Good Life Company社長ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

先日入社式を行いました。

 

3月は寿退社が2名居たこともあり、少し寂しい思いもあったのですが、

 

新卒5名と今回は4月から中途入社の3名があらたなメンバーとして

 

加わることとなりました。

 

期待に満ち溢れた入社式の場で贈った言葉は

 

 

 

「思い描く理想の自分に執着しろ」

 

 

 

社会は思い通りにいかないこともたくさんあり、

 

特に若いときは思い通りにいかないことの方が多いです。

 

だからこそ夢や、目標、そして欲を大切にしてほしい。

 

しかし多くの人はいつの日からか目標に対し、できない理由を探し、

 

周りと歩調を合わせ始める。

 

せっかく持っていた欲も自信もこれぐらいでいいかとあきらめてしまう。

 

 

自分が思い描いた理想の自分に、目標に執着していけば、

 

どんなにきつくてもあきらめない強い自分でいれるはず。

 

理想の自分はそれぞれだが、ライバルである理想の自分に、

 

妥協ではなく執着してほしいという思いでこの言葉を贈りました。

 

 

 

数年後のみんなの成長が楽しみです!

 

当日の詳しい様子はスタッフブログをご覧ください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

3月に入り、仕事も多いですが花粉も多く、症状の軽い私でも今年はマスクが手放せない日々が続いています。

 

早く4月になり落ち着いてくれるといいですね。

 

 

そして4月は学校を卒業し、新社会人として働き始める人や、何か環境を変え新たにスタートする人も多いと思いますが、元来人間は変化に弱い生き物です。

 

出来れば環境は変えたくないし、付き合う人も変えたくない。

 

しかし、今よりも良くしたい欲求は確かにある。

 

いかにこの欲求に素直に行動できるかが成長するかしないかの分かれ道だと思います。

 

成長しない人の多くは現状を変えない人です。

 

 

私自身、元々行動力があり、変化に強いと思われがちですが、昔からの訓練によるもので、変化に強くなっただけの話です。 

 

変化も沢山していけば、変化していく事が普通になるという思考の転換。

 

ようは慣れですね。

 

とにかく新社会人の皆さんは変化を恐れず、自分の欲求に素直に色々な事にトライしてもらいたいと思います。

 

上司の言う事だけを聞いていてもそれ以上にはなりません。

 

何が本物かを選択し、我が道を進んでください。

 

成功するも失敗するも全ては自己責任と覚悟を持ち、社会に挑んでください。

 

上司は将来の責任なんて取ってくれません。

 

自分の将来を作るのは自分自身です。

 

そして一年目は思い通りにならない事の方が多い、無能な上司かどうかも分からない。

 
苦しい事や頭にくる事の方が多いと思います。自分もそうでした。
 
しかし、その時に心が折れない為にはやはり、目標を持つことです。
 
目標があればある程度の事は耐えられます。
 
これから多くの時間を仕事に費やす事となります。
 
ただただ働く人になるのか、楽しく働けるのかは、やりたい事や目標があるかだと思います。
 
どうか周りに合わせずに、空気を読まないで今の自分の想いを忘れずに社会に乗り込んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでもいいけどおススメCD。

 

Lovetap! Lovetap!
 
Amazon

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日米のゴルフ外交が話題になっています。
 
私自身はゴルフは全くと言っていいほどしないのですが、若手営業マンの頃は
ゴルフが出来ないやつは仕事が出来ないとまで言われたことがあります。
その時はゴルフで接待しなければ仕事を取れない方が問題だと思い適当に聞いていますが、
飲みながらおじさんたちに不必要だと思う事を強要されるほど
面白くない事はありません(笑)。
 
 
大事なことは自分に合ったスタイルで外交もする事でしょう。
継続できない事、似合わない事はしない事です。
 
これからも自分らしい外交をしていきたいと思います。
 
 
 
 
 
という訳で彼が上陸しました。
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 商売をしていると「お客様の為」「会社の利益」相反している2つのことを求められる。
どちらを選べばいいのかと聞かれることがよくあるが答えは「どっちも」だ。
 
お客様の為と安売りばかりして会社の利益が無くては企業は継続できない。
また会社の利益ばかりでお客様の満足度が下がれば、需要がなくなり会社は
成り立たない。だからこそ商売はこの二つが交わる部分を探さなければならない。
 
大きくは収益構造とブランディング。
企業努力でコストダウンが出来れば、お客様の満足度も上がり、
会社の利益率も上げる事が出来る。大事なことは交わる二つの部分を広げていく事。
 
そしてブランディング。お客様はなぜ名前の売れている企業からサービスを受け、商品を
買うのだろうか?色々な理由はあるだろうが大きくは信用だ。
少し高くてもこの企業のものであれば安心できる。信頼、安心に価値を見出せるまでブランディングが出来ればお客様の満足度も上がり、企業の利益も増える。まさに交わる点を大きくする最たるものだ。
 
しかし、企業の信用は一日してならず。日々積み重ね作り上げていかなければならない。
そしてそのサービス、企業名を世に知らしめなければ始まらない。
 
という訳でCM始めました。
 
GLCっぽくないという声もありますが、まずはインパクト、名前を売るという
目的に対してアプローチしてます。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年、一年の初めに心の中で掲げた自分の目標は「判断スピードを上げる」だった。

 

人生はジャッジ(選択)の連続だ、今日の服は何着よう、今日は誰と会おう。

ジャッジをするのに大事なことは二点、判断基準を持つこと、判断できる知識を持つこと。

 

例えばレストランに行くときも、なんとなくのランチとダイエット中のランチでは

ダイエット中の方がメニューは決めやすい。なぜなら痩せるという明確な判断基準(目的)を

もっているから、そこにダイエットに良い食の知識があればジャッジは簡単。

 

これを仕事に置き換えればいいだけだ。素早い判断が出来ないのは

判断基準(目的)が明確でない、または知識、情報が欠けているという事。

もしその場で判断できないのであれば知識を埋める為に必要な時間を計算し、相手に

伝えるなりすればいい。これも一つのジャッジ。

逆に判断基準も明確で、知識もあって判断せず曖昧にしてしまう人は、

責任を取りたくないだけの仕事放棄で論外と言える。

上の立場になればなるほど曖昧さなど捨て、的確な判断を出来ることが必須だ。

判断の内容、難しさは、仕事の大きさや、立場によって変わってくる。

 

私の場合は30人から40人ほどの組織を運営している訳だが、数人で行っていた

時代に比べると内容の難しさはレベルが上がっているが、その代わり知識や経験値は

上がっているので判断自体は特段難しくない。あとはその場で即断するのと、時間を

かけて判断するのでは影響を与える人が増えているだけだ。

だからこそスピードを上げることを意識して一年間取り組んできた。

 

そのためには常日頃からの想定されることに対して判断基準を明確にしておくこと、

そしてプラスアルファの知識、情報を身に着けることを意識して活動した。

もしかしたら、もっと悩んで出した答えの方がよかったこともあるかもしれないが、

トータル的にはスピードを上げたことによって得れたものの方が多いと思う。

あとはその精度をさらに上げればいいだけで、この目標のおかげで、色々な

判断基準を持てたこと、そして起こりうることを先読みした知識の準備などを

意識できたことはとてもプラスになったと思う。

 

一年間何かを意識し続けることは結構つらい。しかしコツコツ続けることで、着実に

自分の身になると感じた。そういった意味で小さくても目標を立てることは悪くない。

大事なことは目標を忘れることなく継続すること。継続は力なり。

 

ただこのブログは2016年に書いていたのだが、更新するのを忘れているという失態。

こういった凡ミスをなくすことを2017年の一つの目標にしてみよう。

 

今年もよろしくお願いします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)