こんな記事を見つけました。
知らなかった!私も気を付けます。

==================================

人間にとって、それほど影響のないフラッシュ。
でも、動物も同じかというと、そうではないんです。
特に猫のような夜行性動物の瞳は、暗闇でもわずかな光を取り入れて周囲が見えるような構造になっています。
それゆえ、光に対して非常に敏感で、フラッシュなどを間近で焚かれると失明してしまう恐れがあるのです。
ですから、もし街で猫を見かけたとしてもフラッシュは厳禁。
周囲でそのような撮影している人がいたら、しっかりと教えてあげましょう。


↓詳しく書かれた記事はこちらです
【みんなに教えてあげて】可愛いからって絶対ダメ!猫へのフラッシュ撮影は非常に危険

AD

ツーショット




甘えん坊のナオくん。
保護部屋に行くと、ベッタリくっついて離れません。


抱っこついでに一緒にパチリ




私の顔にモザイクかけて載せるつもりが、
ぼかそうが、モザイクかけようが、
悲しいかなBBA臭が消えねぇ!なく
ギリギリまでカットだよ。

チューも、お鼻カプリも止まらない、人間大好きのナオくん
東松山コン太里親会で里親募集中です。


AD