1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月04日(日) 09時30分00秒

「この16ヶ月間の変動」

テーマ:ブログ

今週末は、『2016年度 継栄と人財創造塾・交流塾&交流会』の開催。

久々の方も、皆さんとの再会を楽しみにしています。

 

昨年(2015)8月~今年(2016)12月4日までの間の体重変動。

 

 

ジムに通い始めたのは、1995年2月27日。

20余年の変遷を記した直近のブログは、ここ から。

16カ月前、2088回目。ただ今、2370回目。

この間、488日で282回、約3日に2回。

このペースで通えたことに感謝。

 

1995年当初は、もっと凄い値だった。

改めて、運動習慣の大切さを実感している、今日この頃。

AD
2016年12月02日(金) 09時00分00秒

「転期に立つ経営の視座42 掃除の掃除/通巻162回」

テーマ:「経営(継栄)のツボ」

『最新介護経営 介護ビジョン』

2016(平成28)年12月号から

 

目を止め、目を注ぎ、目を凝らし、目を覚ます

 主宰塾では、各塾それぞれに通年課題を用意している。 会議塾では、ここ数年「年末大掃除チャレンジプロジェクト」を課しているが、何から手をつけるべきかと悩む塾生を見かける。 毎日の掃除を見た目や見なす目で行い続け、これを当たり前にしてしまうと、365日分の1日である特別な大掃除では、目が行き届かなくなるからなのであろうか。 天窓の日差しが強すぎるからと日除けネットを張ったままにしてはいないか。見た目はホコリすら見当たらないからといって、放置したままであったとしたら、ネットを擦ってみるとよい。驚くほどにホコリがこびりついている。 こういうものだと見なしてしまう目が養われると、思わぬ見落とし、見過ごし、見逃し、見忘れてしまったところがでてくるものだ。小事を疎かにしてはならないという戒めを「塵も積もれば山となる」(※1)という。大掃除は、日ごろ手が届かない所まで念入りに大がかりにおこなう掃除のことで、特に年の瀬に行うことをいう。もともとは、正月の神様を迎える準備の一つとして神社などが神事として一年の煤払いを執り行うことが、今日の大掃除の原型であるともいわれている。年末の大掃除に際しては、職員全員が椅子の上に立って天井や照明器具などに目を止め、目を注ぎ、目を凝らし、目を覚ますことからはじめたい。あまりの酷さに目を側め、目を白黒させ、目を剥きたくなることがあろうとも。「天井のホコリまで目配りする(※2『99の言葉の杖』(日本医療企画、174-175頁参照))という姿勢を持ちたい。詳しくはココ から

 

※1 『介護ビジョン』2015年5月号の“経営(継栄)のツボ”を参照

※2 10年間・120回に渡って綴った連載“経営(継栄)のツボ”は、「介護福祉経営士サブテキスト・人間力シリーズ1」『99の言葉の杖』として2013年6月刊行。121回目から副題を「転期に立つ経営の視座」と改め、モノの見方を記しています。

“転期に立つ”との表記は、3年1期で見直される介護保険事業計画が、地域密着型サービスの登場などに象徴されるように1つの事業計画期間が終了するたびに新たな局面を作り出してきた歴史を踏まえると、介護経営にとって転機は転期と捉えるのが相応しいと考えたからである。ちなみに創刊から16号までは、古に学ぶ経営者の資質の磨き方。17号から120号までは、転期に立つ経営者の資質の鍛え方。

 

 

AD
2016年12月01日(木) 10時00分00秒

今日から、変えました。

テーマ:ブログ

今日から12月。

はじめて“スマホ”でiPhoneに・・・

PRADAを使っていたこと、

GALAXY TAB、iPad miniなどのタブレット端末を用いていたので、

操作に違和感がない。

 

これまで10数年の携帯電話の使用の変遷。

 PSO6IC(上・左)・・・これ以前の3台は廃棄。

 FOMA P703(上・中)

 PRADA(上・右)

 docomo GALAXY TAB & AUTOFOCUS(中)

 iPad mini & N-01F(下)

今回、iPhone6-64GBに・・・9台目の携帯の切り替え。

 

{238BD317-FFDD-4551-897A-D8F50CE3FD01}
 
変わったと感じたこと
① 「ショートメール」が「メッセージ」と表現と機能の変化。
  その使い勝手が良くなったと感じたことから、携帯専用に作った馴染みのアドレスの必要度が低下した感じがすること。
② 「QRコード」を読みとるため、専用アプリをダウンロードする、ということ。
 
店頭でいただいた来年のカレンダー
 
image
 
早速、使っています。
 
image
 
AD
2016年11月29日(火) 07時00分00秒

「ヘルスケア産業政策の方向性から読み解く!介護サービスの将来像」

テーマ:他のシンポジウム、フォーラム、イベント等

昨夜は、一般社団法人日本介護福祉経営人材教育協会関東支部主催による、第4回「未来志向型介護経営研究会 ヘルスケア産業政策の方向性から読み解く!介護サービスの将来像」の開催会場に足を運んだ。

 
{1C5A58A5-F1B1-4FDA-95FA-F037A6BFD580}
 
同協会は、介護福祉や医療など社会保障全般に関する最新情報の共有、重要テーマに関する研究を行うことで、「介護経営の未来図」(経営ビジョン)を描いていくことを目的に開催。
 
image
 

介護事業を取り巻く環境が大きく揺れ動くなか、今回は「介護サービスの将来像」について、経済産業省ヘルスケア産業課長の江崎禎英氏から、「超高齢社会への対応~次世代ヘルスケア産業の創出~」と題して、超高齢社会に対応する同省の施策と介護保険外サービス等これからの新たなヘルスケアビジネスについての展望を聞かせていただくことができた。

 

レジュメ

〇超高齢社会の課題

〇社会保障給付費の推移

〇年齢階級別1人当たり医療費

〇医科診療費の傷病別内訳

〇予防・健康管理サービスへの期待(糖尿病の例)

〇重症化のパターン

〇自立度の変化パターン

〇平均寿命と健康寿命

〇未受診者をターゲットにした予防対策の必要性

〇目指すべき姿~予防・健康管理への重点化~

〇目指すべき姿~地域に根差したヘルスケア産業の創出~

〇政策の方向性~「生涯現役社会」の構築~

〇次世代ヘルスケア産業協議会

〇具体的取り組み

  「健康経営銘柄」

  「健康経営のノウハウ提供」

  「グレーゾーン解消制度」

  「保険外サービス活用ガイドブック」

  「地域版次世代ヘルスケア産業協議会」

  「サービス品質の見える化」

  「新事業に対する資金供給と顕彰の機会創出」

〇今後の政策

  「切れ目のない予防対策」

  「地域資源の活用」

〇公的介護保険外サービス創出事例

  「健康への気づき(受診勧奨)」

  「運動等による健康維持」

  「自立的・持続的なヘルスケア産業の創出」

 

 

ここから http://www.jmp.co.jp/seminar/association/tokyo/futurism/

2016年11月27日(日) 07時30分00秒

「癖が良くなれば、姿勢(態度)も変わる」

テーマ:「病院羅針盤」

『病院羅針盤』の4月1日号から、新連載を記し続けて8回目。

タイトルは、「常在学場(常に在るところ学びの場、常に学びの場に在り)」。

12月1日号は、「癖が良くなれば、姿勢も変わる」。

 

文中に用いた四字熟語

吾唯足知

 

『病院羅針盤』

http://www.e-sanro.net/iryo/i_books/i_rashinban/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。