2007年02月24日(土)

オイルクーラーゲット

テーマ:DUCATI 748
仕事が爆発的に忙しくなっちゃって、なかなかブログを更新できなくなってきました。本日土曜日も休日出勤でした(泣)

748monopostには悲しいかな、標準ではオイルクーラーが装備されていません。
この車両を購入した一昨年からオイルクーラーを付けようと思っていたのですが、ドゥカティパフォーマンスのオイルクーラーキットは既に廃盤になっていて、748R用か916用のオイルクーラーを純正部品で付ける他選択肢がありませんでした。

コルセからラージオイルクーラーも出ているので、交換して余ったオイルクーラーをヤフオクに出品する人も多いだろうとずっとウォッチしていたのですが、この予想は裏切られ出品されたのは過去に1度だけ。それも私の予想を遙か超える高値で落札されたのでした。

今回は916解体車をバラ売りしている業者のようでしたが、出品金額の500円プラスで希望落札価格の設定があったため一撃落札に成功したのでした。

オイルクーラー
届いた916用中古のオイルクーラーです。コアの歪みも無く想像していたより良い状態でした。
でも、わたしの748とはオイル供給部のホース形状が違っています。

748monoパーツリスト
パーツリストで言うと35番のホースがエンジンから直接シリンダーヘッドに接続されています。
このホースだけは購入しないと付けられないようです。

そう言えばDUCATIってパーツリストや、オーナーズマニュアルは公開されています。
直リンは禁止されているようなので、以下手順を説明します。
まずDucati.com にアクセスして下さい。
上のタブの「BIKIS」をクリック。
左下に「Owner's Manuals」や「Parts Catalogues」をクリック。
該当する年式の日本国旗かアメリカ国旗をクリックすると、その言語のPDFファイルが手に入ります。

1098のオーナーズマニュアルとパーツリストがもう公開されているのには驚きました。メーターの使用方法が詳しくかかれているのは興味深いです。読んでも複雑すぎて理解不能ですが(^^; もちろん日本語で読めますよ。

これらをまとめてCD-ROMに焼いた物がヤフオクで偶に売られていますよね。知らなければ買っちゃいますので注意してください。実は私も買いそうになりました(^^;

でも、公開されているパーツリストには価格表示がないので、知り合いのショップで部品発注ソフトを使わせてもらいます。

パーツリスト図
DUCATI部品発注ソフトのスクリーンショットです。該当するパーツ番号を選択して一覧表表示にします。

パーツリスト表
そうするとパーツ番号と価格が表示されます。ヤマハとかの部品発注システムと同じですね。
私の欲しいパーツは、この表の上から6番目オイルデリバリーパイプというらしいです。17,218円もします。
何とヤフオクでゲットしたオイルクーラーの3倍の値段です(^^; でも無ければ付かないので仕方なく発注しました。
発注後に判明したのですがバックオーダーになっていました。バックオーダーとは在庫なし。つまりドゥカティジャパンには在庫が無く、イタリア本国から送られてくるということです。最低2ヶ月はかかるでしょう。

ということは.......付けられるのはゴールデンウィークぐらいということですね。

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード