通し練習

テーマ:
吹奏楽団の練習が日曜にあるのは珍しいけれど、来週の今頃コンサートなのでしっかりとやっておかないといけない。・・・でもって今回は萩谷先生の2部を除く1部3部の全曲の通しとなる。

今回の演奏会までの練習は少なかったなと思う。

しかしどれだけ練習時間があったとしてどれだけの演奏にたどりつけるか?たくさん練習時間があったとしても練習内容が悪いと良い演奏にたどりつけなかったりするだろう。救いなのは、過去にやったことが1度はあるようなナツメロでプログラムが構成されている事だろうか。昔やったというのはなかなかの財産かと思う。

今回個人的に録音機を立ててみた。いつもの部屋と違うので設置場所に迷ったけれど、とりあえず指揮者の後ろの壁際に立ててみる。

そして合奏スタート!

通し練習で一番気をつけないといけないのはスタミナ配分かと思う。しかし消極的に吹いていては後悔する事になるので、楽に吹くところと張り切って吹くところのメリハリを考えないといけない。しかも弱奏だからといってあからさまに気を抜くわけにいかなかったり・・・気を使う。ボケ防止に良いかもしれない 笑

小さい事故が結構おきたりするけれど、本番でちゃんと吹けばいいのだと思ってめげずに吹き続ける。そんなこんなで全曲通し終わる。2部を抜いているのでスタミナ的に問題はない。あとは録音を聞いて良くなかった部分を個人的に反省しよう・・・


帰宅して夕食後に録音を聞いてみた。マイクに近かったサキソフォンパートがかなり聞こえる。ユーフォはなかなか遠い・・・でもっていちばんイタダケナイのが、第三部最後の曲とその後のアンコール2曲に指揮者がノリノリで歌っている声が色濃く入っていた事!

本人はノリノリだが、録音を聞いて反省するには迷惑千万!!!!個人的な反省にとどめるか?それとも楽団員に公開するか迷うところだ 笑
AD

運動会日和

テーマ:
息子の保育園の運動会が開かれるというので仕事を休んで見に行ってきた。

まあ未満児の出る種目ってのは限られているし、そんなに見るものもないだろうと思いながらも一応カメラを持ってきた。

構成は6Dとレンズは24-105mm F4の標準ズームと70-200mm F4の望遠ズーム。保育園の園庭はそんなに広くないので200mmでも良かろうと思っていたけれど、それでも引き寄せ感が足りないと思った。あまり綺麗な絵が撮れないけれど70-300mm F4-5.6を持ってこれば良かったかも?

さて息子だけれど、この異様な雰囲気に怖気づいたのか動きがイマイチ良くなかった。だけれどギャン泣きにならずそして逃亡することもなく彼なりに健気に耐えていたと思う。手がかかる子ですみません。

それにしてもうちの子の0~1歳児はともかく、それより上の子はよーいドンの合図でかけっこが出来たり良くやっているなと思う。まあ練習しているのだろうけど、年数が経てば出来るようになるんだろうな・・・うちの子は来年以降に期待!


さて、出番が終わったら帰って良いとのことで、天気も良かったので3人で公園に向かった。ズッシリと重いカメラバッグは肩掛けカバン・・・それとともに息子を肩車すると更に肩への負担が増える。流石に今回は辛かった。

先日の神戸の時に比べてレンズを1本多く持っているけれど、この一眼レフというのはなかなか嵩張るので旅行向きではないと思っている。しかしコンパクトカメラとして今使っているS95がもうひとつ信頼に足りないし画質もイマイチという事でそろそろ新しいコンパクト機の導入を考えている。


・・・早く来ないかなぁ 笑


AD

住民運動会!

テーマ:
困った事にみんなマジなんだよね。しかもうちの町内だけがマジというワケではない。最近朝晩問わずうちの前の道を走るランナーが多い。この住民運動会に向けてトレーニングを積んでいるという事ではないか?

対して私は金曜走ったら風邪が悪化して土曜はダウン・・・なかなか低調なまま運動会の日を迎えてしまった。

とにかくジャージに着替えて出発!

近所の小学校まで準備運動がてら走って行った。町内の人たちがいるテントに来ると早速ビールを勧められる。朝っぱらから 汗

中学校の吹奏楽部が入場行進のBGMで演奏していた。曲は『ウルトラソウル』となんだったっけ?運動会といえばタイケのマーチ『旧友』だろうよ!スーザとかも聴きたかったぜ!


早速1発目の競技から指名された。5人横並びで竹の棒を持ってパイロンを3つ回るヤツだ。去年も指名されてゴール直前でコケてヒジを痛めた競技・・・ちょっと不安だったけれど、今回は組み合わせが良かったからか1着を取れた。そのあとであきちゃんが息子を連れてやってきたが借り物競争に指名される。大丈夫かな?と思っていたらビリでゴール・・・まあしょうがない。というかあきちゃんに競技を期待してはいけないのだ。

その後も種目は進んで行って、午前中の目玉のブロック対抗騎馬戦になった。全20町内から1騎ずつ出して赤・白・青・黄の4チームに別れて戦う。うちらの町内は白の先鋒・・・騎馬は私が先頭で上には小学生の女の子が乗るけれどこの子は運動神経が良く手足が長い。そして負けん気が強い。下手な騎馬の取り回しをするとコチラが批判されるのではないか?という不安があった。ちなみに私は去年もこの競技に出たけれど、騎馬を組んであっという間に騎手の帽子を奪われるという悔しい思いをしていた。さて、今年の戦略は・・・とりあえず「青」の町内は騎馬が屈強そうで乗っている騎手も大きいので、コイツとのマッチアップは避けよう。「黄」は「青」が狙っていそうなのと対角にいるので無視。「赤」は騎馬も騎手も弱そうだ・・・という事で『赤行くよ!』と声を掛けて突進。ガッツリ正面から当たるのを避け、なるべく側面や背面から当てるように回す。それでも両者帽子を取り合ったようで判定で勝利。その間も他の騎馬から狙われるので常に動き回る。「青」が残っているのを確認して「黄」と「赤」を攻める。騎手の女の子は良く戦っている。5騎ぐらいツブしただろうか?そこで騎馬の運用が粗くなってしまったようで(疲れもある)、正面からぶつかってしまい判定で負けてしまったのがザンネン・・・しかも同じチームの残り4騎が割と持ちこたえられずにグループでの勝利を逃してしまった。う~ん、来年は先鋒で全騎ツブすぐらいの勢いで行かないといけないな。しかし善戦したので町内の結束は高まったようだ。

午後の競技はイマイチ勝利から遠ざかっていた。そんな中で混合リレーが始まった。私は選手に選ばれなかったので気が楽だったが、来年40歳になったら出ないといけないかも?またそのうち息子が走る日も来ると思うので興味を持って見守った。冒頭の小学生の2人で我らの町内がぶっちぎった。勝ち決定か?と思ったらその後差が縮まってきてアンカーへ・・・アンカーは一日を通じて初めて見る若者だったけれど、追撃をかわして見事1着に入った。すげえ・・・けど恐ろしい。果たして自分が選出して入っていたらと思うと何とも恐い感じがする。

結果発表!去年と変わらず20町内中3位だった。片付けの後帰宅。どっと疲れた。

シャワーしてから打ち上げに出て行ったけれどあまりの疲れに食欲がなかったのでフルーツの盛り合わせばかり食っていた 汗

AD

エス

テーマ:
他の楽器の人間にはあまり知られていない事だが、ユーフォニアムの高いE♭の音は高く当たる楽器が多い。これはいくらチューニングのB♭でピッタリ合わせてもしようがない。だから1番の管を5~8mm程度あらかじめ抜いておいたりするけれど、同じ1番を押す高いCの音は逆に低かったりする。

そんなワケで重宝するのは主管トリガーなんだけれど、標準で付いている機種が高級品に限られたりする。


合奏中にピンポイントでその音を指摘された。

今日の構成員は私とつじちゃんだが、私はトリガーを目いっぱい押しているのでまあそこそこ合っているが、つじちゃんの楽器(マインルだが)はいつか試奏した時にその音はキビシかった覚えがある。じつはこれは今に始まった事ではなくてコンクールの時とかずっと思っていた。

さあどうする?


う~ん、がんばろう!


なおこのピッチの傾向はながいくんの時は気にならない。ウィルソンはその点かなり優秀だが、逆に2番の運指・・・D音やA音は若干低かったりする。これは自分も前吹いていたから知っている。たまに私もD音でトリガーを使ったりしているが彼もその点気になっているようで、最近は徐々に合うようになってきた。


自分の楽器の音程の傾向を知って補正するのは各自の務めだと思うけれどいかがだろう?


体の調子が悪いのにちょっと無理をしてしまった為に軽い肺炎のようになっている。まあ肺炎は大袈裟かも知れないけれど痰が止まらない。練習中はこらえるのだけれど、咳き込みそうになるのを堪えながら演奏している。来週火曜に本番だけれど、その前に明日は住民運動会なるものがある。体に負荷を掛けて果たして無事に週明けを迎えれるだろうか?

心配だ。

カスタマイズ…その後

火曜の夕方ガソリンを入れた後でふと気付いてタイヤの空気を入れるべくエアゲージの前に車を停めた。エアホースを伸ばしてダイヤルを回して2.5キロにセットしてノズルを差し込むと…

めっちゃ入るし!


しかも4本のうち1本はエアバルブから空気が漏れる音がしていた。これは横にあった霧吹きで水をかけてやって空気を入れたら止まったものの、乾いたら抜けるんじゃないかと思うと気が気でない。

そこで水曜にホームセンターでエアバルブの中に挿入されているバルブコアなるパーツを買ってきた。自転車のタイヤで言うところの『ムシ』だ。ついでにムシ回し用の専用ドライバーと12Vで使える小型のコンプレッサーも買った。終業後に4本とも換えるつもりだったけれど案外時間がかかったので問題の1本だけにしておいた 汗


帰途に就く。国道8号線を西に走る。すっかり日が短くなり夜の景色だ。

先日より行っていた騒音低減のための工事はなかなか成果を上げている。ただ粗い路面で高速走行をするような状況でまだ気になるけれど、それ以外の場面ではなかなか良い感じだ。

そこで夕飯後に残りのレジェトレックス制振シートを①リアハッチ②C,Dピラー③リアドアに貼った。

あと施工していないのは天井ぐらいか・・・


これで更に効果があればいよいよスピーカー交換が見えてくるだろう。ちなみに何故に今まで10年前のスピーカーを使っているかというと、あまりの騒音のせいでスピーカーの良し悪し以前の問題だと思っていたからだ。

それともスピーカーより貧弱なパワーアンプからやるべきか?

カスタマイズ・・・

明確にあと4年以上乗ると決めたので、その4年を快適に過ごすためにカスタマイズを施す事に決めた。


この車(GH8インプレッサ)は少々燃費が悪いものの普通に安全に走る事が出来る。しかし一番イタダケナイと思うのはその旺盛なロードノイズかと思う。そんなワケでロードノイズ対策はいろいろとやってきたけれど、この程『レジェトレックス』なる制振シートを手に入れたのでコレを車体のいろんな部位に貼りつけた。

まずは比較的鉄板にアクセスしやすいAピラーとカーゴスペース・・・リヤのアッパーアーム取付部付近一帯とフロアパネルとリアアクスル直上の鉄板プレス部品に貼って数日乗ったが、なかなか効果が出たように感じた。

そもそもこの車は走行中のサスペンションパーツの振動を車体が増幅しているような感じがしている。低速ではあまり気にならないけれど速度が上がってしかも目の荒いアスファルトの上などを走るとかなりうるさい。

リア部で効果が出たので次はフロント部と思って14日に頑張って部品をちょっとずつせっせと外してフロアカーペットを剥がした。流石に2度目となると手慣れてくる。

ただ、フロント部は純正状態ですでにいろいろやってあるようだった(それでいてこの騒音なのだが・・・)。


しかし折角のフロアカーペットがない状態なので、5月の連休の際に施工したポリプロピレンシートを一度めくって、レジェトレックス制振シートを貼ってみる。主にコンコンとノックをして響く箇所を重点的に貼る。やらないよりは効果があるだろう。本当はサスペンション取付部に近い部分をやりたいところだが、車室からではアクセスできない。かといってこのシートをエンジンルームやタイヤハウスやフロア下に貼っても良いものか?まあ良くなる可能性があるならやってみるべきだとは思うが・・・


高級車のように静かにならなかったとしても、以前より良くなったらフロントのスピーカーを新しいものに変えようかと思う。今のスピーカーは前のレガシィーから持ち越しの10年以上経っているものだから・・・


前々からフロントグリルのデザインがビミョーだなと思っていた。この形の最終形に特別仕様車で出たグリルがカッコいいのでそれを買って付け替えるのも良いかなと思っていたけれど、そういうものを買うと金が掛かる。そこで縁取りになっているクロームめっき部分をボディ同色に塗装してみる事にした。これは以前から「ペイント」でシュミレーションしていて『案外いいぞ』と思っていた。

塗装の材料は揃っている。めっきの上に塗装というのは若干抵抗があるものの、表面が綺麗なので塗装の乗りも良いようだった(あとは簡単に剥がれない事を望む)。下塗りをしっかりやって色と上塗りのクリアーを何層か塗って終了!仕上がりのマットな感じが気に入ったので磨かずに終了した。なかなかいい仕上がりだ。

わかる?


今シーズンからスタッドレスタイヤのホイールが変わる。今までのクソ重い金のスピードラインとはお別れになるが、軽いホイールというのは良いものだ。そして来春からはいよいよノーマルタイヤが新品になる予定。二度とエコタイヤなんて履くものか!!


あと何年乗れるかな?重大な故障が発生しない事を希望する。

不完全燃焼

テーマ:
大人な吹奏楽団だと思う。本音を出して会話をする事がない。だけれどきっと何人かは思っているはずだ。


金曜の夜いつもより早く練習場に入った。アップを入念にやって合奏に臨む。曲は中三の時の課題曲・・・自分のパートだけでなく曲の隅から隅まで知っている。だから『ココがマズイな』というのが良く分かる。

ただ、この曲はその後じっくり合奏する機会が取れないとか・・・大丈夫なのだろうか?


曲数がある演奏会。1曲に費やす練習時間はそんなにない。だから合奏に出る前に予習をしようよ・・・合奏終了時にちょっとでも上達しているように集中して練習に臨もうよ。自分の吹いている音量や音符の形状が適正であるか常に意識をしながら音を出そうよ。

中途半端な演奏を垂れ流す為に我々は楽器を手にしているのではないだろうよ。


何となく入団当時にあったドキドキがなくなってしまったように思う。


あの頃はどうだったかな?金管も木管も少数精鋭揃いで、最初の合奏で既にキマッていた。指揮者はいろいろ問題はあったけれど要点は点いていたと思う。加えてリズムパートのスタッフも良かった。ドラムのねーちゃん、後輩のしのぶ、それとメガネの萌え萌えのねーちゃん、この3名がいなくなってしまったのはかなりの痛手だな。彼女らは1打1打に心がこもっていた。今はどうだろうか?全く予習がされていなく、心もこもっていない。さらに良くない事に全く注意さえ与えられない。


演奏会まであと23日・・・まだ間に合う。がんばろうよ。



代替わり…

テーマ:
私たち夫婦が普段使っている家電はたいてい結婚した2007年に購入したものになる。

・・・で、7年経つといろいろ不具合が発生したりしている。例えば洗濯機はすすぎ時にエラーが頻発して止まるので今は使用していない。この場合はばあちゃんのがあるのでソレを使わせて貰っている。ばあちゃんのはうちのと年代は変わらないもののドラム型だ(我々のはふつうの縦型・・・)。

あと、最近炊飯ジャーの調子が悪くなっているのかジャーで炊いたご飯がイマイチ美味しくなかった。

パッキンがヘタっているのかな?釜の縁のコーティングのハガレも気になるところだし・・・ということで思い切って買い換えた。


折角なら店頭価格10マンエン超の高級圧力土鍋炊飯ジャー・・・と行きたいところだったけれど、あきちゃんが

『白くないとダメ』という事で、土鍋モデルは却下となった。


・・・で、気を取り直してレビューのサイトとかも参考にしてひとつのモデルを選定。ネットで安かったのでポチッた。


ちなみにコレは去年のモデル。

だけれど、未使用の新品には違いなく、それが定価の60%offというのが良いではないか!評判も良いし、レビューの数も多いから信頼できる。


早く炊いてみたいな。出来れば新米で 笑

届くのが遅かったので今夜は梱包を解くだけになった。なお今夜の御飯はアルミの鍋でガスコンロで炊いたとの事。実はうちではこの方法で炊かれたご飯が一番美味い。新しい炊飯器はコレを越える事ができるのだろうか?


左は退役となります。7年間ありがとう!

新PC・・・

テーマ:
新しいPCが届いた。

・・・ただし仕事用で会社で使用する事になる。まあ自分用という事には変わらないけれど。

直販サイトで一昨日オーダーしたものなのにもう手元に届くというスピーディーさは凄かったけれど、梱包を解いて触るとどうもキーボードの感じだったり液晶画面のクォリティーだったり使い勝手が・・・慣れの問題かなぁ?

ちなみにOSはWindows7 Pro 64bitでWindows8.1からのダウングレード権行使という事だ。届いてからセットアップを実行していたけれど、メールのアカウントの設定が上手くいかない。そんなワケでまだ使えない。

液晶画面は15.6インチのワイド画面。決してモバイルではない。自分用にはまず買わないサイズだ。先程液晶についてちょっと触れたけれど解像度はフルHDながら視野角が狭い。そんなワケでさほど良い感じがしない。直販サイトで買うのは実物を見れないので落胆が大きいかも?



・・・今日は夕方から床屋に行ってきた。その後オートバックスに行って車のワイパーゴムを買った。それからヤマダ電機へ・・・

炊飯ジャーとPCをちょっと見た。チラッとサーフィス3 Proというのを触ってみたのだけれど、案外良い感じだった。買っちゃおうかなぁ?しかしWindows 8.1というのがどうも・・・あ、だけれどPCと思わなければ案外良いのかも?う~ん、Windows9が出るまで我慢しよう。

帰還

テーマ:
ヘコ出しに出していたプレステを受け取り吹奏楽団の練習に出た。

まるで何事も無かったように綺麗になおっているのが嬉しかった。しかし他の箇所(ベルの中間だが)に今まで気付いていなかった小さなヘコを新しく発見してしまった。コチラはそんなに目立たないし、構えた時に反対側になるので気にならないが使っていると大なり小なりいろんな傷が付くものだなと思った。まあそのうち調整に出した時にでもついでにやってもらおう。


今夜はヒルスは持ってきてなくてその場で比較してないんだけれど、明確に楽器の差がある。

ただ、最初は低調だった。というのは強弱を息の量だけで制御しようとしていたからかも?どうもこのプレステという楽器は息の量にリニアに音量が増えない気がしている。存在感のある音を出すのに、アタック時の息のスピードなり丁寧なコントロールをしてあげたほうが良い結果が得られるような気がした。

低音に関してはヒルスの方がバリバリ鳴ると思っていたけれど、案外プレステも鳴る。というかコンクール後から本気でアンブシュア矯正を考えている。左手側にズレていくのを無理にでもセンターに持ってきてアップしたり、練習以外にバズィングする際にも、鳴りにくくても良いので正しい位置で吹くよう心がけている。その効果が少しずつ現れてきているのかもしれない。


長年やっていて、年数に応じて上達するどころか、せっかく良い楽器を手にしても使いこなせてなかったり・・・我ながら迷走していると思う。


だけれど、またいつか輝けるように・・・今はまだやめたくない。

まあ楽器買ったからやめられるワケないのだが(笑)