スマートフォン更新

テーマ:
エ●スペリアを買ったので今まで使っていたダサダサギャラ●シーS2とはお別れになる。エ●スペリアは今年6月発売のモデルで丁度3年前に買ったギャラ●シーと全く同じ価格だった。本当は上位モデルのZ2というのが本命だったけれど、私が買ったA2より2マンエン程上乗せしないと手に入らなかったし、大きいのが果たして良い事なのかという疑問もあったのでコレにした。

ちなみにSIMは●CNモバイルoneというのを買ってみたけれど、これは動作確認が済んでいないとあった。先走ってしまったかな?と思うものの、自分には余剰なSIMがもう1枚あって暫定的にソレを入れて使っている。ド●モのアプリ関係が何も使えないけれど特に何の問題もない。


昨夜届いていたのであらかじめ買ってあったカバーに付属の保護フィルムを貼ったら塵と気泡が入ってしまいかなりブルーだったので、昼休みにヤ●ダ電機に行って新しいフィルムを買ってきた。2回目は流石にうまく行ったので安堵。

ギャラ●シーS2と比べていろいろ進歩している。まず①画面が綺麗。②動きがサクサク。③カメラがすごくいい。④LTE回線が使える。ただ、ギャラ●シーも捨てたものではない・・・というのはなんだかんだで3年間使っていたから。先日の東京への旅でも何とかなったし・・・ただやはりバッテリーの消耗も激しかったし(まあモバイル・バッテリーがあれば出先でも困らないが・・・)、ここいらが替え時だったのだろうな。


ラベンダー色


メタリックな薄紫を見ていると、自分が一番最初に買ったノートPCを思い出す。こんな色のスマホがあるというのは嬉しい。

なお、ギャラ●シーだが、一応は使えるので中身を一新してあきちちゃんに持たせようと思うのだけれど、ちょっと躊躇している。カメラ機能がイマイチだし、LTE対応ではないし、遅いし、たまにアプリが強制終了するし・・・同じエ●スペリアの色違いのでも買い与えようかなぁ?

AD

おかげさまで7周年

テーマ:
あきちゃんと結婚してから7年が経過した。息子と3人で仲睦まじく暮らしているという現状だ。

めでたしめでたし。



ということで、今夜は夕食後にスパークリング・リンゴジュースで乾杯した。ささやかなお祝いだけれど盛大にやるのは節目の年にとっておこう。ちなみに5年目・・・つまり一昨年の節目は・・・息子が生まれてお互い忙しく結婚記念日自体忘れていたんだ(汗)


というか今夜は月曜なのでお祝いディナーなどは昨夜のうちに済ませた。


10/26(日)

夕方出発。時間に余裕を持って出たので富山市南部のショッピングセンターに立ち寄る。あきちゃんがユニク●に行きたいというのでこれは予定済みだったけれど、自分の腹の調子が悪く丁度良かった。息子をお子様シートに乗せてゆっくりトイレに籠っているうちにゆっくり買い物が出来ただろう。

さて、仕切りなおして富山空港へ向かう。

駐車場に車を停めてターミナルビルに向けて歩くと飛行機の尾翼が動いているのが見えたので展望デッキに急いだ。エレベーターの出口に100エンを入れるゲートに絶句したものの(羽田では取らないぞ・・・)、郷に入りては郷に従えという事でお金を支払って外に出た。デッキにはすでに10人程の人が出ていた。牽引車が外されてタキシングで離陸位置へ移動するB767。前に飛行機乗ったのって2008年だったか?随分と時が経ってしまったものだ。

息子は何が起こるかだまってガン見していた。

やがてエンジン音が一段と高まって滑走路の上を加速して行き飛んで行った。しばらく機体を目で追っていた。またアレに乗って旅に出たいな・・・


富山きときと空港は神通川の河川敷に立地しています



さて、下に降りて空港内のイタリアン・レストランで食事にする。あきちゃんが予約をしろとうるさいから予約したものの、店に入ると客が誰もいなかった。空港という特殊な立地だからそんなもんだよなぁ・・・ともかくサラダとマルゲリータとパスタを注文。ペロリと平らげたのでチーズの盛り合わせなんかも追加で頼んだ。特殊な立地の店の割には普通な値段でなかなか美味しい。混んでいないから子連れでも気をつかわなくて良いのでありがたい。なかなかの穴場スポットかと思う。ビールなど飲めれば更に良かったのだが・・・


マルゲリータ!焦げが美しい。


さて、7周年・・・結婚した時(入籍した時だが・・・)このブログで『俺が結婚して果たしてうまくいくのだろうか?』という事を書いた。今のところはうまく行っていると思う。今後もうまく行くように努力をしないといけないだろうな。ともかくこれからもがんばろう!


AD

GSメンテに出す

テーマ:
機械式時計のグラ●ドセイコー(以下GS)は10年前に購入したもので、その間メンテナンスというかオーバーホールされていないのもあり、最近は正しく時を刻めなくなってしまった。オイルの劣化で微小な歯車などの部品の動きが鈍いとかそういう理由で遅れていくんだろうな・・・そんなわけでここ1年ぐらい出番が無かった。

このまま使われなくなるのは勿体無い話であるのでメンテに出そうと先日の出張の際にいろいろ調べたら、メーカーの『コンプリート・サービス』というプログラムがあるらしいと知った。内部及び部品の洗浄・再組み立て・調整・軽い磨きがついて値段が明示されていた。実際には壊れた部品や消耗品の交換などの増量があるはずだけれど、一応料金が示されているのはありがたかった。

決して安いわけではないけれど、ヒジョー手間が掛かる割には安いような気もするし、今までの10年の感謝とこれからの実質7~8年がんばってくれとの激励を込めてサービスを予約することにした。

このようなものを買う10年前の自分は羽振りが良かったらしい。今よりもバリバリ仕事をしていた。またそれだけ仕事があったし・・・独身だったから夜討ち朝駆けで徹夜なんて事もしばしばやったと思う。今はそこまでやる気がないんだけれど・・・

なお、電池で動いているブライトリ●グの方はだいたい3年に1度ぐらいの頻度で電池交換の必要がある。GSの方は遅れはあるけれど10年間ムーブメントのケースを開けてなくても巻きさえすれば一応は針が動くので、すごいもんだなとも思った。


エアパッキンでぐるぐる巻きにして宅配に出した。キレイになって戻ってこいよ~!
AD

10/19 母を探して片道418.6キロ!?

テーマ:
あきちゃんの社員旅行という事で、昨日よりずっと息子と二人っきりでいる。未だ卒乳していない関係で、普段は母とべったりだった息子なのだけれど前々から言い聞かせてあったからか、母がいない事でグズリ通す事がなかった。もしかすると我々が考えている以上に息子は成長しているのかもしれない。

準備は前の晩に完了している。早起きしてまず自分の身支度を整えた後、いきなり起こされてゴキゲン斜めな息子を『ママ探しに行くぞ!』と諭し、身支度を整えていざ出発!息子を抱っこひもで固定してリュックを背負う。結構な重量だ…ただ、両手は空くし左右のバランスも良いので歩くのは苦ではなかった。それにしても天気は良かったけれど寒い。高岡駅の改札前コンコースに着くと御来光前の剱岳がシルエットになって見えた。何とも神々しい風景だ。いい旅立ちになりそうだ。


旅のスタート



はくたか1号に乗車。指定券を取ったけれど結構すいていた。息子は電車が好きなので上機嫌だったけれど長い時間乗っていると飽きてくるはず、ともかく退屈しないよう車窓の景色を一緒に眺めたり、持参した食料や水を飲んで朝食にしたり、絵本をめくったり、手をたたき合ったりスキンシップをして過ごした。グズらずに安定しているのでコチラも楽だった。

海が見える窓側


越後湯沢で上越新幹線に乗り換える。息子にとって初の新幹線はE4系MAXとき310号。本当は2階席を取っておきたいところだったけれど予約の段階で満席だったので1階席になったが、3人掛けで隣に誰も座らなかったので占有状態になったのはありがたかった。そのうち息子は眠りに落ちて行った。

新幹線キター!


東京駅に到着…せっかく面白い新幹線ホームなのに息子は寝ていたので先を急ぐ。山手線に乗り換えて神田へ…それから改札を出て地下鉄で浅草へ…あきちゃんには横浜から京急の快速特急で乗換ナシで浅草に来るよう伝えてある。集合場所に選んだのが吾妻橋。まさに我々の為の橋のようだ(笑)。快晴の青空と橋の欄干の赤が織りなすコントラスト…実に良い風景だ。程なく真っ直ぐではないけれどあきちゃんがやってきて、息子と対面を果たした。良かった良かった!スカイツリーをバックに写真を撮った。昨日からの息子の大人しくしていた様子を報告するとヒジョーに驚いていた。


快晴!



そもそも今回の旅行はあきちゃんの社員旅行の2日目が全くのフリープランという事と、あきちゃんが『合羽橋行きたい』と言っていた事で催行する事になった。方向音痴でスマホとかも持たないあきちゃんが合羽橋までたどり着けるか?迷子にならないか?楽しめるのか?大いに心配だった。かと言って高岡から東京までのJRの往復フリー切符というのは22,010エンもするので、ただの道案内や荷物持ちでは面白くないし、息子も連れて行くとなればそれなりに楽しい日程を組む必要があるだろう。そんな訳で事前にストリート・ビューなどを駆使して道順のシュミレーションなどをしてあった。

吾妻橋から雷門より浅草寺へ…一大観光スポットという事ですごい数の人でごった返していた。仲見世通りできびだんごを食べた(ここも「あづま」という店だったが)。食の細い息子だけれど気に入ったらしく進んで食べていた。あとは芋羊羹とソフトクリームと焼き栗も食べた。どれも美味しかったが結構時間を消費してしまう。そのため浅草寺は本殿に上がらずにそのまま西へ歩く。


人・人・人…仲見世通りの賑わい



合羽橋は厨房機器の商店が集まっている商店街で昔からあきちゃんは『行きたい』と言っていた。日曜日はやってない店も多いというけれど、そんなにたくさんの商店を見回る時間は今回ない。狭い範囲の数軒だけれど時間を掛けて見て回らせた。ここは気が散らないように私が手荷物と息子を引き受ける。丁度路地の奥に児童公園みたいのがあって、小さい滑り台に息子が興じていた。それまで抱っこやら肩車やらで動いてなかったので良い気晴らしになったに違いない。ニコニコ笑いながらエンドレスで滑っていた。しかし先の予定があるので『ココヘイタイ』という息子を滑り台から引き離して、少々離れた地下鉄の駅に歩き始めたところで一台のタクシーが客を降ろしたのを発見して、そのタクシーで上野公園に移動した。

大いに時間短縮したものの、降りたところに焼き芋屋の屋台がありあきちゃんが購入…それを食べるのにまた時間を費やす。向かいは東京国立博物館か…いつか息子を連れて行きたいところだ。おむつ替えの後明るい太陽の光が降り注ぐ広い公園の噴水の横を、息子を真ん中に手を繋ぎながら3人横並びで歩く。息子もゴキゲンだ!家族って良いな(笑)

上野公園の噴水


上野動物園へ…コチラも人でごった返していた。エントランスをくぐってすぐに右へ進む。お目当てはパンダだ。丁度ゴハン時でバリバリと笹を食べていた姿を見れたのはラッキーだったらしい。息子は『パンダサン ハッパ タベテルヨー』と言って喜んでいた。それからゾウを見に行った。ゾウの大きさに息子は『ゾウサン オーキイネー』と言っていた。図鑑とか映像とかでもわかるんだろうけど、やはり実物を目で見れるというのは良いと思う。その点こういう施設がある都会の子供は恵まれているんだろうな。一通り回って不忍の池を巡り南口より出て繁華街へ向かって歩く。

パンダ!



アメ横は年末のニュースでごった返している様子が伝えられるけど実際に行ったことはなかった。普段の日曜日でも随分混雑している。なんとも活気のある街だと思った。ケバブサンドを売っていたので店先のベンチに座って食べた。なかなか美味しいしボリュームもある。ケバブを出している店はいくつかあったようだった。しばらく歩いてあきちゃんは調味料の店で2~3点買ったようだった。私はミリタリー服の店を覗いたけれど、本物というのはなんとも無骨なんだなという印象で試着まで至らず。今回は目当ての商店・商品が分からなかったので、調べてまた来たいと思った。

ケバブ美味し!


山手線で東京駅に戻る。帰りの時刻表はスマホにメモられている。まずあきちゃんの切符をみどりの窓口で確認すると帰りの指定席が既に取られており、変更不可でそれ以降の自由席しか乗れない。まあしょうがない。ともかく土産品と帰りの車内で食べる弁当を買い求める。私はグルメな高級弁当をと思っていたけれどあきちゃんは息子の弁当箱にと、E7系とE6系の各々プラスチックのケースに入っている弁当をと主張。ここは高級弁当を譲る事にして代わりにプレモルの500ml缶を買った。

新幹線ホームに上がって新幹線の自由席の列に並び乗り込んだ。今回も1階席…まあしょうがない。ともかくプレモルで乾杯!オツカレ自分といったところか(汗)そして弁当だけれど…まあ容器代を払ったという感じのクォリティーだった(涙)高級弁当も1つ買っておくべきだったよ。まあしかし、弁当の容器に息子は喜んでいるようでその点は良かった。


ビールは美味いが・・・


越後湯沢で乗り換え。来年は北陸新幹線が開業するのでもうこの駅を利用する事はなくなるだろうな。はくたかも乗るのはこれで最後かな?乗継最短2本前の新幹線に乗ったので自由席もガラガラだろうと思ったが実際は何とか並びの座席を確保出来たという状態だった。アブナイぜ!私もあきちゃんもクタクタで半分寝そうになっていたけれど息子は元気だった。あきちゃんと私の手のひらを交互にタッチするのに興じていた。

高岡に到着。寒かったので息子にパーカーを着せると3人ともグレーのパーカー姿になったが、夜道なので誰も気にしていないだろう。徒歩で帰宅。長い一日だった。自分もオツカレだったけれど、息子もかなり頑張っていたと思う。そしてまたひとつ成長したかな?あと金も使ってクタビレてきたけれど、やはり旅は良いもんだなと思った。ただし次は泊りがいいな。でもって東京行くなら2泊がいいな。

TSB裏練習日記その200

テーマ:
すごい久しぶりにBari吹いたのが昨晩の事・・・前に吹いたのって確か6月の吹奏楽祭でそれ以降ケースを開いていなかった。

もちろんピストンは頑固に固着・・・力技で引っ張り出してオイルを塗布。何とか動くようになって自宅で夜遅くにプラクティス・ミュートを付けてコソ練していた。

曲は12月の演奏会のもので、これは先日の速☆フラの演奏会の時にどんが差し入れてくれたがその際に『いや~、今回のBariは辛そうですよ』と言っていたので出張に持って行ってみたものの、夜更かしをしなかったのでちょっとしか読んでなかった。というかあまりの読めなさに挫折・・・今回の演奏会はほぼ初見の曲で構成されている。初見が効かない自分としては苦痛で苦痛で仕方ない。2曲ほどまったくオテアゲな曲があるが・・・


ともかく会社で昼休みに曲を聴きながら楽譜を目で追ったり(落ちたり・・・汗)、前日の晩にちょっとだけ楽譜を見て吹いたりしたけれど、やはり合奏の中で吹かないとどうもピンと来なかった。

まあしかしいきなり合奏というのも恐いので早い時刻に練習場に入って個人練習していた。自分はぜんぜん吹けないけれど他の人間はきっと吹ける。う~むどうするべ?


リチャーズの楽な曲からやってくれたのは嬉しかった。しかしBariを吹くのが久しぶりなのでなかなか思うようにコントロールが効かない。こんな音しか出なかったっけ?と思ったので途中修正を試みる。そもそも自分の今までの構え方では背筋が伸びない。それで不調の波がやってきたりするのではないか?と思ったので楽器の構え方を変える事にする。

ピストンを押す右手はどうしようもない。

左手は、トランペットのように3本のピストンを軽くつかむようにしていたのを、3番管をつかむようなポジションに移動。Bariは楽器の巻いている部分が短いので、ここに左手を持ってくるとすごく低い部分を持つ事になりバランスが悪いと思っていたけれど、この方が背筋は伸びるようだった。しばらく窮屈だし、構えを降ろして再び構えると無意識に前までの構え方に戻っていたりするけれど、意識して改善する事にした。若干ではあるけれど音は良くなったように思う。

まあ飛躍的にって事ではないが、そのうち徐々に伸びて行くかもしれない。期待しよう。


これが・・・


こうなった・・・


6月の吹奏楽祭の時、頑張っていたけれど録音でBariの音をぜんぜん拾っていない。録音を聴いてかなりショックだった。『やっぱ買い換えだな』とも思ったが、いつかこのブログに書いた通りで車を買うのにお金を貯めないといけないので楽器を買う余剰な金はない。マウスピースもやり尽くした感はある(まだ試していないのもあるにはあるが・・・汗)。姿勢で変わるなら実に安上がりな方法だと思う。


なお、買い換えるとなると3本ピストンのコンペのモデル・・・つまりプレステは除外となり、ベッソンなら955で(60マンエンぐらい?)ヤマハは最近出たちょっと安い831で(50マンエンぐらい?)・・・いやいやいや無駄な思案だ。しかしこの無駄に吹きにくい956を吹き続けるのってどうなのか?カスタマイズや組み立てなおしても変わらないだろうし、いっそのことチャイナ製の楽器でも買ったらいいのかな?

金が無駄にあれば迷う事ないのだけれど・・・

皆既月食

テーマ:
日曜の演奏会翌日より岐阜県大垣市に出張している。演奏会の為に息子と触れ合う時間が削られて翌日からは会えなくなり・・・なかなかストレスが溜まるってもんだが、世の中にはもっとタイヘンな隔絶の環境にある親子はいるだろう。ガマンガマン・・・とにかく無事に仕事を終わらせて家に帰らねば!

今日はお客さんの都合で日中仕事が出来なかった。仕事は順調だけれど、昼休憩を除いて2.5時間のロスとなるけれど仕方がない。そこで作業員全員で近くの『養老の滝』を見に行った。駐車場から結構上り坂がキツく逆に疲れてしまった感じがする。しかしトレッキングと思えばいい気分転換になった。 登りがなかなかキツい!

 滝を撮る時はスローシャッター

 ささやかな感じの滝だけれど風情はある


その後まだ時間があったので大垣市内で昼食にした。そして午後からの仕事も順調。残業もなく夕方にホテルにチェックイン。ひとっ風呂浴びてから徒歩で出発!

そういえば今夜は皆既月食・・・ホテルを出るとすでに食は始まっていた。月を見つつしばらく歩いてイオンモールへ・・・平日の夜とはいえこの閑散さは!?

とにかく折角の自由な時間ではあるのでゆっくりとジーンズの試着でもする事にした。前に買ったジーンズといえば今履いているものだけれど、コレっていつ買ったんだっけ?2年前?それとも3年前?ダメージはないけれど膝が若干ノビてきている。そこで気に行ったのを1本買った。色は自分には初めてのものだったけれど、こういうのがあっても良いだろう。

その後フードコートで夕食を食べて店を出たら満月はすっかりと暗かった。ホテルに向かってまた歩く。大通りを避けて暗い道を選択するが、他に歩行者とかいないので月の写真を撮ろうとするもコンパクト機しか持っていないし三脚もない。クッキリとした月の写真は諦めよう。しかし何か一矢報いたい・・・

セルフタイマーとマニュアルフォーカス、あと露出は4秒ぐらいかけとくか・・・カメラは地面に置いて転がっていた小石で仰角をつけた。



さあどうだ?

あの赤い月をあきちゃんと息子は見ているのかな?と思って電話したら見ていなかった(汗)見ようぜ・・・

速星☆Friday's第2回演奏会

テーマ:
所属している吹奏楽団の演奏会は2年振り2回目となる。今年はコンクールが県大会で敗退してしまったので練習する時間はまあまああったはずだけれど、なかなか合奏に出てくる頭数が揃わずに本番近くなってしまった感じがする。あ、もちろん私も例外に漏れずで皆勤というワケではない。ただ、ありがたい事に過去・・・というか凄く若い時期に演奏した曲が何曲かあって、曲を知っているので助かった。他の方々もそういうところが多いんじゃないかな?

台風の影響で昼から雨が降り出すあいにくの天気。そんな中多くの方々にホールまで脚を運んでいただいた。レコーダーをスタートさせに客席に上がるとたくさんの知っている顔があった。これは頑張らないとなぁ!

<第一部>

自分が過去に演奏した事ないのはスウェアリンジェンの『ロマネスク』だけだったけれど、集中していて良い演奏になったんじゃないかと思う。もちろんもっと上手い楽団がやったらまた違った良い演奏になるのだと思うけれど、こういう譜面が簡単でテンポのゆっくりな曲でみんなの吹き方を統一したり心を合わせる練習を普段出来たら良いなと思った。

それにしても演奏会本番はいろんな事が起こる。集中力を切らさずに練習の成果が発揮できるよう努力するのだけれど、『間違っちゃいけない』という意識も発生するだろう。前日や午前中のリハで十分消耗しているので、ジャケットを着て明るいライトを浴びる中で演奏するのは正直キツイ。だけれどステージにいる間は『主役』でいられるのでシッカリ務めなければと思う。

<第二部>

ベルキスって曲に出会ったのは高校3年生の時に市民会館に商業高校の演奏会を聴きに行った時の事だ。もちろんコンクールバージョンのII→I(部分)→IV(後半)という構成だったけれど、感動で鳥肌が立っていたのを思い出す(エアコン効きすぎで寒かったワケではない)。その後1990年代後半に何度か演奏する機会はあったけれど、最近はなかったので新鮮だけれど、この曲あまりEuphは活躍しない。木管Soloパートの活躍を楽器を降ろして見守る時間が長いのだけれど、最近忘れかけていた自分が入団した当時感じてた事を思い出した。木管ソリストが上手い!!音が薄くて不安になるどころか凄く安心して聴かせて貰ったと思う。特にObのまどか嬢は抜群の安定感があったと思う。旋律を自分のものにしている。すごいな!コンクールで彼女が活躍できる場面を選んでいれば県大会で落ちなかっただろうに・・・

<第三部>

こちらも『歓喜の歌』以外は演奏した経験がある。今年亡くなられた岩井先生の追悼の選曲になっている。自分の中で岩井先生の曲といえばアメグラ以降と思っていたけれど、アメグラシリーズは1曲もなく、それ以降の曲はポップス・マーチ「すてきな日々」のみというのにビックリだったけれど、考えてみれば親しみやすい選曲かもしれない。長い演奏会もこれで最後という事で出し惜しみしてはいけない。そう考えると終わってしまうのが勿体ないなと思ったのはやはり自分はこの演奏会を楽しんでいるという事になるだろう。

演奏会を開催するにあたりたくさんの人が動いている。自分は運営の仕事に関わっていないけれど、そういう陰ながら汗を流している方に報いるのにはやはり『良い演奏をする』という事に尽きる。五感を働かせて、指揮を見て周りの音を聴き練習の成果を発揮し、最高の音を奏でる。

もっと上手になりたいな。もっと濃厚な音が出せるようになりたいな。足りない事はいっぱいでそれを補うのにもっともっと練習しないとな・・・


そして終演。燃え尽きた・・・

浜松のささきさんからお花が届いていた。お心遣いありがとうございますm(_ _)mまたいくつかの差し入れも嬉しかった。

片付けて一旦帰宅して電車で打ち上げに出て行った。しんどかったけれど良い疲れだと思う。この達成感があるからまた次頑張れると思う。


お疲れ様でした!

子守

テーマ:
いつも朝は息子を保育園に私が連れて行くのだけれど、夕方に迎えに行くのは初めての経験だった。

あきちゃんの職場の新人歓迎会があるというのであきちゃんは夕方に帰って来ずに夜の飲み会に出るという事でそういう流れになった。とりあえず私は夕方に会社を出てスーパーで買い物をしてから保育園に向かった。

朝と同様送迎の親の車で混雑している保育園。実はあまり敷地が広くなく運良く玄関前のスペースが空いていたのでそこにサッと車を停めて玄関に入った。

少々混雑していたがちょうど玄関ロビーに出ていた息子と対面。『あれっ?何か違う』という顔をしている息子・・・そこは笑顔で迎えるところだろうよ 笑

ともかく連れて帰る。

すぐ帰宅して、家の前の歩道の落ち葉を掃除してから夕食の準備にとりかかる。何をとち狂ったかスーパーでおでんの材料を買ってきてしまった。調理後すぐに食べれる具材が限られるではないか・・・ちょっと反省。しかし続行!具材は①大根②牛すじ(下処理終わっているもの)③卵④ソーセージ⑤ちくわ⑥さつまあげ⑦こんにゃくといったところ。

調理中は息子は台所で「こんにゃくたべよーねー」といって自由に遊んでいたが、調理の手間って案外気になるので今度からは調理なくすぐに食べられるものもいくつかストックしておく必要があるなと思った。今回はカニかまぼこが楽だった 笑

急いだ為に食事は18:30には完了してしまった。さて、これから夜は長いぞ・・・

食器の片付けをして居間でくつろぐ・・・というか息子と遊んでいたのでくつろぐ感じにはならないが・・・それにしてもあきちゃんが帰って来ない状況というのは息子にとっては初めての状況だったけれど、意外にも普通に過ごしていた。しかし21:00を目標に駅へ徒歩で向かう事にした。あちらを早めに出たら21:00頃、普通に21:00に出ても21:30頃には帰ってくるだろうという目論見だったけれど、電話があり見事に外れる。22:00近い電車に乗るとの事だ。幸い息子はグズる事がなかったのでコンビニでアイスを買って食べてから帰宅。

22:00をまわると流石に息子はグズり始める。眠たいのに寝れないのだろうな・・・泣き疲れてそのうち寝るのを期待しながら抱っこを続けるもなかなか泣き止む事はなかった。そのうちあきちゃん帰宅。長い一日だった。オツカレ自分!

今月、あきちゃんは職場の旅行で横浜に1泊するそうな・・・息子にとっては大変な試練ではないか!もちろん自分にとっても 汗