HAYASHIMASTER'S BLOG

ハヤシマスター
2016年4月にインドネシアに移住しました。
生まれも育ちも新宿区の合気道とお囃子をやり続けて四半世紀超。ハヤシマスターのブログです。
HAYASHIMASTER
SAYA LATIHAN AIKIDO SAMA OHAYASHI SUDAH LEBIH SEPEREMPAT ABAD.


テーマ:
後5ヵ月で40になる。
おっさんだ。紛れもなく。
親父が40になったとき自分は8才だった。母親が40になったとき自分は13才。
両方のその時を覚えている。
あの年になるわけだ。あの時のあの二人を覚えていて比較してみると、自分は全然ガキだ。なんだこの差は?と思ってしまう。

やっぱり凄いな、両親は。
頭が上がらない。
尊敬する。

40~50の10年間が重要だな。
両親のみならず、様々な40代の人たちを見てきた。あの憧れの年代に突入する。

昨年、子を持った。
生まれてきてくれた。
背中を見せていくためにも、文字通り前を向いて進んでいく。

弱音を吐くな、へこたれるな、息子が見ている。息子がいるのは最大のプレッシャーだ。

そうか、息子がいるとは、そういうメリットも有るわけだ。
人生で最高のプレゼント。

彼がいつも見ている。

へこたれるな俺。進め、俺。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スタバにいる。
年に一回くらい行く。
積極的に行くわけではない。
実はあまり好みではない。スタバの雰囲気、客の雰囲気。自分に合わない。
有名な店より、あまり知られていない所で飲むコーヒーが好き。てか自宅最高。コーヒーなんてそんな感じが好き。

できればカップでのみたい。
なんであんな丁寧に入れて紙のカップで提供するんだ。

でも、
年に一回のスタバにはそれなりの居心地を感じる。
年に一回だけ。
それだけで十分。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
子どもが間もなく生まれてから一年経とうとする。

かわいい。
が、意志疎通が出きるようになるまで、まだまだ多くの時間を要する。
大人になるまで20年もかかる。

かわいい。が、まどろっこしいなぁと。(笑)
早く大人になれよと。(笑)

面倒とか、そういうネガティブな思いがあるのではなく、早く息子をひとりの大人として対等にともに過ごしていく日々に憧れを抱いているという意味。
彼は、自分と同じような人生を歩むのだろうか?
それとも全然異なる人生を歩むのだろうか?

どちらでも構わない。自分の子だという繋がりがあれば。

とにかく価値観を共有しあえる仲でいたい。膝を交えて飲み語らいあえる仲でいたい。

彼が15際くらいになる頃に、歌い始めたい。
野風増。

「お前が二十歳になったなら~」

師匠のように。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なのである。
生まれた時に周辺にその文化がなく、突如として、最近はやり始めたものを突然やれと言われても、言われなかったとしても興味がもてないので、私はこれらはやらない。
興味関心がない。
でも最近の若い子等は生まれたときからその文化がある。

彼らは彼らで、私は私で。
それでいいと思う。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1990年4月21日土曜日に恐らく始めたはずなので、今日でお囃子稽古開始通算10,000日となりました! 
数えていたわけじゃないです。
たまたま二週間前に、なんと無しにExcelで日数計算したら9,986日であることが判明し、驚いた次第です。
 
なんでも27年経つとその年に10,000日を迎えるみたいです。ちなみに合気道は29年。来年30年です。
お囃子。
10,000日前の初稽古のこと、結構覚えています。元々中学で吹奏楽部に入り、入部直後に顧問の先生にやってみないか?と誘われ近所の神社にいってみたのがきっかけ。
それから祭礼のときのみやってて、なんか少しずつハマっていき、大学一年の12月に親組織の戸塚囃子に弟子入り。そこからが本格的に。以来師匠とは丸々20年、弟子らの中では圧倒的にいちばんご指導を受けることができました。
 
まぁ囃子10,000日やっていて、浮き沈みは多かったです。沈みの方が圧倒的に多く、厳しい修行時代があったなぁと今になると思えてきます。始めて何というか、ああ、厳しくやってこれたなと自分自身になんというか、「やったじゃないか、俺」と言えるような気持ちです。
20年経過したときには、確か「10年で一人前じゃなくて、やはり20年必要」と言うのを実感したのを覚えています。
まだまだやらなければならないのは今も変わりませんが、10,000日経った今、目線がなんか変わった感じがします。もっと遠くにもっと高くにもっと広くにと。
 
芸事と言うのは、毎日毎日の稽古が極めて重要です。稽古して稽古して、新しい発見をする。そこから方向性を決めていくものだと実感しています。だから目標を定めての逆算と言うようなものではないんです。行き当たりばったりなんです。行き当たりばったりだけど、行き止まらないように死力を尽くすんです。その歴史の積み重ねを他人が目の当たりにしたときに、その他人が「伝統芸能」と口にすることができるんです。
 
その時代に生き残れるよう時代に挑戦する。その歴史の積み重ねを客観的に見たときに、伝統芸能になる。やっている本人が「俺、伝統芸能やってます」といっちゃあいけない、そう考えています。つまり昔の模倣で満足したり、終わるようじゃならんということです。但し模倣には20年かかるわけです。私の場合には。
 
まぁこれも昔から口にしていることですが。
 
10,000日、このあとは芸歴30年のお祝いが二年半後くらいにあるので、その時は帰国して祝いたいもんです。
 
ひとまず、お囃子稽古開始通算10,000日、小さく祝います。
 
 
 

 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。