2016年10月04日(火)

法螺貝から出てきたもの

テーマ:ブログ

 

 こんばんは。

 

 実は、出羽三山神社、羽黒派古修験道山伏【隆慶】こと、隼人旅館のムコ旦那です。

 

 

 

 突然ですが、山伏と言えば【法螺貝】です。

 

  

 

  

 

 法螺貝の音は、邪や魔を祓ったり、山中での意思疎通や合図として用いられます。

 

 

 私が使用している法螺貝は、隼人旅館に昔からあったもので、いつ、誰が使用していたものかは不明です。今年の春に法螺貝に紐を付けてもらった際に、だいぶ古い貝なので乾燥して脆くなっているので扱いには気を付けなさいと言われました。

 

 

 その法螺貝には、ちょっと大きめの穴が開いておりまして、今年の峰入りで法螺貝吹きの山伏仲間から穴を埋めた方がいいと言われました。

 先日、その穴を埋めようと思い、穴の中を掃除しましたら古い紙切れが出てきました。

 

  

 

  

 

 

 

 その紙には文字が書いてあり、完全に読める文字は、

 

    宣撫使

 

    人力車

 

    高山幸助

 

    泉要

 

 と書いてあります。

 

 

 宣撫とは【占領地で、占領政策の目的・方法などを知らせて、人心を安定させること。】と辞書にありますので、戦争の時に使われる言葉のようです。

 

 そこで思い出したのが、幕末に隼人旅館を本部とし、庄内藩と共に戊辰戦争(庄内戦争)を戦った新徴組の組士・木瀬十松が慶応4年(1868)に書き残した道行文です。

 

 

 「隼人か宿を立出でるハ、今宵は秋の最中なる三五夜中の新月に (中略) 貝ニ乗出し五挺の駕籠、仁義の軍なれハ迚 (後略) 」

 

 

 という文がありまして、もしかしたら隼人旅館に有る法螺貝は、その時に吹かれた法螺貝なのかな~と思ったのでありました。

 

 

 

 ちなみに、【高山幸助】は新徴組の寄宿帳には確認できませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ムコ旦那さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。