七五三詣

テーマ:

先日次男のお宮参りの日の午前中に写真屋に撮りに行ってついでに長男に和装をさせて七五三の写真を撮った際…『和装っていいなぁ』と思った。…で、借りるとちょっと高くつくのでネットで探したらレンタルよりちょっと高いぐらいで買えるセットがあったので買ってみた。ただしこれはポリエステルで出来ていて中国製だ。まあしかしそういうのを気にしてたら予算がどんどん上がってしまう…要は雰囲気を味わえれば良いし、3年後にまた次男が着れればそれで十分だ…という事で注文して実際届いたセットの梱包を解いてちょっと困ったのが、着付け方が分からないという事だったが、ネットにはいろんな情報が載っているもので着付けのビデオとかいろいろと参考にすることが出来た。

 

さて、今日は天気が良くなるというので午前中から七五三詣に行く事にしている。という事で早速着付ける。長襦袢と着物を着せる。着物は黒なので腰紐を巻いただけだと一休さんっぽくなる(笑)腰紐の上から帯を巻くが結び方が上手くいかずリトライ…そこであきちゃんがやってきて見ていたが、母親が横にいると気が散って息子がぐにゃぐにゃしていて袴がうまく穿けない。『しっかり立て!』と言い聞かすもぐにゃぐにゃが治らないので何度かブチ切れる。

 

ようやく袴の紐を結んで、羽織に袖を通し羽織紐をつける。少々着られてる感があるが良い感じだ。届いた時に袴は少々長かったので折り曲げて縫って丈を詰めた。そういう努力の甲斐があったというものだ。自宅前で写真を撮った。長男の方も今日が特別であるというのが分かっているのか乗り気のようだった。徒歩で神社へ出発…

 

古城公園の本丸の射水神社は混雑していた。休日で天気も良いし仕方ないだろう。ただ受付を終えて控室でちょっと待ったらすぐに拝殿に案内された。しかし拝殿は大混雑…結構な数の子供をいっぺんに祈祷するとの事だが、祝詞には名前と両親の名前と住所と誕生日が入るので、実際にこの人数全ての子供についてその全項目を述べられたのにはビックリした。そんなわけで大分時間がかかった。生年月日を聞くに、『満年齢』と『数え年』どちらもいるし、偏りはないように思える。どちらでも良いというのは何ともあいまいだなと思うものの、そうする事で参拝の機会を増やしているようにも思えた。あと、女の子は赤い着物の和装が多いけれど、男の子はどちらかというと洋装の方が多いような気がした。

 

祝詞・巫女さんの舞が済んで前から順番に玉串を捧げて、千歳飴とかいただいて退出…なかなかの混雑だった。拝殿の前で写真を撮る。特にシャッター釦を押してくれるサービスもないので三脚を持ってきて良かった。絵馬に願い事を書いて奉納してから拝殿の前が空いたのでまた写真…「また」と言ってもそんなにじっくりではない。慣れている一眼レフを使っているとは言え失敗してたら…とじっくり確認する時間がほしいところだ。

 

ごまんえつ・・・

 

徒歩で帰宅してすぐ車に乗って実家めぐりに出掛ける。実家にも長男の和装は好評だった。私の実家から行って、あきちゃんの実家で普段着に着替えて着物は箱に仕舞ったが、次いつ使うだろう?例えば来週また着付けて、千歳飴の袋にボールペンでも入れて神社に写真だけ撮りに行くという使い方しても良いと思う。それと来年の『満5歳』でも行くか(笑)なにしろレンタルじゃないのだから使ったほうが得だ!?

 

夕方またカレーフェスタに出掛けた。もう2時間で終了ということで安売りとかしていてお買い得だった。その場で焼くナンに比べて炊飯会社から供給されるご飯は昨日より盛が半分になっていたのがイタダケナイ・・・来年あったらご飯はお櫃に入れて持参しよう(笑)

 

帰り道、月が出てた・・・

AD

秋のふれあいブラスコンサート2016

テーマ:

毎年恒例の合同コンサートに参加するため、ふれあい館に向かった。控室でボリューミーな弁当を食べてすぐさまアップの後慌ただしく舞台でのリハーサルになる。今回の使用マウスピースは隣のながいくんから借りているJUN'Sで予備は用意していない。なお昨夜の合奏ではK&Gを使っていて手応えは良かったのだけれど、このJUN'Sも一度本番で使ってみたかったというのはあった。マウスピースが変更になったから吹けないというデリケートなプログラムでもないので試してみる。

 

リハーサルが終わってまた控室に戻り、長机に座って喋ったり、客席に座って他の団体の演奏を聴いたりしていた。

 

我々の団体は最後の出番なので時間はたっぷりある。たまに楽器を吹いたりもする。プログラムの冊子で他の団体の出し物を見てソレを吹いたりもしていた。地鉄吹は『慕情』かぁ…怜くんやなぁ…と思って中間部のソロのフレーズを吹いてみる。マウスピースが良いのかなかなか良い感じで吹くことが出来たし、あまり息を使わなくても響くようで、何より息が長持ちするのが良い。HrのいしがねさんがHr Soloのフレーズを吹いていた(笑)いつかこの曲やる時来るかな?前に出てSoloなんてすごく恐ろしい(汗)他の団体で1999年の課題曲の『K点を越えて』を演奏するところがあったので、こちらもメロディーから吹いてみた。自分らが演奏したのは3番の『エンブレムズ』だったのでこの『K点』は少々ディテールがあいまいになりいろんな似た課題曲がごちゃまぜみたいな演奏になってしまった(汗)こちらもTrbのおかだくんがついてきた(笑)まだまだいろいろやりたい曲があるなぁ…自分らの団体では自分のやりたい曲の提案が通らないので、他の団体の賛助で出るってのも良いだろう(私を使ってくれるかが問題だが…)。


それからまさしが言いだしっぺでバリチューアンサンブルの練習など始まったが、これがなかなか楽しくてバリバリ吹いてしまった。

 

さて、自分らの番という事で控室から出て舞台裏待機という事になるが、私はいつもの録音(画)器を立てに客席へ行った。前の団体のエロイカが演奏しているが去年とはまた違う顔が舞台上に並んでいた。マーチが終わってポップスのボレロだが、当然ここはこう!というところがアレッ?となっていたりなかなか不思議な感じだった。どこの楽団も奏者集めに困っているのだろう。若い子がどんどん参加してくれれば良いのだけれど…

 

場面転換でREC釦を押して舞台へ移動。それにしてもいつにも増して狭かった。金管奏者はTrp×11,Trb×6,Hr×5,Eup×3,Tuba×5で他団体の2~3倍はいる。

 

いろいろあったけれど、最初の曲の最後に『ヤッ!』という掛け声があり、こういうの少々気恥ずかしい気もするんだけれど、自分らのバンドならここは気恥ずかしさを捨てて・・・とみんなで派手に『ヤッ!』ってやったらこれがなかなか爽快だった!あと今回はA. Saxに普段ビッグバンドとかで吹いておられる方が賛助で入っていたがこの方の演奏が圧巻だった。まず音が良い。でもって楽器ってこんなに鳴るんだ…という程よく鳴っている。あと表現力が豊かだ!Jazz系の奏者ってスゴイなと改めて思った。自分の演奏は、前回8月のコンクールの時ほど頑張って吹いてない。むしろもっと楽にリズムを正確に吹いたつもりだ。ただ控室でだいぶ吹いて疲れていたのか、プログラムの後半辛かった。

 

ともかく多分今年最後の演奏が終了した。6月に次男が誕生した事もあって演奏活動は少々縮小気味だったけれど、少ない練習なりにこなした感じだった。また来年につながれば良いなと思う。あと、しばらく空くのでユーフォは調整に出そうと思っている。主管のクリアランスが広すぎるので何とかしたいところだ。また次も頑張ろう!

AD

アルミホイール装着!!

テーマ:

スペーシア購入して約2カ月が経過した。何の問題もなく使えてはいるけど一つ文句を言うならJC08モード燃費がカタログで32km/Lを謳っているのに、積算燃費計の数字はその半分しか出ていない事か…まあ32km/Lは出るはずないとは思っていたけれど20km/Lは越えたかったな…ただこれは使い方だよな。長野に一度行っただけで遠出というものをしていない。エンジンが温まる前に目的地に到着するような使い方では燃費は伸びて行かないだろう。

 

さて、11月に入ったという事で、早ければ今月の末にでも雪が降ってくるだろうと思われる。そこで困るのがスタッドレスタイヤだ。そろそろ買わないと…一応いつも使っているタイヤ屋さんに見積依頼するが、タイヤもアルミホイールもBSなのでなかなかの値段がする。きっとオー●バックスとかでメーカーとか目をつぶって買ったら2~3万円は安いのかもしれないけれど、走りの頻度からすればタイヤは7~8年、ホイールは10年以上持つのでそれだけの差額は大した違いにならないだろう。むしろ大事なのは性能だ。ホイールに関しては鍛造品の軽いのが良いと思う。これは私の車がレガシィー時代からクソ重いホイールを履いていた経験から言うので間違いはない。タイヤは保険みたいなもので、もちろん路面状況の悪い時に無茶したら危ないのだけれど、ピンチの時にタイヤが助けてくれるかもしれない。基本的に自分の車は自分で…の原則だけれど、今回は増額分の費用は面倒をみようと思う。

 

で、連絡があったのと午前中ヒマだったのでスペーシアに乗って私と長男でタイヤ屋さんに行ってきた。今回は純正タイヤを新しいアルミホイールに組む作業。外した純正の鉄チンホイールにそのうちスタッドレスタイヤが組まれる事になる。外は少々寒いので事務所でテレビを見ながら待っていたのだけれど、長男が『見たい』と言ってピット作業を熱心に見学していた。

 

何でも興味を持つのは良い事だ。

 

でもって仕事と言うのはそうやって目で見て覚えるものだ。作業員のあんちゃんも愛想が良い。車はリフトアップされていて下まわりが丸見えだった。前輪駆動なので床周りはドライブシャフトとかもなく実にシンプル…サスペンションのアーム類とかもなかなか華奢だが、それらをゴツくすると重量に跳ね返ってくるので難しいところだ。ともかくこういう構造であることを頭に入れておいて無茶をしないようにしないと…

 

軽そうな足回り…

 

一時間ぐらいで作業が終了…息子は時間を持て余すどころか喜んでいたので良かった。礼を言って帰途に就く。明らかに走り出しが軽い…まあ走ってしまえばそんなに変わりはないけれど、この速度がゼロから動き出す瞬間って特に街乗りでは多いので燃費に良い影響を与えるだろう。

 

なお帰宅してその後あきちゃんは午後から車を使用したけれど、反応はイマイチ…それどころか余計な出費を喜んでいない感じがする。う~む…

 

良い感じなのになぁ…

AD

生活発表会

テーマ:

長男の幼稚園の生活発表会が開かれるというので午後から仕事を休んで見に行く。車を置きに帰宅するとあきちゃんは既に会場入りしているらしく留守だった。私も着替えて出発!風は少々あるものの天気が良く、歩いてても気持ち良かった。

 

程なく文化ホールに到着…生活発表会と言えば、昨年の保育園のを思い出す。未満児のはおまけみたいなものだけれど、そんな中でもうちの子は雰囲気に飲まれたのか動きが悪かった。でもって保育園は保育園の中でやっていのだけれど、幼稚園は文化ホールを借り切って行われるというのでなかなかの力の入れようだと思う。

 

ロビーであきちゃんと合流…既に疲れ切っていたのは席の確保がタイヘンだったとの事。花見並みの場所取り合戦が繰り広げられたらしい。そんな中あきちゃんの確保した座席は…ホール中央の中央…良い席やん!?あきちゃんはステージから遠いからそんなに良くないと言ってたけれど、写真やビデオを撮るのには都合がよい。なお本日は業者も写真やビデオ撮影しているので一応は個人での撮影をしないようアナウンスがあったものの、それを普通に無視して視野にはたくさんのスチルやビデカメラが見て取れた。まあそういうものらしい。もちろん私も機材持ち込みである。

 

出し物は年次に応じて変わっていて、年長になると男子は空手の型だったり女子は日舞だったり手が込んでいる。うちの子は年少で曲に合わせて踊るみたいな感じだった。プログラムのだいぶ後になって出てきたけれど、ビックリした事にうちの子動きが良い!!どうしたんだ?去年に比べて凄い成長してるじゃないか!?あのモジモジしていた姿は嘘だったように活発に踊っていた。先日の運動会と言いすごいな…帰ってきたらいっぱい誉めてやろう…そしてそんな姿を記録するために三脚を立ててビデオを撮りながら写真を撮った。一人でやるのはなかなかタイヘンだ…

 

全てのプログラムが終わって息子を出待ち…そのうちゴキゲンで出てきた。やりきった感があるのだろう。帰りは徒歩で帰宅…とその前にソフトクリームを食べてきた。

 

たまにこういう事もある…

 

うちの子幼稚園へ入ってからだいぶ成長したと思う。保育園のままだったら…という考えはナンセンスだが、結果としてはオーライだろう。先生方に感謝しなければ…