1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月26日(日) 07時00分00秒

「2016 おいなんよ」

テーマ:継栄と人財創造塾

今年も、長野県飯田市で介護事業所を営む塾生さんのところまで

足を運ばせていただいた。

 

同地では、朝5時に起きて散歩する。

 

笑われて 反省し

叱られて 賢くなる

 

image

 

という言葉が、目に飛び込んできた。

 

初訪問は、2004年10月22日。

2回目は、2005年10月8日。

 

いずれも、長野県宅老所グループホーム連絡会(当時)主催

の「桃太郎経営・長野塾」がご縁の始まりだった。

 

2011年6月.20日を皮切りに、

「継栄と人財創造塾」のアウトリーチ版を毎年6月に開催し続けいる。

 

2011年 「東日本大震災における介護施設の現状~私たちがなすべきものとは~」

2012年 「職場の模範となる行動集 40ヵ条、あなたならどうする?」

2013年 「プロとしての心構え~99の言葉の杖~」

2014年 「私たちは今、何を学び直すべきか

 ~お茶の淹れ方を通して日常生活(自立)支援を向上させるための見える化~」

2015年 「介護職は、人の脳が考える仕組みを知る

 ~脳の悪いクセを改善するには~」

2016年 「良好の心がけ! それとも、険悪の心がけ?

 ~信頼できる人だ!と思われる話の聴き方を点検しよう~」

 

image

 

image

image

 

image

 

image

 

継続することで、点と点が線としてつながる。

そこから見えてくるものがある。

私にとっても、大事な訓練の場となっていること。

改めて実感した。

 

みんな一生懸命生きている

これでいいのかと

問う日もあるけれど

そのたびに大きくなろう

少しずつ、今しかない

この時をこの一瞬を

この仲間たちと

 

image

 

 

image

 

ありがとうございました。

引き続きよろしくお願いします。

 

 

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年06月19日(日) 07時00分00秒

「2016 トップ塾 1回目」

テーマ:継栄と人財創造塾

「2016年度継栄と人財創造塾」は、6月18日のトップ塾からスタート。

 

image

 

北海道から駆けつけてくれたSさん。

『99の言葉の杖』の出版記念特別公開講座にも足を運んでいただいた。

GH開設にあたって、塾に通われたのが10年以上も前に遡る。

開設前研修等にも関わらせていただいた。

その折、心がけたことを今でも続けているという。

大事なルーティーンだ。

8月下旬、久々に再訪させて頂く。

 

長野から駆けつけてくれたS.さん。

連続して6年目に入った。

その出会いは13年前に遡る。開設から2年が経た頃のことだ。

リーダー塾には、頼もしい若者が2人、通ってくれる。

今年も出前講座に2泊3日で出かける。

今から、ワクワクしています。

 

昨年度、全10回の皆勤受講を達成したGさん。

今年も、エントリーして頂いた。

2年連続という人はいない。

去年と今年は同じようでいて、違うということを体感して欲しい。

応援したい。

 

昨年に続き2年連続のKさん。

埼玉のIさん、静岡のGさん。大阪のNさん。

 

欠席となってしまった、最古参の栃木のYさん。

3年連続の広島のNさん。山梨のMさん。

そして、青森のOさん、宮城のS.さん、長野のYさんは、通信講座の心意気!

 

宿題の提出を待っています。

 

今回は、各塾共通資料(88枚・PPT)を宅ふぁいる便から事前配信。

 

1.「アドラー心理学」から学ぶこと 4~9

2.職場の模範となる行動集40カ条 10~30

3.資料①見識が狭い人、こと、

      見識が広い人、こと、を例えた四字熟語 100語(各50語) 31~43

4.資料② ハヤカワ式人間関係力向上の秘訣 44 ~ 56

       2012年1月~12月通年連載から『師長主任業務実践』

5.資料③ きょうそう時代の人財育成塾 57 ~  69

      2009年4月~10月連載から『師長主任業務実践』

6.資料④ 経営(継栄)のツボ 70 ~  88

      2013年7月~2016年6月連載から『最新介護経営介護ビジョン』

 

image

 

Since 2003 開塾から14年目 Vol.18 2016年度通年講座

「継続して栄えるための人財を創造する塾」として「常在戦場」の“戦”を“学”に1字置き換え「常在学場(常に在るところ学びの場、常に学びの場に在り)」と「経営→継栄」「常在戦場→常在学場」の2つの造語を掲げて「継栄と人財創造塾」と命名。

 

image

 

来年3月迄、全10回。よろしくお願いします。

 

 

AD
2016年06月17日(金) 07時00分00秒

「『介護応援隊 07』」

テーマ:介護甲子園

が、届いた。いつも、ありがとうございます。

介護甲子園から生まれた、介護業界を元気にする介護応援マガジン。

 

image

 

『介護応援隊』は、一般社団法人日本介護協会 から年4回発行。

すべての介護職の、夢と誇りをのせて 介護業界の最前線を取材!

「介護から日本を元気にする!」介護甲子園と、その主催団体・日本介護協会の季刊情報誌「介護応援隊」を応援してます。

AD
2016年06月12日(日) 08時00分00秒

「2016.06 in 福山」

テーマ:講演・研修
先週、広島県福山市から主宰塾に通う代表の法人研修「幹部養成塾」に入った。

リーダー塾、次世代リーダー塾、サブリーダー養成塾の3つの塾に選抜された職員が分かれて、其々年に3回のカリキュラムに挑む。開始から1ヶ月前、「事前課題」の配布と提出を求め、その提出物からはじめた。当日資料は、1週間前には配布を行ったことから、マーカーを記したり、ポストイットが貼られたり・・・と、予習をしてきた人か否かは一目瞭然だった。

各塾其々に「通年課題」を事業所対抗戦のカタチで設けた。また、「当日アンケート」「当日課題」「受講所感」「次回課題(リーダー塾)」「フォローアップのための宿題」がテンコ盛り。加えて、塾専用のFacebookグループページを開設。開催回数は、あと2回。だが、今年度末までの長い道のりが始まったに過ぎない。三日坊主という言い訳が通用しないからだ。

{2A114A1F-8625-4335-A493-FD871AFBF966}


{4C584607-F6DF-4FE7-8933-5F79403F2443}


{79B717B5-1DCC-4C5B-BDA6-01BA3E7E5630}


{CBCD74BA-6F16-46E4-961F-E57BC8F9EBFD}

{FD8891EA-E40A-4474-8E6B-A63834B6A2CF}

{76D909CE-037B-4BB9-BDCB-DF10A7254C97}


一人ひとりが「真価の発揮を求めて進化(深化、新化、芯化、心化)」してゆく姿を見てゆきたい。
新たな楽しみが一つ増えました。

99の言葉の杖 (介護福祉経営士サブテキスト人間力シリーズ)/日本医療企画

¥2,700
Amazon.co.jp
2016年06月05日(日) 07時00分00秒

「転期に立つ経営の視座36 一樹百穫なる者は人なり/通巻156回」

テーマ:「経営(継栄)のツボ」

『最新介護経営 介護ビジョン』

2016(平成28)年6月号から

http://www.jmp.co.jp/kaigo/vision/

 

「赭鞭一撻」

 高知が生んだ「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するため、博士逝去の翌年、1958(昭和33)年4月に高知市の五台山に開園した高知県立牧野植物園。起伏を活かした約6haの園地には、博士ゆかりの野生植物など約3,000種類が四季を彩り、園地面積を拡張した1999(平成11)年、植物に関する教育普及と研究の拠点となる「牧野富太郎記念館」が開設。当地から主宰塾に通う塾生に案内していただいた。詳しくはココ

 

※10年間・120回に渡って綴った連載“経営(継栄)のツボ”は、「介護福祉経営士サブテキスト・人間力シリーズ1」『99の言葉の杖』として2013年6月に刊行。121回目からは副題を「転期に立つ経営の視座」と改め、物(者)の見方を記しています。

 

 

2016年05月30日(月) 06時00分00秒

「基本の徹底」を洗い直し

テーマ:「病院羅針盤」

『病院羅針盤』の4月1日号から、新連載を記すことに。

タイトルは、「常在学場(常に在るところ学びの場、常に学びの場に在り)」。

第3回の6月1日号は、「基本の徹底」を洗い直し。

 

文中に用いた四字熟語

用管窺天(狭い見識を基準にして、広大な問題について自己流の推測を下す)

 

 

『病院羅針盤』

http://www.e-sanro.net/iryo/i_books/i_rashinban/

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年05月23日(月) 10時30分00秒

「第六回介護甲子園 エントリー事業所募集中」

テーマ:介護甲子園

第六回介護甲子園のエントリーが始まりました。 介護甲子園エントリーシートでは取り組みを言語化することで、 改めて自社の強みや課題を認識し、スタッフとの共有が図れます。 また選考で選ばれることによって、施設の取り組みが承認され、スタッフの自信に繋がります。 檀上に選ばれると2000人以上の人の前で発表という一生の一度の出来事により、 全国の介護スタッフの代表としてスポットライトを浴びることで成長が加速されます。 そして、素晴らしいノウハウが全国に開示されることで介護業界全体のレベルアップに繋がります。 【共に学び 共に成長し 共に克つ】の理念の下、是非エントリーください!

 

エントリーは、ここから

http://www.j-care.or.jp/entry/

 

介護甲子園」とは、介護から日本を元気にしたいという想いを持つ全国の同志により開催される、介護業界に働く人が最高に輝ける場を提供するイベント。第一回開催から、応援を続けています。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年05月16日(月) 06時00分00秒

「幸せになる勇気」

テーマ:書籍、専門図書等の紹介

「愛される人生を選べ」

「ほんとうに試されるのは歩み続けることの勇気だ」

あなたは最初の一歩を踏み出しました。

大きな一歩を踏み出しました。

しかし、勇気をくじかれ、歩みを止めたばかりか、いま引き返そうとされている。

なぜだがおわかりですか?

 

2013年12月発売の大ベストセラー『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』(著・岸見一郎、古賀史健)の続編 『幸せになる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教えⅡ』(著・岸見一郎、古賀史健)の表紙カバーに記された言葉だ。

 

 

 

『嫌われる勇気』の本を読んで「アドラー心理学」に関心を持ったのは、「すべての悩みは、対人関係の悩みである」に共感したからである。

 

 

2009年4月から半年間、『師長主任業務実践』にて、「きょうそう時代の人財創造塾」と題した連載の最終回、「第6回育てたようにしか育たないのが人間だ」の冒頭にて「[人間関係] 仕事上の悩みは、上司と部下、先輩と後輩、同僚同士などの人間関係によるところが少なくない。」と記していた。

 

2012年1月から1年間、『師長主任業務実践』から「ハヤカワ式人間関係力向上の秘訣」と題した・・・

第1回 “きく”姿勢を他己紹介に学ぶ(上)

第2回 “きく”姿勢を他己紹介に学ぶ(下)

第3回 “みる”姿勢を視・観・察に学ぶ

第4回 “返事”の姿勢を挨拶に学ぶ(上)

第5回 “返事”の姿勢を挨拶に学ぶ(下)

第6回 “心がけ”の姿勢をおだわらっ子の約束に学ぶ

第7回 続“心がけ”の姿勢をおだわらっ子の約束に学ぶ

第8回 “心の駒”の姿勢を島津いろは歌に学ぶ

第9回 “五事を正す”の姿勢を馬方又左衛門の話に学ぶ

第10回 “先施の心”の姿勢を細井平洲から学ぶ

第11回 “宝在心”の姿勢を上杉謙信の家訓に学ぶ

第12回 “心田開発”の姿勢を二宮尊徳に学ぶ

を書き続け、心に蒔いた種に注ぐ水は、“希望”“工夫”“感動”であり、“汚い”“キツイ”“危険”ではない。どちらも3Kだが、まるで中身が違う。怠・奢・奪の“悪の心”の芽を摘みながら、勤・倹・譲の“善の心”を育むという尊徳の考え方こそ、人間関係力向上の秘訣中の秘訣ではないだろうか。と、12回の末尾をくくった。

 

「継栄と人財創造塾」は、Since 2003 開塾から14年目。

この18ヶ月分の連載に「アドラー心理学」の視点を盛り込みながら、Vol.18 2016年度通年講座を6月から行う予定。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年05月08日(日) 06時30分00秒

「薔薇が満開」

テーマ:近郊・周辺
今日は、母の日。
近くの公苑に足を運んだら⁉️
見事に咲きほこっていました‼️

{1532129C-4CB0-4F56-A65A-B802EE7D1C33}

{0C81B1A7-D448-4D4B-82B5-051B4709A05B}

{251BC435-5887-4011-A46C-717146E0A4C7}

{BDD08ACB-8E9F-43CC-832C-D21C77BB8085}

{1B0DEB8F-4056-4078-B0C9-17BD2FA51B83}

{BDD591D1-47A8-4EB5-AE13-DA1D2198F830}

{7F9B4CFB-A5BE-4B76-BE06-CBEBF3F09615}

{18F5D8E3-44B5-4634-9A01-C430922F3C1D}

{FFA3412D-CF1A-4052-9170-44C0A7EDA955}

{8E337E9F-D383-4236-B8E3-975EB9A87137}

{750427AB-7ACC-4CD3-85E3-22D0E5D0D4EA}

{070EDD33-DEDD-46DE-9E9C-E78D68FE9D3E}

本郷給水所公苑の薔薇
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年05月04日(水) 09時00分00秒

「転期に立つ経営の視座35 芽が出る前に根を伸ばせ/通巻155回」

テーマ:「経営(継栄)のツボ」

『最新介護経営 介護ビジョン』

2016(平成28)年5月号から

http://www.jmp.co.jp/kaigo/vision/

 

「芽が出ない」のか「芽を出さない」のか

「長い下積みを経てやっと“芽が出る”」とか「苦節〇年、ようやく“芽が出てきた”」など、幸福が巡って成功のチャンスが見えることを“芽が出る”という。人材として成長できないままでいる職員に対して「“(一向に)芽が出ない”」と呟(つぶや)く管理者がいる。「伸び悩んでいる」「燻(くすぶ)っている」「パッとしない」「今ひとつ結果が出ない」と、感じているからであろう。呟かれた職員にも言い分はある。「目に留まらない」「注目されない」「鳴かず飛ばず」「恵まれない」「ツキがない」と、愚痴を口にする者が多い。“芽が出ない”のか、“芽を出さない”のか。それとも“芽を出せないでいる”るのか、“出た芽が摘まれてしまった”のか。収穫したばかりのジャガイモは、数ヶ月の間、“芽が出ない”。いや、出ないのではなく、出すための条件が整ってないだけのこと。スーパーなどで購入したジャガイモを冷蔵庫の野菜室に入れるのは、5℃に設定された環境の元で保管することによって“芽を出さない”ようにしているからである。また、箱買いしたジャガイモのなかにリンゴを1個入れるだけで、しばらくは“芽が出ない”。ところが、青いバナナの箱のなかにリンゴを1個入れると黄色く色づいて熟すのが加速する。リンゴの成分に含まれるエチレンガスの発生によって、ジャガイモの芽は出にくくなり、バナナは熟成が促される。“芽が出る”ための人材育成を行ってきたであろうか。詳しくはココ

 

※10年間・120回に渡って綴った連載“経営(継栄)のツボ”は、「介護福祉経営士サブテキスト・人間力シリーズ1」『99の言葉の杖』として2013年6月に刊行。121回目からは副題を「転期に立つ経営の視座」と改め、物(者)の見方を記しています。

 

Since 2003 開塾から14年目 Vol.18 2016年度通年講座

「継続して栄えるための人財を創造する塾」として、「常在戦場」の“戦”を“学”に1字置き換え「常在学場(常に在るところ学びの場、常に学びの場に在り)」と「経営→継栄」「常在戦場→常在学場」の2つの造語を掲げて「継栄と人財創造塾」と命名。

 

◎募集数: 【トップ塾】【リーダー塾】【会議塾】の各塾15人(先着順にて) ◎受講料 : 法(個)人 1人:30,000円(+税) ◇【トップ塾】【リーダー塾】【会議塾】3塾複数受講可 ◇単年度、全10回皆勤受講(10ヶ月間連続)達成者は7人(宮城県3人、東京都3人、北海道1人) ◎追加受講: 法人は2人目から:10,000円(+税) ◇【トップ塾】【リーダー塾】【会議塾】から一つ選択+【交流会】終了後の交流会(17-19時) ※これまで、介護事業に携わる経営者、理事長、施設長、事務長、管理者、ケアマネなどの他、医療系、看護系、福祉用具系、薬局系、またコンサルタントや講師業、各種士業の方々の受講も目立つ。

 

申し込みは、ホームページから

http://www.hayakawa-planning.com/keiei.html

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。