プラグ交換!しかし…

以前プラグ交換の必要性を考えたのはモービ●のガソリンを入れてた時だった。ハイオクなのにレギュラーを入れてるようなエンジンフィールに『これはプラグでもヘタッてきたかな?』などと思ったものだ。結局エネオスのハイオクガソリンを入れるようになったら普通に走るようになったので計画は立ち消えになった。しかしその際にNGKのWebサイトでルテニウムプラグなるものがあるのを確認…興味を持った。きっと純正でもプラチナもしくはイリジウムプラグが付いていると思っていたけれど、やってみる価値はあるかもしれない…

モノはネットで購入・・・案外安く買えた。しかし交換はそんなに気楽には出来ない。前に乗っていたBE5レガシィーの時にもやっているけれど、水平対向エンジンのプラグ交換は結構タイヘンで、直列エンジンのようにボンネットを開けたらプラグコードがすぐ見えるという事がなく、エンジンサイドの部品を3~4点外してやっとプラグコードにアクセスが出来るようになり時間がかかる。年末年始の休暇に入った12/30の朝から自宅の車庫でボンネットを開いて交換の作業を開始した。


EJ20型ターボエンジン…詰まってます!!



まず運転席側から…①エアクリーナーへの導風ダクトを外す。②エアクリーナー下流のゴム製ダクトを外す。③エアクリーナーBOXを撤去。これでようやくエンジン横の点火コイルが見える。がしかしエンジンの真横にボディーの骨格が走っているではないか…これにより作業性が非常に悪かった。


エアクリーナーBOXをバラした状態


④点火コイルの固定ボルトを外して点火コイルを外す。⑤プラグレンチでプラグを外す。プラグレンチも組みたてた状態で入らなくて、まずプラグレンチをプラグに被せてそれからエクステンションバーを付けてラチェットを着けるといった順番を守らないといけない。助手席側は⑥バッテリーを撤去。⑦ブロワーを撤去。⑧ブロワーのダクトを撤去でようやく点火コイルにアクセス出来るのだけれど、ブロワーのダクトのホースバンドを緩めるのに少々困難だった。もうちょっと良い設計はなかったのだろうか?


助手席側・・・


しかもコチラ側は運転席側より後にシリンダーがあるので更に狭いように感じる。ラチェットレンチの自由が利かないもののともかく新しいプラグの締めつけだけはキッチリとやっておく。二度とバラシたくないので・・・


とにかく狭い・・・


しかし逆順で組み立てるのは要領が分かっているので楽だった。組み終わって一度エンジン始動。掛かったので安堵した。

5ナンバーのBE5よりボディーサイズが横に広くなったのできっと楽なはずだろうと思っていたけれど考えが甘かった。二度とやりたくない作業だ。


プラグ新旧・・・純正はNGKのIR(イリジウム)だった。


しかしその後あきちゃんと息子を連れてスーパーへ行く時にとても違和感を感じた。なんて言うか低回転でトルクが出ていない。アイドリングの状態でエンジンが止まりそうなほど不安定だし、半クラで発進の時にいつもより回転を上げないとエンストしそうになる。何だろう?1発死んでいるのかな?いやいや走ってしまえば違和感がないので、他に理由があるのか?特に警告灯なんかも点かないのがまたよくわからない。とにかくスーパーから帰宅してその日は終了。夜の作業はやめて次の日(12/31)の朝から作業を開始・・・

二度とやりたくない作業をまた順を追ってやるはめになった(汗)プラグは外さず締め込みを確認・・・しかしプラグ本体の脱着作業なんて問題ではなく、その他の部品の脱着作業が面倒なんだ・・・運転席側から助手席側へ・・・ブロワーを外そうとした時にブロワーとダクトをつなぐホースバンドが締まってないのを確認…その後他に異常が無かったのでそんな地味なミスで不調が発生したのか?と少々疑問だったけれど、実際に組みたてて走らせたら問題なく走ったので安堵した。内部の圧力が意外に高くてホースバンドの締まってない結合部分から空気が抜けていたのか?

・・・で、正常な状態で純正状態と比較してどれほど変わったかというと、そんなに行って来る程は変わっていないように思う。ただ若干楽に加速しているのかな?と感じる程度だ。アクセルを踏み込んで本気で走ればまた違うのかも知れないが・・・

AD

オイル交換

給料が出て年末調整が降りて懐が温かいこの時期にオイル交換をしておこうと思ったので外出の勤務の合間にホームセンターへ行ってきた。丁度特価の部分合成油があったのでソレと添加剤を買った。昼間暖かかったので交換は夕方だなと思っていたけれど、夕方は小雨が降っていて寒かったので「どうしようか?」と少々悩んだものの敢行!会社の倉庫に車を入れる。

アンダーカバーを外した時に前輪の前のプラスチックの導風板みたいなパーツが左右とも脱落して無くなっていたのに気付いた。無くても問題ないとは思うけれど…

今回のセットはコレだ!

オイルフィルターの交換は前回やったので省略。添加剤は同じメーカーの色違いで多走行車用なるものが千円高い価格で売られていたけれど、その千円の差が気になったのでノーマルのを買った。なお前回の交換から6カ月7500kmも経過していたので交換の前後でなかなか性能差が感じられる。やはり新しいオイルに換えるとスムーズでジェントルなフィールに変わる。なお走行距離はもうちょっとで9万キロになるという事で近日中にエンジンが元気になる作業をするつもりでいる。

それにしても自分はオイル交換をする度にこうやってブログに載せているけれど、記録の意味がある。『前回したのっていつだったか?』ってブログを見れば一目瞭然…ブログって便利だ(笑)前のレガシィーの時は5000km毎のオイル交換と10000km毎のオイルフィルター交換を守っていたので記録の必要が無かったのだけれど…う~ん、どっちが便利かな?

本当は排気音をもうちょっといい音にしたいところではあるけど、深夜に帰宅する事もあるので躊躇している。それにエキマニを換えないとあの往年のボクサーサウンドには戻らないしそういうパーツは出ていないので結局換えないかな?

スズキのアルトワークスのCMがすごく良い。マニュアル乗りの心をくすぐってくれるぜ(笑)
AD

福井ドライブ

テーマ:
冬の晴れ間という事で福井までドライブに出かける。家を出てしばらくのところの鱒寿司屋で手土産用に鱒寿司を買い求めてから高速道路で福井に向かう事にするが新しいスタッドレスタイヤなのでスピードは控え目にしておく。それにしてもしっかりとバランスがとれているホイールというのは振動もなく快適…ただこの新しいタイヤは乾いた高速道路を走った時のロードノイズのレベルがちょっと高めなのが気になった。

丸岡ICで高速道路を降りる。そのまま山側に進路を取り勝山へ…恐竜博物館の看板が見えたので後席の息子に『恐竜見たい?』と聞いたらまずまずの反応だったので次回考えようと思う。今回は予定してなくて素通り…平泉寺方面へ上って行く。

駐車場に車を停めて丁度昼だったので蕎麦屋で昼食にした。おろし蕎麦か天ザルか迷ったけれど今回は天ザル…福井の蕎麦はレベルが高いと思うけれど天ぷらに関してはそこまででもないと思った。無難におろしにしておけば良かったかな?


美味・・・



その後白山神社にお参りに行った。背の高い杉の木立に日差しが阻まれ薄暗い参道の緩やかな登り道…息子は怖がる事も無く歩いていた。いつもの12月なら積雪があるのかもしれないけれど、今回はほぼ雪が無い。ただ社の屋根から落ちた雪などが固まっていたところで息子が「ゆきだるまつくろう!」と言ってはしゃいでいた。ここであまり時間を過ごしたくないので困ったが、あきちゃんに息子を任せて自分は本殿よりもうひとつ上へ行ってみたりした。


参道を歩く・・・


戻ってくると雪遊びは終わったのか「ぱぱどこいってたの?」と叱られてしまう。置いてかれないように父には従おうぜ(笑)参道を降りてきて駐車場に戻ると黒っぽいトラ柄の猫がいた。構って欲しそうな身のこなしに息子が手を出そうとすると気に入らなかったのかシャーッと攻撃して逃げて行った。確か9年程前に来た時も同じような柄の猫がいたけれど色がちょっと違うので子供の世代かな?車を少々移動。売店でソフトクリームを買って食べた。相変わらず美味い!


不用意に触ろうとすると攻撃されるぞ・・・


その後車を福井市内に向けて走らせる。日差しで車の中がポカポカしていて息子とあきちゃんは寝ていた。市内の雑貨屋さんに到着…息子はまだ寝ていたので抱っこで入店。相変わらず所狭しと陶器やガラス製の器などが並べられている。気に入ったものがあれば買おうと思っていたけれど、特にコレといったものは見当たらず店を出た。店がまだ健在だったのを知れただけでも良かったと思う。

さて、後輩のツボにTELを入れる。電話に出たので「今から暇か?」と聞いたら『暇です』と答えたので家を訪ねる事にした。不在だったら…多忙中だったら…という懸念はあったがラッキーだ(笑)北へ向けて車を走らせる。ナビも付いているので特に迷う事はないが突然の訪問なので急がずに向かった。

玄関前のスペースに車を停める。黒いスープラが番犬のように居座っていてちょっと止め辛かったが何とか停めて息子を降ろそうとするとツボが長女を従えて長男を抱えてやってきた。もう一人女の子がいてその子はうちの息子と同級生のはずだ。すごいな俺より4カ月ばかり早く結婚したのにこの違いだ。2Fに上がるのかと思ったけれど下の居間に通された。子供がたくさんいると華やかな雰囲気になるけれど、うちの子はあきちゃんにしがみついていた。奥からしおしおがお茶を出しにきたくれた。旦那は即OKだったが自分は化粧してないから云々と文句を言っていたが、後輩のあきちゃんが子供を伴ってやってきたのは嬉しいらしい。しばらく話に花が咲く。息子は出されたビスコをバリバリ食べていた。昼飯ちょっと少なかったかな?

1時間ばかり滞在して帰途に就く。時間があればカニとか買って帰りたかったけれど今回は少々時間が足りないかな?と思ってそのまま北上して加賀ICより高速道路に乗る。先程寝ていたので帰り道は寝なかったけれど最近1時間程度のドライブでは大人しく座ってくれる息子だった。0歳の時から使っている座面が回転するチャイルドシートは窮屈になってきたのでそろそろジュニアシートを用意しようかな?

高岡ICで高速道路を降りてラーメン店に入る。子供メニューのない店だったので親のを分け与えるのだけれど、結構な量食べていた。そろそろ1人前食べれるかな?

AD

仙台日帰り・・・ただし車で一人旅!?

テーマ:
9月に納めた機械のうち1台に不具合が出ているとの一報が入ったのが火曜の昼・・・現地に調査・復旧に向かわないといけないのだけれどどうしよう?と悠長に考えていられないのは今週の後半から天気が悪くなり雪の予報が出ているからで、サッサと準備を開始!具体的には作業車を仕立てておいて、あとは自宅の方を何とかしておくという事。作業車はライトバンが空いていたので前日に道具を積んでおいて燃料を満タンにしておく。スタッドレスタイヤに履き替えたばかりのようなので空気圧もチェック・・・自宅の方はあきちゃんの実家にお願いしてなんとかなった。

AM4:00起床・・・あまりよく眠れなかったので眠いまま着替えて出社・・・自車のポータブルナビをライトバンに取り付けて仙台へ向けて出発!一度行った事があるので道順はわかるけれど、現在位置を知るのとあとどれぐらいかを知るのに便利だ。片道500km超のドライブは神経を研ぎ澄ませ過ぎていたら後々持たない。だから早く着きたい気持ちはあるけれど速度はそこそこに抑えておくと良いように思う。まあそれでもカッ飛ばすんだけれど(汗)1月の相模原の時のようにガソリン代を会社から貰って会社のETCカードで自分の車で行くという手もあったけれど、スタッドレスタイヤが新品で勿体無いので今回はやめておいた。自分の車の方が快適なのだけれど、車をいたわってしまうのであまり速くは走らない。その点会社の車は遠慮なくアクセルを踏んづける事ができる。

出発してすぐ持ってきたCDを聞くためにカーステのエジェクトボタンを押す。しかしまさかの無反応・・・壊れているようだった(汗)長いドライブをラジオのみで過ごすって結構辛いな。山間部は電波が悪いし・・・道中は雨がポツポツ降る天気。撥水ケミカルなんか塗ってないのでワイパーがフル稼働なんだけれど、強く降ると前が見難い。やはり自分の車で行ったほうが良かったかな?というかこういう長距離のための車を買ってくれないかなぁ?なかなか恨めしかった。ただ積載量が少ないからか割と快適には走ってくれるようだった。体調はイマイチ・・・腹はくだらなかったものの昨夜あまりよく眠れなかったからか結構眠気がある。コーヒーを飲んでなんとかするけれどその為かトイレ休憩を何度かする事になる。往路は名立谷浜SAと黒崎SAと五百川PAと菅生PAに止まった。黒崎SAではちょっと仮眠もした。代わりのドライバーがいれば交代で走って助手席で寝れるけど一人だとそうもいかない。新幹線で行くというのもいいけれど、道具やヘルメットや作業着など全て持っていくのは辛いだろう。

10:50現場着・・・早速オペレーターの方にお話をうかがい調査を開始。幸いすぐに原因が分かり対策工事を施す。そして試運転・・・良好!他の機械で不具合が発生しないか確認してOK!ちょうど店長さんが帰ってこられたので事情を説明した。13:00に現場を後にする。高速道路に乗る前に給油をすると14.5km/Lの燃費だった。カッ飛ばしたのになかなか良好だった。そして帰途に就く。帰りは眠くないので菅生PAと黒崎SAにしか止まらなかった。ただ新潟のところで横風が強くだいぶ車が影響を受けてしまった。カッ飛ばすとオッカナイぜ。19:00に会社に帰ってこれた。行きも帰りもだいたい6時間・・・まあ頑張った方だろう。走行距離は1070km・・・1日に走った距離では自分の中で新記録かな?これ以上記録が伸びない事を祈る(汗)


写真はほぼない。美味しいものも食べてない。


帰宅の時間はそんなに遅くならなかったけれど、間食のせいで腹が減らなかったので夕食は食べずにビールを飲んでソッコーで寝た。

新スタッドレスタイヤ

朝起きるとまず行うのが自宅前の清掃…落ち葉のシーズンは終わったので最近はすぐに片が付くものの、いつもと同じ時刻でもまだ夜が明けてなく薄暗い。仰ぎ見ると明るい星が目に入った。今日は天気が良くなるのかな?

しかし天気予報を見ると天気は下り坂…しかも木・金と雪の予報が出ていた。さて困ったスタッドレスタイヤは準備してあるもののまだ履いてない。雨に濡れたタイヤを交換するのは嫌だからタイミングとしては今日しかないな…

という事で会社にTELして出社時刻を遅くして貰い、息子を保育園に届けた後で自宅に戻ってタイヤ交換を敢行した。交換作業に関しては慣れているので特に問題はないけど、一つ気付いたのはノーマルタイヤのホイールセットよりスタッドレスの方が軽かったという事。ノーマルタイヤのホイールもそんなに重いものでもないのでタイヤが重いのかな?

ともかく会社へ向けて走り出す。気を付ける事は『減らない走りを心掛ける』という事。このタイヤなかなかの値段がする。これから5シーズン…もしかしたら大人の事情で6シーズン頑張ってもらわねば(汗)それにしてもまだゴムが多いからか氷上性能重視でゴムが軟らかいからかグニャッとした感覚がある。ノーマルのように走ったら消しゴムのように減ってしまうのかな?でもってロードノイズはなかなか少なくなるものの路面によってはまだ気になるノイズも残るようだった。


安心してください!履いてますよ…


さて、代金払わねば(汗)

ゆるゆる車選び!?

テーマ:
先日あきちゃんがポソッと・・・『車持とうかな?』と言っていたのを「何を今更・・・」と思って聞き流したものの、「これはひょっとしてチャンスなのでは?」と考えた。というのは休日毎に家族に奉仕するために過ごしている現在では自分の時間というのがない。あきちゃんが車を持って息子と勝手に何処かへ出掛けてくれれば自分も好きな事をして休日過ごせるというものだ。ふうむ・・・

ちなみに買うとしたら軽自動車かな?維持費が楽だし使い勝手も良いし・・・でもって背が高くて後ろのドアが電動スライドするヤツなんか良いな。と思ったのは保育園に迎えに行く時にそういう車をよく目にしているというのもある。アレはなかなか先進的に感じる。

今日はあきちゃんが幼稚園のバザーに出掛けるというので出発・・・しかし出遅れたのもあって駐車場は満車・・・仕方なく息子とあきちゃんを降ろして自分は何処か時間をつぶす事にする。折角なので自動車ディーラー周りをして実車を眺めたりカタログを集めたりしようと思い、まず一番近いスズキの販売店へ向かった。よくよく考えればスバル以外のディーラーへはほとんど行った事がないな・・・しかし緊張する事はない。車なんて家の次に金が掛かるものでそう簡単に買えないし、フラッと来た客が「これちょうだい!」などという事をセールスマンも想定していないはずだ。それに自分はスバル車以外はほぼ知らないので勉強の意味もある。

スズキだとスペーシアという車が候補になるらしい。早速屋外の展示場に置いてある車を眺めたりシートに腰かけたりするが、これがなかなか楽しかった。このカテゴリーの車、なかなか激戦区らしくすばらしくいろいろ考えて作ってあると思う。でもってこの限りある軽自動車規格にいろいろ詰め込んであるというのがとてもツボだ。凄いね技術者・・・軽自動車No.1を自負するメーカーだけにきっと間違いはないだろうと思われる。セールス氏と話してカタログをいただいて退散…次はホンダの店へ向かう。

ホンダはN-Boxになる。セールス氏の売り文句の「一番売れてる」というのを「人と一緒なのが嫌だから俺はスバルに乗るんだよ」と牽制してみる。ホンダとしては残念なのが安い車しか売れないといった現象だ。より開発費が掛かっているはずの高級車などはほぼ見かけない。まあ買う方にとってはどうでもよい事だが・・・ホンダはインパネとかの形状が凝っていて何となく「走りそう」な感じがする。後席の座面が跳ね上げれるけれどシートバックのリクライニングがちょっと・・・といった感じだった。セールス氏と話してカタログをいただいて退散・・・次は日産。

日産はデイズ・ルークスという車になる。三菱のOEMなのかな?3つめともなると機能的なものに関して見慣れてきてしまい新鮮さはないが、アラウンド・ビューモニターというのはあったらいいなと思った。日産は運転席シートの座り心地が良いように感じた。もうちょっと何かないか?と思っていたらタイムアップ・・・あきちゃんからTELが入り迎えに行く事になる。セールス氏にわびてカタログをいただいて退散する。

少々離れ過ぎてしまったので迎えに行くのにも時間が掛かってしまった。あきちゃんと息子を回収して次はダイハツのディーラーへと向かった。ただ車内であきちゃんに車を持つ事に関して話してみたがあまり乗り気では無いようだったのが気になるところだが・・・

ダイハツはタントという車になる。こちらもよく売れているそうな・・・特徴は助手席側のセンターピラーが無くてドアを開けた時の開放感かな?まあ側面からドンと当てられた時に若干恐い気もするが(汗)やはり見慣れてきてしまい特に目新しいとは感じなかった。気になるあきちゃんの反応は・・・『どっちがブレーキでどっちがアクセルだっけ?』というのに一気にブルーになる(汗)ゴールド免許でもペーパードライバーというのは恐ろしいものだな・・・果たしてこういう人物に車を与えて良いものだろうか?

あきちゃんが車を運転していたのって結婚前だからかれこれ8年ぐらい前の事になる。結構な時間私の車の助手席に乗っていると思うけれど、自分が運転する日がまた来るという見方で乗ってはいないんだろうな。なおAT限定ではないのでこのMTのインプレッサを運転が出来るのだけれどMTってのは乗らないと感覚がわからないのでムリ・・・そういうのが仇になったのかもな・・・

前途多難だ。というか私の自由はずっと訪れる事がないのかもしれない。


果たして無駄足だったのか?


初めての七五三

テーマ:
晴れていたので昼前に実家に行って母の車のタイヤ交換(ノーマル→スタッドレス)をしてきた。不思議な事にジャッキが入ってなかったので自分の車のジャッキを使用。トヨタ車というのはジャッキがオプション設定なのか?と後でカローラ店にTELしたが『入ってるはずですが』と言われたら『探してみます』と言うほかない。こういうのは電話では話にならないな。あと純正ホイールナットとスタッドレス用のテーパーが付いているホイールナットが違うらしくその点『面倒だな』と思った。

午後から七五三参りに行く。結局11月中に行けなかったので12月になっても受け付けてくれるのか?と念のため神社にTELで聞いてから参拝する流れになった。ただ息子は写真館とか嫌がるのでレンタルのフォーマル服とか用意できなかったので自前でそれっぽいのを用意してみた。ネクタイ付のブルーのカラーシャツと黒のPコートにグレーのピンストライプのパンツ…新しい服を息子は嫌がるかな?という心配もあったけれど、すんなりと袖を通してくれたのは良かった点…靴まで準備が(金が?)回らず黒のブーツを履くのだけれど予想に反して晴れてしまったために長いブーツはちょっと変かな?というのが悪かった点…まあしかし晴れていると神社まで歩いて行くのも楽だ。私もネクタイを締めるけれどスーツではなく茶色のコーデュロイのジャケットに灰色のツイードのズボンという若干くだけた格好をしていく。

参拝受付に到着。巫女さんの案内で受付票を書いた。『午前中電話された方ですかね?』ちょっと恥ずかしい…と思ったのは、今更?という考えもあったろう。しかし祈祷に関しては事前準備が必要という訳ではないので問題ないようだった。しばらく後に拝殿で祈祷が始まる。以前拝殿に入ったのは息子のお宮参りの時だったが、あの時は私の母に抱っこされていてしかも授乳のタイミングが悪く息子はギャン泣きたったけれど、今回はしんみょうに椅子に座っていた。七五三とは…みんなが行くからという風にちょっと考えていたところがあったのだけれど…というのは自分が両親に連れられて七五三参りをした記憶がないので(汗)神主さんを通じてこの子の成長を神に感謝し、またこれからの健やかな成長を願う素晴らしい風習なのだなと再確認できたと思う。

祈祷が済んで『はいどうぞ』と千歳飴と塗り絵セットをいただいた。事前のTELであきちゃんが聞いた時は「もう無いんですよ」との事だったが探してくれたらしい。ありがとうございます。絵馬に願い事を書いて奉納ししばらく境内で写真撮影をして過ごした。息子もゴキゲンだったが動き回っていたのでじっくりと写真を撮れなかった。風景写真より演奏会写真よりこういう子供の一瞬を切りぬくのは難しい…なんともしょわしないぜ(笑)女の子だったらもっと違っていたのかな?


オツカレ・・・

戻ってこい!?

テーマ:
先週の金曜日(11/27)久しぶりに吹奏楽団の個人練習に行ったところ素晴らしく調子が悪く、折角練習に行って楽器を吹いたのに気分は最悪なものになってしまった。楽器が全く鳴っていない・・・もちろん修正を試みるも練習時間内にそのドロ沼状態から脱出とはならなかった。ちなみに楽器はユーフォ・・・

そこで今週はBaritoneを車に積んで昼休みに車の中で吹いてみる。とにかく楽器を吹く時間をとらないとどんどん吹けなくなって行きそうで恐かった。なおこういう場合は前席を前にスライドさせて後席で吹くのだけれど、狭いから自分の音の細かいニュアンスまで聞きとれるので、何処を改善すればどう変わったかというのがすぐにわかりなかなか良いのかもしれない。今回は『タンギング』を改善して良い結果が得られた。というかタンギングって『原因』ではなく『現象』だと今まで思っていた。例えば「アンブシュアが決まっていない」という『原因』で「タンギングが上手くいかない」という『現象』が発生するという風な具合・・・しかし「基本的なタンギングとは?」という事を意識して発音すると音質までも上手くいくような感じ・・・もしかすると今までスランプに落ちていた時は全てこのタンギング(・・・というか舌のポジション)が原因だったのかも?と思ってしまう。それほど今まで気にした事がなかったから・・・

さて、練習場に着くなりアーバン教本を譜面台にセットして吹く。楽器はBaritoneだが良い感じだった。アンブシュアにばっかり気を使っていた時に比べて音が飛んでくれる。昼間の車の中ではノータンギングの発音も試してみたが、今回は舌のポジションを変化させて最善を探ってみた。ふむふむまだ改善の予知はあるようだ。

練習場にえぢりささんがおられて新品のNeo(E♭Bass)を吹いておられた。折角だからNeo同志並べて写真を撮った。


Neo仲間!?



えぢりさんは初めて会った20年前からずっとBessonのE♭管を吹いていた(1999年のコンクールではB♭管のロータリーを吹いておられたが・・・)。新しい楽器を買うって息巻いていたけれど正直Neoは意外だったが試奏されての結果そうなったのだろう。ご丁寧に抜差し管金めっきの追加オーダーを出している気合いの入りようだ(汗)アンサンブルの練習をされていたが以前の楽器よりよく響いてより良い音で鳴っているようだった。それにしてもピカピカな楽器・・・今までのベルがベコベコになっている楽器と大違いだ(笑)

さて、良い練習だったけれど若干吹き足りなさを感じた。次はユーフォでやってみようかな・・・コツをつかんで激変!?ってなれば良いんだけれど(汗)


帰り道、車の総走行距離が88888kmになった。10万キロももうすぐだ。


88888km



まっすぐ走れ

仕事で三条(新潟県)までドライブ・・・車は取引会社の社長のクラウン・ハイブリッドで、往復の運転は私だ。もうすでに慣れっこになっているし車自体が快適なので苦はない。この車・・・2.5Lの直列4気筒エンジンとモーターの組み合わせでJC08モード燃費が驚きの23.2km/Lとなっている。もちろんそんなに出ないし高速道路を走るとほぼエンジンが回っているので16km/Lって燃費だけれどそれでも私の車よりよく走るってもんだ。すでにスタッドレスタイヤを履いていたけれどアライメントがしっかり調整されているので真っすぐ走るし高速安定性も申し分ない。

一昨日の事だが私の車のリア・トーをちょっといじった。これは前回いじった後どうも良くなかったらしくニュートラルステアで若干左に流れるからで、リヤ右のトー角を若干インに調整した。一つ気をつけないといけないのは、調整ボルトのナット側にインジケーターみたいのが付いているけれど、あまり参考にならない。目分量は目分量なのだけれど、どれだけ回したかというのはスパナの角度で推し量るしかないのではないかと思う。そんな訳で一度調整して試運転してから再調整した。それにしてもこういうのをDIYでやってもなかなか良い結果が出ないと思う。それはトーイン・アウトというのはメジャーを当てればわかるけど対角が出ているかは分からないから・・・しっかりした計測器にかけないとなぁ・・・それでは金が掛かってしまうけれど。

過去の写真をいろいろあさっていると前乗っていたBE5レガシィーの写真に目がとまった。

kouyou02


白いボディー金色のホイール・・・この組み合わせやはり好きだ。まあ今の黒灰メタリックのボディーに黒のホイールってのもワルそうな感じが好きだが(笑)次に乗る車は白色にしたい。でもって金色のホイールを合わせる。もちろんトランスミッションはマニュアルで4ドアセダン・・・って考えるとおのずと車種が絞られてなんと400マンエンコースの車になってしまう。いやいや無理だろう(汗)せめて上のBE5 RSKのように車両価格で260マンエン、込み込みで300マンエン程度でないと手が出ないな。そういう車を作ってくれないかな?そもそもニュルブルックリングで何分何秒って性能は日本で走らせるのに意味がないんだよ。技術屋集団だと自負してるから庶民感覚がズレて行くんじゃないかと思う。その点スバルよりマツダが優れているんじゃないかとスバラーの自分は思っている。ついでに排気干渉復活しないかな?またあの音の車に乗りたい。かといって今更BE5の中古車を買うのはとても恐い。BE5手放すの早過ぎたかな?しかし2010年の1月に車検を通しても①クラッチ交換②スタッドレスタイヤ交換③春にノーマルタイヤ交換④ブレーキパッド交換⑤ブレーキローター交換・・・その他モロモロと乗っていても無駄に金が掛かったろう。燃費は今の車よりぜんぜん悪いし、雪道とか凍結路とか結構恐かったし・・・第一、あの時の総走行距離に現在のインプレッサで走った距離を足すと約24万キロ・・・う~む、アカンね(汗)

まあ次の車買うにしてもまだまだ5年以上先になると思うしとにかく今のインプレッサで楽しむ方法を考えようと思う。なお、自分の車と同等の車をカー●ンサーnetで調べたらなかなか良い値段で売っていた。案外査定が良いのかも?いやいや売らんし・・・