『もうひとつのここで一発』
http://ameblo.jp/hayaken80/entry-11775586074.html

『私立SKE女学園』
http://ameblo.jp/hayaken80/entry-11602494019.html
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

【予想】菊花賞 GⅠ

2014-10-26 12:38:37 テーマ:スポーツ
京都11R 菊花賞

◎15ワンアンドオンリー
○14トゥザワールド
▲12タガノグランパ
注 2トーホウジャッカル
△ 4サウンズオブアース
△ 6ショウナンラグーン
△ 9ハギノハイブリッド
△13ミヤビジャスパー
△16サトノアラジン
△17ヴォルシェーブ


◎15ワンアンドオンリー

血統で予想する方は母父タイキシャトルによる
距離不安を指摘されている方もいるようですが
テンの遅いワンアンドオンリーにとっては
菊花賞の緩いペースはむしろ向くはず。

前走神戸新聞杯での激走による疲労感が気になるところですが
調教の動きを見ている限り問題ないでしょう。


○14トゥザワールド

菊花賞は4角で先頭集団にいないと勝ち負けに加われません。
そのためには先行力があるか、
3コーナーから仕掛けられる機動力の
どちらかがないと難しい。

この馬は好位から競馬ができ折り合いも問題なし。

終始外を回ったダービー以外はしっかり勝ち負けに加わっています。


▲12タガノグランパ

ダービー、セントライトと好走しています。
昨日富士Sを勝ったステファノスより先着したのはこの馬です。

しかし、なぜか好走しても人気にならないのが不思議な馬。

1400のファルコンステークスを好走しているため
3000への対応力を疑問視するせいかもしれません。
馬券妙味は一番がある馬だと思っています。


注2 トーホウジャッカル

上がり最速率も高く2番人気か、3番人気になりそう。
菊花賞の傾向として神戸新聞杯3着馬が好走していることもあるかと思います。

ただ舌を出したり、内にモタレたりするところがあり
信頼度は欠けるのに人気が先行している気がします。


ここまでをフォーメーションの軸とします。


三連複フォーメーション

1頭目 15
2頭目 2、12、14
3頭目 2、4、6、9、12、13、14、16、17


(1) 京都(日) 11R 3連複  02-04-15 200円
(2) 京都(日) 11R 3連複  02-06-15 100円
(3) 京都(日) 11R 3連複  02-09-15 100円
(4) 京都(日) 11R 3連複  02-12-15 100円
(5) 京都(日) 11R 3連複  02-13-15 100円
(6) 京都(日) 11R 3連複  02-14-15 200円
(7) 京都(日) 11R 3連複  02-15-16 100円
(8) 京都(日) 11R 3連複  02-15-17 100円
(9) 京都(日) 11R 3連複  04-12-15 100円
(10) 京都(日) 11R 3連複  04-14-15 200円
(11) 京都(日) 11R 3連複  06-12-15 100円
(12) 京都(日) 11R 3連複  06-14-15 100円
(13) 京都(日) 11R 3連複  09-12-15 100円
(14) 京都(日) 11R 3連複  09-14-15 100円
(15) 京都(日) 11R 3連複  12-13-15 100円
(16) 京都(日) 11R 3連複  12-14-15 100円
(17) 京都(日) 11R 3連複  12-15-16 100円
(18) 京都(日) 11R 3連複  12-15-17 100円
(19) 京都(日) 11R 3連複  13-14-15 100円
(20) 京都(日) 11R 3連複  14-15-16 100円
(21) 京都(日) 11R 3連複  14-15-17 100円
(22) 京都(日) 11R 馬 連  02-12 100円
(23) 京都(日) 11R 馬 連  06-12 100円
(24) 京都(日) 11R 馬 連  12-14 100円
(25) 京都(日) 11R 馬 連  12-15 100円
(26) 京都(日) 11R 馬 連  12-16 100円
合計 2,900円
AD

浦島太郎が伝えたかったこと

2014-10-25 17:56:05 テーマ:早川健太な日常
浦島太郎っていう昔ばなしがあるじゃないですか。

浜辺で亀がいじめられていて、
その亀を助けたらお礼に竜宮城に連れて行ってくれる。
そこで楽しんでいたら帰りに玉手箱を渡される。
そのときに「この箱は絶対に開けていけません。」と言われる。
しかし浦島太郎は地上に戻って玉手箱を開けてしまう。
すると浦島太郎はお爺さんになってしまった。



という誰もが知っている内容。


結局これって何が言いたいんですかね?

昔から思ってたんですが浦島太郎という話から学べる教訓がないんですよ。




開けるなと言われた玉手箱を開けると痛い目に合うってことですか?


そんなん開けるなって言われたって開けたくなるのが人間てもんでしょ。
それを浦島本人の人間力のせいにするのは酷ってもんです。
だったら玉手箱なんて渡してくれんなって話です。



仕事もしないで遊んでるとダメ人間になるってことですか?

それいったらそもそも亀なんか助けるからこうなるんだ
っていう弱い者を助けたのにアダで返されたみたいな話で
教訓にはならないと思うんですよ。




なんか浦島太郎って竜宮城行って遊んでたくせして
開けるなって言われた玉手箱開けたら魔法が解けちゃって
現実見ることになるっていうブラックな部分しか見えないんです。



でも僕の浦島太郎の解釈はちょっと違います。



もし竜宮城にいる時間が楽しすぎてお爺さんになったのが
気付かなかったのだとすればそんな素敵な人生ないと思うんです。



好きな人と過ごす60分はあっという間に過ぎますが
つまらない会議で過ごす60分は永遠のように長く感じます。

時間の経過というのはすべての人に平等に与えられた絶対的なものですが
人間の感覚的には極めて相対的なものです。



だから亀がいじめられているところを助けてあげると
こんな素晴らしい人生が過ごせるっていう
教訓が含まれているように思うのです。



最後に玉手箱を開けるのは現実に戻すためのスイッチみたいなもんで
魔法は必ず最後に解いてあげなければいけません。
ですから元に戻しただけで玉手箱は開けるべくして開けただけです。






60分が素敵な時間すぎると
現実に戻されたときのギャップで
ショックが大きいと思うのか、
最高の60分を過ごせたのだから幸せだ
と思うのかによって人生は大きく変わってきます。


自分が歳をとったのすら忘れるぐらい楽しい時間を過ごせた浦島太郎は幸せ者です。
AD

【速報】ゆりやがおでかけに出演するぞ!!

2014-10-22 21:41:48 テーマ:芸能 エンターテイメント
いまモバメでおでかけのロケに行ってきたという報告が入りました。



キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

とうとうきたか。

とはいっても実は一回出たことあるんですよ。


このときはファッション対決だったんですが
あまりにもみんなが自由奔放に動くもんだから
美桜がげきおこだったんです。



それ以来、同期の宇井ちゃんとか上野さんとか
I4Uメンバーが続々と出演する中
なかなかお呼びがかからず。



ラビリンスで上位に来たのが効果があったか。

携帯ゲームは途中から課金したくなるのが見えているので
あえて手を付けていない部分でもあって
貢献はできていないわけですが
それでもラビリンスの結果だとしたら嬉しい限りです。


放送は3、4週間後でしょうか。

今から楽しみ(^◇^)
AD

【SKE】須田亜香里はアスリートだ

2014-10-22 21:20:15 テーマ:芸能 エンターテイメント
今回のもちろんSKEは

1期生 中西
3期生 あかりん
6期生 綾巴

というバランスのとれた構成。



最初はあかりんのいいところをガンガン言っていく企画。

ベタ褒めの嵐にあかりん照れまくる(///∇//)



そこで中西があかりんのイメージについて

「須田はアイドルっていうよりアスリートっていう感じ。」

といってました。



これって非常に的を得たイメージだと思うんです。


アスリートというイメージになる理由は
誰よりもストイックに取り組む姿勢からそうさせるのでしょう。


SNSやモバメの更新は欠かさないし、
レッスンに取り組む姿勢など
容易にマネできるものではありません。



日々のたゆまぬ努力は才能を凌駕する
という48グループの象徴のような子です。


骨折していたのに隠し通して公演に出ていたというエピソードは
さながら現役時代の金本を想像させます。




また中西はこうも言いました。


「須田に実は全然違う一面があったとしても驚かない。」


表でも裏でもまったく変わらず全力であり続ける姿を見てきた中西には
完全にオフモードになる須田がどっかにいるはずだと思うのでしょう。



たしかに何事も全力でやり続けすぎてパンクしないか
たまに不安になることも事実です。

アメブロの更新をしようと思ってたら寝てしまったという
伝統芸能が毎日続くのも相当疲れている証拠です。



それでも変わらないでやり続ける姿は尊敬します。

オリンピックメダリストをなぎ倒して軟体女王になってしまうぐらいですから
もうアイドルという枠に収まりきらないぐらいです。


須田亜香里はアスリートというのは
長年一緒に苦楽を共にしてきた中西がいうのだから説得力があります。

ほんとすごい子ですよ。

【HKT】干されメンのグッズは早めに買うべし

2014-10-20 20:57:15 テーマ:芸能 エンターテイメント
今日は仕事終わりに知り合いと合流するため
秋葉原で待ち合わせ。

するとちょっと早めに着いたのでショップへ。


ショップにはAKBだけじゃなくてSKEやHKTもあるのですが
今までのSKEスペースが2分の1になっていて
HKTスペースが2倍になっていたこと。


う~ん、これも時代の流れでしょうか。



そんなことを言ってる自分もうっかりゆりやのグッズを買ってしまいました。

携帯スタンドですね。

これで1250円とそこそこ高いわけで
どうしようかなと思っていたら
「干されメンのグッズは在庫少ないんだからあるときに買わないとダメですよ。」
というツレの後押しもあって購入してしまいました。





まぁかわいいからいいか。

干され系はいつ辞めてもおかしくないから
あるうちに買うっていうスタンスもありなのかも。


こんだけかわいい子を選抜にいれないなんて
尾崎、指原体制もたいしたことないなw

【SKE】ABCからのSKE

2014-10-19 21:54:55 テーマ:芸能 エンターテイメント
こんばんわ。

最近は諸事情ありましてAcid Black Cherryという
バンドの曲と動画をリピートしております。


まぁこれは僕の趣味というより夏休みの宿題みたいなもんで
必要に駆られてやっている部分が大きいので
なかなか馴染めないわけですが
そういう脳に負荷をかけてからUta tubeのSKEで
パレオを聞いたときの安心感といったらすごいです。



歌詞も日本語だし曲調は聴きなれているしで
SKEのよさを再認識する結果となりました。




さてオタリクアワといってSKE好きの仲間だけで
リクアワを開催しようというイベントが12月に開催されます。



あんまり劇場曲とか知らないんで
シングル曲と推しがいる曲になりそうです。



まぁそこらへんはね、多様な投票があっていいんじゃないかなと思ってます。




もう1位の曲は決めています。

ただ6位以降は流動的な感じです。

そのときの気分になるのかな。
今から楽しみです。

【阪神】CSファイナル 4連勝でセ・リーグ制覇

2014-10-19 12:25:24 テーマ:スポーツ
阪神が4連勝でCSファイナルを勝ち抜き
日本シリーズ進出を決めました。


最後はオ・スンファンが2発くらったものの
なんとか逃げ切り制覇です。


ここは胴上げもするのかと思ったら
胴上げは日本一までお預けのようです。



前回、優勝の時はCSがなかったわけですが
かなりはしゃいだ感じだったので
ちょっと拍子抜けした感じです。



このシリーズは打線に活気がありました。

9月からCSファーストまで打線が低迷していたのに
見違えるような変化にビックリしました。



例年、阪神は9月の勝負所で失速します。

8月の甲子園を空ける期間が終わって
ホームに戻ってくる9月に疲れが出てしまうことと
勝負所で過剰に緊張してしまい力んでしまうことが原因だと思います。



CSに一度も勝利したことがないのも力みすぎが原因だと思います。

ただこの部分を初戦の内海からいきなりヒットを打った
西岡の存在が大きかった。


そして通常ならバントでつなぐところを
バスターエンドランで仕掛けた和田監督の采配も光った。


結果的に上本はアウトになったわけですが
今日の監督はいつもと違うと意志表示と
攻撃的な姿勢を見せたことで選手も乗っていけました。



投手陣では中継ぎに松田が加わったこと、
阿部キラーとして高宮が存在感を示した。



藤井、鶴岡のベテラン捕手陣も積極的にインコースを攻めた。

特に長野、坂本といったチームの主軸を眠らせたまま
CSを終えることになったのは最後までインコース攻めが利きました。





85年以来の日本一まであとわずかです。

CSの勢いそのままに行くことができれば十分日本一もあります。


日本一に向けてあと少しがんばってほしいですね。

【SKE】エビカルチョ 第2話

2014-10-19 12:09:11 テーマ:芸能 エンターテイメント
今回の企画は48グループで誰が一番体重が重いのかを決めるというもの。

ヘビー級タイトルマッチというわけです。


SKEからは大場、
HKTからは村重、
AKBからは内田、


HKT村重あたりはいいとして
AKBから内田を選抜するあたりはガチだな。




玲奈に揚げ物の弁当を食べていたことを怒られる大場はなんか笑えたw

朝食は水だけ!

っていう減量中のボクサーみたいなメニューを強要するあたりがおもしろかったですね。




そしてコロコロ大場と対比するかのように
ほのかが初登場!

大場と並ぶとスタイルの違いが歴然としすぎです。



ただこんなちょっとしたネタとはいえ
関東ローカル放送にほのちゃんが出てることに
なんか感動しました。

卒業前に出られてよかったよ。





対戦相手の村重がきたときに

「最近いろいろあったからってヤケ食いしてんじゃねぇのか!」

というマイクパフォーマンスがまたウケました。


やっぱ大場はおもしろいな。




最終結果は

内田>村重>大場

だったわけですが、
暫定チャンピオンの内田に圧勝する島田。


島田が完全に格の違いを見せつける形になりました。

絶対王者の誕生ですね。



しかし、ヘビー級の挑戦者として現在懸賞生活中の
松村香織もかなりのものですから
どこかで頂上決戦をみたいものですw

【予想】秋華賞

2014-10-19 00:53:44 テーマ:スポーツ
◎4 ヌーヴォレコルト
○12タガノエトワール
▲6 ショウナンパンドラ
注3 バウンスシャッセ
△1 ブランネージュ
△2 レーヴデトワール
△5 マーブルカテドラル
△7 ディルガ
△8 レッドリヴェール
△14サングレアル
△17リラヴァティ
☆11ペイシャフェリス
☆15ハピネスダンサー

3連複フォーメーション

1頭目 4
2頭目 6、12
3頭目 1、2、3、5、6、7、8、11、14、15、17

100×20=2000円 


◎4 ヌーヴォレコルト

オークス馬がそのまま秋華賞を制するケースが多いレース。
前走ローズステークスの内容も圧巻。
安定感もあり軸はこの馬で決まり。

ただフケの兆候があるのが唯一の気がかり。


○12 タガノエトワール

追切でもかなり動いており状態は万全か。
上がりの脚も抜群なので能力的には届くと思います。
ただ出遅れが不安。


▲6 ショウナンパンドラ

同じく追切の内容と上がりの脚。
ディープ産駒ですから京都の瞬発力勝負は合うでしょう。


注3 バウンスシャッセ

オークス3着の実力馬も近走不振続き。
そのせいか乗り込み量がかなり多く藤澤厩舎の本気度合が見えます。
オークスが直結するのであればもちろんここでも勝ち負け。



△1 ブランネージュ

1枠で好位から競馬ができるピッタリキャラ。
3年連続1枠から連対していることから押さえは必ず必要な馬。

評価を△まで下げたのは調教がポリトラックであること。
G1の仕上げには見えません。


△2 レーヴデトワール

能力的には上位争いですが内枠での追い込み馬は危険もある。
調教時計もかかりすぎ。


その他、上位馬から人気薄まで手広く20点買い。

ほとんど儲けがない馬券も含まれているので
荒れるのを期待しつつも的中を狙った馬券構成。

問題は2頭目に2頭がしっかりきてくれるかどうか。

箱根駅伝予選会 國學院大學は2位通過

2014-10-18 11:26:55 テーマ:スポーツ
今日は来年の箱根駅伝の予選会がありました。

箱根駅伝で母校國學院を応援するのが
毎年の恒例行事になりつつあるので
もし予選通過ならずとなると
年明けから本当につまらなくなってしまいます。




エース寺田の卒業と同時に厳しい戦いが続いてきた國學院大學。

出雲駅伝の予選も全体の総合力では上位にいるのに
最終のエース対決になるとどうしても分が悪い。



しかし今日は蜂須賀、沖守といったところが
首位集団でゴールしてくれたことが大きかった。


後方組も集団を形成してそのままゴールまで雪崩こみました。




初のシード権を確保した4年前からシード落ちを経験しながら
着実に力をつけてきたのが分かります。

今回は予選2位通過。
しかも1位神奈川大学との差は7秒。


ずば抜けたエースはいなくても総合力で勝ち取った箱根への切符でした。



やっぱり箱根で活躍してからスカウト活動もやりやすくなったと聞きます。

國學院=箱根を狙える学校

という認識になってから入ってきた選手たちですから
地力は持ってるメンバーなんでしょうね。




こういうエース不在の総合力タイプのチームは
箱根の1区2区ここが最重要区になります。


エースのずば抜けた力で挽回できるチームではないので
とにかく上位集団にくらいついていけるか。

ここがとにかく重要。

離されて単走になってしまうとそこから挽回するのは難しいんです。



選手たちには、おめでとうとお疲れさまと言いたいです。

また正月の楽しみができました。

来年こそはシード権獲得!!

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>