林佳代の脳の中

  日々の生活ではたと思ったこと、鬱々と考え込んでいることなどを綴ります。





テーマ:
2017年が始まってもう日常に追いかけ回されています。
今年はできるだけ、追いまわされないよう、
未来を見据えて動きたいもの。

大晦日は実家で両親と弟家族とすき焼きと年越し蕎麦たべながら紅白をみて
元旦はプラス父方の従姉家族とお雑煮とおせちをたべて
2日は母方の従姉家族と祖母と大勢で鍋をかこみました。

1歳の姪っ子から90歳の祖母まで
みんな愉快で大切でたのしかった。

世代を超えて大切な人がたくさんいれば
もっと高齢化社会も少子化問題もみんなにとって切迫した問題のはずなのに、
少子化問題に高齢者の票が集まらないのは
孫世代のことを想像して思いやれないほどに高齢者の貧困が進んでいるのか
孫世代の親戚やご近所さんとの関係が断たれてしまっているのか。
逆もまたしかり。

なんてことを新年早々
『ニッポンのジレンマ』お正月スペシャルをみながら考えました。
テーマはpost-truthでしたが派生して。

大晦日とお正月は年間で一番好きな行事です。
世の中が急に速度をおとすので。

みなさま今年もよろしくお願いいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今年も平穏に終わろうとしてます。
なにもできないままに!

今年は元気が足りず
途中から映画も演劇もあまりみれなかったけど
そのなかでもすばらしかったものを記録しておきます。
元気なかったからこそ現実逃避でみたつもりの作品が、
無事に現実へひきもどしてくれたように思います。

今年はなんといっても、
脚本家の野木亜紀子さんに一番泣かされました。
テレビドラマ『重版出来』『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家です。例の。
テレビドラマでこんなにも、モノローグがすっごい!ってのあっただろうかと思う。
大人たちが触れられないように固くガードにしてる
心の奥底の一番大事なとこをグサグサ突き刺す!
突き刺す優しさ!
血が噴きだして、結果、癒された!
そして超細かく大量の登場人物を繊細に描いてるのもすごくて。
主人公がちゃんといてとてもわかりやすいのに
いつのまにかみんな主人公に劣らないほどの悩みも魅力もあふれでてて、
全員にあたたかい。
視野が狭くなっていた私の世界をぐいぐい広げてくれました。

演劇だとDULL-COLORED POPの『演劇』
映画は『この世界の片隅に』
が好きでした。
しばらく思いだし泣きしてました。

本は古市憲寿『保育園義務教育化』。
出版は去年かも?
ふだんほぼ小説しかよまないのに今年はこれが一番。
この本を日本人全員よんだら少しは日本は変わるのでは
同じ世代にこの人がいてよかった等
とても希望にあふれた本。


これはほんの一部。
他にもすばらしかったものがたくさんあったし
みてもみてもつまらないこともあったし。

それでもいい作品に出会えることで
現実に向き合って生活できてるのだと思います。

今日は観劇納めしてきて号泣してすっきりした年末。
来年もいいものにたくさん出会えますように。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
泊まり込みで友達のこどもと1日遊んだら
すっかり童心にかえりました。

もうすぐ1歳になるその子は
まだ本能のままに生きていて
人は楽しいとこんなにも愉快な声で笑うのか、
楽しくて興奮するとここまでの領域に突入するか、
と、爆笑の連続。
久しぶりにはしゃいだので謎の筋肉痛です。

昔から好きなことはずっと好きで
興味のないことは一切興味ないけど、
こどもと遊ぶのはずーっと好きなことのひとつ。
ずっと全力で、自分のあるべき姿を思い出す。
目の前で、学んでいくさまをみてくのもまた。

そしてまたいい映画をみました
『湯を沸かすほどの熱い愛』
泣いた泣いた。
もう満席の映画館みんな泣いてた。
泣かずにはいられないけど、
本当に暖かくて強いお話。
ちーいさな子役まで全員、
すばらしい繊細な演技をしていたなぁ。

やっぱりなにごとも真面目に丁寧にやることだ。

12/22は劇26.25団のイベントです。
チケット完売してるようですが、
いらっしゃる予定の方々、お待ちしてます!
お芝居はどんなにうまくいっても
あとからああすればよかったと後悔が残るものですが、
今回やる短編は3回目なのでいろいろと楽しくなりそうです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
とっても久しぶりにお芝居のワークショップに行ってきました。

勉強になったし
たくさんの出会いがあって
みんなすごいと思った。

反省は毎度のことで
それでもチャレンジいっぱいのよい時間でした。

そして最初の日になんのために演劇やってるかきかれた答えを
今おもうには、
私はきっと人を好きになるために演劇をやってるのだと思います。
自分のこともふくめて。
そして人に好きになってもらうためにも。

今回もまた
好きな人がたくさんたくさんできました。
人間はみんな弱くて戦っていて
全員ちがって、
すばらしく愛しいよなぁ。

いつも私のなにがこの気持ちを遮ってるのかと思うほどに。
世界がちがってみえる。

迷ってたけど行ってよかったので
迷ったことはやるべきだし
考えるより進むべきなのだなぁ。
むむむとなっていた頭はスカッとからっぽで
とにかく暖かいもので体中あふれている。

この状態を忘れないようにしよー。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
映画『この世界の片隅に』をみました。

映画では今年はじめての号泣でした。

舞台は戦時中の呉市、
戦争のお話かぁ・・・
とおもったのだけども
あまりにもまわりで評判がよくすぐさまみにいきました。

これでもかというほど日常にフォーカスされた
笑いがいっぱいのあたたかさがいっぱいの映画です。
最後の最後まで。
だからこそ残酷なんです。

私には、笑いが本当に大切で。
笑いの絶妙さに何度もやられました。
すごく好きな笑いがいっぱいだった。

満席で立ち見もでてたけど
もっともっと広まりますよう。
ほんとにすごくいい映画でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。