早川健太のI LOVE 仮面女子 blog

社会保険労務士資格取得に向けて勉強中の早川健太のブログです。現在は年金関係の仕事をしています。365日劇場公演を行っている地下アイドル仮面女子を応援しています。


テーマ:
初回収録分の2回目ですね。

馴染めてきたのか初回より楽しそうです。



雪ちゃんが扉の間に黒板消しを挟むイタズラをしたり
カノンが机の下に潜り込んでみたり
いろいろ遊んでいます。


のどかも号令でボケるし、
あんちゃんは相変わらず元気だし
ということで、アリス十番推しの自分としては
すごくおいしい番組に仕上がっていたわけですが
欲をいうと新メンバーはもうちょっと前に出てきてほしいところ。



まぁ初回収録のときなんでおそらく5月収録かな。

まだ慣れてなくて緊張のほうが強かったのかもしれません。



でもいつまでも新メンバー扱いもしてもらえないわけですから
もう少し思い切ったことをしてほしいところ。



仮面女子を初めて知ったとき
武器を持ちながら仮面被っていて、ヘドバンしてるっていうし
なんか客席にダイブしてくるとか聞いてたんで
どんだけヤバいやつらがやってるんだ
と思ったわけですが、
メンバーを知れば知るほどすげぇ普通の子たちなんですよね。



そんな普通の子が仮面被ったらヘドバンしちゃうっていう
ギャップが面白い部分でもあるっちゃあるんですけど
そもそも仮面被ってる時点で奇抜さを売りにしてるわけじゃないですか。



ですからもっともっと一回の収録で
なんとかして爪痕残してやろう
っていう気持ちがほしいんです。


どうせ失うものなんかないんだから
イチかバチかフルスイングみたいな気持ちが
地下アイドルっぽくていいと思うんですよ。




社長も
「生放送じゃなければ何やってもいいから爪痕残してこい!」
と言ってるわけですから、恐れるものはないじゃないですか。


アイドルをやれる時間というのは限られています。

アイドル卒業後も芸能界に残っていくためには
個人としてももっとアピールしてほしいですね。



2回目の収録もこの前あったようなので、
新メンバーがどれだけ成長しているか楽しみにしています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
あと一か月半で本試験ですよ。

残りの期間はラストスパート期間なので
全力で行きますよ!!



と思っていたのですが、
あまり寝ないでずっとやっていたら
本格的に体力の限界を感じましてタイム!



コーヒーとエナジードリンクで大量のカフェインを摂取しているため
疲れていても眠れない状態なんですよね。



ということで、禁断のパームスへ!

勉強しないなら行くしかない。




無料公演、握手会、チェキ、サンダルと
しばらく行けないことを想定してフルセットです。



握手は、アリス十番へ。


立花あんな


ハ「あんちゃん久しぶり。最近試験勉強でなかなか来れないのよ。」

あ「え!仮面女子検定?」

ハ「いやいや(;^ω^)仮面女子検定のために公演来られないっておかしいでしょw」

あ「試験ていうから(笑)」

ハ「8月に国家試験があるのよ。」

あ「え~大変だ。」

ハ「そうだね。でもがんばるよ。次いつ来られるか分からないけどまた来るね(*^▽^*)」



なんで試験=仮面女子検定やねんw

主語がなかったこっちがいけないわけですが
あんちゃんは結構話が噛み合わないことがあるので
しっかり説明しないと理解してもらう前にはがしなんてことも。



実は今回の握手では裏ミッションとして
立花あんなから元気をもらおう
というのがありまして、
鉄人あんなから握手でHPを吸収してきました。


不思議なもんで本当に元気になりましたよ(マジ)



もしかしたら奪われた本人は
「妙に疲れるな(´・ω・`)」
と思ってるかもしれませんが、
鉄人だし大丈夫でしょ。




本当は雪ちゃんから学力を吸収しよう
というミッションもあったのですが
残念ながらこの日の物販はお休みでした。


あんなから学力を吸収したら逆効果になりそうなんで
そこは自粛しときましたw



思い切っていっただけあって元気になれましたよ。

新曲も見られたし、またしばらくは我慢になりそうです。

アリス十番の新曲見たいけどなぁ。

合格を喜んでくれる立花あんなを想像してがんばろう(^◇^)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんにちわ。

7月2日をもちまして32歳になりました。



もうこの歳になってくると誕生日も素直に喜べなくなってきますね。

また一つオッサンになってしまいました。



2015年は年始からフラれるという
前途多難なスタートだったわけですが
それがきっかけで仮面女子公演に行ったわけで
災い転じて福と成してしまった感じがします。


いったい何が不幸なのかも時間が経ってみると分からないものです。



さて8月はここ数年は社会保険労務士試験です。

今年こそは合格!


というわけで、誕生日の余韻に浸る暇はなくまた勉強してきます。



2015年もあっという間に6か月が経過してしまいましたが
下半期もよろしくお願いします。



早川 健太
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
28日無料の部のスチガMCについてです。



驚きました。

めっちゃよくなってるじゃないですか!


えりなのツッコミのキレが抜群でした。
ツッコミ適性が高いのは分かっていましたが
いじられての切り替えしタイプで
自ら積極的に出るとすべることが多かった。


でも今回はしっかりと噛み合っていたし
振られたときのいつもの変な間もありません。



斜視が治ったことで自信が出てきたからなのかもしれません。



スチガ全体としてもよくなってると思います。

ちょっと前までユニットというより
個々がそれぞれがんばってるように見えていましたが
気持ちが一つにまとまっているのが分かります。


なんかこの数週間で急速に仲良くなったような印象。


コミュ障というとサラちゃんのイメージですが
旧OZメンバーもその気がありそうです。



サラちゃんに関しても髪型を高めツインで攻めてきたり
MCでも積極的になってきました。

何か彼女の中で意識が高まっている感じがします。

センターの自覚なのかなんなのかは分かりませんが気持ちが表に出ていていいですね。




スチガはえりなに引っ張られるように急激によくなりました。

ただ忘れてはいけないのはサラちゃんの意識が高まったのは
えりなお休みしている期間から見えていました。

私が引っ張っていかなきゃ

という意識があったのかもしれません。



そしてそれはえりな復帰後も続いてるように見えます。

サラちゃんとえりなの2人が引っ張っているように見えるスチガ。
このいい流れのときに新加入メンバーが続いてほしいです。

個人的には坂本に期待していますが
昨日見た感じだとあいにゃんがよく見えてきました。



さて次に続くのは誰だ!
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
28日無料の部のOZについてです。



久しぶりに見たOZは

お!変わってきたな!

という印象。



もちろんいい方に変わってきました。




まず以前から夕佳ちゃんとこうめと猪狩の
候補生からの移籍と残留組は安定でした。


特に今回も夕佳ちゃんはOZに来てから表情がいいですね。

ぱー研!時代が悪かったわけじゃないのですが
やっぱりOZのほうが目立っている気がします。

OZを引っ張っていってる感じがいいです。


ただここは以前からだったので想定内。




変わってきたのは乙木伽奈、小鳥遊さとの2人。


この2人が伸びてきたことで全体的な底上げがされた感じ。

具体的にここ!っていうところを指摘するのは難しいのですが
正直、既存の候補生組と新加入組でレベルの差があるな
という感じがあったわけですが、
底上げがされたことでまとまりが出てきました。



特に乙木さんのほうは光るものを見せる瞬間が出てきたように思います。


技術的な部分でいうとフリがズレて見えるときがあります。
腕を伸ばすべきところで曲がっているときもありました。

でもそんな細かいところを置いといて
何かおもしろいなと思わせる瞬間があるんですよね。


まだまだ成長できる余地がいっぱいあるという意味で楽しみにしたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
楠木まゆといえば特長が表現しにくい
というのはどうやら自分だけなく
くすのき会の方々も共通の認識のようです。



でもまゆちゃんがいいことは自分が実感していることなので
なぜいいと思っているのか自分自身の感覚を
分析してみたいと思いました。



今回は内容を絞ってダンスです。



ダンスについて詳しくは分からないのですが
素人の自分はダンスのタイプを2分割して見ています。



テクニックタイプと全力タイプ。


テクニックタイプというのは、ダンスのうまさが強調されたタイプ。


メンバーでいうと

立花あんな
前田なつみ
窪田美沙

あたりでしょうか。


みーしゃんを意外に思う方もいるかもしれませんが
それはあの独特のキャラのイメージが強いからで
しっかり見ているとダンスのレベルはかなり高いと思います。


あんなはやっぱり経験者だけあって
動きが滑らかで止まるところと動くところのメリハリが利いているので
ダンス全体を通してキレを感じます。
そして見ていて美しさを感じます。


前田なっちゃんもダンスのうまさを強調してくるタイプです。

でもちょっと強調しすぎて鼻につくときがありますけどねw
それでも魅力的なことはたしかです。


このタイプはカウントの取り方が上級者独特な気がするんです。
慣れてるなって印象があります。




全力ダンスタイプは、ダンスの激しさを強調してくるタイプ。


メンバーでいうと

桜雪
澤田リサ

が分かりやすいと思います。


もちろんダンスもうまいと思うのですが
それ以上に全力な感じが伝わってきます。


全力ダンスが売りのSKE推しからアリスにきたオタクの人に
この2人を好きな人が多いのは分かる気がします。




まゆちゃんがこの2つのタイプのどちらに該当するかというと
後者の全力系に当たると思います。



昨日見てて思いました。

まゆちゃんのダンスはかなり激しいです。

そしてその激しさから放たれる圧倒的なパワーがあります。

パワフルなんですよね。



まゆちゃんはダンス経験者なんですが
ダンス経験者だと普通自分のうまさを見せたがりそうなところを
そっちに寄らずに全力感がすごい出ています。



この2つのタイプはどっちがいいとか悪いとかじゃなく
それぞれの持ち味だと思います。


ただSKE推しだった自分は個人的には全力ダンスが好きです。


なんといっても須田亜香里推しでしたし
似たようなダンスをする熊崎晴香も好きでした。


それを思うとあんなを好きになったのって不思議です。

まぁダンスだけで好き嫌いが決まるわけじゃないですからね。





舞台上で踊るまゆちゃんは人を惹きつけるものがあります。

その激しいパワフルなダンスは
隣で踊るみーしゃんと対照的で
より一層強調されているように見えます。




もあちゃん、みーしゃんに比べるとファンの数はまだまだ少ないです。


でも楠木まゆの魅力に惹きつけられる人は必ずいるはずです。

焦らずに自分を信じてがんばっていってほしいと思います。


楠木まゆは間違っていない。

そう断言できる自信があります。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今日は5時から勉強スタートして
ほぼ休憩なしで13時ぐらいまでやっていたら
完全に体力の限界を感じてしまって
このまま家にいてもどうせ勉強できる体力ないな
と思ったのでパームス行ってきました。


気持ち張ってると寝るに寝れないので
結局家でぼーっとしてるだけになるんなら
気分転換したほうがいいかなと思ったわけですが
まぁ気分転換してるほど余裕はないんですけどね(´・ω・`)





さて今日はドリンク受け渡しがひめりんということで
軽くご挨拶をしてからの公演。


今回のぱー研!はアナタトナLOVER。



アナラバおじさんとしては来たかいがありました(*^▽^*)




全体的な印象としては、
かなり雰囲気を変えてきたな
というところ。


個別に見ていきます。




北村真姫



まきてぃが激変していました。

かねてから言っていた曲の世界観に合った表現が
かなり上達したなという印象。



そしてそのことによってユニットとしての表現が完全に統一された印象を受けました。



まきてぃはもともとダンスも歌唱力も表現力もレベル高い子だと思うんです。


舞台で踊るのが本当に好きなんだなというのが分かるので
舞台で踊る彼女を見るのが好きです。


ただ、楽しすぎてニヤけてしまうんですよねww


それはココロイドみたいな曲であれば
ダーリンのことを想う女の子の表現と捉えることは可能ですが
アナラバにおいてはやはり表現としてズレている感じがありました。


でもそのズレは今回完全に解消されていて
歌詞を読みこんでしっかり考えてきたんだな
というのがよく分かりました。


今日のぱー研!のMVPを一人あげろ
と言われたらまきてぃを挙げたいと思います。
(もちろん他の2人もよかったですよ)



で、このまま終わればスッキリなんですが
なんかすごく潜在能力高い子だと思うので
もっと高いレベルを求めるならという意味で
一つだけ気になったところがあります。



それはややメリハリに欠けるところ。


アナラバは3分ちょっとの短い曲なので
メリハリつけるの難しいのかもしれませんが
少しだけ単調に見えてしまうのがもったいない。



ゆず 栄光の架橋


例えば、ゆずの栄光の架橋という曲がありますが
この曲はサビに向かうにつれて徐々に盛り上がっていくじゃないですか。

自分が物語を書くときも
書きたい結末が出来ていて、
それを強調するためには最初ダメなほうがいいな
と考えます。


天才が最初から結果出すみたいな物語にドラマはありません。



だから表現の方法としては、
かなり仕上がったなという印象があるので
その良さを強調するためには逆にどこを抑えるのか
そんな発想があってもいいのかなと思いました。




佐藤七彩


続いて、ななせまるも素晴らしかった。



アナラバといえばななせまると言っても過言ではないレベルまで来てるんじゃないでしょうか。


大人の女性の曲を表現するのが本当にうまいですね。
まぁ実際に大人っていうのもあるんですが
大人なら誰でもできるのかって言ったら
そうではないと思うので彼女の魅力の一つと言っていいんじゃないでしょうか。




今回注目したのはアナラバの落ちサビ。



落ちサビ途中までアナラバの世界観であるシリアスな女性の感情を表現していました。


でも最後の落ちサビ終わりでニコッと笑顔で終わったんですね。

これはおもしろい解釈をしたなと思いました。



実は、その後サンダルサイン会で本人に聞いたら
会場におもしろい人がいて思わず笑ってしまった
というだけで意図したものではなかったようです。



ですが、一応そのとき感じた感情だけ書いておきますね。




アナラバに登場する女性は男にフラれて絶望的な気分になっています。

ですからその気分に沿って表現しようとするのが普通でしょう。



でもそんな絶望を見せておいて見せておいて最後の笑顔!

なんかちょっと怖かったんですよ。
ちょっと不気味な感じっていうんでしょうか。


フラれた女の怨念のような感じがして
それはそれで佐藤七彩独特の味だな
と思っていただけに意図していなかったのは残念。



あと単純に近くで見ると美しいですね(*´▽`*)

ルックスはマジタイプだな。
(大丈夫、きっとあんなは読んでないさ・・・きっと)





新城ひめり

最後にひめりん。


ワンステージ上にレベルアップしたかなという印象。


というのも、ダンスとか表現力とかそういったスキルでは
やはり赤の2人がうまいなという感じがしていました。


ひめりんは、ぱー研!昇格当初はかなり堅さが見えていたので
まずはフリを間違えずに踊れる、歌詞を間違えない
そんな基本的なところができればいいのかなと思って見ていました。


絶対評価だけで見られるのは仮面女子になってからでいいと思うんです。


候補生レベルは相対評価で、
その子なりの努力がどれだけ見えるか
という部分も評価してあげないとかわいそうです。



その点では、一番伸びてきたのはひめりんです。




ですが、今日見た感じだとワンステージレベルアップして
評価方法ももう少し高いレベルを要求してみたくなってきました。


ひめりんの場合はどこが課題とかそういうんじゃなくて
課題は全部なんですよねww


普通にできることは分かりました。


じゃSSAまでに仮面女子になるためには
アマガに昇格しなければいけません。


そうなると今のアマガに混ざったときを想像すると
やはりダンススキルは全体的にもっとがんばらないと
SSAまでに昇格は厳しいと思います。


相対評価では十分がんばっているのが分かるので満足です。


でもSSAに間に合わせるという期限があるなら
今の成長スピードでもギリギリ間に合うかどうか。


ではアマガに昇格するためにダンスレッスンを2倍にすればいいのか
というとそれは違うと思います。



あえてストレートに言います。
ダンススキルの底上げは課題ではありますが
ひめりんの能力だとダンススキルを短期間で上達するのは限界があると思うんです。



ひめりんの最大の魅力はブログだと思っています。


時間をかけてゆっくり頭で整理してそれを表現するブログのよさは
アリスプロジェクト全メンバーの中でもナンバー1ではないでしょうか。



野球でいうと、まきてぃとななせまるは150キロの剛速球をバンバン投げられるタイプ。

そんな二人を横目に
135キロしかスピード出せない私はダメなんだ(´・ω・`)
と思ってしまいがちなタイプに思うのですが
そんなことはなくてスピードが遅くても
勝ちまくるピッチャーはいくらでもいます。



なぜ球が遅くても勝てるのでしょうか。




それはコントロールがよくて、バッターの心理を読む能力が優れているなどスピード以外の能力が高いからです。




つまり、

新城ひめりの魅力はなんだろう?

新城ひめりの武器はなんだろう?

そんな他のメンバーにない自分なりの魅力をもっと研究することが大切なのではないでしょうか。




仮面女子になるためにはやっぱりパフォーマンス力の向上は必須です。


ですから、ダンスも歌唱力も表現力も全部が課題なんですが
ただ闇雲にやるのではなくどういう見せ方をするべきか
というのをもっともっと考えてほしいと思います。




ひめりんは他人と自分を比較して
ダメな自分に落ち込んでしまうところがありますが
ぱー研!の他の3人にはないひめりんの魅力を
楽しみに見ているファンもいることを忘れないでほしいと思います。







そんなわけで今回の感想はこんなところです。


次に見られるのはいつになるか分からない状況ですが
また今日みたいなパフォーマンスが見たいですね。

サンダルサイン会の時間も含めて楽しかったです。
ありがとう(*^▽^*)
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ちょっと書きたりないのでその2。

・アイドル鎌倉さゆ美が見せたプライド

鎌倉はアリスのマネージャーへの打診を断っています。

今回のUSENでも卒業後に出演できる権利を断ってます。


理由は、目の前で一緒に活動していたメンバーが活躍する姿を見て嫉妬してしまいそうだから。


分かります。

自分の叶わなかった夢を身近な人間が実現していく姿は見たくないものです。

自分も一緒の舞台に立っていた芸人をテレビで見るとチャンネルを回してしまいます。

素直に応援できるほど自分はできた人間ではないのです。


ですからきっと鎌倉もこんな心境なんだろうなというのは分かります。


でもね、嘘ついてるとは思わないんですが、
本当の本当の理由ってそれか?
と思ってしまいました。


鎌倉の性格ですから明るく振る舞っていますが、
本人の意図しない形でのアイドル卒業は無念だったと思います。

未練はあると思うんです。


その未練はプレイヤーとしての未練です。

観衆の前で脚光を浴びる感覚はたまらないものです。
一度その感覚を味わった者が裏方に回るというのは簡単なものではありません。



私は終わってない。

私はまだプレイヤーとしてやれる。

裏方に回るつもりはない。


本人はこんなことは絶対言わないと思いますが、
何か深層心理にそんなアイドルとして戦ってきた
鎌倉さゆ美の「私はアイドルだ!」というプライドを見ている気がします。

日々真剣勝負で挑むアイドルでいられないなら
中途半端な気持ちで残れないのでしょう。


まったくまありといい、鎌倉というアリスのメンバーは頑固なやつが多いな(^-^;

まだ若いんだからいくらでも取り返せるでしょ。
10年後でも20年後でもそのときの鎌倉の夢が実現していることを願っています。
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
・鎌倉特集


なんか話が壮絶すぎて笑うしかないってレベルなんだけど
逆に一周回ってきて胸が苦しくなるような感じがしました。


もっと早くこの特集をやってくれれば
スラガのときに鎌倉にコールしたのになぁ
なんて今さらながらに思っていました。



だから番組のシステムから考えないといけないなと思いました。


今ってメールの数で出演が決まるというシステムじゃないですか。

それは売上に貢献してなおかつ毎日メールを送るという
なんとも地味な作業をやったリスナーの努力は反映されるべきなので
それはそれでいいと思います。


ただやっぱり人気のあるメンバーが有利な制度ですよね。


この番組の趣旨が下剋上トークバトルで
トークさえおもしろければ人気やダンスのうまさは関係ない
と言っているわけですから
人気なくてメール送ってもらえないメンバーにも
なんらかの形でチャンスを与えられないものかと思ってしまいます。


今回の鎌倉の特集を聞いて鎌倉の印象が変わった人って絶対いると思います。

もっと早く気づいてあげたかったというのが心残りです。




それから改めて推し変について考えさせられました。



あれだけ過酷な人生を送ってきた子が
今までの人生で推し変が一番辛かった
というわけですからメンバーにとって
ファンが離れてしまうことの意味って本当に大きいんですよね。



自分なんかはDDをこじらせすぎて
「俺は箱推しだから。」
と逃げに走っている人間からすると胸が痛い。


アリス十番のメンバーとか
「この人絶対すぐ推し変しそうだよね。」
とか思ってるはずなんですよw
(言わなくても分かってるんだぞ!!)


ただ何気に軸は固定する人間なので
今でも立花あんな&アリス十番推しですよ。


とはいえ、明日自分が誰のことを好きになっているかなんてわからないわけです。

だからこそいま好きなメンバーを愛したいなと思うわけですが
まぁそこは真性DDクラスになると

メンバーそれぞれに長所があるからさ

なんて言いながらフラフラしてしまうんですよねぇ。




言い訳をすると、
そうやっていろんなメンバーに目を向けてる人がいてもいいんじゃない
と思っています。



しかし、鎌倉の言葉には重みがあるので
なんとも言えない気分になりました。



こんな感じでうまくまとまらないのですが
頭の中がぐるぐる回ってしまってなんとも言えなくなりました。



鎌倉には幸せになってほしいなぁ。

社労士として開業したら鎌倉雇いたいってマジで思った80分。



・二次試験 梅こうめ

センターは夕佳ちゃんだと思った
って言ってましたが、
そりゃ普通そう思うよねw


それでもセンター任されてるんだから
自信もってやればいいんじゃないでしょうか。


ただすべらない話ひどいなw

俺がメール送ってるメンバーだったら握手会行ってクレームだわw

いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:
『ここにいれるの!』
http://ameblo.jp/anna-tachibana/entry-12042507442.html

24日のあんなのブログです。



自らしてることだから
仕方ないけど
エゴサーチすると
可愛くない。ブス。
とかいてあるのも
全然みたことあるけど、
そんなもの見ても全く心折れず

ちゃんと!
自信をもって、センターという
唯一無二の位置にいれてる。




そうなんですよねぇ。

ネットには誹謗中傷が溢れてますから
エゴサなんてしてると見たくもないものを
目にする機会が多いと思うんです。


自分がブログの記事のタイトルにメンバーの名前を入れるのは
エゴサに掛かるようにするためという意味合いがあります。


その理由は、せっかく書いたんだからできれば
本人に読んでもらいたいという意味ももちろんあるんですが
それだけじゃなくてエゴサしたときに
自分みたいな常に褒めている人間の記事がヒットすれば
少しは彼女たちの癒しになるかなと思っています。




自分が芸人だったときに当時付き合っていた彼女には
「絶対に批判するなよ。」
って言ってたんですよ。



プロですから指導してもらう人に怒られるのは当然です。
せっかく来てもらったお客さんに笑ってもらえなかったという
結果に対して厳しい評価を受けるのは受け入れなければいけません。


相方とは常に仲悪かったし、
他の芸人はライバルです。


そんなときに一番の味方であるはずの彼女にだけは
無条件で味方でいてほしかったのです。




自分の記事がエゴサにヒットしたときに
安心してクリックしてもらえるように
日々記事を書いていきたいですね。

いつもあんちゃんからパワーもらってるんで
せめてもの恩返しってところです。
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇