Polyhedron

速水が思った事を書いていきます。twitterを始めたのでこちらはほぼ廃墟かも。


テーマ:
オクで買ったfonルータですが、
現時点で無線LAN対応機器をPSPしか持ってないので
ルータの位置登録してLinusユーザになるのに悪戦苦闘…

PSPで普通にアクセスすると、モバイルページに飛ばされてしまうようです。
結局、以下の方法で接続できました↓

1.接続先は「FON FREE INTERNET」にする。(当然感度は100%)

2.PSPブラウザでhttp://www.fon.com/ (PC用fon公式)にアクセス

3.あらかじめ登録しておいたユーザ名/パスでログイン

4.すると、下に位置登録のフォームが出ているので、入力してSubmit

5.その後なぜかモバイルページに飛ばされてしまうが、位置登録は完了している。

6.改めてPCからログインするとLinusのマーク!


後は、お気に召すままに。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっとミステリの「後期クイーン問題」というのに興味が湧いて、
氷川透氏の『最後から二番めの真実』を読んだ。
推理する時の武器を選び損ねたせいで、真相にはいたれなかったけど。

後期クイーン問題とは、作品中の言葉を引用すると
『作品内世界には、論理的に唯一ありうる犯人、という存在は論理的に言ってありえない』
ということらしい。(探偵の存在じたいが事件を起こす動機になる、という問題も別に含まれているらしいが、ここでは省く)
つまり、作中で、探偵(あるいはその分身である読者)が見つけた全ての手がかりが、ある人物が犯人である、と主張していたとしても、
それらが全て、実は真犯人の残した偽の手がかりですよ、という可能性も否定できない、ということだ。

ちなみに、後期クイーン問題の根拠にゲーデルの第二不完全性定理がある、というのは誤りである。
ここで問題となっているのは単純に、
『どの手がかりが無批判に信頼してよい手がかりなのか、というのは、作品の外から与えるしかない』という程度の意味。数学でいう公理を与えるようなもの。
だから、解決方法も簡単。

探偵あるいは読者が『これはさっき作者が地の文で書いてたから正しい手がかりなんだよ』というメタ推理をしつつ手がかりを集めて推理すればいい。


地の文は真実を語る、これがミステリの公理。
じゃあ、地の文が真実を語らないのに、読者が適切な論理によって真相にいたる事が可能である作品も存在しうるか?
たぶん、存在しない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
メッセはじめました。
アカウント知りたい方は直接速水まで。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。