誕生日

テーマ:

うちの会社には誕生月に1日休暇を取れという『バースデイ休暇』なる制度があるので誕生日のその日に休む事にした。久しぶりの平日の休みという事で朝から床屋へGo!…髪が軽くなったところで次は車を洗車機へ入れる。車がピカピカになったところで服屋へGo!ジーンズを試着した。


いろいろな考え方があると思うけれど自分はジーンズは消耗品だと思う。洗濯は頻繁にはしないので長持ちはしていると思うけれど、経年劣化により例えば膝だったり二つ折り財布を入れているケツのポケットの角に穴が開いてくる。それも味ではあるけれど、みすぼらしく感じる時もあるのでそうなってしまったら『作業用』になり一線を退く…今回は2011年あたりに買ったリジッドのヤツの代替品を探す。


前回ジーンズを買ったのは2015年の9月に仙台へ出張に行った時で、ホテルに近いジーンズショップで自分で選んで黒のものを…その前は2014年の10月に大垣へ出張に行った時にイオンで臙脂色のを買った。出張は滅多な事が無い限りは残業にならないので夜は自由な時間があり、そうやって服などを買ってしまう事が多いのだが、黒のヤツは帰ってから履くとどうも太く感じられその後履く頻度があまり上がらない。やはりもうちょっと時間を掛けて納得の行く1本を選ばないといけない…


そんな訳で今回はいろんなものを納得の行くまで選んでみた。店はヒマそうだったが付き合わされた店員には申し訳なく思う(汗)しかしその甲斐あって納得の行くのを選べた。今回は久しぶりのリーヴァイだ!

 

その後春休み中の長男をあきちゃんがおとぎの森公園に連れて行くというのでそちらに向かった。日差しはあるけれどまだ風が冷たい。芝生にシートを敷いてコンビニで買ってきたおにぎり等を食べてピクニック気分…長男はもっと遊びたいというけど私は先に帰宅した。その後あきちゃんたちが帰ってきて、私が床屋に行ってる間に作ったという手作りのケーキで誕生日を祝ってくれた。あと長男がいろいろと考えてくれたらしく、100均で買ったパーティーグッズでお祝いしてくれた。そういう事も考えられるようになったんだな…ありがとう。

 

42歳…今年は何が出来るかな?

AD

ブラスバンドTSB第22回定期演奏会

テーマ:

本番前でしっかり音を出すためにあらかじめガンガン吹いておくべきか?はたまたバテ防止のために本番までは抑えておくのか毎回迷うけれど、今回はリハからガンガン吹く事に決めていた。幸い不調に見舞われる事無く本番の日を迎える事が出来たので、本番でも大丈夫だろうと思われた。

 

しかし、それだけでは足りない。本番では練習よりダイナミクスのレンジをf広げる事にする。というのは本番の録音を聴いて『案外聞こえないな』と感じた事が今まで結構あったから…楽器が変わってもマウスピースが変わってもこのBaritoneパートはホール音響の影響を受けやすいと思う。吹奏楽のように前を向いて吹けばまだマシなんだろうけどそれではブラスバンドではないとも思える。

 

ただ開演して最初の2曲は自分的に『吹き過ぎ』だった。息を入れてる割に鳴ってないと思った。ついでにアタックとか雑になってるし…そこで頭を冷やしてコルネットとテナーホーンのSolo曲で整える事にした。本番中にそういう事を考えれるとは今日の俺は冷静だぞ…とか思いながら吹く(笑)そしてメインの曲のパッサカリア…この曲は最初苦手としていた。まあ過去のメインも楽譜が難しいから最初は『こんなの吹けるかよ』とか恨めしい気分になったものだけれど、デモ演奏を数多く聞くうちに曲を覚えて落ちなくなるし、難しい音符の並びでも反復練習すれば徐々にふける部分が増えていったものだが、このパッサカリアは聴くと重々しい気分になり、何度も聴くのを脳が拒否するような感じだった。別に譜面が特に難しい訳ではない。自分の中で経験のない音の運びが少々イヤで臨時記号も多くなかなか楽譜も読めなかった。しかし吹けないままいるわけにはいかない。必死こいて個人練習していたけれど、本番に近くなってからはあまりこの曲の合奏が無かったのが痛い。だから前の週末の全曲リハでもまだ楽譜から落ちないか不安がつきまとっていた。幸い変拍子などもなく休みの数え間違いさえなければ問題ないようだったので、本番では特にその休みのカウントには注意した(汗)あと静かな場面でソロっぽく吹く部分があるのでコチラは心を込めて吹いた。客席にこの曲を知っている人がいないのは残念だ…

 

第一部が終演した時点ですごく疲れていた。本番だけ1割増しというのはなかなかに難しい。そして第二部も気が抜けないプログラムが続く。しかしパッサカリアが終わったのでまだ気は楽だ。今回もうひとつ気を付けたのは背もたれに背中を付けずに背筋を伸ばして吹く事だった。ブレスがしやすいし出す息にスピードを乗せやすいんじゃないかと思う。ただ普段楽な格好で吹いていると2倍疲れるようだった…これは痩せるな、いや是非とも痩せたい(笑)

 

そして終演…こんなにクタクタになった演奏会っていつ以来だろう?というか1月下旬からずっとコアトレーニングとかサボッているからだよな(汗)体力が落ちていると思う。楽器を片付けてレコーダーを回収に客席へ行くと、大阪からの来客にバッタリ!こんな田舎までありがとうございます!とロビーで談笑…あきちゃんと息子たちがロビーにいて長男がまとわりついてきた。写真を撮って貰ってからレコーダー回収に急いで客席へ…その後は寄託してシャワーを浴びてから電車に乗って打ち上げに出て行った。高岡でやってくれればありがたいのに…というかノンアルコールの人物が案外多かったので別に高岡でもいいじゃん。次はそのように提案しようと思う。富山だと帰りの電車の時間を気にしないといけない…というか今回は疲れたので2次会とか行かず、店から出たらすぐに駅へ向かい帰りの電車に乗った。

 

疲れたけれど良い演奏会だった。もちろんもっと練習していればもっと良い演奏会にはなっていたと思う。あとは録音を聴いて反省しよう。

AD

ロードノイズとの戦い再び・・・

ノーマルタイヤのBSポテンザは凄く性能の良いタイヤだけれど、スタッドレスタイヤを履いてた時より燃費が悪くなり、また旺盛なロードノイズに悩まされる。近々家族を乗せて旅に出るので、路面状況によりこの『ゴー』とか『ガー』とか連続して鳴っているのは良くないと考えた。

 

そこで今回はまとまった量の制震材とか吸音材とかをネットに発注しておいてそれが届いた。

それはそうと、この材料をどのように使おうか少々考える。騒音のレベルが一番高いと感じるのはドア付近かな?もちろんフロアからも発生していると思うし、元々はタイヤが路面に接する時にタイヤから発生するノイズであり、サスペンションの部品を共振させて車体に至っている。ドアはこの車を買った時にまずやっているしその後何度かバージョンアップしているはず…しかしその際に撮っていたフロントドア内張りを外した時の写真では、インナーパネルの穴を塞ぐのが目的になっており、制震とか吸音に関する配慮はしていないように思う。という事でドアはもう一度やり直そう…


しかし車をいじっている暇がない。週末はTSBの演奏会だし、夜はやりたくないし…という事で昨日と今日の昼休みに会社の駐車場で試合開始!天気が悪くなくて良かった。昼休みだけでは到底時間が足りないので、夕方定時で仕事を終わらせ日没までの短い時間も利用する。

 

ここまでの項目は


◆フロントドア
・インナーパネル制震材増し
・インナーパネル吸音材貼付
・内張り制震材貼付


◆リアドア
・アウターパネル及びインナーパネル制震材増し
・アウターパネル及びインナーパネル吸音材貼付
・内張り制震材貼付

 

2010年2月の写真・・・(before)

制震材追加後

 

吸音材貼り付け後

 

今回は制震材を多く買っており余裕があるのでベタベタ貼った。車重が重くなってしまうけどそれでもロードノイズを抑えれるなら別に良いと思える。貼り方はコンコンとノックして響くところに貼っている。ドアを開けた時に見えるところにも貼ったのでアルミの表面が目立ってしまう…これはいつか表面を塗装しようかとも思う。リアドアはスピーカーを使っていないのでドアのサービスホールを塞いでいない関係でアウターパネルにアクセスできたので制震効果がより高いんじゃないかな?

 

帰宅するのに車を走らせる。オーディオはOFF。会社の前の道路って舗装の粒が荒く騒音のレベルが高いが全ての路面で音量は確実に減っている。これを踏まえて次はバックドアとかフロアとかサイドシルとかかな?と思うけれどフロアをやるにはまとまった時間が必要だ。来週平日に一日休めるかな?

 

途中両面テープとか材料を買いにダ●ソーに寄った。それから帰宅時に今度はオーディオを鳴らすと、何となく低音が出てないなと思ったのでイコライザーをいじってカットオフ周波数を80Hz→50Hzに下げた。以前ならモゴモゴと聞けたものじゃなかったけど普通に鳴らせている。それに例えば吹奏楽の音源などは管楽器の音がいつもより生っぽく聞こえた。なるほどドアの強化って重要だっんだな…スピーカー(ウーファー)はそろそろ15年選手で予算が出れば買い替えようとも思っていたけれどまだまだ可能性があったようだ。

 

それにしてもBE5レガシィー時代はロードノイズでこんなに苦労する事はなかった。ドアチューニングはやっていたものの、今の車より制震材の貼付量は少なかったはず…では何が違うと考えたらそれは多分ドア内張りの吸音材の量と質かな?とか思い始めてきた。これだけ頑張ってもまだドア付近からまだ『シャー』ってノイズが聞こえている。コレを何とかしたいな。あと今までそれほど気にしていなかったエンジン音…今更ながら少々気になってきた(笑)しかし往年の「あの音」じゃないボクサーサウンドなんて聞いてもなぁ…その点でもBE5良かったなぁ(涙)

 

BE5レガシィーのドアチューニング(2010年1月)

 

『冷やし中華はじめました』みたいに手軽に『ボクサーサウンドはじめました』って排気干渉から生まれる独特のあの音のエンジン搭載車を新車で出してくれないものかね?

AD

あたってもやめない!?

テーマ:

夜中に起きてトイレ直行!オカシイぞ。腹が下るのには慣れているがこんな夜中に下るのは珍しい…しかも硬いのから始まって軟らかくなって最後は液体…これは単なる下痢ではなく食あたりではないか?考えられるのは昨夜食べた焼き牡蠣だが、話によれば滅菌処理されてて生でも食べられるはず…他何かあったっけ?あきちゃんも長男も同じもの食ってるはずなのにな…

 

まあしかし最近トレーニングをしていなくて少々太ってきたからまあ良いか(笑)

 

なお、腹の調子が悪かったのは夜中の1時間と朝起きての1時間ぐらいで、ちゃんと仕事に行って来れたし、その後はいたって普通だった。良いデトックスだったのではないか(笑)

 

美味い!からやめない(笑)
 

遠回りが『吉』?

テーマ:

昼前にあきちゃんの運転で私の実家に向かった。私は助手席の後ろの席に乗ったのだけれど、これがとても広々としている。なお後席はスライドするので例えば後席の後ろに荷物を載せたい場合は前に出す事も出来るし、またちょっとだけだがリクライニングも出来る。インプレッサの後席は固定なのでこれは随分と画期的な事だと思う。

 

ただ、席の真下にリアアクスルがありサスペンションの上下動で乗り心地の方はそんなに良いとは言えない。車酔いする人には勧められない席かなと思う。この車で長距離のドライブもいいかなと思ってたけどやっぱ良くないかも?そう考えると軽四ではなくてソ●オとかにすべきだったかな?ただ普通車になると税金が高いしなぁ…

 

実家の庭の沈丁花が咲いていて甘酸っぱい香りが漂っていた。

 

すっかり春の気配・・・

 

そして母の車のタイヤ交換をするが、油圧ジャッキとか電動インパクトレンチとか持って来てなかったので車に備え付けの工具を使用する事になる。母の車はカ●ーラ・フィールダーだが、この車はジャッキが何故か助手席の下にありカバーにより隠されていて以前ディーラーに『トヨタはジャッキはオプションなのか?』と文句を言った覚えがある(笑)それはまだ良いとして、ジャッキを回すハンドルまでコストダウンの影響なのか短くなっており、回すのにすごく力が要るしあとジャッキの穴への引っ掛かりが悪い。トヨタ的な割り切りなんだろうな…ユーザーを舐めているのか?エマージェンシーなシュチュエーションを軽視しているのか?はたまたそんなクレームを言うユーザーがいないからか?まあ一応は使えたので今回はディーラーに文句を言うのはやめておく(笑)

 

件のジャッキ・・・

 

その後今度は私の運転で新湊方面へ車を走らせる。新湊大橋を渡って東岸へ…公園の駐車場に停めたがあきちゃんは次男に授乳の為、私と長男とで遊びに行った。遠くから見ると楽しそうだったけれど目立った遊具が滑り台ぐらいしかないのでそこそこ楽しんで車に戻る。少々移動して車を橋の下の駐車場へ停めなおす。そこから徒歩で出発…前回ここに来たのは長男が今の次男ぐらいだったから2013年の7月ぐらいだったかな?エレベーターで橋げたまで上がるも相変わらず囲まれ過ぎていて景色がイマイチ…床板を強化ガラスで張れば良かったのにと今回も思った(笑)随分遠い海面を渡し船が走っていて帰りはアレに乗る予定だ。この歩道が出来たら渡し船はお役御免になるはずだったが、こうやって3年経ってもまだ運行している。ちなみに料金はただだ。

 

安全ではあるが、もう少しスリルがあってもよいのでは?

 

橋の下に降りて3年前と同様に写真を撮った。3年前は砂利だったところに駐車場が整備されていたようだ。岸壁の釣り師を横目に渡し舟の出る所を目指したもののフェンスに遮られて行けなかった。また来た道を戻っているうちに渡し船は出て行ってしまう…1時間に2往復だから次の出航は30分後だ。しょうがないのでダラダラ過ごす。渡し船は10分後ぐらいに戻って来るが、入れないように入口を持ち上げていた。それを長男が不思議そうに見ていた。あまり船に近づかないように注意しておく。

 

渡し舟・・・

 

もう一組30歳前後のカップルがいて海の方を眺めていたりスマホのカメラとか向けていた。…と不意に女性の方に話しかけられた。『イルカがいるんですよ』頭の中に昨日の水族館のジャンプしているイルカの姿がよぎる(笑)『えっ、イルカ?』どれどれ…と遠くを眺めると時折海面に背びれが顔を出す。1匹ではなく結構な集団で泳いでいるようだった。すごいな…そんなわけで渡し船に乗っても甲板からイルカの泳ぐ姿しか見ていなかった。もちろん野生のイルカはジャンプする事も無く淡々と泳ぐだけで、渡り終わった頃には港から全て出て行ったようだった。港の係員のおじさんによればここのところ毎日のように見るそうな・・・

 

野生のイルカだ・・・

 

車に戻って高岡へ帰る。途中あきちゃんの実家へ寄って行き、懸賞で当たったという殻付の牡蠣をお裾分けしてもらった。ありがたやありがたや…

能登島へ・・・

テーマ:

タイヤを夏用に換えたらドライブに行きたくなるもんだ。ということで昨夏に水族館へ行って良かったのと、先日和倉の現場下見の際に能登島のドライブインに入って食事をしたら美味しかったので、一家で能登島へ出掛ける事にした。


スペーシアで出発…この車3/18の夕方にタイヤ交換をした。その後TSBの練習へ行き、帰宅する前に給油して洗車機に入ってタイヤの空気を入れておいた。今朝は朝から昨夜の洗車で取れなかった黒ずみ汚れをコンパウンドで磨いて落とし、コーティング剤を塗布し、前後の窓には撥水ケミカルを塗り、また窓の内側も拭いておいた。あきちゃんは基本的にメンテ的な事は何もしない。

 

能越道をゴキゲンにカッ飛ばす。と言っても片側1車線なので前の車についていく感じなのだけれど、そうなると軽四だからといった不利な感じはしない。燃費も良いしそこそこ広いし実に快適…コレ一台で何でも出来るんじゃないかと思ってしまう。

 

能登島大橋・・・快晴なり!

 

丁度昼時に能登島のドライブインに到着…駐車場は混雑していたがうまく空きを見つけて滑り込んだ。満員かな?と思っていたけれど丁度小上がりの1卓が空いていてそこへ案内された。アジフライ定食とカキフライ定食それに焼き牡蠣を5個注文。定食1つにつき小鉢3個が選べご飯とみそ汁はセルフで盛り放題…活気のある店で店員のおばちゃんたちが忙しそうに動き回っていた。だいぶ待たされるかな?と思ったけれどすんなり定食は出てきたので次男を抱っこしながら食べるのだけれど、次男にご飯とか食べさせるのに忙しく、その間に自分も食べているので食べた気がしない。そして牡蠣が出てきたが、でっかい殻の割に身が小さい…まあこの前も食べたから良いか…

 

定食・・・モリモリ!

焼き牡蠣5個・・・定食と合わせて合計2,150円・・・リーズナブル!

 

出る際配膳を片付けて持って行く時に次男が小上がりの上を摺り這いしてちょっと危なかった。靴を履こうとしていた私はお盆を持ちながら次男を脚でブロックして困っていたが、隣にいたライダーズジャケットのいなせなおじさんが次男をサッと抱っこしてくれたので助かった。ネットとかで子育てに世知辛いニュースとかたまにあるけれど、こうやって助けてくれる人もたまにおられる。ありがとうございます!

 

そして水族館に到着!ただ何となく居心地の悪い時間が続く。水族館が悪いのではなく、あきちゃんは子供優先で物事を進めていくので、理性的にこうやって館内を回ればスムーズだよという私の考えを無視しているのが気に入らなかった。例えばイルカショーを途中から見に行っても良い席が確保できない。むしろイルカショーに人が流れている間に館内をゆっくり回るのが良いと思っていたし、長男がイルカのトレーニングプールを『見たい』と言ってあきちゃんが連れてってる間に、私の目の前をペンギンが散歩していったり…楽しさをわざわざ半減させてるんじゃないか?みたいな事が目立った。何事においても最近そういう傾向が更に強くなったように思う。そもそもここの入場料を誰が入場料を払ったと思ってるんだ?お父さんの言うことを聞け!

 

とは言わなくてブログに書くに留めよう(笑)世の中のお父さんは常にこういう状態に曝されているのだ。我慢せねば…

 

イルカショー!

 

2回目のイルカショーは定刻5分前に行ったら、中央中段の客席に空きがあったのでそこに座った。中央すぎて入りにくかったからか?はたまた屋根を支える柱が邪魔だと思われたのか?とても良い席だとは思うけれど…とジャンパーを着た係員のおにーさんがコチラにやってくる。何かマズい事したかな?と身構えたらアシカショーの時にこの位置からアシカに向かって輪っかを投げて欲しいと頼まれてしまった!前回のアシカショーでは客席の最前列の子供たちが投げていたが…コレは少々責任重大だぞ(汗)

 

アシカ・・・すごいぜ!

 

アシカショーのスタート…そしてプログラムは続く。アナウンスでは『アシカはとても頭の良い動物です』うんそのようだね。『アシカはとても目が良い動物です』うんそのようだね。問題の輪っか…子供たちのコントロールが悪くアシカが拾えないのは仕方ない。むしろその近距離でもアシカの体が反応するのは素晴らしいと思うが、もし私のコントロールがハズレて台の左右前後に飛んでってしまった場合…と考えるとお父さんの面目丸つぶれではないか!?『今日はもう一つ輪っかを持っているお客さんが居ます!』とアナウンスで呼ばれ立ち上がる。輪っかを片手にゴ●ゾーの真似など出来るはずがなく、心臓に悪いと胸に手を当てて苦笑いするので精一杯だった(笑)そして『どうぞ!』という合図で投げる。低いより高い方が取りやすいだろうと高めに投げたらちゃんとアシカが頭を入れてくれた!ゴール!!おぉ~!という歓声…スリーポイントシュートを決めたような気分だった(笑)ただあきちゃんは見てただけ…そこは写真に撮っとこうよ(汗)

 

この距離感・・・

 

ということでまずまずの気分になって帰途に就く。帰りも私の運転…七尾の道がよく分からないのでナビの設定を『自宅に戻る』にしたら自宅位置がおかしいのか変な道を選んでいた。無視して能越道に乗る。この道は便利だけれど、天気が良い日なら海を横目に国道160号線をのんびり走るのも良いだろう。で、長男が『おさかなつりしたい』というのでまた何か考えよう。
 

デチューン?

以前リアスタビライザーを硬いのに交換して『良くなった』と思っていたけれど、長い間乗っているといろいろ不満に思う事も多くなった。まず乗り心地が悪くなった件…要は例えば左のタイヤが拾った凹凸を右に伝えてしまいピョコピョコ感が増えたと思う。また当初ロールがしないのは良い事だと思っていたけれど、微小にハンドルを動かして車の向きを変え辛く、曲がらない車になった感じがしていた。まあ余分にハンドルを切ってタイヤのグリップで曲がる事は可能なのだが…

 

そんな訳で思い切ってリアスタビライザーを元通りにする事にした。

 

昼休みに会社の駐車場でジャッキアップしてウマを噛ませる。交換は特に難しい事も無く以前の逆順で30分程度で済ます事が出来た。

 

太さがこんなに違う・・・

 

そして道具を片付けてすぐに試運転に入る。まあ何ていうか駐車場から道路に出る時に既に違いが分かる。実にマイルドになった。今まで良かれと思ってやっていたのは何だったのか?きっと快適な旅になるだろう…あとはロードノイズの改善だな(汗)

社会人吹奏楽フェスティバル

テーマ:

毎年恒例の行事だけれど、3月というとTSBの方の定期演奏会もあり、はたまた子供がまだ小さいので、あきちゃんの負担を減らす為にそんなに自由に練習に行けない。そこで楽団に迷惑を掛けたくないのもあり2月は私が1番手を吹くけれど3月は私は3番手で行くよという取り決めにした。そんな訳で2月の本番が終わってから昨日までユーフォのケースを開けてなかった。

 

そんな気楽な状態で朝からソフトケースを背負って徒歩で高岡駅へ向かう。あきちゃんと息子たちも一緒だ。天気は良いが少々風が冷たかった。荷物を減らすために私は本番の衣装てある白シャツ黒ズボンの上にブレザージャケットを着込んでいる。これで打ち上げまで一日過ごす事になるだろう。終演後に一度帰宅するのも面倒だし飲酒するので電車で向かうのは去年からだが、車で行くよりぜんぜん楽だ。

 

よくよく考えれば次男は電車に乗るのが初めてだ。富山駅に着くとあきちゃんたちは環状線の市電に乗って行き、私は徒歩で駅北のオーバードホールへ向かった。

 

いってらっしゃ~い・・・

 

楽屋に着いて程なく合同演奏のリハに出た。去年と一緒で一番外側に座って吹く。楽譜は用意してないので隣の同級生O西に見せて貰った。その後昼になったので数人でマリエまで昼食を食べに行く。メンバーはオカザキ夫妻とまさし…後からながいくん。大人数では入れる店が限られるので、これぐらいの人数で丁度良いのかも?中華料理をシェアして食べた。ついでに1杯だけ生ビールを飲んだ。電車で来ているのでぜんぜん気にならない。

 

ホールに戻っても暇…通路で後輩のCl吹きのT清と会った時『今しがたホールの前の道であきちゃんと会いましたよ』と聞いたので、近くの児童公園へ向かうと芝生の上で3人でおにぎりを食べていた。この後で本番が控えているのに何とものどかな雰囲気だった。その後一家でワンダーラボへ移動したが、私はそろそろ出番なので控室に戻る。

 

昼飯食ってる親子・・・

 

去年は合同のリハでバカ吹きしてその後困ったんだっけ?今年も結構吹いたけれど楽器もマウスピースも違うので影響がない。この楽器はどれだけでも息が入るけど、入れた分だけ鳴る訳ではないと思う。そこが落とし穴かもしれない。リハーサル室では目をつぶって『Midnight Euphonium』などまったり吹いていた。そして本番の舞台へ上がる。1年振りのオーバードホール…ガッチリ反響板が組まれ自分の音がよく帰ってきて吹きやすい。配置の関係ですぐ前列にホルンが並んでいてキョーレツな音が降りかかって来る。また今回若くていきの良いBass Trb.のおねーちゃんがバリバリ吹いている。そんな中でも力負けしない演奏が出来ている手応えはあった。ただしエルカミ中間部は目を閉じてお休み…そして後半部はまた目を見開いてしっかり頑張った。終曲と同時に湧き上がる拍手!これがあるからやめられないね!!そしてスパニッシュ・フィーバーだが、前奏の指揮のすずきくんのジャケット脱ぎ捨てパフォーマンスやらまさしのキレッキレのマラカスやらでエラい盛り上がった。奏者自身も本番で何が起こるか予測不能…面白い楽団だと思う。もちろん全開で吹くのだけれど、反響板で他の音も聞こえるのと一度やっているプログラムなので2月の時より良い演奏になっていると思う。いい汗かいた。そしてその後の合同演奏だが、人数が多い中で自分の音をどうのこうのというのは不可能…そんな中でも頑張ったけれど骨折り損の…みたいな感じだった。来年は客席に座って聞こうかな?なおうちの家族は合同演奏を聴く前に帰って行ったそうな…

 

ホール天井まで遠いなぁ・・・

 

楽器を片付けて懇親会まで時間があるのでゼロ次会に出掛ける。去年と同じ近江屋だったが今年は時間がそんなにないという事で簡単なツマミと生ビールで乾杯という事になった。生ビールは演奏後だと更に美味く感じる。ただしゆっくりする間なく懇親会の会場へ移動…こちらは瓶ビールをたくさん飲んだ。なじみの顔とも話したし初めての人物とも話した。子育ての話が中心だった。そして次へは行かずに大人しく電車に乗って帰宅。疲れた…歩数計は11,000歩を越えていた。本番中は持っていなかったので実際はもっと歩いているだろう…

タイヤ交換・・・

ちょっと早いかな~?まあいいや!


…という事で夕方帰宅してすぐにタイヤ交換に掛かる。
 

しかしまた油圧ジャッキがオイル漏れで使えなくなっていた。なんてこった…しょうがないので車載の手回しジャッキを使用する。この油圧ジャッキは捨てて新しいのに買い替えよう…

長男がまとわりついてくる割に作業を手伝わない…しかし別にタイムロスなどなく順調に終了した。夕食を食べた後に練習に向かう。

 

使えないぜ・・・

 

今シーズン酷使しちゃったか?

 

ハンドルから伝わってくる感触がスタッドレスの時とぜんぜん違うものだ。細かい路面のギャップや凹凸でまたブレーキング時にハンドルが反応する。空気圧が良くないのか?それともローテーションを前後左右変えた影響か?あとアンダーステア気味な気がする。タイヤの性能が良いのでハンドルを切れば曲がるけど自然に曲がってくれる感じが無い。リアだけ強いスタビライザーに換えたのがいけないのかな?フロントも変更するかそれともリアのを戻すか?あと一度アライメント調整に出した方が良いかも?でもってまたロードノイズが旺盛なのでなんとかしないと…

 

なお今年は車検がある。タイヤの溝はまだあるのでこのまま車検は通るだろうが来年の今頃は新しいタイヤを買う事になるかも?この車いつまで乗れるかな?次買う車はAT車になるのかな?せっかくの今持っているホイールは使えるのだろうか?疑問はいっぱいだ…

 

ピアノが来た日・・・

テーマ:

今月から長男をピアノ教室に入れる事になった。小さい頃から何となくだが長男はピアノに興味があるんじゃないかと思っていたので、それについては異論はなくむしろ賛成だった。そこで自宅にデジタルピアノを買おうという流れになる。いろいろ調べてだいたいの機種を絞り込んで近所の楽器屋さんより(管・打楽器が専門であるが…)見積もりを取り、納期とかも鑑みて発注していた。人気のないカラーだったのか在庫があったようで見積回答の納期より早くやって来ることになった。


ワクワク…3/8のみぞれ交じりの雨が降る中やって来られた(私は納品に立ち会うために午後から仕事を休んだ…)。台部分とキーボード部分をテキパキと組み立てて椅子を添えて終了…社長はとても忙しい人だが、私の要望を聞いていただきこのタイミングで納入してくれた事に感謝…現金即金でお支払するとともに帰り際にペットボトルのお茶と桜餅を用意しておいたのでお渡しした。

 

あざ~す!

 

さて、明るい木目調のヤツになったけれど、Webで見るより明るい色をしており圧迫感が無いように思う。来る前は黒っぽくないと高級感がないかな?と思ってたけれど実物を見てそんな事は大した問題でないと思った。ただ、初めて音を出した時にあきちゃんが『軽っ…』と少々こぼしていたのが気になる。サンプリングというより多分スピーカーの性能かな?割り切ってエントリークラス機にしたのが良く無かったかな?まあしかしそこはデジタルピアノ…弦が鳴るのとスピーカーが鳴るのとはやはり違う。目をつぶろうよ(汗)ちなみに鍵盤のタッチはしっかりしている。

 

早速長男がいろんなボタンを押して遊んでいる。いやいや、そうじゃないやろちゃんと練習しようよ…

 

…で、夜とか子供が寝静まってからヘッドフォンを付けて子供のレッスン用教材を弾いてみる。まだ左右の手で同時に違う音を出すとかないけれど、それでもすごく新鮮だった。毎晩のように練習している(笑)こんな簡単なのにひとつ重大な問題があるとすれば、『ド』の音を出した時に頭の中では「レ」と認識する事か(汗)地道にがんばろう~(^^;