梅酒

テーマ:
梅酒を漬けたのが6月13日の事。次の日は忙しかったので夜中のうちに頑張って作ったのはスーパーのポイント10倍デーで奮発して南高梅を買ってきたからだった。でもって甘いのが好きだから氷砂糖は多めに入れて、後輩がfbで『3ヵ月で飲めるようになる』との事でホワイトリカーでなく黒糖焼酎で漬けてみた。

漬けたその日はツンとアルコールの刺激が鼻をついたが、梅のエキスが絞り出されるに従って梅の香りに包まれて行きアルコールの刺激はなくなった。梅はシワシワになったもの丸い形を保っているものまちまちだ。

そして9月の中旬、出張2連チャンが終わってから解禁ということでロックで飲んでみたがなかなか良い出来だった。

・・・で、今夜も飲む。


美味い!



口いっぱいにふわーっと広がる梅の香り・・・チクチクすることなくまろやかな口当たり・・・黒糖焼酎が良かったんだろうな。
もともと梅酒は飲まないので週1ぐらいで思い出したら飲む程度だが、毎日とか飲むとせっかく漬けたのもあっという間に無くなってしまうのではないだろうか?これは来年の梅の季節まで残っているだろうか?来年は倍作ろうかな?
AD

おかげさまで8周年

テーマ:
8回目の結婚記念日という事で早めに帰宅。夕食を食べに車でGo!

今回は何処にするべ?と過去に行った店だったりいろいろ考えたのだけれど、富山に住んでいた関係で高岡の店はあまり知らない。折角だから新規開拓しようと思い、初めてではあるけれど国分浜の近くのイタリアン・カフェへ向かった。

途中小矢部川の橋を渡る時に右手に丸い月が昇ってくるのが見えたので国分浜の駐車場に車を停めて眺めた。朝は晴れてたけど天気は下り坂で昼から雨の予報だったけれどまだ降らずに持っているが程なく折角の月も雲に隠されてしまった。


実際はもっと暗いのです…


しょうがない…すぐ横の駐車場に移動して入店。

平日だしまだ6時にもなっていないので他にお客さんがいない。好きな席を選べたので海が見える窓際の席を選んだものの夜の海は真っ暗…せめて月でも出てればまた違うのだろうけど…というか晴れた日の日中はきっと素晴らしい景色が見えるだろうなと思われた。


中からは窓いっぱいに海が見える


ピザとパスタはともに店の一番人気のを選択。それにパンと肉料理と魚料理と飲み物をオーダーした。初めての店だとどれぐらいの分量かは分からないので不安…この店に関しては値段の割に量は少ないと感じたけれど、どれもすごく美味しかったので不満はない。逆にもう1~2皿頼みたいとも思ったけれどあきちゃんはそんなに食べれないとの事でやめておいた。やはり景色が良い昼間にもう一度来たい。氷見線に揺られて越中国分駅で降りればビールやワインも飲めるし…


今回はジンジャエール


ワタリガニのトマトクリームソース…カニの風味が絶妙


白身魚のソテー牡蠣とアサリのソース…今回はメジナだったけれどメジナって魚の旨さを見直した



結局自分らが食べ終わるまで他に客が来なかった。子供を連れてレストランとか行きにくいとか思う事もあるだろう。子供が騒いだらどうしようとか?考えてしまうから…そんな時は騒がしい店とか選ぶのも良いけれど、割合すいてる時間帯のすいてる店を選んで行くのも良いもんだと思った。今回のように美味しければ尚更ラッキー!ただ、自分らがリラックスしていたからか息子も大人しく食べていたようだった。

店を出てまだ7時前だったのと息子が「いおんいきたい」と言うのでイオンへ向かった。ブラブラ歩いていると実家から親戚の法事の誘いの電話が掛かってきたが、ついでにショッキングな事を小耳に挟んでしまう。結婚記念日に人の離婚の話を聞かされるのは何とも…いやいや、人のふり見て我がふりなおせ…ということで、あきちゃんをいたわって息子と3人でガッチリ生きていかないといけないなと思い知らされた。

ともかく8周年…これからも宜しく!
AD

花が咲く

テーマ:
その昔まだアパートに住んでいた頃、ビワを食べた後に美味しかったので種を鉢に植えたら芽が出てきた。

結構な数植えたが100%の発芽率で芽が出てしまったために、引越しの時に2本を残して処分・・・処分方法はここでは言えないけれど、もしかしたら今でも兄弟は生き残っている可能性はある。

まあそれはそうとこのビワなかなか成長が速いようで、鉢を何度か大きいものに替えてぐんぐん育って樹高は1mを越えてしまったけれど、自宅には直植えできるところがないのでその後どうすべきか悩んでいる。

なお、最近1本に花芽みたいのが出てきて実際に花が咲いた。

ほほう・・・白いのね

それにしても花は咲いたが果たして実はなるのだろうか?
なお、今朝表を掃除してたらこのビワの花にみつばちが飛んできていた。まぎれもなくミツバチ・・・どこか近くに巣があるのかな?きっと受粉されていると思うので結実するとは思うけれど、以前調べたらビワの実は樹が大きくならないと出来ないと書いてあったような・・・


みつばちさんグッジョブ!!

実がなったらいいな。

AD

前に進んでいるか?

テーマ:
別に敵視しているワケではないが…

今夜は●クドナルドで夕食を食べてしまった。そうそう、これは練習前にファボーレに寄って行ってしまったからというのもあるんだけれど、流れで食べると後悔するというのを以後頭に叩き込んでおかないと・・・という事で懺悔の気持ちを込めてブログに載せる。そもそもあのポテトがいただけない。フニャチンなポテトをかじりながらモスのポテトを思い出していた。それからメリハリのないチキンフィレオを食べながらモスのチキンバーガーのサクサクしたチキンカツの衣を思い出していた。先日の演奏会の帰りにあきちゃんが●ッピーセットでプラレールが貰えるから●クドナルドへ行こうと言っていて、私は疲れていたしその後打ち上げで時間に余裕がないので駐車場で待っていたが、じっくり考えれば正規の値段でおもちゃ屋でプラレールの車両を買ってやりより高いモスバーガーでたらふく食べてもいいので●クドナルドは息子に食べさせたくないと思ったものだ。このポテトも揚げたてでホクホクしていたらもっと印象は良かったのに・・・


食ってしまったものは仕方ない。年に3度までは許そう。今年は多分初めてだ(汗)

さて、吹奏楽団の練習・・・来月3日の合同演奏会のための練習になるがとりあえず音出しを目いっぱいしたがなかなか調子良いようだった。使用マウスピースに関してはあまり気にせず・・・今回はDW SH4を使用。思うのだけれど、調子が悪い時は何を使ってもダメで、調子が良い時は何を使っても良いように思う。結局何を使おうがそんなに変わらないと思ってきた。情けない結論ではあるが・・・

だとしたら逆にセッティングをコロコロ変えるのはやめにして固定してしまおうかとも思ってきた。ただ、そういう風にセッティングを変えるのは調子が悪い時に悪あがきする場合かな?用具を変えるより、姿勢だったり息の入れ方を変えるだけで反転できるのに・・・う~ん、やっぱ固定かな。


最近のトップキャップ・・・ライトタイプを選択!

実は練習に入る前にいろいろと予習をしてきた。過去の演奏をいろいろ聞いてきたのだけれど果たして自分は進歩しているのか退化しているのか分からなくなってきた。というかどちらかといえば退化しているような気がする。楽器は良くなったのに練習しなくなったからかな?披露宴の時に撮られたささきさんやあきちゃんとデュエットしている時の動画・・・昔は『調子悪い』と思っていたけれど、今見ると良く感じたり・・・本当どうなってんだろう?


とにかく次の演奏がんばろう・・・

長野へ…

テーマ:
実は吹奏楽団の方で牧場で演奏するという営業の予定があったのだけれど、先週はTSBの演奏会だったし、昨日もTSBの本番で吹いており今日は家族に奉仕する日という事で吹奏楽団の方はお休みさせて貰った。幸いな事にユーフォパートは2名の出席があるとの事で演奏に穴が開くことはないだろう。

当初近場へ行く予定だったけれどあきちゃんが『三才駅行きたい』と言うので急遽予定を変更。カメラの準備やら携行品のチェックなどを行う。『三才駅は善光寺の近くだからついでに小布施で栗を食べよう』方向音痴のあきちゃんだけれどたまにそういう気の利いたことを言う(笑)そのプランに乗ってみようという事でいざ長野へ出発!

国道8号線を東へ走り滑川ICより高速道路に乗り上越経由で長野へ行ける…出張とかで小慣れた経路だ。助手席はあきちゃん、助手席の後ろにチャイルドシートを設置してそちらに息子が座る。高速道路に乗る手前のコンビニでお菓子などを買ってそれをつまみながら車を走らせるが、後ろからお菓子をくれとせがむものの概ね息子が大人しく座っててくれるので割と長距離でも気持ち良くドライブ出来る。息子は上越JCT手前で寝てしまったようだった。信州中野ICで高速道路を降りて国道を走る。車載ナビの隣にスタンドを付けてスマホをセットしてナビアプリを併用。しばらくナビとスマホは同じルートを案内したが、途中で意見が分かれる。折角だからスマホの案内するルートを選んだが、なかなか狭い道を走らされた。ルート案内はイマイチだな…ただVICSのような生の情報が使えるのが車載のものより良いように思う。

三才駅前に到着。特に混雑は無かったものの多い時にはこの狭い駅前の広場が大混雑するとの事だ。全国から3歳児が来る(連れて来られるともいう)との事で役場の職員みたいな方が2名簡単な物販ブースを設けられていた。駅の看板が建物の横に設けられていて係りの方がシャッターを押してくれるとの事でカメラを渡してお願いするも、寝起きの息子がゴキゲン斜めでカメラを見てくれなかった。しょうがないので場馴れするまでしばらく散策する事にした。

駅舎の中に券売機があったので入場券を買ってホームに出る。改札の窓口はあるが駅員がいないので入場券の必要はないように思えるけどこれはまあ記念だな。ちょうど北側から列車が入ってきた。JRのディーゼル車だけれど最近作られた新しいもののようで角ばった感じに風情を感じないな…


四角いぜ…


その後しばらくして違うカラーリングが施された電車が上下線にそれぞれ入ってきてすれ違いでまた出て行った。


赤とグレー…


あきちゃんと息子に駅名表示の看板の下に入ってもらい私は線路の反対側のホームから写真を撮った。ホームを出て係員さんのところに向かうも、息子の機嫌はあまり良くならずその後写真を撮って貰ったけれどいい感じにはならなかった。

写真の件は残念だったが、係員の方にこれから向かう小布施について話を伺うとすごく熱く語られたので小布施へ向かうのが楽しみになってきた。聞いた通りに車を走らせ国道に出てそれから信号待ちの間にナビを操作…『この辺かな?』と地図をタップして目的地に設定しナビの指示通り向かった。スマホは…パケットは無限ではないのと降りた時に取り忘れるという事で使用しない。千曲川の橋を渡ったところの交差点で『イベント会場は右折』の看板があったらしいがナビが指示しているので直進…するといち早く臨時駐車場の学校グラウンドに到着した。ラッキー!?しかし今日開かれているイベントにしても小布施の街にしても予習していないので何処へ行って良いものか迷ってしまい誘導の係員の方に聞いた。

小布施と言えば栗。そして栗はあきちゃんも私も大好物(息子もかな?)だ。でもって新栗の季節ということで街の中は賑わっていた。早速交差点のところの店に並んで『モンブランソフト』をゲット!栗の香りのアイスクリームにモンブランでおなじみの麺状の甘いペーストが載っている。店の外のちょっと色付いてきた楓の木の前で立ち食い…

美味い!


それから本日開かれているイベントを見に行ったものの時間が遅かったからか特に見るべきものも買うべきものもない。あきちゃんが何処からか綿飴を買ってきて、私の肩の上にまたがっている息子がパクパク食べていた。

しばらく歩くと道端で焼き栗を売っていたので買い求める。そろそろ店じまいとの事で最後だというのでちょっとオマケして貰った。ラッキー!もうしばらく歩いたら行列が出来ている焼き栗の露店があった。焼き栗製造機が2台回っていて出来るまで時間が掛かるから並んで待っているので、行列があるからといって人気店という訳ではないのだろう。丁度この辺は観光の中心のようで店がたくさんあった。そのうちの1軒に入って並んで栗おこわをゲットした。熱々を折詰にしたもので折角だから横の休憩コーナーで1つ食べていく事にする。


本場の栗おこわ



もち米100%の栗おこわ…栗は大粒で少々甘く味付けしてあるようだ。美味しい!ちなみに後で調べたところによると『栗おこわ』と言えばこの店だそうだ。そういうのを食べれて良かったと思うものの、スーパーで生栗を買って自分らで自分らの好みに炊いてみるのも良いもんだとも思える。

その後もう少し街の中を散策する。息子は栗おこわを食べて元気になったのか走り回っていた。



元気元気!!


いろいろ風情のある小布施の街…次は下調べしてから来るともっと楽しめるだろう。


小布施・・・イイネ!


そして車に戻る。西日が差すグラウンド…息子は遊び足りないのかブランコに興じていた。


まだまだ元気…


勝手に遊具で遊んじゃいけないんだぞーと思いながらも特に誰もいないので飽きるまでさせておいた。そろそろ帰ろうよとエンジンをかけるとブランコをやめて車に戻ってきた。えらいえらい。


帰ろうよ…


ガソリンを入れて小布施のハイウェイ・オアシスのスマートICから高速道路に侵入。折角だからパーキングに車を停めてそこで売っていたリンゴを買い求める。2年前もここで買い求めたがなかなか安く買う事が出来るのがありがたい。息子がまだ元気が余っているようで隣接する公園を歩いてきた。丁度夕暮れ時で向かいの山に夕日が当たって綺麗だったが、『これから帰宅すると帰りは?』と時計がちょっと気になってきた。池の鯉にエサをあげている家族がいてバシャバシャと群がる鯉に息子が喜んでいた。女の子が『エサあげてみて』と息子に手渡してくれた。面倒見のいい子だな…

すっかり暗くなってから車に乗り込んで富山へ向かって帰る。


やっと出発・・・

途中名立谷浜SAで夕食にして、食べ終わってまた走り出すとしばらくして息子は眠りに落ちていった。BGMの音量を下げて走ったら結局帰宅しても起きなかった。オツカレ自分(笑)久しぶりの長いドライブだったけれど、先を急がずにのんびり構えたら気持ちが楽だったと思う。あきちゃんもとても楽しんでいたようだった。

めでたしめでたし…
思えばTSBのデビューコンサートは1998年の第1回パーク祭だった。その後パーク祭はパフォーミングアーツ・フェスティバルにネーミングが変わって現在に至る。

我らが後輩たちT山大OBが社会人吹奏楽団を立ち上げて活動を始めたというのを最近になって知った。TSBでいつも頑張ってくれてる子が中心になっていると聞いていてもたってもいられず、仕事を昼で休んで演奏を聴きに行った。

・・・聴くだけでは物足りないので、写真撮影をするカメラ機材とTSBの演奏を記録するための録音(画)機材も持って行った。会社から出て5分で着くが演奏開始までは時間がない。作業服ジャケットを着たまますぐに機材をセッティングして録画ボタンをスタート。作業服だけに業者がやっている感がある(笑)程なく演奏がスタートした。ディズニー音楽のメドレーか。自分は過去にやった事ない曲だな。小編成のバンドで各パート一人ずつくらいしかいないので迫力はないけれど、アンサンブルがしっかりしているように思う。若い音だったけれど嫌な感じはないし勢いを感じる好演だった。Percが充実しているのはTSBと共通するところか・・・

次の曲は「Samba de Loves You」だった。こちらは10年以上前になるけれどミ●ミで吹いた事がある。途中みんなで鳴りモノを鳴らしたりする演出などがあり楽しい演奏だった。

TSBのデビューコンサートの記憶とカブる。若いっていいな・・・自分らにもそういう時期あったよな。だから何かしら協力してあげたいと思ったので今回勝手ではあるけれど記録係をやってみた。こういう映像を例えば10年先に見たとしたらどう思うか?そういう事を考えるととりあえず10年先までは頑張ってみようと思えるだろう。いやいや是非とも長く頑張って欲しいな。

その後大学生の演奏を聴く。こちらは人数が多く迫力がありピッチなどもまあまあ合っていて流石は全国大会へ行く団体の事はあるけれど、その全国大会が来週だからか多分あまり練習されていないように感じた。金管が木管のメロディーを食っているところとか気になったけれど、そういう審査員的な目で見るのはイカン!

さて、その後は控室が開いたので音出しなどしていたが何となく音が出しにくい気がするのはやはり昨日Euphoniumをバリバリ吹いたからかな?少ない息で効率良く楽器を鳴らすというのが出来ていなくて、もともと息が入りにくい楽器を大量の息を入れて鳴らそうとしていた。そして鳴らないのでちょっと焦る。こんなので大丈夫なのだろうか?という不安を抱えたまま本番のリハーサル室へ移動する。

実は先週の演奏会の録音をチェックしたけれど努力の割に報われなかったように思っている。ウィングウィングとかに比べてBariの音が拾われにくいホールなのかも?とも思うけれど・・・会館録音はとにかく聴きとりにくい。客席に立てた自分の録音機はまだ拾ってくれるけれど、もうちょっと聞こえてほしかったな・・・まあBaritoneにそこまで求めてはいけないのかもしれないけれど。でもって今回はその演奏会でやった曲を4曲ばかり演奏するのだけれど、演奏会後に練習していないし直前のリハもなし・・・加えてところどころ人間がいないときている。不安は大きい。

そして本番の演奏がスタート!

不思議な事に事前に感じた不安は何一つ感じず演奏に没頭する事が出来た。これは先週一度本番でやっているという安心感だろうな。みんなリラックスして吹けて(たたけて)いるという事なのかもしれない。TSBは年間行事で本番の機会が少ないのだけれど、一度やった曲をすぐ次の機会に演奏するという事があまりない。何度かやって熟成させるみたいな演目があっても良いんじゃないかな?例えば「パルティータ」をまた何かでやってみるとか・・・まあ次やって前回より上手くいくかは不明ではあるけれど・・・


はい。おつかれっした!!

久しぶりの・・・

テーマ:
吹奏楽団の練習に出る。実は明日はBaritoneで本番があるのでEuphoniumは吹きたくなかったけれど折角の吹奏楽団の練習だからEuphの方を持って行った。

実はこのEuphはピストンのトップキャップがヘビータイプ→ライトタイプに変更してある。前に実験でこういう事をした時はライトタイプは音が薄くなるような気がしたので結局トップもボトムもヘビータイプで使っていたのだけれど、どうも堅苦しいような気がしていた。そして先日の彦根でさっちゃんの968GSを吹いた時にあまりの軽やかさに閃いた。思えばこのプレステになる前13年間はすごく軽快な楽器を吹いていたのでヘビーな楽器はやはり辛いと思う。

今回特に試奏はしていなかったけれど、練習室に入ってすぐさま吹いた感じではこのトップキャップのみライトタイプというセッティングは自分に合っているような気がする。特にスラーのつながりが良いように感じた。ボトムキャップも変えようか?という気もするのだけれど、以前やった感じではイマイチだったと思うのでそれは思いとどまる。ヘビータイプのトップキャップも持っていたのでダメだったらすぐに変えようと思っていたけれど今日はやめておく。

以前より自在に吹けるような気がする。ただそれだけではちょっと不満だ。もっと上を目指したい・・・という事で自分の弱点をちょっと考えてみてこういうのはどうだろうか?というのをいくつかやってみた。なかなか良いようだった。

合奏は日曜の営業の練習・・・私はこの営業には出ないのだけれど冒頭はいつもの上座に座ってバリバリ吹いていた。ユーフォを吹くのはちょっと久しぶりだけれど、このトリガーの操作というのはなかなか面倒臭いな・・・途中でEuphが3本になったので営業に出ない自分は一番下座に移動した。というかいつもの位置よりぜんぜん吹きやすい。今後からこの配置で行った方が良くね?などと思ったものだ。

演奏する楽曲に『笑点のテーマ』というのがある。またまたそんな安易な選曲を・・・などと思っていたけれどこれがなかなか編曲が秀逸でビックリ!何でもやってみるものだなと思った。

吹奏楽団の自分が載る本番は11/3(火・祝)。良い演奏になると良いなと思う。

Happy Birthday

テーマ:
息子が生まれたのが3年前のこの日・・・小さくて、弱々しくて、だけれど指を差し出すと力強く握ってきて、ワーワーと甲高い声で泣くのにオロオロしたものだ。

3年経って身長は約2倍、体重は約5倍に成長した。ちょっと神経質なところもあるけれどそれでもかわいく成長中だ。


昨夜の打ち上げであまり飲まなかったのはこの日の為。残念なのは少々天気が悪い事…

昼前に出発!ジョー●ンのおもちゃコーナーのプ●レールの売ってる棚の所へ…息子は手に収まる先頭車両だけの『テコ●ジー』ってのを手に取っていたが、誕生日だしもうちょっと豪勢に行こう!という事で私が『E5系E6系新幹線連結セット』を手に取ってジャジャーンと息子に見せたら「それがいい~!」と喜んでいたので簡単に決定した。

次はケーキだという事でいつものケーキ屋へ向かう。駐車場には休日だというのに(休日だから余計に?)たくさん車が停まっていて店内も賑わっていた。商売繁盛…良い事だ!店頭で決めるのも時間が掛かるというので事前に電話予約してあったのでスムーズに受け取る事が出来た。

そして真向いのスーパーで弁当を買ってから私の実家へ行く。お祝いに私の母を巻き込もうという訳だ。ケーキを買った洋菓子店はもともと高岡にあった老舗で母もたまにケーキを買う時はその店だった。甘いものをほとんど食べない母だけれど、久しぶりに食べる(だろうと思われる)ケーキを喜んでいた。

あきちゃんの実家にも行ってきて帰宅。夕食は外で食べようという事で徒歩で出たものの祝日の月曜はやってない店が多かった。これは困った・・・しょうがないので駅に入っている居酒屋などどうかという事で扉を開く・・・

いらっしゃいませ~

居酒屋だけれど洋風のお洒落な感じの店・・・暇そう・・・というより他に客がいない。大丈夫なのだろうか?まあしかしそれはそれで都合が良いのでさっさとオーダーした。徒歩で来ているので生ビールなどいただいた。料理はどれもまあまあ美味しかった。子供がちょっと騒いでも大丈夫だし居酒屋結構使えるかも?ただ後から来た6人組のお客・・・まあ6人も居れば一人ぐらいタバコ吸うよね・・・と思っていたら案の定2名ほど吸っていたようだ。今回は席が離れていたので別に影響はなかったが・・・

寝る前に身長を測ると95cmだった。昨年は86cmだったので1年で9cm伸びたわけだ。これからの一年どれだけ伸びるのかな?成長は楽しみだけれど今その瞬間もどんどん過去になっていく。その時その時をしっかり記録しておこうと思う。

誕生日おめでとう!!

Brass Band TSB 第19回定期演奏会

テーマ:
今回の演奏会はかなりピンチだった。練習への参加が遅れたのに9月に出張が入り2週間ぐらい練習が出来なかった。でもって第1部のメインの曲…スパークの『パルティータ』が激ムズときていて焦る。

そこで・・・

①ともかく曲を聴く時間を取る。
②会社の昼休みに個人練習する時間を取る。

など努力をした。ただ演奏会はそれ1曲ではない。他の曲の練習を後回しにして『パルティータ』をやっていたのでそちらの練習もしないといけなくなる。これはタイヘンという事で『今回の演奏会はダメかな?』と思ってた時期もあった。ただそんなので良い訳なく出来る範囲だけれど頑張ってみて本番の日を迎えた。

結局マウスピースは①DW SM6B ②Yamaha 48 ③K&G 5Bの3本使用する事にした。吹奏感が異なるしピッチの傾向が変わるので難しい面もあるのだけれど3月に買ったばかりのこの楽器にまだ慣れていない面もあるので録音を聴いて次に生かせればと思いやってみる事にした。別に1本に絞らないといけないという決まりはないのだし・・・で、どの曲でドレを使うのかは昨日の合奏時の録音を聴いて決定して楽譜にメモッておいた。合奏時に使用したままの曲がほとんどだけれど2曲は変更した。

会場は高岡文化ホール・・・3月の演奏会もここだったが、プログラムのせいも多少はあるだろうけれどBaritoneの音はまあ聞こえない。そういう過去があるからこそ今回このようなマウスピースの小細工をする事になった。まあもうひとつ理由はあるが・・・さて吉と出るか?それとも・・・

TSBの演奏会は『ブラス・イン・オータム』なるライト・コンサートを定期演奏会にグレードアップして年2度の定期演奏会を開催という事に最近なった。しかし体質は相変わらずで『やりたい曲やお蔵入りになっている楽譜に日の目を与えてやろう』といったコンセプトで動いている。演奏会の終了後しばらくは初見でいろんな曲をやる合奏になる。私は楽譜を読むのが苦手なのでこの合奏は苦痛でしかない。だからやる曲が決定してから出て行く事が多いのだが今回はいろいろ忙しかったので楽譜を入手するのが遅れてしまった。遅れを取り戻すのは容易な事ではなかったが頑張れば何とかなるもんだ。クソ難しい「パルティータ」だったがちょっとずつ出来てくる箇所が増えてくるとやはり楽しい。合奏でしか得られない感覚・・・例えばテンポとかコードとかそういうものを感じながら自分の音を乗せて行く。これが楽しいからやめられないのだと思う。

前置きが長くなったけれど開演!第一曲目は『キャンディード序曲』ありがたい事に昔やった事がある曲・・・しかしあまりに昔すぎて(調べると2005年…)細かいところを覚えてなかった(汗)それにしても10年前と今とどちらが良く吹けているのだろうか?バンドも自分も・・・その後マーチ風の曲と讃美歌が続いて本日のメインの『パルティータ』…

難しかったよ。練習したよ。完璧に出来ないところもあったよ。一応は3楽章通して合奏しているけれどバテバテだったよ。3曲やった後だとどうだろう?不安は大きいがこういう曲は二度とやる事がないだろう。楽譜が成仏するように努力せねば…というか万に一つでも曲が途中で止まってしまうワケにいかない。緊張・・・ただ1楽章はその緊張の為かみんな硬くなってミストーンが相次いだ。これはイカン・・・休みの間に頭をまわしてリラックス。そのおかげか1楽章後半~2楽章にかけてはいつもより良い感じだった。3楽章もはりきって・・・と思ったけれど前半のひとつの見せ場のところで痛恨の空振り…しかも隣のユーフォ奏者二人も同時に空振り・・・『ヤベッ!』労働安全でいうところの「ヒヤリ発生」というかこれは事故だな(汗)その後2小節ほど空白の時間を過ごして復帰・・・これは焦った。その後は無事にというか練習より順調に流れて行ったと思う。唇は悲鳴を上げ腹筋も酷使・・・タイヘンだ。徐々に曲は盛り上がり感動のクライマックスを迎える。もう最後は気力で吹いているような感じだった。

頭から湯気が立ち上る感じで楽屋へ下がる。そしてクールダウンの後第2部のスタート・・・どちらかと言えば『パルティータ』がない分第2部の方が気楽に吹けた。ただ体力的にはなかなかキビシく、プログラム最後の『レ・ミゼラブル』のメドレーの最後はバッテバテで音がカッスカスなのが自分でも分かったけれど修正できる余裕などなかった。・・・で、アンコール2曲目の本日最後の曲の『ドリーム・ソリスター』って曲が意外にとても難しかった(汗)私は吹奏楽団で今でも吹いているけれど、それまでト音のB♭の楽譜だったのに突然のヘ音のCの楽譜に戸惑ってしまった。しかしこれはけいこさんの編曲・・・ホールに響いている音がキラキラしている感じがする。流石だ!

完全燃焼・・・楽器と機材を片付けてあきちゃんと息子と車で帰る。たった5分で帰れるのはありがたかったけれど打ち上げは富山なので電車で出て行く事になる。BGMは先程の演奏会の録画を再生した音声・・・しかし聴きながら電車の中でウトウトしていたのは演奏会でそうとうくたびれたらしい。無事に富山で降りて打ち上げ会場に到着・・・ゴキゲンに飲んで喋って寝る事はなかったものの次の店はパスしてリニューアルして以来まだ行ってなかった粋●閣(中華料理店)で白湯ラーメンを1杯食べてから電車に乗って帰宅した。電車は金沢行きだったので高岡まで立っていた。座ってしまったらまた寝てしまうかもしれないからね。

いい演奏会だった。次もまた頑張ろう!!

TSB裏練習日記その208

テーマ:
いよいよ明日が演奏会・・・という事で昼休み時間は楽器を吹く。そこでちょっと悩む。この新しく買ったK&Gのマウスピースだけれどレスポンスが良いのは良い点だけれどタンギングがやり辛いのではないか?う~む・・・という事でアライアンスのB5とかわりばんこに同じフレーズを吹いてみる。アライアンスもそんなに悪くはない。う~む更に悩む・・・

夕方に帰宅して『そういえばアレはどうだろう?』と思いついて、楽器系道具箱の中を探した。スモールシャンクのマウスピースは他に

・ヤマハの48番(楽器についてきたヤツ・・・未開封)
・デニス・ヴィック(以下DW) SM4B(シルバー)
・DW SM6B(ゴールド)

などあったので全て持って行く事にした。ちなみに楽器ケースに入っているのは

・アライアンス B5
・Bach 5G
・K&G 5B

で、練習場に着くなり全て音を出してみる。だいたい同じような口径のマウスピースだけれどそれぞれに出てくる音は違うようだった。

どうしよう何使おうか?6本もあるとこんがらがるからとにかく3本に絞る事にする。その結果

・K&G 5B
・ヤマハ 48
・DW SM6B

をチョイス・・・合奏の中で曲ごとに変えて吹いてみた。まあ前日にする事ではないな(汗)しかし悩みを抱えたまま本番に突入するよりは幾分マシだろう。ついでに個人的に録音をしてみる。自分で吹きやすいと思っていても録音を聴いて案外ミスマッチって事もあるだろうから・・・


どれだけあってもマウスパイプは1本しかない・・・


この3本、それぞれに個性はあるのだけれど今日はどれを使っても鳴るようだった。いちばん意外だったのはヤマハ48かな。封さえ切られてなかったのになかなか良い。というかK&Gはマウスパイプとスロートのテーパーがいまいち合ってないように思う。ヤマハはその点楽器と同じメーカーなので寸分違わずにピッタリ合う。その為かマウスピースの振動が効率良く楽器に伝わっているような気がした。まあしかし他の2本が鳴らないというワケではない。K&Gはゆったりした曲でレスポンス良く響かせる事が出来るので埋もれる事がない。録音には一番拾われやすいのではないかと思う。ダークな音色を求めて深いマウスピースを今まで選んできたけれど、それではユーフォに飲まれてしまう。このK&G 5Bのように浅ければ主張しやすいのかもしれない。速いパッセージをやりやすいのがDW SM6B…これは随分と昔に買ったものだけれど久しぶりに吹くとなかなか良いように思う。温故知新といった感じだ。

一応どの曲でどんなマウスピースを使ったかメモしておいた。1本に絞れと言われればそれは困るだろう。明日はマウスピースをとっかえひっかえしながらプログラムが進んで行ったら良いかもね(^^;