スイスママのハイキング便り

ヨーロピアンの夫と7歳の息子と3人家族。ヨーロッパでの暮らしは超シンプル。子育ての日々を綴ってます。

NEW !
テーマ:
息子は現在7歳。体重300ポンドまで耐えられて、大人になってもバーチェアとして使える、というアメリカ製のベビーチェアを使ってましたが、本当にポロポロ食べ物をこぼすし、床のビニールマットを未だに外せないので、夫にブーすか言われて、ついに移動しました。


子供いす


イケアで勉強机と椅子を購入したけれど、椅子がぐるぐる回るので、集中できない様子。色々楽天等を見ると、椅子はベビーチェアそっくりのものが売っている。そうだ、ダイニングで使っているチェアをこっちに移動させよう、と思いついて、早速実行。結果は勉強机が高すぎたので、ぴったり。
息子も落ち着いて勉強できるようになりました。

ダイニング1


アメリカの1960年代後半から1970年代始めに作られた、オークのテーブル。Leafをたすと、40センチほど大きくなります。椅子は3脚しか
ありません。クッションは5年前に張り替え済み。地下のセラーに行って、なんかないかしらって探したら、ありました。16年前に購入した客用の折りたたみ椅子。座高が低いので、圧迫感もありません。シャンデリアともほぼ同じ色。

椅子横


雰囲気がアンティーク仕上げのせいか、メインの椅子と似てるので、全く違和感がないのが嬉しい。もう一脚あるので、2−2にしたら、更にいい感じでした。

ここ5年ほど、1度も使わなかったので、なんだか新しい椅子を買った気分です。お部屋の雰囲気も良くなりました。うちのアパートはコルビジェのデザインの影響を受けたスタイルなので、ミッドセンチュリーの椅子や照明に、少しずつ変えてってますが、小さい子供が使う椅子に800フランとかかけたくないし、私はやっぱりこういうイギリス系のデザインの方が好みのようです。イギリスのアンティークの椅子もあるので、色々組み合わせても面白いかも。

家には、着物箪笥や、茶箪笥もあるし、アメリカのアーミッシュスタイルの家具や、ミッドセンチュリーもあります。こういうのをエクレクティックと英語ではいうけれど、すべてがうまく馴染んで、自分流のスタイルが出来上がりました。


発想の転換であるものを工夫してインテリアを考えるのは本当に楽しい!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。