奪われたのは目だけか?

テーマ:
夕焼けを見るのは好きだ。ずっと見てても見飽きない・・・というか刻一刻と減光していき有限の美という感じがする。


夕焼けはこの夏の終わりの時期が一番美しいように思う。




でもって、夕焼けが拝める時刻に帰れるありがたさ・・・といったところか。明日もがんばろう!

AD

8/25 神戸から…

テーマ:
宿の予約の際にこだわったのは、①立地②景観③ダブルベッド④朝食といったところか?ダブルベッドに関しては去年同様息子が寝ている間に落下しない為だったけれど、息子の方もその方が安心して寝られるようだった。ただ景観は最高だけれど立地はもう一考するべきだったかなと思われた。ちょっとアルコールを買いに出掛けるのも(部屋の冷蔵庫に備え付けのはえらい高い!)かなり面倒なので結局我慢した。


魔法が解けたように朝になってしまった


ただこういう高級ホテルの朝食バイキングというのはなかなか素晴らしいもので、あきちゃんはその点を絶賛していた。いろんなものをちょっとずつ食べたけれど、どれも美味しかった。

荷物をまとめてチェックアウト。まず三宮駅に向かうのだけれど、ホテルのエントランスから地下鉄の駅まで歩くのが面倒だったので、すぐそこに待機しているタクシーに乗って行った。地上の道路を走るというのはこういう神戸のようなお洒落な街だとなかなかウキウキする。しかもピンポイントで場所と場所を結んでくれるのはありがたい。あと、何となく実際の距離感というものが分かるような気がした。昨日通った地下街は地上から見るとそんなに長くないようだった。

駅のコインロッカーに荷物を預けて電車に乗って須磨へ

須磨海浜水族園は以前にままBariさんから『良いところだから是非行ってみてください』と言われた事があった。今回の旅行であきちゃんと『二日目ってどうする?』と相談した時、ここに行くのはどうか?という話になったものの若干距離があるのと、行ってしまえばどっぷりと時間を取られてしまい、他に何もする事が出来なくなるのではと思い迷っていた。2泊すれば問題ないのだけれど今回は1泊の予定なので夕方までJR大阪駅に戻りたい。しかし昨日と打って変わって天気も良さそうだったので行ってみる事にした。

平日…しかも月曜というのに小さい子供連れが多い。まあ夏休み期間だからね。初めての所にしては珍しく息子が抱っこから逃れたがっていたけれど、同じところを行ったり来たりでなかなか前に進んでくれない。まあいいのだけれどそれでは広い水族館といろんな展示物を楽しめないだろう。たびたび息子を捕まえて抱っこして歩く。そのうちイルカショーの時間が近づいてきたのでプールまで見に行った。7~8割ほど席が埋まっており盛況な様子だった。息子はじっとショーを見つめていた。


ショーの後でイルカに挨拶に行く・・・


ラッコがかわいい


喉が渇いたので売店でソフトクリームを買って食べた。あと小腹がすいたので冷やしラーメンを1食買って息子に食べさせた。私はビール。チュルチュルと勢いよく食べていた息子だけれどたまになぜか『うぇぇぇ』という顔をしていたのはラー油が入っているからか?大人はあまり感じないのだけれど…

一通り回ったので南の出口から外に出た。すぐビーチになっているので波打ち際まで砂の上を歩いた。いわゆる須磨海岸というところだろう。源氏物語にも出てくる昔からの避暑地といった風情・・・いつもと違う海岸の空気感に旅をしているなと感じる。


南の島へ行きたいぜ!?


駅に戻り各駅停車に乗り三宮へ

アーケード街を歩いて以前食べたすじ玉丼の店で昼食を食べた。2度目となると『こんなんだったっけ?』という印象。次回来たら手前の満席になっていたカツ丼を食べようかと思う。アーケードにはいろんな商店があるのだけれど見て回る時間もなく駅の売店で少々のお土産品を買ってから電車に乗り込んだ。15:08三宮発の新快速。車内は満席だったので立っていた。阪急電車か阪神電車に乗れば良かったと後悔するも今更どうしようもない。息子は寝てしまったのであきちゃんが抱っこ紐で抱っこしていた。

さて、電車はJR大阪駅に向かっている。富山行きのサンダーバードは毎時42分に発車なので次は15:42という事になるけれど、コレに乗るにはちょっと時間がないかな?と思ったけれど一応は乗換案内で検索をかけると大阪駅で9分程度時間があるとの事で(それを逃すと1時間後になる)頑張ってみる事にした。IK●CAで入っているのでホームから一度エスカレーターで上がって改札を出る。切符でまた入って自由席待ちの列に並ぼうとするが、平日だというのに長い列だった。すぐにサンダーバードが入ってきて座れるか不安だったけれど、何とか大丈夫だった。自分の分のお土産品は大阪駅で買う予定だったけれど買いそびれてしまった・・・まあいいか。

無理したおかげで割と早い時刻に帰ってこれた。なかなかあわただしい旅行だった。次・・・来年になるかな?何処へ行くにも2泊がいいな。
AD

8/24 神戸へ…

テーマ:
8:30高岡発の大阪行きサンダーバードに乗り込んだ。久しぶりの家族旅行だ。

本当は盆前に行く予定だったけれど台風の影響でキャンセルしていた。しかしこの盆過ぎというタイミングも混んでなくてなかなか良いように思う。去年も大阪に行ったけれど今年はほぼ去年の行動範囲とカブッていないので新鮮である。

息子は大阪駅手前で寝てしまったので私が抱っこ紐で抱っこして歩いた。中央改札から出てすぐさま地下へ・・・いろいろ選択肢はあったけれどまず最近オープンした低音金管楽器ばかり置いてあるところへ・・・facebookでよく見ていて一度行きたいとは思っていた。それにしても凄い数の楽器が所狭しと並んでいる。圧巻だった。それから同じビルで昼食を食べてから今回の旅のメインのお店へ・・・

あきちゃんの好きな国産のバッグの店。事前に連絡していたので取り置きになっている。一応同じようなカラーの他のものも試してから目的のものを購入!誕生月という事で私が支払いをした。同じような大きさの舶来品に比べればぜんぜん安いし、気に入っているなら逃す手はないと思う。あと職場復帰という事でまた頑張れるようにと思って奮発してみた。

ひとつ失敗したなと思うのは、支払い後もう一日預かってもらえば良かったという事。けっこうかさばる・・・


さて、これで大阪に用はない。最寄りの阪神電車で神戸に向かう。ちょうど直通特急が止まっていて待たずに出発!都会とはなんとも便利だ。

三宮で下車。前回(2011年7月)来た時も阪神電車だったけれど、駅の様子がガラッと変わっていた。

地下を歩いて地下鉄に乗る。2駅乗って地上に上がり港を目指して歩いた。ホテルに荷物を預けてから博物館に入った。サラッと書いたけれど徒歩でなかなかの移動距離になる。ベイエリアの建物(敷地)はなかなか広い。

博物館はいろいろ楽しかった。息子もあきちゃんも楽しそうにしていた。

モザイクで夕食を食べている間に夜になった。たまに小雨が降るいまいちな天気・・・その昔観覧車の下にあったショボい遊園地はアンパンマン・ミュージアムなる建物に変わっていた。あのメリーゴーランドにまた乗れないと思うと切なかったけれど、まあいいか・・・閉館30分前に入ったのであまり滞在時間はなかったが、広場で走り回っている息子は楽しそうだった。


神戸のありがちな夜景・・・その1


神戸のありがちな夜景・・・その2


雨がひどくなったらあきちゃんの小さな日傘兼用傘に3人で入って歩く。ホテルに帰ってきてチェックイン。昼間は結婚式とかあったり賑わっていたけれど夜はまったりしていた。駐車場に高級外車が並んでいるのを見たら自分らは何とも場違いな気がしたけれど、若い女性のベルガールは(多分20代前半)品も良く、子供が好きだった・・・

それにしてもフロントでカードキーを見せられて受け取ろうとしたらベルガールに持って行かれ・・・エレベーターで客室フロアに上がり、客室のドアを解錠してもらい、中に入ってしばらく客室内の説明を受けてからやっとキーを受け取った。なんとも奥ゆかしい。ベルガールの彼女は退出する時に息子にバイバイと手を振った。息子は真顔で佇んでいたので促したらニコッと笑ってバイバイした。やるな・・・

それにしても疲れた・・・体験型の旅になり購入したものはあまりないが、折角なのであきちゃんのために購入したバッグの梱包を解いてみる。だいぶ喜んでいる様子・・・窓から先程まで見上げていたポートタワーがアイレベルで見える。素晴らしい景色!


神戸に乾杯!


つづく・・・

AD

昔の彼女!?

テーマ:
・・・ではなく、前に吹いていた楽器を吹いた。

何故か?それはまだリペアから上がってこないから。まあしかし早々にリペアから上がってくるとこういう機会が訪れる事がなかったので逆に良かったのではないかと思っている。

前使っていたヒルスは・・・同じソフトケースに入れて持ち運んでいるので(リペアに出した楽器はハードケースに入れて出している)重量の違いが感じられる。ヒルスは明らかに軽い。楽器自体の大きさはそんなに変わらないのでこの楽器はいろんな部分が薄いのだろう。

吹奏楽団の練習場に到着して楽器をケースから出すと1番のピストンが固着していたのでピストンオイルの給油から始めた。2週間ぐらい前にちょっと吹いているので給油するだけで軽やかなタッチに戻ったけれど、この楽器はピストンのオーバーホールに出す前はこういう場合すごくタイヘンだったのを思い出す。オーバーホールに出して良かったなぁ・・・その後使わなくなったんだけれど(汗)

さて、楽器の状態はなかなか快調!何で買い換えたんだろう?とかもちょっと思えるぐらい良い感じだった。重量の軽さから来る取り回しの良さというかスラーのつながりの軽やかさというか、抵抗の無さが新鮮だった。しかしピストンタッチやら細かな音符の取りこぼしとか音の艶やかさなどやはりプレステの方が優れている。たださすがは13年吹いてきた楽器。鳴らし方を知っている。

演奏会の楽譜が用意されていたのでそれをパラパラと譜読みする。25年ぐらい前・・・自分が中学生だった頃に吹いた楽譜とか2曲ぐらいあった。知っている曲だけれどこれも譜読みする。『何で今更こんな曲?』とも思うけれど、大人になったらココはこんな感じで艶っぽく・・・なんて考えながら吹くととても面白かった。当時も思っていたけれどこんなに良い曲だったんだ・・・

演奏会は10/5(日)・・・案外日がない。何回合奏に出れるかな?まあしかし頑張ろう!


帰宅してシャワーをしている時に鏡をみたら唇にマウスピースの痕が残っていた。中心からだいぶズレていた。時間が経つにつれて吹きにくい感じの原因はコレか・・・折角アタックの感じは良かったのに勿体ない!次から練習時に手鏡用意しようかな?

 未だ輝きを失わず!

豪雨・・・といえば!?

いわゆるゲリラ豪雨というヤツだろうか?雨粒が窓をしたたかに叩く・・・おかげで昼のランニングに行けなかった。別に雨なら傘を差してウォーキングでも良いのだけれど、傘を差してもズブ濡れになりそうな感じの降り方だし、田んぼの中を歩くのに落雷は生命の危険がある。


豪雨・・・


しかしこの豪雨を見て閃く。

早速『リアルタイムレーダー』のサイトで雨雲の流れを見る。激しい豪雨は長続きしないけれど、まだ第2波・第3波はやってきそうな感じだった。そんなわけでスポンジに台所洗剤をしみ込ませて駐車場の自分の車を洗車・・・


水道代の掛からない洗車だ(笑)

何ていうか洗車機に入ったような豪雨で実際に洗車するような感じか・・・最近汚くなっていたのでコレはありがたい。


がしかし、ボディー全部の部分撫で終わらないのにまたポツポツと降ってきた(汗)とにかくなんとかまとめて車の中に避難・・・よし、ザーッと降れ!と思ったけれどパラパラと不発に終わる(涙)


ええい、降らんかい!


しょうがなく社屋に戻って残りの昼休憩を過ごした。13時の始業後にまたザーッと来たけれど一度乾いてからというのが気になった。


夕方に車を見たらやはり一度乾いてから降ったのが良くなかったのか、あと風向の関係で西側はピカピカだったけれど、東側は汚れが残っていた。まあ自然相手だとこんなものか・・・

『白』(シロ)でした!!

テーマ:
クソ暑い昼下がり、会社を抜け出して病院へ・・・まず先日予約をしてあったのでCTはすんなり受ける事が出来た。しかし診察まですごく待たされた。そもそも泌尿器科の医師が少なすぎるようだ。横は眼科だったけれどコチラは医師が3名詰めていたからか待ち時間がなかったようだった。

まあしょうがない。この病院を選んだ自分が悪いのだろう。

待っている間はずっと読書していた。随分前に読んでいてまだ読了していないヤツ・・・こういう本を持ってきて正解だった。


そして自分の番が来た。まあCT画像を見ての所見になるのだけれど、異常ナシとの事だった。

2年前もだいたいこういう感じで再検査を受けている。今後もこういう流れになるのだろうか?

金と時間のムダだなぁ・・・検診の尿検査で引っ掛からないようにする工夫とかないものだろうか?

飲み会

テーマ:
このメンバーで飲むと若返る気がする・・・そう思っていた。共通の友達の名前だったり、市政100年のパレードの話だったり、そういうのが出てくるとまるでしばらく手つかずだった大地を再び耕され、作物の芽が出るような気持ちになった。

となりに座っているけいこさん、学校は違えど同じ時代を吹奏楽部で生きてきたんだ。

パートは同じユーフォだけれど、楽器や楽曲に関する事はそんなに話さなかったのは『そういうのはいつでも話せる』と思っていたからかもしれない。それよりやはりお互いの事だったり共通の知人なり、目の前の修二個人や修二夫妻の事に関して聞きたかったというのもあっただろう。


けいこさんがおもむろに修二の昔の彼女の話を修二に振ったのに『おいおい・・・汗』と思った。修二は横を指さして『奥さん奥さん・・・汗』と焦っていたが、逆に奥さんは動じずに客観的に一人の女性の立場で話しているようだった。肝が座っているというか・・・『女性は今に生きる』というのはこういう事を言うのだなと思った。あきちゃんだとそうは行かないのだが…(汗)


けいこさんが中学時代の恩師からのメールの返信をあきちゃんに見せた。この先生はあきちゃんの恩師でもある。あと、あきちゃんが中学生だった時にけいこさんが教育実習に行ったそうな・・・いろんなところで繋がっているんだな。


さて、けいこさんと修二の中学以前の友達の話は私はついていけないので、3人の共通の知人って私の高校の同級生でけいこさんや修二の中学校出身の人物という事になる。だから私の脳は高校生の頃に戻される感じになった。思えば高校生の頃に私はけいこさんの事を知った。何と24年も前の事になる。その頃にこうやって話せたらどれだけ良かったか?

まあしかしその頃の私は女性とまともに話せなかったと思うが(汗)


修二と修二の奥さんの出会いの話は興味深かった。それとともに修二の娘に対する教育方針の話が良かったと思う。いつの間にか大人になってしっかりと考えれるようになったんだな・・・なんていうか深かった。そういう修二を信頼してついてきた修二の奥さん。良い関係を築いているようだ。


生ビールを3杯ぐらい飲んだ後地酒(日本酒)に移行・・・銘柄を変えていろいろ飲んだ。あきちゃんと息子は途中で帰って行った。

飲んでは喋り、喋っては飲む。最後は修二の奥さんの故郷の焼酎で乾杯!話は尽きないけれど時間は結構経っていたようだった(汗)


店を出て集合場所の駅の改札のところで解散という事になった。種類飲んだからか歩いているうちに結構まわってきた・・・だけれど楽しい飲み会だった。けいこさんと飲むのは初めての事だし、修二と飲むのは昨年の同窓会以来1年振りになる。そもそも同い歳と意見を交わしながら飲むというのもそうそうない事だから、とても貴重な機会だと思う。


この会合、また開きたいな。

男のロマン!?

テーマ:
会社の若手(・・・といっても34歳ぐらいだったか?)が180系ハイラックス・サーフからランクル100(中古)に乗り換えると言っていて今日の夕方に納車された模様。帰り際に実車を前にちょっと話した。

白いパールのボディーはなんとも巨大!車重が2.5tぐらいあるらしい(汗)エンジンはガソリンV8の4.7L・・・このガソリンの高い御時世にガソリンを撒きながら走るような車だ(汗)純正のフルエアロといいキャメル色の内装といい誠にゴージャスな感じだった。


車は移動手段として実用を重視するのは大切な事だけれどそれだけでは何とも味気ない人生だと個人的には思う。しかし、自動車税が88,000エン(自分のインプレッサは39,500エン)・・・そんな請求書が毎年来る恐ろしい車だ。

もちろん

自分で所有しようと思わない

がしかし何となく夢のある車選びだなと思った。もし自分が同じように夢を求めると・・・いや、それは彼が独身だから・・・あ、そもそもそういう事を考える自体夢がないのか(笑)

今の車を手放して、貯金とローンを組んで乗り換えるとしたら・・・何に乗るかな?そう考えると際限なくカー●ンサーNetとか見てしまう(笑)


今朝の8号線はすいていて快適に走れるけれど、前が随分と空いているのに右側車線をゆったり走る車がおられる。別にいいんだよ・・・左から抜くからね。シフトレバー近くのECOなるボタンをポチッと押すとインパネの中のECOなる緑の表示がオフになる。そしてギアを3速に入れてアクセルを踏む。なかなか良い音とともに加速が取り出せる。が燃費計の数値がちょっと落ちる。前方に車が迫ってきたのでまたECOボタンを押して減速。急加速なんて空しいものだな・・・そう思うのって飼い慣らされたようで面白くない。


さて、前述のランクルだが、燃費は街乗りでゆっくり走って8.5km/Lぐらいらしい。悪いようで案外走るといった感じか?立ち話しているとあちらから違う社員がやってきた。この人の車は古いヴォ●シー(トヨタのミニバン)だが、燃費を聞くと7~8km/Lらしい。ランクル並みに悪いやん(笑)よくよく考えればまだまだ多くの人がガソリンをバラ撒きながら走っているようだ。

台風めぇ~(><)

テーマ:
8/10から翌11日にかけて家族で旅行をする計画を立てていた。これはコンクールが県大会で終わってしまったので、その代わりとして旅行を企てたという経緯がある。8/10に多分facebook等で北陸大会関係の情報が流れてくる中、こちらは優雅に旅行を楽しもうという魂胆だったが…

ちなみに場所は神戸で、実際にベイエリアのちょっといいホテルに部屋も予約していた。

が、困った事に予報円を見ると台風の進路上にある。

時間的にはカブらないし11日は影響が少ないと思われたが、今回は見送る事にして昨日ホテルの予約をキャンセルした。なお電車に関しては切符を取っていないので問題ない。

残念であるけれど、雨の中息子を抱えて歩いたりするのはイヤだし、だいいち現地に行く電車が動くかすらわからない(電車がダメなら車で行くまでだが…)。神戸ならそんなに前から取らなくても、部屋にしろ電車にしろあると思うのでまた後日リトライしようと思う。

勇気ある撤退というヤツだな(涙)

リペアお願いします

テーマ:
以前個人練習中に譜面台に載っているアーバン教本(トロンボーン用)の折り目の部分が見難いという事で、楽器を膝の上に降ろして両手で伸ばそうとした時に、同じく譜面台に載っていた電子メトロノームが落下して、楽器のベルの胴の部分に直撃…えくぼが出来てしまった。音に問題はない程度のものだけれどこういうのは見るたびにテンションが下がる。

そんなわけでいつかこれのヘコ出しをしようと思っていたけれど、ようやく今日出せると思ったので、朝からハードケースを用意して楽器を車に積んでおいた。なお、楽器店はいつも忙しいのだけれど、この時期はコンクールがあり更に忙しいかと思われる。しばらく帰って来ない事も想定して、前使っていたヒルスを久々に出してみた。午前中にちょっとだけ吹いてみる。悪い感じはしない。プレステと比べて吹いてみたいところだけれど、それをしないのはどちらにも失礼にあたるからと思ったから(笑)

ヒルスは購入後15年経っているけれど、未だにピカピカの状態を保っている。メッキが良いのもあるだろうけれど、最初の5年がハードだったけれど、後の10年はそんなに使われなかったというのもあるかもしれない。久しぶりに出したのにピストンが動くし、オイルを塗布した後は引っかかる事がなかった。最後の年に調整に出したのが良かったんだろうな。

スバル店に行った後に楽器店へ…社長はコンクールを聞きに行っておられ不在。社員の方の接客になった。

『北陸大会出なくて良くなったんで頼んちゃ』

我ながら笑えるのか笑えないのか不明なセリフを吐き、

『スペア(の楽器)があるのでゆっくりでも良いよ』

と余裕を見せておいた。あと、譜面台に差し込んで使うチューナーの台を買った。

楽器店を出てホームセンターへ向かった。しばらく息子は起きていたけれどどうも眠い様子…帰宅して昼寝という流れになった。いろいろ連れまわしてゴメンね。