国土交通省は23日、首都高速道路と阪神高速道路の平日昼間の料金割引(午前6時~午後10時)を3月末で廃止すると発表した。「渋滞削減効果が小さいため終了する」(前原誠司国交相)という。政府は道路整備を求める民主党の要望を受け、両高速道路で事実上の値上げとなる距離別料金への移行を検討しており、前段階としての「じわり値上げ」になる。

 首都高は現在、平日(土曜を含む)の午前6~11時と午後3~6時に3%割引、午前11時~午後3時と午後6~10時に10%割引を実施している。また阪神高速では、平日(土曜を除く)の午前7~11時と午後4~7時に3%割引、午前6~7時、午前11時~午後4時、午後7~10時に10%割引を実施している。いずれも自動料金収受システム(ETC)の搭載車が対象。【大場伸也】

【関連ニュース】
ETC悪用:「反応しない。手動精算を」高速料金ごまかす
多重追突:1人死亡1人重体 栃木・東北道
逆走衝突:三重・伊勢自動車道で3人死傷
第二京阪道路:20日に全面開通…国道1号渋滞緩和へ期待
雑記帳:橋下知事も自転車で走る…開通前の高速道路

アナログ画面の比率を変更=デジタル対応、上下に「黒帯」-NHK(時事通信)
【Web】18歳未満にみえるキャラ=「非実在青少年」?(産経新聞)
強風で運休相次ぎ、ダイヤに乱れ…JR京葉線など(読売新聞)
<国家戦略相>高効率石炭発電も 国際協力銀の融資先で検討(毎日新聞)
ダンプ運転手を書類送検=1月の特急衝突事故-北海道警(時事通信)
AD