嗚呼 ソフトバンクホークス

九州に本拠を置く唯一のプロ野球チーム・ソフトバンクホークスの試合結果を語る場。


テーマ:


3月22日、WBC日米戦、1-2。小久保監督が試合後語ったように、ホームが遠かった。ミスをしたほうが負けの格言通り。まさに甲子園の一発勝負のごとく、1点に泣いた好ゲーム。負けたが、緊迫した見応えある試合だった。

 

菅野はほぼ完璧なピッチングを見せてくれた。この男の潜在能力からしてこの程度はやれると思っていた。ボールがホップしていて、米国の強打者のバットがボールの下を通過していた。

 

4回の菊池のエラーが前半のポイント。ハーフライナー気味で打球の勢いも強く、グラブと共に差し出した右手の親指付近の柔らかい個所に当たったように見えた。

 

弾いたのは致し方ない。Hのマークでも良いくらいだった。問題はそのあと。弾いた後に菊池は打者走者を一瞥し、瞬時にボ―ルを追わなかった。この微妙な間を見て、打者走者が1塁ベースを回ったところで加速、2塁を陥れた。すぐにボールを追わなかったことが決定的なミスである。

 

これはJスポーツのスタジオ解説・ギャオス内藤氏も指摘していた。それでも菊池は過去何度も攻守でピンチを防いでいるし、6回には起死回生の同点弾を打ったので帳消しではある。

 

8回の松田のエラーは、あまり当たりの良くないゴロを、たしか3バウンド目で捕球しにいった。そしてボールと真正面に入った捕球姿勢との距離が微妙にあわずに取り損なったように見えた。中途半端なバウンドに、緊張していた身体がうまく反応できなかったように思えた。

 

エラーは、「本来の」、あるいは「普通の」守備をしていたならば、起こりえないものである。厳しい言い方をすれば、菊池のエラーは「2塁までは走ってこないだろう」という咄嗟の自己判断ミス、松田のエラーは大一番ならではの緊張が生んだものではないだろうか。

 

まあしかし、それでも2失点だから、責められない。千賀も打たれたスライダーは甘かったが、1点である。敗因は当然、打てなかったことにある。筒香の1回と8回のバッティングが惜しまれる。作戦ミスがあったわけでもなく、米国の投手陣にうまく抑え込まれた。

 

いずれにしても5-4の逃げ切りスコアを予想していたが、投手戦になった。勝てるとすれば1-0しかなかったが、その1点がとれたかどうか。

 

お読みいただけましたら、
↓をクリック し ていただければ嬉しいです。

にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。