早川健太のI LOVE 仮面女子 blog

社会保険労務士資格取得に向けて勉強中の早川健太のブログです。現在は年金関係の仕事をしています。365日劇場公演を行っている地下アイドル仮面女子を応援しています。

NEW !
テーマ:
1月にパームスデビューしてから
ほぼ週1ペースでアリス十番と握手をしています。


チェキよりも会話したいので握手派なんですよね。



さすがにだいたいメンバーの個性は把握してきてますし
この話題を振ったらこんな反応が返ってくるだろうな
という予想はつきます。




でもなあちゃんは難攻不落なんですよねぇ。


握手会行き始めのころ土曜日前物販だったので
Prismのセーラー服衣装だったのときの会話。

ハ「セーラー服めっちゃ似合ってるじゃん(*^▽^*)」

虹「似合ってない(`×´)」

ハ「え!(;^_^A でもかわいいと思うよ。」

虹「かわいくない(`Δ´)」



おい!かわいいって言って不機嫌になるアイドル初めてだぞ(^▽^;)

AKBやSKEでも握手会結構行ったけど
かわいいっていえば喜んでくれるのが普通なんですけどねぇ。




それからしばらくしてまた行くと

ハ「こんにちわ」

虹「あ!なんでもツイートするおじさんだ。」

ハ「お、おじさん(ノ_・。)」


最近でこそ名前覚えてくれましたが
最初は、なんでもツイートおじさんでしたw



19歳にとって31歳はおっさんでしょうが
だいたい気を使ってお兄さんぐらいにするところですが
素直な子供は遠慮がないですね。





さて、最近ではだいぶなあちゃんも慣れてきてくれて
何気ない会話ですが楽しく話せるようになってきました。



しかし、最初の頃の印象は

すごく気持ちが構えるタイプだな

ということ。



彼女も仕事中ですからファンに失礼のないように
表面的には心のドアを開けてくれているんですが
1枚先の内側のドアはやっぱり閉まっている気がします。



実はこの感覚は慣れてきてだいぶマシになったものの
今も感じている感覚です。


人見知りといってしまえばそれまでなんですが
なんかそれだけじゃない気がするんですよねぇ。


基本的に握手会というのはメンバーに信用してもらうところからがスタートだと思うんです。



昨年の今頃AKBの握手会で殺傷事件などもあったわけですから
メンバーも見知らぬ人と接触するのはリスクがあります。



ですから、私は何も持ってないし気分を害するようなことも言わないよ。


ということを相手が分かってくれてからが
ようやく本当の意味で握手会のスタートです。



金を払ったんだからサービスしろ

という考えは自ら握手会のおもしろさを下げていると思っています。





アリス十番の他のメンバーは、さすがにもう気心知れたかなと思っています。

ありがたいことにブログも読んでくれているようですし
認知されているかを迷うレベルは突破しています。



ただなあちゃんは今もちょっと構えてます。



もしかしたら男の大人が苦手なのかなと思ったりしています。



構えてしまうのは傷つくことを防ぐための防衛本能みたいなものです。

傷つくのが怖いから傷つかないようにしてるのです。

アリスは怒られることが多いですから
自然とそうなってしまうのかもしれません。




だから次の握手会から
俺はなあちゃんのここが好きだとか
こんなところに魅力を感じている
ということを言ってこようかなと思っています。




第二の藤崎麻美とまで言われた子ですから
魅力なんて探せばいっぱいあるはず。

それすら分からないでアリス十番推しは公言できないでしょw






アリスプロジェクトのメンバーは全体的に自信がない子が多すぎます。


アイドルになりたいと思うような子なんですから
私の魅力に気づかないやつが悪い!
ぐらい傲慢さがちょっとぐらいあっていいと思うんです。

みんなかわいくて魅力的なのに
なんでそんな自信ないのか不思議でなりません。
過当競争の弊害かもしれませんね。

自分も野球やっていた小1から高1まで
永遠と怒られ続けた人間なので
なんとなくその気持ちは分かるところがあります。


だったら俺が魅力を教えてあげよう!


そんな感じです。



それは別に変に調子に乗ってるわけじゃなくて
毎日毎日怒られていた野球部時代、
自分の長所をいつも気づかせてくれた
近所のおっちゃんが僕の救いだったからです。




自分が受けた恩はその人に返すんじゃなくて
違う誰かに返すものと聞いたことがあります。



8月の試験が近づくにつれて気持ちは落ち着かなくなってきましたが
アリスプロジェクトのメンバーがいてくれているおかげで
毎日が楽しく過ごせています。


ですから、せめてもの恩返しのつもりでブログを書いています。

握手会でも同じように魅力を伝えたいですね。




私はいつでも川村虹花の味方です



この言葉を少しでも信じてもらえるようにがんばろうと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
・猪狩ともか特集



今回はOZリーダーの猪狩ともか特集でした。



かなり緊張しているようで最初は噛み噛みでしたが
1分間すべらない話もおもしろかったですし、
プロフィールトークも楽しかったですね。



アイドルって最近どんどん低年齢化している傾向がありますが
一度諦めて他の道に進んでみたものの
やっぱり諦めきれなくてアイドルを志した子って
応援したくなってしまいます。



ななせまるも猪狩もアイドルとしては
若くない部類ですが僕は23ぐらいの子のほうが好きなので
これからもがんばってほしいですね。


猪狩はOZ残留となったわけですが
人事を決めるほうもリーダーできるメンバーを
誰かOZに残しておきたいっていう考えがあったと思うんです。


だから実力がないから残留になったとは限らないわけです。


まだ入所して1年程度ですからこれからでしょう。



サクセスストーリーというのは
最初から順調じゃおもしろくなくて
一回挫折したところから這い上がっていくほうがドラマがあります。


今回出演しているななせまると共に猪狩もがんばってほしいですね。




ちなみに胸のカップについて有吉さんはこう語っています。


AカップのAは
アクシデントのA

Bカップは
バッドのB

Cカップは
キュートのC

Dカップは
ドリームのD

Eカップは
エレガントのE

Fカップは
ファンタスティックのF

Gカップは
グレートのG

Hカップは
ハーレーダビットソン



けしてベストのBでも下品のGでもないのです(笑)



あと今回の対決神谷えりなの圧勝という結果でしたが
猪狩もがんばってしゃべっていたし
僕は猪狩に1票でした。





・一次試験 北村真姫


昇格して間もない段階ですでに一次試験に出られるほど
メールが来ているということに驚き。


冒頭の大学への通い方の部分はかなりごちゃごちゃしてましたが
ディレクターが整理してくれて助かりました。


元気のいい子なので2次試験もすんなり通過しそうな予感。




・存在感の明暗はっきり


今回は、ひなことななせまるがほぼいなかったことになってました。

アシスタントMCや特集組んでもらってるとき以外でも
存在感を示していけるようにしたいですね。


その点、やっぱり桜雪ちゃんは
アシスタントMCや特集担当でなくても
さりげなく会話に加わってきてうまい。


雪ちゃんは初回収録のときに声量が大きすぎると言われたわけですが
今回の放送ではまったく気になりません。

収録的にはわずか数時間後にここまで順応してくるのはさすだなと思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

純血699話 『窪田美沙に苦い薬飲ませてみた他』楠木まゆ個人カメラ 仮面女子:アーマーガールズ



昨日の23時に純血アカウントから
純血の更新情報が流れてきて
楠木カメラと知ったときは高まったなぁ(^◇^)



さて見終わってからの感想というと



いやいやいや、まゆちゃんこれはダメでしょう( ̄Д ̄;;



見終わって記憶に残ってることといったら


姪っ子かわいい(*´▽`*)
みーしゃんの寝顔かわいい(*´▽`*)
もあちゃんの寝起きかわいい(*´▽`*)



楠木まゆどこ(T_T)




楠木まゆ個人カメラなんだから
もっとまゆちゃん映してくれないと。


だいたい楠木個人カメラのタイトルが
『窪田美沙に苦い薬飲ませてみた他』
ってみーしゃんカメラじゃないんだから(´・ω・`)




ヲタクのまゆちゃんがヲタクの気持ち分からなくてどうするのよ。

自分が見たいもの作ったらもっと楠木まゆ推し得な作品になると思うんですけどね。



楠木まゆ個人カメラは

まばたきするのが惜しいぐらい楠木まゆだけを見ていたいんです。




そんなわけで次回作に期待してるよ~(*^▽^*)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
元指原推しの自分が指原似の坂本に対して
こんな風にしたらいいんじゃないかというところをまとめてみます。




・キャラ設定

候補生のときはまずはしっかりと歌やダンスを
覚えることを重視するべきであって
安易にキャラをつけようとするのは反対です。


しっかりと下地を作るべき期間だと思っています。



しかし、仮面女子ユニットに入ってから以降というのは
動員を含めてこれまで以上に結果を求められるようになります。



というわけでそろそろ坂本は方向性を決めてもいいんじゃないかと思います。



指原みたいにバラエティタレントになりたいのであれば
指原まだ人気がなかったときに
どのように振る舞ったのかを見れば
成功への糸口が見えてきそうです。




かつての指原のイメージは「ヘタレ」でした。


バンジージャンプを跳べなかったり
お漏らししたりしていたところからきています。


自信がなくてネガティブでいつもオドオドしていました。

でもだからこそファンは支えてあげたくなったりするのです。



そしてバラエティにシフトするということは
ブサイクといじられることを受け入れる必要があります。



これは指原もSKEの松村香織もそのタイプなのですが
彼女たちですら実は結構傷ついています。


ですから、周りからバラエティ班になることを
強要されてやるものじゃなくて
必ず本人が納得したうえでやることが大切です。


そうじゃないと続きません。



指原のモノマネができるアイドル

というのが今のところ坂本が全面に押し出しているイメージでしょうか。


だったらいじるほうも指原のようにいじっていいもんだと理解します。


そこはよく考えて今後のキャラ設定を考えてほしいと思います。





・先輩からいじられたほうが生きるタイプ


指原はチームAのときよく麻里子様、こじはる、あっちゃんにいじられていました。

それは先輩からかわいがられている証拠です。

実力を認めていないメンバーをいじって滑ったら
被害を受けるのは振った自分に返ってきてしまいます。


坂本もおもしろいセンスを持っている子なので
先輩からいじられて切り返す力はあるはずです。



でも現状アリス十番が坂本のエピソードを語るときは
だいたいメンバーなのに裏方の仕事をこなせる苦労人て感じです。


指原も実はダンスを覚えるのはすごい早いし
アンダーのポジションもかなり覚えていました。


ですが、あまりそれを先輩が語ることはなかったんですよね。

今の感じだと意図せずともキャラ潰しをしているように思えてしまいます。


坂本のキャラからしたら苦労人イメージから卒業して
坂本のおもしろエピソードを語ってもらえるぐらい
アリス十番と絡んで関係性を構築しておくことが大切だと思います。





・笑いを取るときのコツ


指原がいたときのチームAを例に取ると
他にも前田敦子、篠田麻里子、小嶋陽菜など
そうそうたるメンバーが集結していました。


上記3人は明らかにルックスメン扱いで指原より先輩。

指原は非ルックスメンで後輩。



この構図がみんな分かっているという前提に立つと
指原が笑いを取るためには

「麻里子様も私みたいにかわいくなりたければもっと努力しなきゃダメですよ。」

とか上から目線で言えばおもしろいでしょう。



指原のすごいところは客観的にどう見えているのかが分かっていて
自分がどう振る舞ったら一番おいしいかが分かるところです。



スチガならえりなに言ってみればいいんです。

あんなに美しい子にブサイクって言っても
みんなネタにしか聞こえないから大丈夫です。


そのためにもまずは自分のキャラ設定を含めて
これからどういう路線で行きたいのかを定めて
周りにはどういう人間に見えているのかを
客観的に見極める目が必要になってきます。




坂本ならできるはずなんですよ。
期待も込めての提言でした。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今回は4代目ぱー研!で赤のセンターを担当している北村真姫さんについてです。


AJからスライムガールズに昇格して
ステージデビュー1週間でぱー研!に昇格という
異例の組閣人事には驚きました。



ですが、初めて彼女を見たときの印象は
曲中の表現力が豊かで表情も自信があるので
とてもステージデビューしたばかりとは思えませんでした。


握手会でも聞いてみました。

ハ「ダンスやってたの?」

真「まぁちょっとだけ」

若干にごされたのでなんだろうと思っていたら
静岡のご当地アイドルやってたんですね。


ちょっとっていうか本格的にやってんじゃん(笑)


静岡ではリーダーだったようです。

そりゃ下地が違うので並の新人と一緒にしないほうがよさそうです。



実際にステージで見ると舞台で踊るのが好きなんだな
というのがよく分かります。


顔立ちもはっきりしていることもあって
舞台で映えるんですよね。

性格的にも、ななせまると姉妹のような感じで
かわいい妹といったところでしょうか。



というわけで表現力については
すでに高いレベルにありますし
ダンスも結構うまいほうだと思います。



ただステージデビュー間もない新人として見るならOKなのですが
すでに経験値が高いということだと
もうワンランク上を見てほしいと思います。



それは

曲の世界観に合わせた表現方法

です。




本人も曲中はドヤ顔といっています。

それは基本的には自信があるように見えるのでいいことです。


ですが、曲によっては自信に満ちた表情をすることばかりが
正解とは言えない時があります。



ぱー研!の代表曲『アナタトナLOVER』が分かりやすいと思います。


以前こんな記事を書かせていただきました。

『【仮面女子】アナタトナLOVER論』
http://ameblo.jp/hayaken80/entry-12010690363.html



アナラバは女の絶望的な気持ちを歌った曲ですから
少なくとも自信に満ちた表現にはならないはずです。


シャングリラは
これから新しい私に変わるぞ!
という曲なので基本的には楽しそうでいいんですが
最初から最後まで楽しそうだと落ちサビの
一番強調したいところが強調できません。


サビを生かすためには
今よりもっと楽しそうにするか、
最初を一瞬抑えめにして徐々に強くするか、
など表現に工夫が必要になってくるところ。




つまり、彼女の課題は「表現力の緩急」と「歌詞の理解」ではないかと思っています。




表現をするということ自体はすでにできているので
少し考えればそんなに時間は掛からないはずです。


歌詞の理解については自分自身だけの解釈だけじゃなくて
他の3人とも話し合って表現方法を統一してほしいと思います。



というのも、アナラバに関しては
現状他の3人は悲しい表情をしていて
まきてぃだけがドヤ顔という感じで
曲の表現に統一感がないので変に浮いている感じに見えます。


ここらへんか改善されてくるともっとよくなりそうです。


できる子だと思っているのでこれからの成長に期待しています。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
土日祝日は15時からの1時間無料公演をやっています。

これは自分のようなすでにファンの人間はもちろんのこと
友達を誘って連れていくのにちょうどいいんですよね。

「1回でいいから見てほしい。それで興味なかったらもう誘わないから。」

そう言って何回か友達をパームスに誘って来てもらいました。




新規獲得のために無料の部って実は重要な意味を持っているんですよ。





でもちょっと気になるところがあるんです。



それはメンバーが公演の最後に
有料公演や対バンについて告知をするとき


「今日来ている皆さんは無料大好きだと思うんですが有料公演にもぜひ来てください(笑)」


という冗談で笑いを取ることがあります。



これは明らかな冗談ですから
あまりネタにマジレスするのもどうかと思ったりするわけですが
やっぱりせっかく貴重な時間を割いてきてくれたんだから
余計なことは言わないほうがいいと思うんです。


別に無料だから無料公演に行っているわけじゃないし
無料で興味が出た人はいらんこと言わなくても
勝手にチケット買って勝手にきます。




そもそもそういう冗談を言ってるメンバー自身も
お金がもったいないから無料公演に来ている人たち
なんて思ってないじゃないですか。


そしたらメンバーは変に誤解されるし
見ている人は気分良くないし
得なこと一つもないんですよね。



非常に細かいところですから
言おうかどうか迷ったんですが
どうも引っかかっていたので書かせていただきました。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
22日金曜日は朝から全力だねのロケで海に行ったようです。

海で運動会的なことをやったようで
水着に関しても自前の物だったみたいですね。



その中で森カノンがかなり個性的な水着でした。


公式モバイルで確認したんですが
まあ、あれでインパルスの堤下さんがいれば
おもしろくいじってもらえることは確定でしょう。


こういうことをやってくれるメンバーがいると
他のメンバーは助かるんですよね。

本当にカノンはがんばっていると思います。


ただアイドルとしてのバラエティ班ですから
自分の方向性とかファンの反応とか
いろんなものを考慮して決める必要があると思うので
毎回他人と違うものを選べばいいってもんじゃないと思うんです。



そこはカノンならこれからいろんな現場に行く中で
自分で選択できるだけの判断力はあると思っています。


ですから、カノンに関してはもう僕なんかがとやかく言うことではなく
自分で判断したらいいし、失敗しながら学べばいいんじゃないでしょうか。


6月の放送が楽しみです。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
5月22日(金)1部公演に入りました。

この日のアマガはひなこ抜きの

窪田美沙
月野もあ
楠木まゆ
百瀬ひとみ

の4人。



今回のアマガはMCが驚くほど成長していました。


たった2週間前に全然盛り上がらなかったトークが今はしっかり回っています。

この短期間でここまで進化するのだからすごいです。



まずまゆちゃんとももみんが積極的になりました。

これはすごくいいことだと思います。

2週間前までになかったテンポのよさが生まれたことで
会話が弾んでいるように見えるんですよね。



アイドルのMCですから話す内容に関してはそこまで工夫する必要はないと思うんです。

変に台本きっちりみたいなMCより楽屋の延長のような何気ない会話が見たいんです。



ただ本当に楽屋の延長みたいにまったりやってしまうと
やっぱりお金を払って見ている人をシラケさせてしまいます。


ですから会話が途切れないようにテンポよく見せることができればアイドルのMCとしては合格なんだと思います。




でもちょっと気になったのは、
テンポが速くなったことでみーしゃんが着いてこれてない(笑)


これは計算外でした。
みーしゃんのMC力はすごく評価してるのですが
なんせバカなんですよね。



じゃテンポとみーしゃんどっち取るって言ったらテンポでしょ。



みーしゃんは何を言ってもおもしろいので
必殺技みたいな形で温存しながら成立するならそっちがいい。


あとはもあちゃんか、まゆちゃんがタイミング見て
みーしゃんに振ってあげれば勝手にゴールを決めてくれるはず。




それからもあちゃんのMCでの立ち回り方がなんとなく分かってきました。


話題を切り出したりするのはあまり得意ではなさそうですが
テンポが生まれて会話が流れてきたものを
もっと流れを加速させるのは実にうまいですね。


元々、頭がいいし的確な子なので流れさえ作ってあげれば
あとは流れに乗せてくれます。





ほんとよくこの短期間でここまで持ってきたなという感じがします。

ちょっと前までお互い様子見をしているようで
全然会話になっていなかったメンバーとは思えません。





で、ここまできたのなら一端立ち止まってみてもいいと思います。




ひとまずお客さんに見せられるレベルにはなってきました。

この短期間にここまで改善できるというのを評価する反面
あまり激変させすぎるとせっかくよかったものもおかしくなってしまいます。


もっともっとと行く前にまずはできることを固める時期なのかなと。



それは5人になっても、メンバーが変わった4人になっても
今回のようなクオリティを維持できるようにしたほうがいいと思います。




それにしても数日見ないだけでどんどん進化していて着いていくのが大変ですね。

これは定期的に有料公演も入らないと置いていかれちゃいそうです(;^ω^)


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
金曜日1部のあんなとの握手会での会話。


あ「ようやくあんなの記事書いてくれたね(^∇^)」

ハ「脇役では結構登場してるんだよ(笑)」

あ「えー!脇役じゃなくて主役がいい!」

ハ「いや~逆にあんちゃんだと下手なこと書けないなって思っちゃって。」

あ「え~なんで(笑)みんな見てるから?」

ハ「いやいや、そういうわけじゃないんだけどね。」



こんなやりとりがありました。



別にメンバー視聴率が高いから書きにくいってわけじゃなくて
やっぱり1推しともなるとつまらない記事書きたくないじゃないですか。


本人に見られても恥ずかしくない記事に仕上げようと思うと
なんだかんだ後回しになっちゃったりするんです。



あとついつい、あんなの記事は重くなりがちなんですよね。

センターとしての自覚とかももちろん魅力なわけですが
普段からそんなこと考えて推してるわけじゃないので
なんかもっと単純なところに魅力を感じているはずなんです。




じゃなんだろう??


と思ったときに、もちろんルックスとか、性格とか、ダンスとか、
どれを取っても好きなところばかりなんですが
そこらへんを一括りにして考えると

毎日立花あんな推しになってよかったと実感できるところ


ここなんじゃないかと思うんです。




ブログ、Twitter、自撮画像、パフォーマンス
すべてにおいて手を抜かないアイドルなので
見ていて飽きないんです。


疲れてたりするとついつい怠りがちなことも
欠かさず継続するのって意外と難しいことだと思います。


今日もどんなあんちゃんが見られるのか楽しみです(*^▽^*)
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
先日書いたのどかの記事

【仮面女子】桜のどかが言うなら信じてみよう 桜のどか
http://ameblo.jp/hayaken80/entry-12027806919.html

昨日の握手会で本人と話した時もすごく喜んでくれました。
書いたかいがあった(*^▽^*)


ふぁぼぐらいはあるかなと思いましたが
まさかリツイートとブログに直接いいね!が入るとは思いませんでした。

フルコースですねw


最後に「別にそんなにうっぷんが溜まってたわけじゃないけどね(笑)」
と言われてしまいましたがw




まさかここまで喜んでくれるとは意外でした。

というのも、

のどかが大変な人格者でリーダーとして適任だ

なんて今さら言わなくてもみんな分かってるじゃないですか。



なんかみんな分かってることを言うのって
ちょっとダサい気がしていて、
ほかの人が目をつけていないところを
必死に探していたところがあったんです。



それに褒めるのって難しくて
例えばプロ野球選手に対して
「野球お上手ですね。」
って言ったら褒めてるつもりでも
受け手からしたらバカにされてると思うかもしれない。



当たり前にできていることを指摘して褒めるって気を使うんです。





でも昨日公演後に界隈の方と飲みに行ったときに話題になったんです。


「もしかしたらみんな当たり前に思っているからこそ誰も言葉にしなくなっていて実は本人はあまり感謝の言葉なんて言われないのかもしれないですね。」

と言われました。




あ~そういう見方もあるんだなと思いました。


実際に昨日自分もブログだけじゃなくて
本人に直接言おうと思ったのですが
なんか気恥ずかしくてやめちゃいました。


本人目の前にして直接言うのってなんか苦手なんですよね。


結構そんな感覚の人もいるんだと思います。




今回ののどかの反応を受けて、
やっぱり思ったしっかり伝えるべきだな
と実感させられました。



なので、これからは以前の記事で触れた着眼点だったり
周知の事実なことも出てくるかと思うんですが
それでもメンバーが喜んでくれるならいいかなと思うんです。



とにかく本当に喜んでくれてよかったです。
またなんかあったら書きますね。
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇