年やるとなるとかなりの努力がいるだろう…ちなみに長男が生まれた2012年からやってみたいという希望はある。

なお、あきちゃんによればデーターを端末に読み込ませれば勝手にチョイスしてくれるから選別は不要との事だが、50GBを端末に読み込ませるのってどれだけの時間が掛かるのだろうか?きっと12GBでもタイヘンだと思うぞ…それなら初めから用のないものに関しては切り落としておく方が良いと思うのでやってみたのだが…

なお会社に容量の大きなSDカードとか無かったので近くのカー●で買ってきてコピーした。イヤーアルバム出来るのかな?ワクワクするね…

AD

ホタルはいたが…

テーマ:

土曜は定時でサッサと仕事を切り上げて帰る場合が多いが今日は家には帰らず市内方向へ車を走らせる。よく行く服屋で何かないか見て回り、夕飯にラーメンを食べた。

大喜なのに黒くない…まあ食べやすいとも言える

その後ファボーレで子供服とか見て(なお自分の服も子供服も買ってはいない)、久しぶりにふれあい館へ…3月以来だろうか?要は吹奏楽団の練習に出ていないからそうなる。9月の演奏会で使用する楽曲の楽譜を見に来た。ふんふん…何やら#とか♭とか5~6個付いている組曲があるが楽譜自体は簡単…しかしこの臨時記号の山は・・・指番号でも振るか(笑)有名な組曲で、終楽章とかよく曲を聴きながら『ソ・ファ・ミ・ソ・レ・ド・ファ・ミ・レ・ファ・ミ・ド・レ…』とか口ずさむのだけれど、その部分の楽譜を見たら見事に半音高く書いてあった。要はB♭調ではなくH調という事か…頭の切り替えが面倒臭いぜ!?それにしても楽章によっては『tacet』って書いてある部分が多い。暇そうな曲だ…多数決で決まったから仕方ないのだが…

練習には出ずにファミリーパークへ向かった。が、呉羽トンネルを出ると右折レーンは大渋滞…(右折するとファミリーパークの駐車場)凄い!通過して次の信号を右折…裏道を駆使して先述の信号を左折で駐車場に入った。

ファミリーパークではこの時期『ホタル観察会』というイベントを開催している。富山のような田舎でも最近はホタルが珍しくなった。というのは用水路をコンクリート製のU字溝で護岸するからだと思う。幼虫の餌になるカワニナはいてもホタルが蛹になれないのではないか?そのような訳でこのホタル観察会も大盛況なのだろう。なお、すでにあきちゃんと息子たちは入っているので中で合流した。

徐々に辺りは暗くなっていく。既に林の中の闇に光るホタルが時折飛んでいるのが見えた。そして真っ暗になったら行列が進み始めた。後について歩く…広い園内合わせればたくさんのホタルが飛んでいるとは思う。…が結構まばらな感じもする。その昔、あきちゃんととある山の谷間にホタルを見に行った時は、暗くなるに従ってたくさんのホタルに囲まれた…あれに比べれば『申し訳程度』という気もしないではない。加えてタマに見かけるマナーの悪い来場者…目障りな灯りをやめろ…これは私よりあきちゃんがブーブー言っていた。またホタルを捕獲するのもヒンシュクだし、何も入場料を支払ってまでホタル見るってのもどうなのかな?って思う。ただたまに係員の方が熱心に説明している言葉が耳に入ってくるのが良いなと思った点だったが。

駐車場に帰ってきて、あきちゃんの車の前で長男に『おとーさんと帰るか?』と聞いたら頷いたのでキッズシートを降ろして私の車へ移動…帰りは全く混雑はなくスムーズに出れたので、少々寄り道して行ったらあきちゃんの方が早く帰宅していた。目も悪いし夜のドライブ大丈夫かな?と思っていたけれど、何とかなったらしい。めでたしめでたし…
 

AD

車検終了して・・・

車検から帰ってきたインプレッサはとても快適だった。オイル交換や吸排気系をクリーニングしてある訳ではないのにパワーが上がったように感じる。タイミングベルトやファンベルトなどが新しくなったのが影響しているのだろうか?国道8号線の信号交差点で先頭で止まった後に随分と久しぶりに高回転までエンジンを回してみた。じんわり踏んで6000回転でギアチェンジ…なかなかな手応え…ただ燃料をムダに使うのでオススメできない走り方だ。若い頃は頻繁にやっていた。しかもより重くてツインターボの燃費の悪いレガシィで(汗)2個目のターボが過給を始めると7500回転までブワッと回るパンチの効いたエンジンだったけど、今のより高回転を使う時間が長くて楽しかったと思う。

タイヤから発生するロードノイズがひどいおかげで気付かなかったのだが、段差とか超えた時のコトコト系のノイズがなくなった。これはスタビライザーリンクとかブッシュとかが新品になったからだと思うがとても快適だ。なお今のところリアスタビは純正に戻している。リアよりフロントじゃね?と思うものの10万キロ走った今となっては…という気持ちもあり買う気にならない。思えばそういう部品が結構ある…例えばシートとか、クイックシフトリンゲージとか、マフラーとか…もっと前からやっとくんだった。つーかそれより車検費用の捻出が問題だ。総額でネオのコルネットが買えるぐらいの値段を支払わないといけない。コルネットなんて安いから毎年でも買えるだろ…とか言ってた時期があったが、発言を撤回しよう(笑)ともかくまだこの車は快調でしばらく乗れる。いろいろ新型車とか試乗したけれど、また次回の車検…そのまた次の車検だから3.5年後ぐらいにまた考えよう。とにかくこのEJ20ターボ+5速マニュアルというそのうち絶滅危惧になる組み合わせを楽しもうと思う。

 

さて、車検費用何処から出そう(汗)
 

AD

父親参観日

テーマ:

毎年恒例の父親参観日…日曜にやってくれるのはありがたい。去年は次男が生まれたさなかのバタバタな時期だったなぁとしみじみ思う。

少々早めに幼稚園に着いてまずは園庭で七夕飾りを飾り付け…毎年大きな竹で七夕飾りを立てている。そこそこの混雑で速やかに済んだ。それから竹を立てるのを見守り、全体会で体操をして各教室に分かれての会になった。

 

七夕飾り・・・

年少だった去年と教室も先生もクラスメートの約半分も違うので少々新鮮だ。父親参観日だから父親が多いのだけれど、両親で来ている人もいるし、父が仕事なのか母だけで来ているところもあるのかな?教室の後ろの壁に『うちのお父さん』というタイトルで各自の絵が飾ってあった。うちの子の絵は…母親の時はあまりに綺麗に描いてあったので『先生が手伝ったのかね?』と思ったが、今回はうちの子の絵だなというのが描いてあった。ポツポツと髭が描かれているな…俺ってそんなに髭濃いかな(汗)

クラス会では、親参加のゲームをやったり歌を歌ったりする。それにしてもいろんな父親がおられるもので、この暑いのに黒のアームカバーをしているのが居られる。消えない絵が描いてあるのがTシャツの袖の隙間から垣間見える。若気の至りとかそういう言葉が脳裏に浮かぶが、当人の事情だし当人が今後も背負っていく事なのだ。私はそういう事で偏見を持たないし、普通にじゃんけんゲームもやる。むしろちゃんと子供の行事に付き合うという姿勢を評価されるべきだろう。なおクラスにはもう一方、腕に『消し痕』のケロイドが残りTシャツの襟首から『模様』が垣間見える方がおられた。

クラス会は終礼で終了…うちの長男はちゃんと声を出してしっかりしていたので安堵…車に乗って帰宅してすぐ車を乗り換えて昼食を食べに行き、その後次男の写真撮影に向かった。機嫌良く写真撮影に臨む次男…しかし前回の百日参りの時は派手に散財したが今回は質素に一枚だけしか選ばない事にした。

その後お互いの実家とか行ってきて、夕食にはあきちゃんの実家に程近いテイクアウトのカレー屋で買って家で食べたが、コレがワンコインの割にコスパが良い。嬉しい発見だった。

 

ベリーナイス!
 

次男1歳

テーマ:

長男の時は『早く大きくなあれ』と育てていたけれど、次男は逆に『ゆっくりでいいよ』という気持ちが強いと思う。子供の成長は案外速くてこの前あんなに小さかったのにすぐに大きくなってしまう…という実感からそうなった。

そんな中次男1歳の誕生日を迎えた。1年なんてあっという間だ…今のところまだ立って歩く事は出来なくて、ハイハイのスピードは長男の時ほどでないけれど、ダッシュするとなかなか速い。長男は1歳2カ月で歩き始めたので、次男もあと2カ月はハイハイのままだろうと思う。おもちゃや服は長男が使っていたものがたくさんあるのでわざわざ新しいのを買う必要がない。今の彼の興味は(電子)音の出るおもちゃで、ボタンを押して音楽を鳴らしては体を左右に揺らしている。それをエンドレスで続けてくれるのでありがたいとあきちゃんは言っていた。

朝にあきちゃんが用意した誕生日プレゼントを渡した。子供用の太鼓だが、ヘッドが本革、ボディが木で出来ていてポンポン良い音が響く。玩具であるが本格的だな。2本のバチを片手に持って口に持っていってるのでまだ太鼓が何たるものか理解できてないんだな。それを見届けて出勤…

夕方早めに帰宅する。そして早速例の行事を執り行う。

 

ふたつで1升・・・

一升餅は近所の餅屋であきちゃんが準備…紅白2色で5合ずつのもののようだった。長男の時は1升で1個だったと思うが、つきたてでまだやわいのがウレシイ…それをリュックに入れて担がせる。ちょっと嫌がって何度かあきちゃんの方へ助けを求めに行くものの、またスタートラインの座布団に戻して仕切り直し…ペタペタとハイハイしてたどり着いたのは…辞書。あと隣にあったメートルグラスも手に取っていた。ちなみに長男の時はペンと野球のボールだったはず…

 

さあ選べ・・・

仕切直して、次は楽器をいろいろ並べてリトライ…あきちゃんの希望で誕生日プレゼントの太鼓を入れたものの、まっすぐバチを握りに行ったので白ける。太鼓いらんかったな…

その後あきちゃん手作りのバースデーケーキを食べてお祝い。長男の幼い時と違って卵とかのアレルギーがないから次男もパクパク食べていた。

 

手作り感・・・

それからあきちゃんは夕食の準備に取り掛かるので、次男を抱っこして長男と古城公園へ出掛ける。まずは射水神社へお参りして隣の本丸広場の芝生で遊んだ。6月も中旬だというのに梅雨入りはまだ。おかげで青々と茂った芝は濡れていないのでハイハイでも汚れる事がない。ただもうちょっとして暑くなってきたら蚊が発生するので刺されないよう注意が必要だ。日没とともに帰宅。
 

日が長くなったな・・・

フォレスター最終日

昨日帰る時にガソリンを2千円分ばかり入れておいた。この車はレギュラーガソリン仕様なので16Lぐらい入った。ちょっと入れ過ぎだったかな?まあ良い思い出来たし良いか…

 

わざわざ遠回りして帰る…


いつものインプレッサといろんな違いはあるが、概ね満足な車だ。正直快適過ぎてボケてしまうんじゃないかと怖い(笑)気に入らない点は本当に少なく、強いてあげるなら、前方視界が良くメーターパネルが低すぎて計器の情報を読むのに視線の移動が多いぐらいか?(マツダ車のようにHUDとかあればいいな…)いつモデルチェンジするか?でもっていつまで今のマニュアル車を乗り続けるかという疑問もあるけれど、とりあえずこの車を借りている間は、例えば家族を乗せた長距離ドライブではどうだろうか?とかキャンプの時の積載能力はどうだろうか?とか想いを巡らせながら走らせる事にする。

 

CX-5はスタイリッシュだが視界が悪そう


ケンウッドのナビは表示が綺麗だと思う。ただインターフェースに慣れていないので操作方法がピンと来なかった。何故かダイヤトーンのオーディオチェック用CDが入っていたのでそれを鳴らしている。そこそこ良い音だけれど、そこそこでしかない。『何でも出来るのは何もできないのと等しい』というような言葉を昔聞いたことがあるが、オーディオもナビもそれぞれ専用機が良いんじゃないかな?こんなそこそこのオーディオ性能のナビなんていらない。


今朝の国道8号線で車間距離追従型クルーズコントロールというのを試してみた。前走車とだいたい一定の車間距離を保ちながらつんだっていくというもので、オッカナビックリでいつでもブレーキを踏める体制でやってみたけれど、これが優秀だった。しかし渋滞の高速道路なら良いけれど一般道で使うのはいかがなものか?なお昨日の新湊大橋でオートレーンキープというのもやってみた。実際にアシストする瞬間も感じたけれど、小さいアールでは勝手に設定が解除されるのか?まだ不明なところが多かった。説明書読まないと…またいろいろな状況でアイサイトが警告音を出すのだけれど、実際に自動でブレーキが掛かる場面があった。そこは自分としては『これぐらいまだOKだろう?』と心外だったけれどまあ機械の考える事なので大目に見る。

 

アイサイトなぁ…


ああしかし返すのが惜しいな…GH8インプレッサでこれに勝るところはあるのかな?オーディオの性能が良くてもロードノイズにかき消されるし…シフトチェンジやエンジンフィールは楽しいかもしれないけれど、エンジン音もやはりロードノイズにかき消されるし、シフトストロークが長いからあまり小気味良いと言えないし…まあしかし整備されて良くなっている事を期待しよう。問題は次の車検通すかどうかだな(汗)

-------------
以上が返す前に書いたもの・・・これからは返してから書くもの・・・

 

事情によりいつもより早く帰宅する事になり車を返しに(受け取りに)スバル店へ向かう事にした。実はその方がより長くフォレスターを運転できるんだけれど、すんなりとスバル店に到着してしまった。あ~あザンネン…サービスフロントでなかなかな金額の請求書と車検証を受け取りインプレッサに乗って帰途に就く。フロントガラスが近くなり視点が大幅に下がる。そして粒の荒い路面では旺盛なロードノイズがオーディオの音をかき消して…やれやれ…ただ、シフトダウンしてやや高回転まで踏み込んで速度を上げた時に『ニヤッ』としてしまった。

 

別にCVTでも思い通り走らせる事が出来る。むしろ無段であるCVTの方がレスポンス良くいろんな場面で(特に登坂時は)使いやすいだろう。だけれどギアチェンジがなくなったら寂しいと思う。世の中のMT乗りに共通の想いかもしれない。

車検~代車はゴキゲン!?

10:00頃TELがありディーラーの営業マンがやってきた。注意事項を確認して代車使用の契約書(保険関係)にサインしてインプレッサは連れてかれてしまった。代車は『フォレスターです』としか聞いてなかったけれど、車検のステッカーを見ると30とあったので27年式のようだ。いいの持ってきやがったな…じゃなくて素晴らしい車をありがとうございますというべきか(笑)

そして夕方…帰宅するのにフォレスターに乗り込む。実はフォレスターは初めてだけれど次買うとしたら(モデルチェンジした)フォレスターかな?と思っている。その前に現行のフォレスターの実力は如何に?と考える良いチャンスだ。なお先入観ながらあまり良い印象を抱いてない。内装はプラスチッキーだしエクステリアにしてもどうもキレがないというかモヤッとした感じがする。スバル独特の長いフロントオーバーハングと悪路走破のためのアプローチアングルを考慮した結果フロントの角の下側をえぐっている為に余計そう思うのだろうか?


しかしエンジンを始動させて実際に走らせるとネガティブな先入観は一瞬で飛んで行ってしまった。

 

最近のスバル車に共通したインパネ周り・・・


まず視界が良い。まあヒップポイントがいつもより随分高いので当たり前か。でもってロードノイズがとても少ない。まあ普段の車があり過ぎると言えばそれまでだが…そしてこんな背が高いのにサスペンションの動きがしなやかだ。第一印象を一言で言えば『優雅』だ。エンジンは自然吸気のFB20だろう。数字だけ見れば大したことないけれどCVTと組み合わされてこの大きな車をスイスイ前に走らせる。そのくせアイドリングストップなども付いていて燃費もそこそこ良い。

 

広々とした室内。後方視界も良いぞ!


何かもうMTにこだわるのも無駄な気がしてきた。今すぐこの車に乗り換えても良いだろうという気になる(と言っても車検通す為に借りてるんだけれど…汗)。

 

アウトドアが似合う?


わざわざ新湊大橋を渡り海岸沿いを走り高岡まで帰ってきた。そして最後の難関はうちの車庫だ。バックで入れるものの立派なナビが付いているのにバックモニターがされない。ちゃんとカメラも付けようぜ…あと後ろのオーバーハングも長いのでいつもなら気にならないケツの角が気になった。なお、私はこの車が車庫に入らないものと思っていたけれど、きっちり真っ直ぐに停めて前扉を閉めると何とか収まったのにビックリ!ただしちょっとでも斜めになったり、後輪が車止めにくっついてなかったりすると閉まらないだろう。何しろ前扉とフロントバンパーの隙間は10mmないのだから…(ちなみに車の後ろは320mmぐらいあり一応通れる)新型になってホイールベースや全長が伸びたらアウトだろうな。あと車の高さの為に折角のルーフボックスも搭載できるかちょっとアヤシイ…う~む。

 

スレスレです(汗)


新型フォレスターいつ発表されるんだろう?コンセプトなら10月末の東京モーターショーかな?

釣り日和?

テーマ:

今日は家族サービスday…一家で釣りに出掛ける事になっていたが、あきちゃんがあれもこれもと荷物を準備している。というかタープまで準備したら釣りというよりデイキャンプになる。当初軽い装備で…と思っていたけれど急遽ルーフボックスを載せる事になった。荷物を積んでいざ出発!


途中コンビニで飲み物と釣り道具屋でエサを買い松田江浜のキャンプ場へ…天気も良く青い海も穏やかで良いのだが、釣りをしている人が少ないのに少々戸惑う。今の時期はキスが釣れるのだけれどみんな何故やらない?

 

海が綺麗!

 

海抜0mから3000m級の山脈が望める
 

ともかくタープを立てて目の前の浜で投げ釣りを始める。しかしこれがまあ生命反応がないというか…たまに釣れたと思ったらフグだったり全くつまらない。あきちゃんはその間椅子とかテーブルとかセットしてガスバーナーでご飯を炊いていたようだ。

 

釣りは残念な結果に終わってしまったが、ご飯を食べた。おかず類をもうちょっと用意しておくんだったなと後悔するも澄み切った空と青い海を眺めながら食べる飯は良いもんだ。

 

天気良し!

 

しかしやはり足りないので道具を片付けて車に積んだらラーメン屋に寄って帰ることにする。むしろ高くついたような?まあ良いか・・・

 

とんこつラーメンになりました・・・

T山地区吹奏楽祭 2017

テーマ:

うちの会社は土曜は『平日』なので15:00まで仕事をして帰宅。黒スーツに着替えて楽器ケースと楽譜などが入ったトートバッグを持って徒歩で出発。高岡駅発16:20の普通電車に乗り富山へ…北口から降りれば目の前すぐにホールがある。駐車料金払うぐらいならこうやって高岡の自宅から電車に乗って行った方が安上がりだし飲んで帰れるという利点がある。

 

さあ行くぞ!!


楽屋口から入って各楽屋前に貼ってある紙を眺めてTSBの名前が無いのに困る。と、怜くんがいたので『TSB何処?』と聞いたらB2Fのいつもチューニングで使っている部屋だと教えてくれたので早速階段を降りて向かう。ちょっとしたタイムロスが痛いが楽器置場に着くなりさっさとケースを開いて楽器を出して音出しを始める。しかしほとんど吹く時間がないまま移動…次は舞台裏の部屋へ…こちらでは部分的な合奏になる。そんな訳でアップの時間がほぼないまま本番の舞台へGo!


木曜の練習に出ていないのは不安だが、スパークの祝典の為の音楽は知っている曲だし過去に何度かやっているので『まあ何とかなるだろう』と安易に考えていた。とにかく曲が始まったら楽譜に集中する。しかしいろいろ気になる事が発生…『左のD樹は指揮のタイミングより発音が早くね?』とか、『もしかして俺が遅いのかな?』とか考える。2nd Bariとのピッチの差も気になるところだった。こういうのは意識を前もって揃えておきたいところだが、何しろ合奏に全員出たのが先週の土曜だけだったので、結局合わせる時間がなかった。まあしかしこちらの仕事をしっかりするだけだ…集中!


メロディーに伴奏に忙しい曲だから練習時は曲中にバテる事があった。毎日吹いていた若い頃とは違って週に1度吹くか吹かないかではそうなるよな…しかし若い頃に気付いてなかった『姿勢的な修正』を掛けて臨んでいる昨今の本番だ。アップが少ない分、細かい音符で歯切れが悪いものの、最後までバテずに吹き切った。とちゅう『ありゃ?』って部分もあったけれどまあしょうがない(電車内で予習しておけば良かったかも?)今の自分のベストを尽くしたと思う。ただノリノリで演奏できたかというとそうでもないように思う。これは録音を聴いて反省しよう。
さっさと楽器を片付けてホールを出る。そのまま打ち上げの店へ行ったもののまだ時間が早く店の前でしばらく待っていた。ただ他にも入口があるらしく早めに来たメンバーが先にやっているのを見て入店…何してるんだか。その後12名ぐらいで飲んで私は次へ行く事なく電車に乗って高岡へ…帰宅する前にラーメンでもとちょっと思ったが我慢…いつもの衣装用の黒スーツは元々タイトなスーツだけれどそろそろ太ももあたりがキツい。う●こ座りしたら真ん中でパックリ破れそうで怖い…社員旅行で膨張したので以後節制せねば。

 

オツカレ!
 

よかばい福岡

テーマ:

昨日寝坊したのは過信によりアラームをOFFにしていたからで、今日はさすがにアラームをセットしていたものの、普通にアラーム時刻前に起きてしまった。折角だから朝風呂に入りに行った。その後朝食もゆっくり食べたし優雅な朝だったものの出掛けに少々腹の調子が不安になる。そんな訳でまたギリギリになってホテルのエントランスに降りて行く事になった。


さて、観光バスに乗り込み出発!最終日の行き先は、太宰府天満宮と九州国立博物館だ。太宰府天満宮は言わずと知れた菅原道真…つまり天神様が祀られている神社の総本社で、北陸も天神信仰は盛んであるので自然とコースに組まれたものと思うけど、うちに受験生がいる訳でもないのであまり乗り気ではなかった。基本的にバスガイドさんに付いて回る感じになるのだけれど、説明を聞きながら回るとやはり楽しい。手水の大きい一枚岩も撫でられて鼻がピカピカになった御神牛も小早川隆景が作らせた現在の御本殿も花菖蒲色のおみくじも新鮮に感じる。お土産にお守りとか鉛筆とか買った。

 

御神牛…

 

本殿…


それから参道の方へ回る。境内もそうだけれどアジア系の学生の修学旅行みたいのが多かった。のび太カットの集団みたいのもいた(笑)流行っているのか?

 

参道…元旦はこの距離を歩くのに数時間かかるそうな…

 

で、商店はそういう外国人に日本のお土産みたいなものが多かったので欲しいものが無い。…と、以前何かのまとめサイトで見たスターバックスを発見…たいてい富山のとセットで載っている店だが、店の前で記念撮影する人も多かった。つ~か買ってけよ…と思ったので、折角だから何か飲む事にする。

 

見た事ある!?

 

表の賑わいとは対照的に中は人が少なく落ち着いている。しかし自由時間はあまりなく、また次に国立博物館に行くのでテイクアウトしたくなかったので結構焦って飲んだ…今回の旅行は行程がタイトだ。

 

メッセージが嬉しい…


その後国立博物館の巨大な建物に飲み込まれる。エスカレーターを上って展示室へ…土器とか土偶とか銅鐸とか埴輪とかここでも『その昔教科書で見た』というのが多くあってテンションが上がった。知識として知っているだけでなくやはり実物をこの目で見るというのは刺激が違うものだなと思う。ただ焼き物とかに関しては見ると頭の中で『いち、じゅう、ひゃく、せん、まん・・・』とか雑念が出る(笑)その他は阿弥陀如来の立像とかあったが思わず拝んでしまった。ただここもじっくり見るには時間が少ない。ミュージアムショップで何か土産でも…と思うもパッと見欲しいものが無かったので、仏像フィギュアのガチャポンとかやって持ち帰る事にした。

 

巨大な建物…


そして空港に戻ってきた。チケットを受け取ったら昼食と土産物を買うのに解散…九州最後の飯はうどんにする事にした。

 

もつ鍋うどん


土産物を買い求め保安検査を通り出発ロビーへ…何故1階?と思ったけれど、帰りは定員80人ぐらいの小型のジェット機のようで飛行機のところまでバスで移動して乗り込む。今回も窓側の座席が当たったので景色を楽しむ事が出来た。フライトは1時間チョイであっという間…そんなあっという間に九州まで行けちゃうんだから飛行機って凄いなと思う。むしろ小松から富山までの陸路の移動が長く感じてしまうな。

 

さらば博多…


会社に帰り自分の車に乗って帰宅。やはり車は自分で運転するのが好きだ。帰宅したら息子たちが起きていたのでお土産を展開…案外ガチャポンが人気だった(笑)あきちゃんも元気だったけれど一昨日は体調が悪かったとの事…そんな中自分ばかり楽しんできて若干申し訳なく思う。