2005年11月09日 20時08分18秒

Super Science Fair 2005

テーマ:Super Science(SSP)

先日の土日、SSP最大の行事である「Super Science Fair 2005」という企画が開催されました。


Super Science Fairというのは、2年前からSSP最大の行事として毎年行われているもので、要は研究発表会のようなものです。今年は3回目になるわけですが、例年、日本各地・世界各国から高校生を呼んで開催しています。今年は特に規模が大きく、参加者はなんと12カ国から600人に及びました。


ホスト校として準備には大変な苦労を強いられ(SSPは特に大変!)、当日も僕はもっぱらスタッフ的な立場で動いていたため、ほぼ忙殺されていました。でも楽しかったです(笑)


僕は所詮2年の下っ端生徒ですが、ポスターセッションの発表に参加したり(Color of Sky)、ディスカッションで議長をやらせてもらったり(Human Cloning)、昼食で1分スピーチをしたりと、いろいろと楽しませてもらいました。正直かなり疲れましたが、得る物はやはり大きかったと思います。


これは容易には書けない難しさがありますが、あえて言うなら、それは「ホスト校としての大変さ」です。7月に参加したシドニー大学のISSでは一人の「客」として迎えられ、そこで用意される行事はいわば当たり前のものでした。もちろん、裏方で多くの人が動いていることは頭では分かっていましたが、今回実際に迎える側として働いてみて、その大変さを身をもって知りました。相変わらず弱いリスニング力の不足も確かに感じましたが、こちらに比べればどうってこともありません。


来年は3年生としてSSFをリードしていかなくてはなりません。もう少し規模は小さくなると思いますが、日本でも有数の「高校生による高校生のための高校生の研究発表」ですので、大変なことには変わりありません。ぜひ来年はさらに充実したSSFを作っていきたいと思います。

DSC_7178.jpg


P.S.
ところで、あくる日の月曜日、この一週間の疲れが一気に出たらしく、ついに風邪になってしまいました。もう鼻水が一日中止まりません! 他にも歯が痛み始めたりと、苦しい状態が続いています。環境の変化が激しい時期なので、皆さんも気をつけてくださいね(汗)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月19日 08時37分06秒

卒業研究

テーマ:Super Science(SSP)

さんざんテーマ設定に迷っていた卒業研究ですが、最終的に「空の青さについて」というテーマに決めました。


空の青さには、気温・湿度や風速・風向といった気象面の要素だけでなく、花粉や粉塵などの細かい粒子などにも左右されます。大きなスケールで見るなら、気圧配置なども関係してくるかもしれません。そして最も重要なのが「光の強さ」です。このあたりの要素を観測し、「どんなときに真っ青なきれいな空が広がるのか」ということを検証します。


ちなみに、当初の「水」という大枠から、なぜこんな突飛なテーマにたどり着いたかというと、水⇒水の循環⇒天気⇒空の青さ という連想ゲーム的な思考が自分の中でありました(笑) なんにせよ、テーマとしてはそれなりに面白いかと思っています。


研究のアプローチとしては、とりあえず気温・光の強さ・気圧・天気図・風速などといったデータを収集し、毎日ノートをつけ、データを蓄積する必要があるでしょう。同時に、「空はなぜ青いのか?」という基礎的なことについてきちんと勉強します。(「青い光のほうが拡散しやすいから」という常識的なイメージだけでは研究として話になりません) 現時点での最大の問題点は、空の青さの基準をどうするか、ということです。ひとまずは「光の強さ」を基準にする予定ですが、はたして光の強さだけで空の青さの基準と出来るのかは疑問です。


今後は卒業研究に関することをこっちのブログに書くことにします⇒ http://d.hatena.ne.jp/hayto/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月27日 12時51分52秒

ワークショップ at 科学未来館

テーマ:Super Science(SSP)

昨日と今日で、東京の科学未来館へSSP企画のワークショップに来ています。2年SSPの21人と、3年SSPの先輩から2人が参加しています。これは2年SSPの毎年恒例の行事です。


昨日は事前に決めたテーマについて館内でリサーチをして、今日のプレゼンのための準備をしました。今日はというと、リサーチで得られた知識を生かして、その場に展示してあるものを説明する形で10チームほどが順番にプレゼンをしました。ちなみに、僕のチームのテーマは「地震」で、ほかのチームは「宇宙」とか「ユビキタス」などを発表していました。


で、一通りの予定が終わって自由時間になったので、今は館内のインターネットブースからこの記事を書いているわけです(笑)


この後は、2時からメガスターというプラネタリウムのようなものを見に行きます。その後は、遅めの昼食を食べて、日が暮れるころに京都へ新幹線で帰ります。


では。


ランキングの投票にご協力ください!⇒ランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月23日 19時28分50秒

数学科インターンシップ

テーマ:Super Science(SSP)

昨日と今日と、大学の数学科へインターンシップ(研究室訪問)に行ってきました。


これは、大学の理工系学部の各学科にSSPから生徒を派遣する企画(自由参加)で、10を超える学科の中から、僕は数学科を選んだのでした。人数は平均的には各学科に5人ぐらいで、機械システム科などは10人以上も集まる人気でしたが、数学科については僕を含めてたったの2人でした。にもかかわらず、教える側には教授1人とTA1人がつくという待遇ですから驚きです。


数学科なので、実験や設備見学などができるわけも無く、内容が講義であることは最初から明らかでした。しかしです。さすが数学科、なんと事前に予習が課せられたのです。講義のテーマが数学の「群論」という分野で、講義で使うテキストを2章分読んでこいとのことでした。もちろん、内容は非常に難しく、50ページ分を読むのには3時間近くかかりました。今回の数々の学科の中でも、最も厳しい学科だったことは間違いないでしょう。


で、2日間の講義は、テキストを使ってのセミナーでした。集合・写像・群の各分野を2時間以上かけながら、生徒がテキストを片手に黒板で解説をしながら進みます。が、内容が非常に難しい!ということで、実際には、僕やHokutoが先生に教えを請いながら、命題の定義を書いたり、定理の証明をしたり、問題を解いたり・・・といった具合でした。


内容の詳しいことは、あまりにも難しく、自分でもよく分かっていないので省きます。興味があれば、下に教科書を載せたのでそちらを参照願います(笑) Yahooとかで「群論」と検索してもいいでしょう。


とりあえず、先日の電子情報デザイン学科(マイクロプロセッサ講座)に続いて、大学の実態を体験することができたのは価値が大きいと思います。同時に、高校の数学とは比較にならないほどの「論理性」と「厳密さ」という、数学の本質的なところを学んでくることもできました。(これは普通の高校ではできないこと、SSPの最大の強みでしょう)


では。


斎藤 正彦

はじめての群論


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月20日 22時36分17秒

第3回 数学セミナー

テーマ:Super Science(SSP)

18日の夕方から19日の昼までで、今年度3回目の数学セミナーが行われました。


第1回目はGWの初日にあって、4/28と4/29の日記でも書いています。第2回は7/16にありましたが、この日はちょうどISSから帰国して家にばったり「倒着」した日だったので、参加していません。


で、数学セミナーっていうのは、一言でまとめると、SSP生徒から有志で集まって大学内に泊り込みで数学の難問を解くという企画です。数年前から生徒の希望で作られたもので、これまでにあわせて10回以上行われている、SSPの名物企画です。


メインテーマの数学の問題以外にも、グループごとに三平方の定理を解説するプレゼン教材を作る大会があったりしました。(真相:先生の仕事を生徒に押し付けた)


1グループにつき4問の問題が割り当てられて、真っ先にDのパズル問題に手をつけ、勘を使いながら10分ほどで解きました。そのあと、ShoはAの整数問題、MasahiroはBの図形問題1、僕はCの図形問題2、という具合に分担して、暴君ハバネロの激辛チップスをつまみに、数学の問題に取り組みました。(ハバネロチップスのあまりの辛さに、僕はひぃひぃ苦しみ続けていました。それでも食べてしまうのが、このチップスの怖さですね)


(僕の担当した問題はこれ↓)

数学セミナー C3


そして考えること数時間、ShoとMasahiroはほぼ同時に問題を解き終えました。が、僕は半径を求めるための式を立てようとするも、なかなかうまくいかず苦戦していました。


・・・それもそのはず。実は、先生に話を聞いたところ、「いやぁ、実はこの問題、先生もなかなか解けずに困ってるんや。」と言われてしまったのです(爆) 結局、僕はr1とr2までは求めることが出来ましたが、先生ですらr3・r4・r5は答えを出すことが出来ず、数学セミナー初の迷宮入り問題になってしまいました。


とはいえ、「途中まででも解けたんだから」ということで、翌日の生徒による解答発表の時に、僕も前で発表させていただきました。


迷宮入り問題が出たり、プレゼンで某氏がとんでもないミスをしでかしたりと、ハプニングもいくつかありましたが、それも含めて今回はたっぷり楽しませてもらいました! 次回も楽しみにしてま~す。


ランキングの投票にご協力ください!⇒ランキング

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。