ハヤケンの仮面女子応援blog

ハヤケンこと早川健太のアイドル応援ブログです。仮面女子を中心としたアイドルの魅力を発信していきます。

NEW !
テーマ:
モデルプラスインタビュー
http://mdpr.jp/interview/detail/1618477



モデルプラスの記事に妄想キャリブレーションのインタビュー記事が載っていました。


今回は作詞にも挑戦したということで
作詞に関する作成秘話が掲載されています。

それぞれが恋愛観を妄想して作ったようで、
作詞した言葉を発表されるのは
だいぶ恥ずかしそうです。


こういう恋愛妄想って
メンバーの個性が出ますね。


昨日のMCで
「私たちは気持ちを素直に表現するのが苦手で」
ということを言っていたんです。


胡桃沢さんしか知らなかったので
他のメンバーを調べていったら
引きこもりとか人見知りとか
やたら対人コミュニケーションが
苦手なメンバーが多いなと思っていたんです。


でも逆にこういうタイプのほうが
一人で妄想するのは得意なのかな
と思ったりします。



記事の途中で恋愛妄想の達人ということで
胡桃沢さんが「モテる女子」について語っています。


女の子は完璧を求めるけど
男の人は不完全なほうが魅力を感じている。


という分析をしています。


ここらへんは心理学を学んでいるだけあってさすがだなと思いました。



ダメな男とばっかり付き合う女の子っているじゃないですか。

私は将来のことを考えてるのに
彼氏は働かないで家でネットゲームに夢中とかね。


でも結局そうさせているのは女の子なんです。

こういう男を好きになるタイプは
自分に自信がないから
必要とされることで
自分の存在価値を実感しています。


なんでもやってあげちゃうから
男はなにもしなくなる。



違うんですよ。


男は実はもっと好きな子のために
いろいろとやってあげたいと思っているんです。


それをなんでもかんでもやっちゃうからダメになる。

あげくのはてに女の子がフラれたりします。



これは女の子がなんでもやっちゃう。

つまり、男が男らしさを発揮することができないって意味でもあって物足りなくなっちゃう。


そこに気づかないと
あんなにやってあげたのに
なんでフラれなきゃいけないんだ
ってことになる。


胡桃沢さんのいうように
女の子は完璧な強い女性に
憧れているようですが
男が求めているのは
そんな女の子じゃなくて
頼ってくれて、甘えてくれて
男らしさを発揮できるときです。



だから女の子は、
弱味を見せていいし
もっと頼っていいし
会計は男に出させればいいんです。


胡桃沢:自分に出来ないことを、素直に「やって?」って言える子。男の子は「弱い姿を自分に見せてくれてる」と感じて好きになるんじゃないかなって。

この言葉にすごく共感しました。


この他にもおもしろい記事が載っているのでぜひ読んでみてください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

妄想キャリブレーションの新曲リリースイベントに行ってきました。

 

妄想キャリブレーション

新曲は『アンバランスアンブレラ』

 

 

以前から妄想キャリブレーションは気になっていました。

でんぱ組に次ぐ秋葉原ディアステージ出身ということで

ディアステージも一回行ってきて準備を整え

さあいよいよ会いに行こうと思ったら

お目当ての胡桃沢まひるさんが休養に入ってしまいました!!!

 

胡桃沢まひる

 

 

この春に大学を卒業して現在はアイドル一本ですが

大学では臨床心理士になるため心理学を専攻していました。

 

以前は「大学卒業後は辞めます。」と公言していたぐらい

その思いは強い彼女ですが、

アイドル活動を通じて意識がアイドルのほうに変わっていったようです。

 

 

心理に関しては自分も現在勉強中であることや

ブログやインタビュー記事を読んでいても

考え方がしっかりしているなと思っていたので

人間的にすごく興味がありました。

 

 

 

27日は新曲のフラゲの日。

 

リリースイベントの最初は

池袋パルコにあるニコニコ本社での観覧イベントから始まりました。

 

奥の柱に張り付いてるのが自分です。

結構よく見える場所でよかったです。

 

 

放送ではアンバランスアンブレラとはどういう意味なのかを教えてくれました。

 

 

相合傘をしたときに彼女が濡れないように

傘がだんだん彼女のほうに寄っていくと自分が濡れちゃう。

 

そんなアンバランスな相合傘のことを指しているそうです。

 

 

 

またジャケ写の飛んでる感じは実際にジャンプして撮ったみたいです。

 

結構撮影も大変そうですね。

 

 

 

観覧イベント後はLIVEと特典会です。

 

 

曲を生で見るのは初めてなので

実際に見るとどんな感じなのか興味があったわけですが、

 

 

曲の世界観をよく考えて踊ってるな

 

という印象を受けました。

 

 

ダンスに関してもけしてヘタではないんですが

それよりも曲中の表情や歌い方に魅力を感じました。

 

 

LIVE終了後の特典会では胡桃沢まひるさんとの個別握手会です。

CD1枚で個別握手会に参加できます。

 

 

ハ:初めましてです。

 

ま:ありがとう。

 

ハ:ずっと会いに行こうと思ってたんだけどお休みに入っちゃってなかなか行けなかったのよ。

 

ま:あーごめん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

ハ:でも会えてよかった。

 

ま:これからいっぱい会いにきてね(°∀°)b

 

ハ:OK

 

ま:お名前は?

 

ハ:ハヤケンです。

 

ま:ハヤケンさん。覚えます。

 

ハ:ありがとう。ブログに書いてもいいですか?

 

ま:いいですよ(^O^)

 

 

時間にして30秒ぐらいでしょうか。

でもCD1枚で30秒もらえれば十分ですね。

 

お話ししてみた印象は、

かわいい子だなぁというのはもちろんですが

名前を一発で聞き取ったあたりはすごいですね。

 

だいたい聞き取れなくて聞き返されて

何回か往復してるうちに剥がされるというのがオチなんで

ちょっとビックリしました。

 

 

リリースイベントにはできるだけ行きたいと思います。

 

楽しいお話しありがとうございました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新宿ReNYでFES☆TIVEを見てきました。

職場から徒歩10分ぐらいのところにあるので
めっちゃ行きやすくてサイズ的にもちょうどいいですね。


この日のセトリでは、
日曜日の@ジャムで初披露となった新曲
「真夏の余熱」
が披露されました。


・『真夏の余熱』の見どころ


MCでは新曲の見どころについて語ってくれました。


玲:昨日は新曲の見どころとしてメンバーの表情をあげたんですが他に見どころある人いる?

横:はいはいはーいヽ(*´∀`)ノ♪

玲:じゃほーみー!

横:今回の落ちサビはひよちゃんなんですよ。

玲:そうそう。

横:ひよちゃんが荒れ狂ってる感じがいいですね。荒れ狂ってからの落ちサビがいい!

玲:ほーみーはそう言ってるけど、ひよちゃんは今回落ちサビだけど昨日披露してどうだった?

桃:ファンの皆さんに落ちサビよかったよって言ってもらえて自信が持てるようになってきました。

玲:ではひよちゃんの落ちサビも注目ですね。



落ちサビを担当する桃原ひよ





普段のフォーメーションだと
端にいるケースが多いひよちゃん。


ダンスのひなりや
表現力豊かな由奈ちゃん

などに比べるとたしかにまだ課題は多いのかもしれません。


そう考えると今回の落ちサビ担当は
運営の期待値を込めた抜擢なのかな。


前日に発表したばかりの曲なので
まだ自分のものにした
といえるレベルまでは至っていないのかもしれません。


でもひよちゃんなりに必死に表現をしようとがんばっている感じは伝わってきました。


このチャンスを活かすも殺すも自分次第です。

歌いこんでいくことで
今までにないひよちゃんの魅力が
見えてくるかもしれません。


本人も自信がついてきたと言っているので
揺るぎない自信が持てたときの
ひよちゃんがどんな感じになるのか
楽しみにしています。



・表情について

玲亜ちゃんが語っていた
メンバーそれぞれの表情が
今回の見どころということで
表情についても注目していました。


表情という点では
ひなりや由奈ちゃんが
うまいかなと思って見ていましたが
真夏の余熱に関しては
こっとん(鈴木ことね)の表情がよかったです。



表情が抜群だった鈴木ことね


こっとんといえば
どちらかというと甘い感じの女の子
といった印象でしたが、
新曲で見せる表情は
どこか切なく、寂しそうでもあり
大人の女性の色っぽさみたいなものが見えました。


こういう表現もできるんだな
という新たな発見でした。


・レス

最近ではFES☆TIVEでも
白サイリウムを持って
3列目ぐらいにいます。


人混みが嫌いという
ヲタクとしては致命傷な自分は
後方で見守っているケースが多いのですが
ほーみーがいるなら前に行かないわけにはいかないでしょう。


圧倒的美少女 横井ほなみ


ほーみー(*´∇`*)


基本的に全体を見てるときと
ほーみーを追ってるときは
半々ぐらいで見てるんですが
昨日はこっちをほーみーが見たときに
全然違うところ見てて
自分がほーみーを見たときには
もう視線が外れてました(-_-)


1公演に1回あるかないかのチャンスに三振した・・・



・真夏の余熱の感想


最後に真夏の余熱の感想をまとめておきましょう。


表情もダンスも目を惹く青葉ひなり


マジカルパレードでのマトリックスが印象的な鈴木みつき


なんとも評価が難しいなぁという感じです。

新曲のせいもあってか
まだコールやMIXもなく
ヲタクも静かに聞いている状態です。


このままこういう感じで続くのは
だんだん沸ける感じに変わっていくのか。


明確にここがサビっていうのも
一回見ただけでは分かりにくかったんで
もう少し何回か見てからじゃないと
なんとも言えないですね。


ぜひ皆さんの新曲の印象も教えていただけると嬉しいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
レディキスの曲「永遠に」について見ていきましょう。


歌詞については大川さんのブログに載っています。



関ヶ原では2曲目に披露しています。




バラード曲ですね。

コールが入ったり沸いたりする曲ではなく
じっくりと聞いていたい曲です。


歌詞を見ていただくと分かりますが
失恋直後の女の子の後悔、未練といった
彼のことをことを忘れられない心境を歌った曲で、トップシークレットのように変化球ではなく思いをそのまま曲に載せて歌っている印象です。


ですから、曲の解釈という意味でいえば
読んだものをそのまま受け取って
メンバーそれぞれが表現すればいいので
複雑な構成ではないと思います。


というわけで曲の解釈というより
歌詞を読んで感じたことを書いておきます。



・思い出すのは季節と温度

3度目の冬を迎えることはなかった

冬の冷たい風と一緒に

あなたのポケットの温もりは今も覚えてる


歌詞の中に冬という季節と温もりという温度が出てきます。

寒い季節が寂しさをより強調している部分なんですが、失恋したときってたしかにこんなこと思うなと思ったんです。


初めて旅行に行ったときって
たしか冬のすごい寒い時期だったよな

とか季節の印象で記憶しているケースが多い。


手をつないだときにすごい手が冷たかったこととか、相手のぬくもりを感じて幸せを感じたこととか、記憶の中で季節感て重要な要素のようです。


・無理やり忘れる必要はない

大好きな彼との別れは
受け入れがたい事実で
なんとか忘れようと思っても
忘れることができないでいます。

受け入れがたい事実が苦しいから
その苦しみから解放されるために
忘れようと思っているわけですが
無理やり忘れようと思っても
忘れられるものではありません。


こういうものは時間が解決してくれるのを待つしかないんです。


だから強引に忘れるなんて無理なんだから
忘れようとしなくていいよ
と言ってあげたくなります。



・アドバイスはいらない

こういう心理状態の女の子に
うっかり言ってしまいそうになるのは

「もっといい男現れるって」

というアドバイス。


彼のことが大好きで泣いている人に
そんなことを言っても
彼を悪く言われたようで
彼女としてはいい気持ちにはなりません。


話を聞いて寄り添ってあげればいいと思います。


アドバイスをするにしても
タイミングはもう少し落ち着いてからになります。

小説 アナタトナLOVER

これはアリスの「アナタトナLOVER」
という曲を題材に小説にした記事ですが、
おそらく「永遠に」も設定としては似てると思うんです。


失恋直後の気持ちを歌っています。


男ならアドバイスも
効果的なときもありますが、
女の子の場合は
言いたいこといって
泣いて
食べて
すっきりしたら解決してるときもあります。


問題は自分の言いたいこと言ったり
泣いたりすることすら我慢してしまうと
精神的に崩壊してしまいます。


泣きたいときには声をかけず
黙って見守ってあげるのも
また優しさなんだと思います。



・曲の表現について

レディキスの話をしていないので
彼女たちのお話もしておきましょうか。

基本的に歌詞の通りの切ない曲なので
解釈が難しいってことはないと思います。


要はどうやって表現するのか
って部分になるわけですが
この曲に関していえば
大川彩菜さんの表情が好きですね。



こういう歌詞に世界観が
明確にある曲だと
恋愛してないアイドルが歌えるのか
みたいなことを言う人がいますが、
逆に恋愛してたら歌えるのか
と聞いてみたくなります。


その子の感受性や想像力で
いくらでも表現することはできます。


歌詞をどう解釈して
どうやって表現するのか。


そんなところも注目しながら見ていこうと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
トリノオリンピックから始めたカーリングを2年ぶりにやってきました。

トリノオリンピックといえば
フィギュアスケートで荒川静香選手が
金メダルに輝いたときですね。


10年前になるわけですが
そんなに練習してないので
全然うまくはないです。

ストーンを構えて


ちょっと引いてから


右足でキック



滑っていって


ラインの前までに手を離します。


仮面男子現わる!(ナオキン)








仮面つけてると結構暑いです。


こういう感じでブラシで掃いたりします。


ブラシで掃くことで氷が溶け
摩擦が少なくなることで
ストーンが滑る距離を長くすることができます。


昔は1日に3試合とかやっていたわけですが
今はちょっと投げただけで疲れちゃいます。


それが久しぶりにやったからなのか
体力的な衰えなのかは置いとくとして
カーリングって意外と疲れるスポーツなんですよ。


山中湖まで行かないといけないんで
頻繁にはいけませんが
年に1回ぐらいのペースでは
続けていきたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
黒木ひなこ生誕祭に行ってきました。

久しぶりのアマガフルメン。


この写真を見ただけでも感動してきます。






SSA以来の復帰ということで
約1年ぶりのステージとなったひなこ。


久しぶりに見たひなこは
なんだかちょっと大人っぽく
なったように見えました。

そりゃ1年も見ないのだから当然ですね。


そしてひなこを今回初めて見る
という方も結構いたようです。


そうか・・・ひなこを見たことないのか。


なんだか月日の流れを感じます。


アマガといえばひなこがセンター。

それが当たり前の時代を見てきた自分としては、センターひなこはすごくしっくりきます。


あーそうそう、アマガはこうなんだよ。


忘れかけていた記憶が
甦ってくるような感覚がありました。


ダンスの振りの面では
大きなミスはなかったように思いますが
やはり休み明けということで
体力的にはだいぶしんどかったようで
MCの間もずっと呼吸が乱れていました。


いつもより長めにMCの時間を取って
ひなこの回復を待ってから
次に進むといった感じでしたが
それはしょうがないと思います。


生誕祭に出てくれるだけでも十分です。



ひなこが戻ったことで
アマガのMCにも大きな変化がありました。



ひなこはタイプ的にはバランス型。


世界一かわいい黒髪美少女というキャラで
ボケに回るときもあれば
相手の出方次第ではツッコミもできます。


みーしゃんがボケてもひなこから反射的にツッコミが入るので、もあちゃんの負担が減ってMC中のもあちゃんがいつもよりリラックスしているように見えました。



ひなこがいないときのアマガは
もあちゃん一人にツッコミの負担がいって
他のメンバーが自由に動くから
収拾がつかないで
もあちゃんイライラという姿は
よく見かけます。


もあちゃん自身も
アマガメンバーを見たときに
回せるのは自分しかいないと思うから
役割をこなしているだけで
本来は積極的にツッコミをやるタイプじゃない。


ひなこが入ったことで
すごくバランスがよくなって
いつものグダグダ感はなかったです。


最後のメッセージでは、
長い間お休みをしていたのにもかかわらず
生誕祭を開いてもらえたことへの
感謝の気持ちを述べていました。


今後の活動については
語られなかった部分なので
生誕一回限りの復帰なのか、
継続的に復帰するのかは分かりません。


今後ブログなどを通じて
語られる部分になるかと思うので
今は待つことにしましょう。



正直、ひなこの生誕祭が行われると聞いたときは驚きました。


アリスの場合はフェイドアウトしていくケースが多いので再び6人のアマガを見ることができるとは思っていなかったからです。


だからこそ6人のアマガを再び見ることができて熱くなりました。


戻ってきてくれてありがとう。


20歳の誕生日おめでとう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
23日は赤坂BLITZで対バンを見てきました。


・エルフロート



知り合いが「あの子名前なんていうの?」
と聞かれたんで「モモちゃんですよ」
と教えておきました。

ついでに聞かれてもいないのに
自分が推してるのがミズキで
という情報もしれっとアピールしときましたw


今回からミズキカラーの赤サイを持って応援してますよ。


あんまりコールとか、ミックスは分からないんですが、サイリウムは持ってるぞ!という無言のアピール。

後方見守りスタイルなりの主張です。


赤坂BLITZはステージがかなり広いです。

それでも駆け回りながらステージを大きく使うから3人という人数の少なさを感じさせません。

あいかわらずダンスは激しく
後方からでも汗が見えるほどでした。


時折マーメイドや奇跡の旗もあり
十分楽しめたステージとなりました。


・FES☆TIVE



通常は画像のようなカラーなんですが
今回は衣装チェンジをして

こんな感じになりました。


ほーみーの紫は違和感あるな(^_^;)

似合ってないとかいうよりも
違和感の問題かと思います。

普段の白から比べると
かなり色が強い紫だからそう感じるのかもしれません。


その反面こっとんの赤とあかりんの青は
似合ってるように感じました。

こっとんは歯の矯正が終わったみたいですね。
なかなか矯正しているアイドルって見ないので、特徴的な印象として覚えていました。

そのせいかチェキ列もすごい長かったです。


この日のほーみーは
ずっと「今から宇宙と交信します」
っていうのを推してきてて

それいったいなんやねん(; ̄ー ̄A

と思いながら見てました。


ちなみに隣にいたまっきーさんは
由奈ちゃんからレスをもらいすぎていたため
ライブ終了後しばらく敵視していましたw



・READY TO KISS

この日のレディキスの衣装は
たぶんこの赤衣装。



キラキラしていてよくできた舞台衣裳だなと思いながら見ていました。

特にターンをするところでは
スカートがふわふわ揺れて
かわいく作られています。



清川さんは衣装トラブルなのか
かなり踊りにくそうにしていて
途中いなくなるシーンもありましたが
体調不良とかケガということではないようなので安心しました。


曲中は表情がコロコロ変わるところが見ていておもしろいです。

誰よりもステージを楽しんでいるのは彼女なのかもしれません。


後ろの方で白サイを控えめに振ってみましたが、気づいてくれたかな。

色白で細い感じが昔の松井玲奈のような感じがして何か不思議な感覚を受けた元SKEヲタクでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
FES☆TIVE坂元由奈さんのチェキに行ってきました。

よく分からないポーズをとる坂元由奈




通常だとチェキのときに話した内容を載せるところですが、今回は動画制作ついてまとめたいと思います。



木曜日にアップしたこの動画。


本人にもリプをしておいたので
見てくれたかなぁとは思っていたんですが
FES☆TIVEはふぁぼが来ないので
直接確認したかったんです。


月末になってくると
速度制限くらってて
まだ見られないなんてことは
動画だとよくある話です。


確認したらすでに見てくれていました。

しかも想像以上に喜んでくれて作ってよかった。


由奈ちゃんと初めて話したのは
先週の新木場コーストでの対バンのときです。


チェキ券をまとめ買いしたときに
由奈ちゃんの分も買ってあったんで
いつか行きたいなと思ってたんです。

そのときはほーみーもいなかったし
時間もあったんでちょうどいいかなと思って。


話した感覚というのは
すごく話しやすい子だな
というのと、
初対面なのに自分のことを認知している
というのに驚いたのを覚えています。


そしてチェキが終わったときに
急に「この子に動画作りたいな」
と思ったんです。


なぜという理由はよく分からないのですが
突然インスピレーションが浮かぶことがあるのです。



動画制作は、素材となる動画、画像を大量に集めるところから始めます。

これが結構めんどくさい。

ダウンロードも時間かかるときがあるんで
この作業だけでそれなりに時間がかかります。


そして何より大切にしているのは動画の構成で、ここが自分の持ち味だと思っています。


技術的なことはもっとうまい人はいくらでもいます。


だから素人の自分にできることといったら
惜しまず労力をかけること。


過去の動画やブログを見て
ちゃんと下調べをすること。


今回の動画の由奈ちゃんのセリフは
すべてブログから引用しているので
本人が実際に使った言葉です。


こういう作品に愛を込めることが
素人の自分にできるやり方なのかなと思います。


由奈ちゃんにも
よく調べてるなぁって思ったよ
と褒めていただきました。


10月10日の生誕祭も楽しみにしています。

最高の生誕祭にしましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、清川さんに曲について聞かれたので
そろそろ曲についても見ていこうと思います。

今回取り上げるのは
「トップシークレット~切ない秘密事項~」
です。


歌詞はこちら
http://sp.uta-net.com/search/kashi.php?TID=190107





歌詞を読んでいくと
親友が自分の好きな人を
好きになってしまったという
切ない女の子の心境が書かれています。


2回目の一生のお願い

という歌詞は
過去にも似たようなことがあったことや
登場する女の子の優しすぎる性格が見受けられます。

言われると断れない性格なんでしょうね。


親友のために恋の橋渡し役を引き受けてしまうことになります。


ここで初めてあってはならない感覚に気づたことになっています。


これは厳密にいうと
そのとき初めて好きなことに気づいたわけじゃないんです。

ずっとずっと好きだった。


それなのに自分の気持ちを圧し殺していたんです。


親友から恋愛相談をされたときも
話を聴いてあげてたのかもしれません。

誰もがうらやむイケメンだったら
私になんて絶対無理だよ
と思うことで告白しない自分を正当化していたのかもしれません。


真相は分かりませんが
きっとずっと好きだったはずです。


そんな彼女に訪れた橋渡し役。



その瞬間に気づいた感情は

彼を取られたくない
親友がフラれてほしい

という親友の成功を願えない自分がいて
親友に対する友情と
自分自身の欲望との葛藤が始まります。



本来、自分も好きなら好きと言っていいです。
親友が好きな人を自分が好きになっちゃいけない理由なんてない。


結局、誰と付き合うかは相手次第です。


でも彼女の中では
それは親友に対する裏切り行為のようです。
そんなこと絶対口になんてできないと思うからトップシークレットなわけです。

親友の成功を願えない私は
なんてひどい女なんだろう
という自己嫌悪もあるのでしょう。


抑えきれない彼への思いに
切なくて、苦しいと言っています。



もしこの女の子に声を掛けることができるなら、こう言いたいと思います。



親友の好きな人を好きになることは悪いことじゃないよ。
だから自分を責めないで。

好きになることは素敵なことだし
好きになることは裏切りじゃない。

親友の恋の成功を願えないのは
それだけあなたが彼のことを好きな証拠でしょ。


もしあなたが彼のことを好きだと言ったら
仲が悪くなってしまうのだとしたら
残念だけどそれまでの関係だったということ。


もちろん親友の彼女は大切な人だと思うけど、あなたが幸せになる権利を奪える人なんて誰もいないんだからもっと自分を大切にしていいよ。



そんなことを伝えたいなと思いました。


ここまでが歌詞の世界観のお話。


続いて曲のほうです。



この曲の不思議だなと思うところは
歌詞の世界観に対して
意外なほどポップです。


サビの切ないよ、切ないよと言うあたりは
さすがにつらさを感じさせますが
他のメロディラインは明るい印象すら受けます。


ここらへんが表現するときの難しさで
歌詞に登場する女の子の心は
トップシークレットですから
切なさを表現しちゃったら極秘でもなんでもない。


だからサビの心境を吐露する部分以外は
必要以上に切なさを表現しなくていいと思うんです。

むしろ親友の恋の成功を願ってるぐらいのほうがサビとの対比でおもしろいのかもしれません。


何が正解っていう正解はないのでしょうが
女の子の本心とそれを隠して明るく振る舞う姿をどう表現するのか。



今後のレディキスのステージを見るときはそんなところを注目したいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
プレイボールズ中本羽鞠(なかもと こまり)さんの生誕祭に行ってきました。

背番号9中本羽鞠


横断幕もあります。


9月23日で14歳になるようです。
2002年生まれというのだから驚きですね。


中本さんは1曲目から泣いてましたが
一面がオレンジのサイリウムで
埋め尽くされた光景には
涙が止まらなくなってしまいます。





最後のメッセージでは
ファン、メンバー、スタッフなど
生誕祭に関わったすべての人に
感謝の気持ちを述べていました。


途中、言葉が出てこなくなるシーンもありましたが、気を取り直して

野球が大好きでアイドルのことを
全然知らなくて入ってからは
つらいことや悲しいこともありましたが、
これからもがんばっていくので
中本羽鞠をよろしくお願いします。

という14歳とは思えない立派な挨拶に感動しました。







中本さんを見ていると
すごく頭のいい子だな
と思います。


ノムさんが大好きで
Twitterには毎日ノムさん語録が並びます。


夜にはプロ野球のハイライトを
載せてくれるなど野球愛が伝わってきます。


トークもちゃんとできているし
自分の頭で考えることができる子なんだなと感心してしまいます。


14歳といえばまだまだ子供と思ってしまいますが、33歳の自分でも見習うところがある子だと思っています。



ライブが終わってからは
私物サインをチケット争奪クイズ大会。


1問目

飼っている亀の名前はなんでしょう?

答え
バース


これはファンの方には簡単すぎたようです。



2問目
まだ行ったことがない球場が2つあります。それはどこでしょう?

答え
福岡ヤフオク!ドーム
もう一つは明かされなかったので不明


3問目

私が許せないメンバーは誰でしょう?

答え
観月彩恵
時間切れのため詳細はTwitterで(笑)



温かい生誕祭でした。

14歳の誕生日おめでとう\(^o^)/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。