今回の勉強会は歯周病の定期的な手入れ(メインテナンス)について勉強しました!


林歯科医院にたくさんの方が定期的なメインテナンスに通われていますが、その中で、セルフケアが完璧で汚れの少ない口腔内の方でも問題があることがあるのです。


実は、セルフケアが完璧で汚れの少ない口腔内な方ほど磨きすぎる傾向があります。


きれいに磨くのは大切なのですが、つい必要以上に磨いてしまうのです。


歯のきわを磨きすぎると歯が磨り減ったり、同時に歯茎にも歯ブラシがあたり歯茎が退縮することで、歯の根っこが露出して知覚過敏になるリスクが高まります。とてももったいないことです。


一度退縮してしまった歯茎は完璧には元に戻らないことが多いので気をつけましょう。


林歯科医院のメインテナンスではそういった症状が出る前に歯茎を痩せさせないワンランク上のブラッシングテクニックを提案させて頂きます\(^o^)


歯ブラシの選び方や歯ブラシの当て方のちょっとした違いで防止できるのです。



また、それとは逆に、進行してしまった歯周病の方はメインテナンスが中断してしまうと、一気に悪化してしまうことがあります。


そのような方には、歯周病の進行を抑制するために継続したメインテナンスが必要となります。


メインテナンスの指導方法は、その人に合ったアドバイスがとても大切です。疑問に思うことがありましたら私達に何でもご相談ください。





AD