真田丸が・・・

テーマ:
なんだか見なくなってから楽しくなってきてるみたいな噂をよく聞きます。

よく考えたら関ヶ原の戦いが最後にまっているから、気になりはするんですけど。でも戦闘シーンとかあまり期待できなさそうだし、悩んでしまうんですよね。

 録画だけはしてあるから、続きから見ようかなぁ。
AD

真田丸(27)

テーマ:
この頃あまり時間がないのでサラリと。

のほほんとしたキャラクターだった豊臣秀次さま、疑心暗鬼に陥りだんだんとダークサイドへと近づいていきます。何をやっても噛み合わない豊臣秀吉と秀次さま。滑稽に見えるけど、仲わるい人たちってそれぞれの都合の良い思い込みで行動するからこんな風になったりしますよね。パワハラ上司と心が折れそうな部下みたいな感じになってます。

鬱々とした気分のまま、これで終わりか〜と思ったら変装した秀次さまが登場。逃亡を企てるようです。信幸、信繁兄弟に官位を与えてくださった彼ですが、悲しい運命が待ち受けているのでした。



AD

真田丸(26)

テーマ:
日曜に録画してた真田丸を見よう思ったら時間が変わっていたとは。さすが真田一族、あなどりがたし・・・。ということで前回の分です。

大事な世嗣ぎ、鶴松さまの死去により関白を秀次に譲って隠居を決意した豊臣秀吉。で自由になった身で明の国への進軍を計画します。あら〜ついにおかしくなってしまったのかと思っていたら国内の争いを無くすための政策だったとは。これにはびっくり。

関白の座を得て、子供もできて、きりちゃんとも仲良くなった上昇機運の秀次さまでしたが、茶々さまにも子供ができて、あれれ?嫌な予感が。これでものすごい微妙な立場になってしまいましたね。少し前には以外と才能あるところを見せたのですが、発揮するところがなくなってしまいそうです。


なんだか歴史の部分とドラマの部分が頭の中で最近うまくつながらなくて、ちょっとついていきにくい回でした。キッパリと歴史の部分を切り捨てた(歴史ドラマなのに!)花燃ゆの方が見るの楽だったような。



AD

真田丸(25)

テーマ:
ようやく生まれた豊臣秀吉の子、鶴松様でしたが、重い病にかかってしまいます。

そして、その少し前に切腹させられた千利休の祟りではないかという噂が飛び交います。

敵だった小田原城に鉄砲の鉛を売りつけていたり、ヤバそうな自分そっくりの仏像を作ったりなぞ多いまま死んでいった利休でしたが、さらにその裏には茶々さまの姿が。もしかしたら利休は茶々さまの不憫さを憂いて、いろいろと企んでいたのかもしれませんね。

鶴松様の快方を祈るしかない武将たち。無駄なこと嫌いな石田三成までもが願掛けの冷水被り。その願いもむなしく、鶴松様はお亡くなりになってしまうのでした。

以前から傲慢さが見え隠れしていた秀吉。ついに転落の道を進み始めてしまうのでしょうか。

朧月夜

テーマ:
月曜の夜、遅くなった帰り道。

空に浮かんだ満月はまん丸でフワフワしてて、美味しそうで。あれは一体何人前だろうかと思っていました。

昨日パン屋さんに寄ったら、あの時想像していたのはこれだー!というのがあって、買ってしまいました。

あの夜目に映っていたのはメロンパンでした。



真田丸(24)

テーマ:
ついに北条氏政最後のときを迎えます。

氏政に降伏を勧めるため、小田原城に向かった真田信繁。殺されそうになったりしますが、いつの間にか小田原方に支えていた小山田茂誠に助けられたりしてなんとか氏政の前まで辿り着きます。

そこで待っていたのは、戦の時代に全てを賭けるも夢破れ、命の引き際を悟った男の姿でした。


なんとか生きてもらいたいと説得する徳川家康、上杉景勝、そして真田昌幸。逆に己の内を読まれ返答に困る始末。それぞれの胸に野望を抑え込みつつ豊臣秀吉の配下についた男たち。それに抗った氏政の姿を見る目はどこか羨ましそうにも見えました。

説得を諦めた昌幸はついに本音で答えます。 氏政が最後に本音で語り合えたのは、真田だったのでした。

切なくて心に残る回でした。面倒臭い悪役的存在だった氏政が、かっこ良く見えました。

「推定少女」

テーマ:
桜庭一樹さんの推定少女、表紙の絵だけで決めて購入。作風が広い方なので、読むまでどんな内容かまったく想像できませんでした。

ーーあらすじーー
自分のことをボクと呼ぶ、中学生の巣篭カナ。突如彼女を襲った出来事をきっかけに家を飛び出し、逃亡中に謎の美少女「白雪」と出会います。行き場を失い二人は一路東京へ。そこで偶然知り合った千晴と共に、現実とも幻覚とも言い難い非日常のような世界で生きていくことになります。


ーー感想ーー
正直、序盤の裸の美少女出現で読んではいけない小説なのではと思ったのですが、話を進めていくうちに不思議な気持ちになっていきました。彼女らと同じ年代の頃に感じていた大人の嫌な姿、そして自分もこうなってしまうのだろうかという焦燥感が蘇り、いつしかカナたちと一緒にいたいという感情が生まれていました。

最初は薄っぺらい冒険に見えるけれど、それは実は自分のいる世界がそうだからなのかもしれません。読み進めて彼女たちのサイドに立った時、その世界は可能性に満ちていたから。

SFチックな作品にして柔らかく描いているけれど、アイツらはきっと子供から見た大人たちの姿なんじゃないかなと思います。

エンディングが3つもあるんだけど、どれを選ぶかはあなた次第。でも別に1個で良かったような気もするけど。

推定少女 (角川文庫)/角川グループパブリッシング
¥648
Amazon.co.jp


真田丸(23)

テーマ:
豊臣秀吉の大群を前にしても余裕を見せる北条氏政。と思ったらメッチャ動揺しています。こいつ今まで何やってたんだよ!頼みの綱だった伊達政宗も秀吉側についてしまい戦う前にゲームオーバー。

しかし攻める側もやる気がなく、石田三成の予定は遅れ気味。久しぶりに見た上杉景勝もこの戦には大義がないとショボーンとしてます。

忍城の攻略は俺がやる!とドヤ顔の三成さんですが、実は戦は下手なようでうまくいきません。ストレスでお腹も痛い。あぁ、だんだん評価が落ちていく・・・。

全面戦争になる前に北条を説得する役に任命されたのは、なんと真田信繁!ひとり何役こなすんだ一体。うまくいくとは思えませんが、無事帰って来れるのでしょうか。

真田丸(22)

テーマ:
沼田城をめぐる、あーだこーだの大舌戦。

形勢は北条側に傾きますが、徳川側の援護射撃と妙にきりちゃんと仲良しな豊臣秀次さまの切れ者ぶりによって(意外と優秀だった)真田の判定勝ち。嫌な奴っぽかった江雪斎さんですが、戦いが終わればさっぱりとした人でした。

しかし北条をなだめて戦を避けたい石田三成によって沼田城は北条に譲ることに。ここで真田昌幸は難癖つけて名胡桃の地は確保しますが、なんとこの口から出まかせで守った名胡桃が北条家の存亡を決める一手となるとは・・・。

秀吉との約束を破り北条氏政は名胡桃も奪ってしまい、これが全面衝突の引き金に。秀吉の暴走や避けようとしていた戦の勃発など、なんだか三成の思惑通りにいかないことが増えてきました。

領地を奪われた真田家にも変化が。留守を任されている信幸がついに覚醒、リーダーシップを発揮し始めます。ウザい義父の本多忠勝にさえジャマだ!と言い放つと、忠勝は息子の男っぷりに満足したようで笑って席を去って行きました。いいシーンではあったけれど、忠勝は娘さんにくっついてるだけで仕事してないだろ。


いよいよ北条討伐に動き出す秀吉。腹黒氏政はどういう手に出るんでしょうか。

真田丸(21)

テーマ:
ついに秀吉の北条攻めが近づいてきました(すっかりそんな史実忘れてた)。おごる北条へと急かすのはなんと千利休。ちゃんと死ぬ前に目的まで暴いてもらいたい。楽しみ。

そして北条に同情する家康の心情。あれ、こんなキャラだったっけ?って見直しました。もうコミカルな内野聖陽さんの家康は見られないんでしょうか。崩れていく秀吉の心。心を持った家康の心。現代人は今後を知っているだけに見ていて切ない気持ちになります。

真田家もある意味大きな戦が降りかかってきます。武器を持った戦いではなく、舌戦で北条と沼田城を取り合うことに。このドラマ戦闘シーンが頼りないのでこの選択の方が正しいのかもしれません。勝者はどちらになるんでしょう?