休日

テーマ:

以前からあきちゃんが行きたいところがあると言ってたけれど、今日は天候がイマイチだろうということで『延期』という事になった。そこで長男を連れて公園までサイクリングに出る。まずは補助輪付きの自転車…これはなんとかマークが付いてる自転車なので公道の走行が可能という事で、公園外周の歩道を走って北側のエレベーターで上がって小竹藪から公園内を走って家へ帰る。この補助輪付き自転車は重量があり、まだ息子の体力ではあまり速く走れない…しかも凸凹の多いオフロードではたまに駆動輪が空転してたりしていた。

 

一度帰宅して自転車からストライダーへ乗り換える。これは公道走行はNGだったと思うので、公園の敷地に入ってからまたがせる。構造が簡単で軽量なストライダーはスイスイと走らせる事が出来るようだ。前回は伴走がタイヘンだったので今回は私も自転車に乗るのだけれど、ちゃんとついてくるし、手を添えなくても不安な場面はなかった。息子もそんなストライダーが好きなようでなかなか家に帰ろうとしなかった。伴走もタイヘンだ(汗)

 

さて、昼食を食べてから一家で車に乗って出かける。天候がビミョーなのでインドアで何処か?と考えて以前一度だけ行った事のある砺波のイオンへ向かった。途中まで以前車を見に行った自動車ディーラーまでの道と一緒な道を走ったが、そこで長男が反応する。『くるまやさんちかい?』う~む、さすがは私の息子だ(笑)

 

イオン到着!屋上の駐車場に車を停めてエレベーターで店内へ…まあまあお客さんが入っているようだ。

コチラのイオンは遠いので行く機会が無い。だから何となく新鮮に思うのかあきちゃんは細かいものを買っていた。『く』の字の形の建物をまず1Fを見て端からエレベーターで2Fに上がり、反対の方向に一巡して終了と思っていたけれど、折角なのでゆっくり見て回る。ちなみに私の欲しいものはこの建物内には特にないので、あきちゃんが欲しそうなものを見て回り私がベビーカーを押すという流れだった。

 

2Fに上がると子供たちが元気に動き回っているコーナーがあり、長男も興味を示していたのでそこで遊ばせる。白い壁にプロジェクターで映像が投影され、それに向かってフロアに半円状にマットが敷いてある。カメラが捉えたマットのエリアの映像をプロジェクターで投影させ、CGと合成してちょっとしたVRアクションができる仕組みになっている。きっとテレビゲームとか慣れてる子は楽しいのだろうけどうちの子はその仕組みをいまいち理解していない感じだった(汗)まあしかし楽しそうに走り回っていたのでよかろう。これはだいぶ長い間居たが、コチラは椅子に座って眺めているだけで良いので楽だった。ただし子供が多いので接触事故だけは気をつけないといけない。

 

すっかり夕方になってしまい夕食をフードコートで食べていく事にした。いろいろなメニューを別々に注文できるフードコートは便利だが、まさかの●楽苑のラーメンと●ンガーハットのちゃんぽんという組み合わせになった(汗)もっとなんかなかったのか?長男はなぜかつけ麺を頼んでいた。美味しいと言って食べてたけれど、まだ残っているのに『ごちそうさま』と言ってまた先程の場所へと遊びに行く。何ともタフだ…長男が遊んでいる間あきちゃんは次男の授乳へ向かった。結局3時間ばかりいた。その割にあまり金は使っていない…なかなか良い時間の使い方かと思う。

AD

同級生飲み会!?

テーマ:

朝から暑い…こういう日はダラダラ家にいるに限る…と思うもそうもいかず朝から長男と公園へ散歩に行く。公園へはストライダーを持って行って息子に乗せるのだけれど、すっかり上手になってスイスイと走っていた。

 

昼に帰宅して今度は一家で徒歩で街に出る。やはり暑い…駅前でメロンパンアイスを食べてからウイングウイングにコンサートを聴きに行った。ピアノとフルートとヴァイオリン…優雅なアンサンブルだ。ピアノと編曲はけいこさん。久しぶりだけれどfbでつながってるのでそんなに久しぶりという感じもしない。楽しい曲が続くけれどこの編成ってどうなんだろう?フルートもヴァイオリンもそれぞれSolo楽器向きではある。例えば単品でメロディーを演奏してピアノが伴奏する場合が多い。だけれどピアノがメロディーにまわった時に何をさせるか迷うところだ。もう少し音域の低い楽器(例えばチェロ)とか低音だけをやる楽器(例えばストリングベース)とかあったらカラミが面白かったかもしれない。

ブラボー!

 

 

仕切られてはいるがロビーなので子供を連れててもそんなに神経質にならない。長男は静かに聴いていた。プログラムとアンコールが終わって送迎にけいこさんがピアノを弾いているのをじっと見ていた。興味があるのかな?習わせてみたい気もするが我々親にとっても未知の世界だ(汗)

 

『聴きに来たよ~』と挨拶してから会場を出る。ロビーに10月のTSBの演奏会のポスターが貼ってあった。曲目を見て『へぇ~、コレやるんだ~!』と言っている始末(汗)そして徒歩で末広町通りを下って行って山町筋を歩く。フェスティバルをやっているはずだがメインは夜なのか盛り上がりに欠けていた。古い土蔵造りのカフェで休憩する。中は落ち着いた良い雰囲気でゆっくりできた。それから大仏さんに寄って徒歩で帰宅。しかしすぐにまた私一人で街へ出かける。これから飲み会が開かれるからだ。

 

こちらは盛り上がっていた!

 

 

5:22に家を出てさほどあわてなくても5:30に高岡駅の改札前に着いた。既にメンバーは集まっていたので出発!ノープランだったので駅前の秋吉へ…時間が時間なのですぐに座敷に通される。生ビールのジョッキをカチンと合わせて乾杯!

かんぱーい!

 

私はたくさん歩いてきたので冷えたビールは美味かった!テーブルの対面はけいこさん、先程はコンサートお疲れ様!私の横は高校の同級生の修二。今回の発案者は彼で、修二とけいこさんは中学以前からの幼馴染だ。なお本来けいこさんと私は繋がりが無いのだけれど、長い間吹奏楽をやっていると不思議な縁で繋がる事がある。けいこさんは学生時代から修二より話を聞かされて知っていたし、今はやめてしまったけどその昔私がホームページをやっていた関係で知り合う事が出来たと記憶している。

 

話題は、昔の事とか互いの育児の事とか…そもそも何故に今になって修二はこのような会を開こうと思ったのかというのが疑問だった。というのもこの3名で飲むという計画の前は高校の吹奏楽部の同級生で飲もうという考えだったから…なおその計画は他に誰とも連絡がつかなくて簡単に頓挫している。結局は聞けなかったが修二も実家暮らしになって生活にゆとりが出て来て昔を懐かしむ余裕が出てきたんじゃなかろうか?

 

思えば我々が高校を卒業した時点で携帯電話という便利なツールの普及率はほとんどなかった。そんな訳か我々の世代は同級生が多いにも関わらず横の繋がりが薄いと思う。でもって高校終わって地元で働くならまだしも進学して日本各地の大学へ散らばるから尚更薄くなる。高校の吹奏楽部の同級生と集まる事今後あるかな?俺以外楽器吹いてるって聞いたことないし(笑)OB会がしっかりしている学校やSNSなどのツールが身近な今の若い人たちが羨ましいぜ…

 

自分にとっても久しぶりの秋吉だったにも関わらず喋ってばかりで案外食が進まなかった(ビールは結構飲んだが…)。チェックを済ませて店を出る。『次どうする?』という事で、以前からTSBの打ち上げなどでも行く事があるビアバーのシャンディーガフへ…こちらでもビールで乾杯という事になるが、インポートの樽生ビールはとにかく単価が高い…だけれどこれがとても美味かった!(銘柄覚えてないが…汗)

美味い!

 

対面に座る二人もビールの説明を店員さんに聞いたりご満悦のようだった。旧知の仲だけれど新鮮な会だった。昔話をすればあの頃の記憶がよみがえる。共通の知人の名前がポンポンと出てきて懐かしい思いに駆られる。そしてこうやって飲んでいてそれがまた新たな思い出になる。ひとつ残念に思ったのは20年前にやっておきたかったなという事…かなわない事ではあるが…

 

ビールが進む・・・

 

そのうちけいこさんが帰りに乗る終電の時刻が近づいてきたので会計を締めるのだけれどまさかの秋吉の2倍だったのにビックリ!飲み過ぎたようだ(笑)しかし駅へは近い。入場券を買ってホームへ降りて電車に乗るけいこさんを見送った。それからタクシーに乗る修二も見送って自分は徒歩で帰宅。

 

実にゴキゲンな飲み会だった。同級生だから良いんだよな。でもって『男×2+女』または『Y野中×2+S貴野中』とか『T岡南高×2+T岡商高』とか『Euph吹き×2+Tp吹き』とかビミョーなバランスというのがまた良いんだろうな(笑)また店や行動を換えて機会を設けれたらなと思う。
 

AD

水族館へGo!

テーマ:

下の子が生まれてちょうど2カ月…小さい子がいるとなかなか旅も出来ない。しかし折角の盆休みだし上の子もストレスが溜まっていそうなので、15日の夕方から近所の公園に散歩に行ってきた。徒歩数分で公園の敷地に到着するので、そこからスト●イダーに乗せる。まだハンドルの加減が雑だけれど結構速く走れるようになった。下り坂が面白いのにそこは慎重に走る(汗)ほぼ公園を一周して、本丸広場の芝生の上で休憩…そして一緒に走ったりした。だんだん体力が充実していく息子…比べて自分はこれから衰えていく一方?鍛えとかないといけないなぁ(汗)

 

夜にあきちゃんと『明日どこ行く?』という話になったので、それじゃあ能登島の水族館とかどお?って軽い気持ちで言ったら簡単に決定した。

 

朝から出発するはずだったけどちょっと手間取る。まあしかし能越道のおかげで割とスムーズに七尾まで行ける。和倉温泉を横目に能登島大橋を渡る。この橋前に渡ったのっていつだろう?駐車場はいっぱいあるようで『出遅れたかな?』と思っても停めれて安堵した。トランクからベビーカーを出して下の子を乗せる。何故か上の子がそれを押す。『危ないからお父さん押すよ』と言っても代わろうとしない。頑固だ…

 

料金を支払ってチケットを買い求め入場…いきなり大きな水槽があり窓に人だかりが出来ている。丁度あいた所へ長男をすべりこませる。知らない場所の暗いところを嫌う傾向のある長男だけれど、ここは素直に見入っていた。時折目の前を巨大なエイやシュモクザメが横切って行くのに『わぁ~っ!』と歓声を上げたりしていた。怖がってはいないようだ。成長したな!スロープ越しにゆっくり降りて行きながら水槽を眺める。海遊館的なスタイルかな?規模はこちらの方が小さいようだけどジンベエザメが2匹いて丁度食事時のようでダイナミックにオキアミかなんかの餌を吸い込んでいた。凄い!

建物の一番底まできて外に出ると次はイルカショーを見に行く。イルカプールはここ10年で見た名古屋港とか須磨に比べれば小ぢんまりとしているけれどショー自体は熱かった。長男も真剣に見入っていた。

 

それから一度次男への授乳を挟んだ後昼食にする。ラーメンとカレーうどんだったけれど何となく浜茶屋の趣だ。

 

その後電動カートに乗ったりその他のイベントを見たりして過ごす。

それにしてものとじま水族館はいろんなイベントがあってお客を楽しませる姿勢が素晴らしいと思う。

長男もあきちゃんもとても喜んでいた。

だいたい回ってまた大水槽のスロープをのぼって行く。帰りは混雑もなくゆっくり歩きながら水槽を眺める事が出来た。

そして車に帰ってきて帰途に就く。往きはすんなりだったけれど、帰りはむずがる次男の授乳だったり、夕食にモ●バーガーのドライブスルーだったり、私の腹の調子が突然悪くなったりで、七尾市内のいろんなところで止まった。能越道に乗ればあとはノンストップだったが疲れていたのか眠気が襲ってきた。そういえば往きのコンビニであきちゃんがチョコレートのタブレットキューブみたいのを買っていたのを思い出してそれを食べた。これが超甘くてパッチリ目が覚める。そんな訳で快適なドライブだった。

AD

北陸吹奏楽コンクール

テーマ:

先月の県大会の日、私は大阪で用があったのでお休みさせてもらった。近年我々の吹奏楽団はレベルが落ちてきて県大会の突破が出来なくなっていたので、『今年のコンクールは出れないな』と少々残念に思っていたけれど、驚いた事に県大会を通過してしまった。まあそれでも自分は出なくてもOKだろうと軽い気持ちでいたけれど、熱いパート内LINEの影響で引くに引けずに出場する流れになってしまった。本当はバンドの人数バランスとか考えるとBassもEuphも人数削減をしないといけないはずだが…

 

ともかくバカンスを過ごすはずの今夏のお盆までの予定が大幅に変更になってしまった。一番痛いのが家族があきちゃんの実家から自宅に帰ってくる日程が延びた事…お盆まで一人寂しく過ごさなくてはいけなくなった。そのおかげで練習には結構出る事が出来た。ただ練習は合奏だけに出ており、そうなるとトータルで吹いている時間は少ない。そんな訳で家でもちょっとだけ吹いたり、曲をさんざん聞いて流れを頭に叩き込んだり、そんなわけで近年には珍しく暗譜して本番に臨むことが出来た。

 

他の人間はどうであれ、自分としてはロクに吹けもしないのに本番の舞台に載って『コンクール楽しかった』とか抜かすのは大嫌いで、自分よりもたくさん練習している人がいるし、素晴らしい演奏をしている仲間に恥ずかしくないように、本番で最高のパフォーマンスが出来るように練習してきたつもりだ。県大会の演奏の録音を聞くとEuphのピッチが上のD,E♭,E,Fあたりで悪かった。これはいつも通りなのだけれど、自分が加わる事で更なる悪化とならないよう、主管トリガーを駆使して演奏するものの、4番ピストンの運指でたまにトリガーを押したり、短い音符でトリガー操作が間に合わなかったりしたし、本番前日の練習で不調に落ちて途中からマウスピースを替えたりしていた。長年やってても自在に吹けないものだなと落ち込むものの、プレッシャーの少なく、隣からのユニゾンの音が聞こえないチューバ側に座っているからか自由な演奏が出来るのはありがたかった。

 

前夜は練習場を出たらソッコーで帰宅し、筋トレとシャワーをして就寝…翌朝は5:30にパッと起きて着替えて車で6:00には出発する事が出来た。金沢まで全て下道を走ったけれど6:45には到着。ラッキーな事にホール横のコインパーキングに停める事が出来た。しかしあまりに早すぎる…集合時刻まで1時間もあるので体を起こすのに散歩に出発!金沢城公園へ…私が大学生だった頃、ここには金沢大学が入っており、切れかかった蛍光灯とか薄汚いコンクリートの建物が建っていた。今ではすっかり綺麗になって税金が大量投入されて更に整備されている。早朝だというのに結構観光客が歩いていた。

 

便意を催したのでトイレへ…最新型のT社の温水洗浄便座…すごいな。でもって腹が下るのを警戒したけれど、そんな事はなく快便だった!体のコンディションも最高!これは最高の演奏が出来そうだ。という事で丁度集合時刻にホールに戻って楽器を出して音出し…マウスピースは一応昨日までのスタート時に使っていたアライアンス3を使って、昨日の途中から交代したDW SM4Uをポケットに予備として入れておいたもののこの予備は結局使われなかった。朝一に吹く違和感とか短い音出しで本番に臨む事とかネガティブな気持ちも無く快適に時間が経過する。これもまたプレッシャーが今回全く掛かっていないからかと思う。そして舞台へ…

 

一週前にホール練習をしていたがその際にEuphは聞こえ過ぎと言われた。しかし最後の通し練習の録音を聞いた限りではむしろ聴こえ辛く感じたので、今回いろいろ変更している。まず4番ピストンのボトムキャップをLight⇒Heavyにして結局上も下も全てHeavyにする。あとマウスピースも前回のK&G⇒アライアンス3にした。つまりは音の遠達性を求めている。これはミスなどあった時に危ないのだけれどミスらなければ良いのだ。その為に楽譜は暗譜したし、あとは指揮に合わせて他の音を聴いて自分の音を乗せる作業をすればよい。意外な事だったけれど演奏中に考えたのは、口の中の容積とかそういう随分と基礎的な事だった。それが上手く行けばタンギングも決まるしピッチもだいたい安定する。そんなわけで最後まで安定した演奏が出来たと思う。ただ県大会の録音を聴いてダメだった部分はここでも改善されなかったのは残念だ。結局やみくもに練習しているとそういうものだろう。

 

写真撮影を済ませ、福井のバンドで出ている大学の後輩のはぢめちゃんと写真を撮って実況録音のCD-Rを買ってから表彰式を待たずに帰途に就く。以前、表彰式を見て悔しい気分にならないと前進はない!などという意見を聞いたことがあったが、そういうのはまず質の高い練習をしてから言うべきだ。とりあえず帰り道の大渋滞の中で(金沢の道路は結構混む…)大音響で実況録音を聴く。ふむふむなかなか良い音だ。しかしこれは天吊りマイクで録られた音なので実際に審査員が聴いているバランスではない。Euphパートは…よく聞こえる(笑)そして結構ピッチが悪い(汗)やはりD,E♭,E,Fだな…2回聞いて終了。コンクール的ではない演奏だ。しかしそれは昔からそうだったと思うけれど、昔の方が構成人数が少なかったからもっとスッキリした演奏が出来たんじゃないかと思う。今後もこの傾向は変わらないだろう。

 

帰りは小矢部のアウトレットモールへ寄って行った。一人だとゆっくりと見る事が出来る。ダーバ●のスーツを試着…これが結構良かったのとアウトレット価格に惹かれたのだけれど、断念…今ちょっと手持ちがない。それに黒じゃないスーツって年に何度も着る事が無いし…結局ニコ●でユニオンジャックのデザインプリントが入ったVネックTシャツを1枚買うに留まった。帰宅して楽器を降ろしあきちゃんの実家へ家族を迎えに行った。これで長かった出産のための里帰りが終了となる。トランクに荷物をたくさん積んで帰宅。それからお盆という事で私の実家で母と兄家族と夕食を食べた。そんな訳でコンクールの打ち上げには行けなかったけれど、まあいいか…ともかく今年のコンクールは終わった。ちなみにリザルトは…『銅賞』です…

『ポチッ』ではないが…

テーマ:

昨秋あたりに2人目の子供が生まれたら多分あきちゃん用の車が要るんだろうなぁとおぼろげに思っていたので、チラッと各ディーラー回ってカタログを取り揃えた事があった。しかしその時はあきちゃんは興味を示さなかったので購入計画を立てるには至らなかった。しかし実際に生まれてみるとその必要性を感じたというか、実家の母親からの勧めもあっていよいよ購入に心が動いたようだった。

 

なおあきちゃんは結婚前に実家の車を運転していた経験があるが、それはもう9年も前のことになる。免許証は『金』だがペーパードライバーというのはとても恐ろしいものだと思う。そんな訳で教習場でお金を払って『ペーパードライバー講習』というのを受けて来たとの事(しかも1時間×2回…)。う~ん、大丈夫かなぁ?

 

…で、気になる購入する車種だけれど、やはり維持費が安く取回しの良い軽四輪車が良かろうという事で、昨秋は①スズキ・②ダイハツ・③ホンダ・④日産のディーラーを回ってきたのだけれど、たくさんある車種の中でもスライドドアのハイト軽ワゴンというカテゴリーの車が良いんじゃないか?という事で考えると①スペーシア、②タント、③N-Box、④デイズ・ルークスという選択肢がある。また全部回るの面倒臭いので『これだ!』というのに絞ってディーラーを訪問した。

 

スバル以外のディーラーは慣れていない。とにかく車を見に来たと伝えて屋外の展示スペースに停められている試乗車アップかと思われる新古車を見る。予習によりグレードなり装備なり頭に入っているので、実際に触ってみて確認という事だけれど、外はとにかく暑く長い間いられない。長男は中のキッズスペースで遊んでいた。あきちゃんは次男を抱っこしてしばらく話を聞いていたが長くはいられなくて中に入る。とにかく私だけでも試乗しようという事で書類にサインして免許証を提示した。軽四といえども初めての車はワクワクする。でもって軽四なのに前も後も上も(横はさすがにそうでもないが…)えらい空間に余裕がある。斬新だ。しかしこんな大きな車だと重くてぜんぜん走らないんじゃないの?と思ったけれど案外ちゃんと走る。ターボとか付いてないのになかなかやる。平地を走る分には問題ないだろうな…交差点から出る時しばらくブレーキで止まってて出ようとすると小さくセルモーターの音を感じた。アイドリングストップだな…実燃費はどれぐらいだろうか?多分私のインプレッサの2倍はあるだろうな…それなら俺がこれに乗れば…という考え方もあるけれど、車の性能というのは燃費だけではない。あと短い試乗から帰ってきて狭い駐車スペースに車庫入れするのをやってみた。車が小さくて四角いのとバックモニターのおかげでかなり簡単に入れる事が出来た。良いんじゃないの…

 

私とかわりばんこで次はあきちゃんが…路上はさすがに怖いのでお客さん駐車スペースへの車庫入れを試していた。息子は相変わらずキッズスペースで他のお客さんの子と一緒に楽しそうに遊んでいた。ディーラーなので車のおもちゃはたくさんあってそれらを並べてご満悦のようだった。多分私と同じぐらいの歳の店長も良くしてくれた。

 

そして商談…一応新車と展示新古車の見積を出してもらうと新古車の価格的なアドバンテージが薄かったので『新車かなぁ?』と思うも、オプションをそんなに付けていないのに結構な値段がするもんだ。軽四高いなぁ~まだリッターカーとかの方が安いんじゃないかな?まあ維持費がその分割安なのでいいか。

 

初めて入ったディーラーでまさかの契約!納期は約3週間…支払いは現金一括!(ただし諸費用の関係で10万円分先払い)う~ん、我ながら良いお客さんや(笑)ともかく納車が楽しみだ!

歩こう

テーマ:
昼にばかり歩いていると日焼けで松●しげる並みの黒さになってきている。コレはいけないという事で最近は夜に歩く事にしている。

今夜は古城公園の外周から広小路の交差点に出て、そのまま電車通り沿いを歩いて駅前まで来て桜馬場通りを歩いて返ってきた。距離にして約4km時間にして約40分…これでだいぶ脂肪が燃焼した事だろう(笑)

しかしこのルート後半はさびれながらも繁華街なので誘惑が多い。居酒屋とかビア・バーとか焼き鳥屋に入って生ビールをキューッと一杯…と行きたいところをグッと我慢…ちょっと休んでこの後体幹トレーニングを行う予定だ。

しかしこれだけ頑張っているのに、なかなか締まって行かないものだ。なお体脂肪計は体幹トレーニングを再開した頃は体年齢39歳だったのに今では35歳まで若返ってきた。また20代に再突入…というのはムリかもしれないけれどもうちょっと若返りたい。

末広町通りは七夕飾りがはためいていた。今年は家族で見に行けるかな?行くとしたら土曜かな?練習サボる事になるかな?まあいいや…