鳩山由紀夫首相は19日午前、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として検討している鹿児島県徳之島で開かれた反対集会について、「一つの民意と理解すべきだ。勉強させていただく」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

タイで死亡の村本さん、熟練者が狙撃か(読売新聞)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)
温暖化対策、すれ違い=中国副主任と会談-外相・経産相(時事通信)
早稲田など3大学相乗り小型衛星 5月「あかつき」で打ち上げ(産経新聞)
普天間問題 来月末の合意断念 官房長官、首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も(産経新聞)
AD