TSB裏練習日記その209

テーマ:
所用により午後から半休…夜からはTSBの練習だけれどその前にヒルスのピストンにオイルを塗布してハードケースに格納して押入れに収納。代わりにプレステを取り出して吹いてみた。

これがまあよく音が響くの何の・・・ヒルスのあの320mmあるベルは飾りか?と言いたくなる程だ(プレステのベル径は279mm)。しかし先日の吹奏楽団の本番時の録画を見るとスタンド時の姿勢がイマイチだったのに気付いた。楽器より姿勢かも?とりあえずまだ伸びしろはあるのだろうと思うと頑張れる気がする。

さて、TSBの練習に出て行った。音出しの時にいつもはバーッと大きな音を出そうと吹くんだけれど今回は弱奏でいってみる。これがなかなか良かった。曲の練習中もいろいろと修正を試みる。

齢40になって、しかもあまり吹く時間がなくなって退化する一方・・・しかしもともとそんなに吹けていたとは思わない。それ以上を求めるなら何処か間違った分岐点まで戻ってやり直す必要があるだろう。そういう作業を今更ながらやっているような気がする。

楽器は申し分なし・・・ちょっとずつでも普通に吹けるようになったらいいなぁ。

なお明日は吹奏楽団の練習だ。コチラも頑張ろう!!
AD

生涯学習フェスティバル

テーマ:
毎年恒例の行事がやってきた。今年初めての本番という事で大変気合いが入る。本番前の舞台上のセッティングでまさしと立ち位置の確認を行った。指揮者他からの指示ではなく自主的にスタンドプレーをやるというのは何とも自由な楽団かと思う(笑)そして楽器を持って着席してスタンバイ・・・客席にあきちゃんと息子の顔があるのは久しぶりだ。スタンドプレーの方は言ってないのできっと驚くだろうな・・・それよりまず団員や指揮者のすずき君が驚くかもしれないが(笑)

演奏スタート!下のGの吹き伸ばしから・・・NSB'96のディープパープル・メドレーはあきちゃんが大学生の時にやっていたのを聞いた事があるけれど自分が演奏するのは初めてだ。EuphはBassパートの仕事の補助的な楽譜になっている。まあポップスにありがちなパターンのヤツや・・・折角だからいつも使用しているのより大きいマウスピースのアライアンスE2を使ってみた。プレステの純正マウスピースだけれど全く使わないのは、大きくて体力を奪われるから・・・しかし低音の安定感は凄いので試してみようと思ったワケだが・・・今回Tubaが6本もいるので私が頑張ったところで全く目立っていなかった模様(録音を聞いた限り・・・)。ここは次の曲に向けて温存しておくべきだったかな・・・

次の曲はNSB'84の恋のカーニバル・・・私は中学生の頃に演奏した記憶があり目をつぶってでも吹けるんだけれど、そういう人が他のパートにもたくさんおられるかと思う。80年代にやった事があるという『遺産』を背負っている方が多いのがうちのバンドの特徴ではなかろうか?こういったナツメロ的な曲は指揮者が特に注意しなくてもビシッと曲になるのが面白い。中間部のTubaのSoloはまさしがスーザフォンに持ち替えて起立して吹いていたけれど、バックで5人とも吹いているからなかなかの迫力だ。そこへ私が前へと出てきて加わる。リハーサルで吹き過ぎたのかちょっと高い音がハズレたりしたが、落ち込んでいるヒマはない。それより久しぶりのスタンドプレーを楽しもうと思って吹いた。ノリノリで終曲!

そして次がトランペット吹きの休日・・・先日のブログで『オブリガード祭り』と書いたけれど、一番良くないパターンの吹き方をしてしまったんじゃないかと今更ながら後悔している。このヒルスは息が素直に飲み込まれるタイプの楽器で多くの息を入れれば楽器が鳴るように錯覚してしまうけれど、実際にはそんなに甘いもんじゃなくてしっかりと唇を振動させていないと響かない。それを忘れてたっぷりと息を入れる事だけを心掛けて吹いていたような気がする。後であきちゃんから『メロディーと合ってなかった』という指摘があったように、録音を聞いても自分のパートが若干遅れて聞こえてくる。ホームランを狙いバットを長く持ち過ぎて空振り三振といった感じかな?

今年最初の本番という事でいろいろトライしたけれどまだまだ甘かった。次は2週間後の社会人吹奏楽フェスティバルになる。今度はホルストのクラシックな曲になるのでプレステを使用する事になるのだけれどもっとコンパクトで確実なスイングを心掛けよう。プレステでは低い音を苦手としている。マウスピースにアライアンスE2を使用する事も考えてみようかな?
AD

鹿でGo!?

テーマ:
先週の土曜はTSBと吹奏楽団で練習日がカブッていたのだけれど吹奏楽団の方に出たのはより練習が足りないから・・・次の日曜に練習場のフェスティバルの本番があるのだけれど、今夜が最後の練習になるということで仕事が終わってからサッサと練習場へ向かった。なお今宵の練習場は同い歳T上D輔の職場の高校の練習室・・・以前より何度か使わせて貰っている。

そこに初めて入ったのは2008年の夏かな?随分と日が経ってしまったものだ。懐かしい想いに駆られたワケではないけれど今日はプレステではなくヒルスを持って行った。今度の本番はヒルスで載るつもりだ。別に調子が良いならプレステでも良いとは思うけれど、一度こちらも試してみたい・・・というか今度の曲はむしろヒルスで爽快に吹きたいと思う。

練習室に到着。T上D輔と生徒たち数名が出迎えてくれた(たまたまそこにいただけだが・・・)。生徒が一人縄跳びをしていた。元気だな高校生・・・

DT『このおにーさん縄跳び出来るよ!』
わし『勘弁してよ、こう見えても同い歳なんやから!』(並んでみせる)

高校生たち『え~~~~っ!見えな~い!(見た目で5歳は違いますよ)』

かわいい生徒たちだった(笑)

さて、練習室に上がっておもむろに音出しを始める。前回の練習の時は腹の調子が悪く、家を出るのが遅くなったのでほぼ出来なかった音出し・・・ウォーミングアップなしで吹いたからかあの時は楽器があまり鳴っていなかった。プレステが悪いという事ではないのだけれど、プレステに慣れてくるとこのヒルスはちょっと・・・という事もあるだろう。今夜ちょっと気になったのは息が続かないという事か・・・そういえばそういう抵抗の全くない楽器だったな・・・あとピストンのピッチ(間隔)が若干広い事。しかしピストンの動きは悪くない。試しに「ドラゴンの年」の3楽章の冒頭とかやったらそれはさすがに辛い感じだったが、TSBの曲の練習なども可能だったのは意外だった。

合奏スタート・・・まずNSB'96の『ディープ・パープル・メドレー』だが、この手の曲のユーフォの楽譜ってまあ面白くないもんだ。下のGの吹き伸ばしからスタート・・・しかし簡単に息が楽器に飲み込まれる。これはプレステというよりBaritoneに慣れ過ぎなんだろうな・・・もっと吸って計画的に出さないといけない。次はNSB'84の『恋のカーニバル』中学生の時に演奏したこの曲をまた演奏できるのがウレシイ。ガンガン吹いた。中間部のSoliだけれど、最後の部分でやはり息が足りなくなったのでセーブしないといけないだろう。出し過ぎ注意!!

となりのHr よもぎさんに『今日の楽器はなんですか?』と聞いたらホルトンとの事。パックスマンが修理から帰って来ないと嘆いておられた。なおアレキも持っておられるけれど今回の曲でアレキはなぁ・・・という事でホルトンらしい。長い事楽器を吹いているとそういう風に複数本使い分ける事が出来るようになる。楽しいな・・・

ゴキゲンな練習だった。楽器はよく響いている。意識して調子を保っている。合奏の中でちょっとずつ修正して調子が悪い方へ転ばないように注意している。本番はきっと良い演奏が出来るだろう。

本番ではもう1曲『トランペット吹きの休日』もやる予定。この曲は昨年も何度かやっている・・・やり過ぎじゃないか?というぐらいやっている。選曲会議に私は出ていないので文句を言うのは筋違いだろうと思うので、せめて今回の『トランペット吹きの休日』は「オブリガード祭り開催!!」といった感じで行ってみようかなと思う。乞うご期待(笑)


えーでえーで・・・

AD

ブリブリ・・・今宵は楽器が鳴る!?

テーマ:
久しぶりに吹奏楽団の練習に行った。あまりにも久しぶりなのですごい不安だった。しかし何とか普通に音は出るようだった。

先日のブログでヒルスを使おうかと考えていたけれど、ここはやっぱりプレステを使う事にする。何故か?それはピストンが良いから。合奏前の音出しもそこそこに昨日のTSBの合奏でつまずいていた部分をさらう。細かい音符はヒルスではちょっと辛いもんね。プレステは流石だ。しかもBaritoneより音が通るから楽しく吹ける。まあちょっと息は多めに取られるんだけれど・・・

マウスピースはアライアンスP3を使用。この深いマウスピースは昨シーズンはほぼ使わなかったけれど、今シーズンはまたコレを使用・・・というか逆にコレしか使用しないようにしようと思う。浅いマウスピースは反応も良く楽なんだけれどどうも存在感が薄れてしまうから・・・なおTSBでBaritoneを吹く時もアライアンスP3Bを使っている。前回の演奏会でマウスピースをコロコロ変えてみたけれど録れた音はどれもイマイチだったから・・・

しかしこのアライアンスP3(DWでいうと4番だが・・・)は自分の中では『調子が悪いと全く音が出ない』マウスピースだった。今は音が出ているけれどまた調子が悪くなったら・・・と考える事も出来るけれど、今のところ調子がコントロール下にある。というか意図して調子を保っている状態に持ってきていると言って良いかな?

これが出来なくて長年苦しんだ。

これが出来るようになったらそこからまた練習が楽しくなるだろうな・・・もっと上を目指せるだろうな・・・

いやいやそんな余裕はない。忘れないようにするだけで精一杯かも?

さて、今日の私は久しぶりという事もあって「下座」に座った。という事はながいくんが「上座」なのだけれど、今度の行事はながいくんが出れないとの事・・・遠慮している場合じゃなかったぜ(汗)とにかくチューニングの後合奏スタート・・・久しぶりの割には力負けしていない。ただ細かいコントロールが効かない・・・そして合奏が始まるちょっと前から頭痛がする。どうなってんだ?

その後頭痛は治まってきたものの、コントロール性を上げるのにマウスピースをDW SH4に変更したらちょっと後悔。確かにコントロールは楽なんだけれど力負けしてしまう。結局これはまたアライアンスP3に戻した。焦ってはいけない。久しぶりなのだから・・・

吹奏楽団の練習時間はとても短い。正直吹き足りない。そんな中過去に何度も不調に落ちたらそんな短い練習時間じゃ這い上がって来れない場合がよくあった。で、中途半端なまま本番に臨んで自信が持てなくて自滅するみたいな・・・2016年シーズンはもっと良い音で自由に吹けたらいいなぁと思う。

今日もコソ練・・・

テーマ:
みぞれ混じりの雨がしたたかに窓ガラスをたたいているので昼休みのウォーキングはしない。そのかわり駐車場の車の中で楽器を吹く事にした。先週末は出張の為に吹いていないのでちょっとでも吹いておきたい。寒いけれどエンジンを回さないで車内に籠る。吹いているうちに寒いのは気にならなくなってくる。

先月、若者がハイトーンの練習をしているのを聞いていて気付いた事があった。というかそういう練習をした事がなかったのとやっている事は理にかなっていると思ったので真似してみるんだけれど、自分今まで無理して間違った方向に進んでいたんじゃないかな?と思ってしまった。そういえば自分でも忘れてしまってたけれど自分が大学生だった20年前は(もうそんなに前になるんだね・・・汗)結構高い音をバンバン当てていて曲の中でも使っていたもんだ。

若い頃に戻れなくてもあのコンディションをまた再現できないものか?

2015年は頑張ったけれど結果が伴わなかった。2016年はアプローチを変えてまた頑張ってみようと思う。

なお車内で練習しているのはBaritoneでTSBの曲だけれど、今月吹奏楽団の本番が1件あるけれど全く練習に出ていない。大丈夫かな?と不安になるけれど、吹奏楽団のEuph奏者は私の他に2名いるので楽団的に問題はないだろう。とりあえず今週の練習は出ておかないと・・・

夜な夜な楽器を整備する。久しぶりにこっちを使ってみようかな?


どんな音が出るかな?ちゅーかちゃんと音出るかな(汗)

新潟方面出張終了…たぶん(汗)

テーマ:
先週金曜から1泊で新潟に出張していた。週末の出張は吹奏楽団やTSBの練習に出れないのが難点だが自宅には負担が少ないのでそういう日程を組むようにしているところがある。それにしても新潟(といっても三条だが・・・)は雪が多かった。それでもだいぶ溶けたというのでピークの時に予定を組んだ場合悲惨な事になっていたのではないか?まあラッキーだったと思っておこう。

なお金曜は土曜の朝からの作業の為の前泊なのだけれど、土曜の現場での作業が17:00に完了して帰途に就くと途中で吹雪いてきた。しかも気温も低いので積雪が増えてきて除雪車が出てノロノロ運転・・・冬場の移動はタイヘンだ。日曜を完全にOFFにするために帰社してから報告書を作成する。そして帰宅。すでにあきちゃんも息子も寝ていた・・・

久しぶりの現場作業にクタビレて日曜はぐうたらしていたかったけれど、息子が朝から元気だったしわたしがぐうたらしているのがあきちゃんは気に入らないらしくケツをひっぱたかれる感じで午後から出発。久しぶりに実家に行ってきた。それからスーパーで買い物・・・息子は遊びたらないらしく、夕方は天気も良かったので息子と二人で徒歩で駅方面へ向かった。駅の地下の遊具が置いてあるコーナーで遊んだ後、駅南の公園でブランコに興じる。

少しずつではあるけれど日が長くなって行ってるのを感じた。春は遠くない・・・はずだ。


マジック・アワー



今日は朝から良い天気・・・しかし寒い。エアコンの霜取りで発生した水が地面にしたたって凍っていた。そしてまた新潟へ向かった。日帰りで官庁の検査を受けてきた。無事にクリアして終了という事になる。よかったよかった・・・