2011年04月15日(金) 02時18分50秒

地球横断に対する想い

テーマ:【地球横断企画】
         *地球横断*

     ~サッカーが繋ぐ笑顔の道~



関西学院大学 総合政策学部 4年 八木 駿祐



旅を思い立った経緯

初めての海外一人旅で、ボクはアフリカに赴いた。実際に世界で起こっている問題がホンマに存在しているのか、自分自身の目を通して確認したかった。難民キャンプにも赴いた。確かに、そこにはメディアが伝えてくれていた世界があった。しかし、ボクの目を惹き付け、魅了してやまなかったのは、そこに住む人々の笑顔だった。

この笑顔をもっと見たい。ボクには一体何ができるだろうか。それを探す旅となったアフリカ渡航。しかし、一人の無力でちっぽけな学生にできることなどなかった。無力感に打ちひしがれた。悩んだ末にボクができたことは、サッカーをすることだった


ーサッカーは小学校からしていた。言葉が伝わらない中でも、ボールを蹴るだけでボクも人々も笑顔になれた。サッカーの持つ力に改めて気づいた。それに、ボクも世界に対してお手伝いさせていただける、漠然と実感した。ー


アフリカのとある国の難民キャンプ、タイのデモ、ハイチの震災。ニュースやドキュメンタリーを見ていると、そのようなテーマの番組が本当に多い。見せられる世界のイメージは往々にして、惨憺たる現状で、人々の顔は暗く、ボクたちの生活とはかけ離れている。そのようなものを見続けた結果、私はどこの国も苦しんでいて、辛いのだろうと思っていた。知らぬ間に、ボクは『かわいそう』と世界に対して上から目線でものを見ていた。

『かわいそう』と考えることは構わない。しかし、そこに住む人々の『いま』に触れることなく、そう考えるのはとてももったいないと感じた。何もないところだけど、僕たちが忘れがちな人間くさく、こ恥ずかしい、けど、とてもほっこりする人間の素敵な姿を魅せてくれるところがある。


サッカーの素晴らしさを、そして、世界の人々の『いま』を日本のみんなも知ることができる、ボクにそのお手伝いをさせてください。





八木 駿祐

********************

ただいま個人協賛 計21万6000円!!

目標まであと 78万4000円


毎日投票お願いします*
その1クリックが更新の励みになります♪


 大学生ブログランキング 71位*

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ 海外一人旅ランキング 15位*
にほんブログ村   世界一周ランキング  115位*

ペタしてね


AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

八木 駿祐さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

20 ■無題

>かとじゅんさん
今コメント見ました。自分がコメントしたの忘れてましたすいません。
自分の言い方が悪かったかも知れませんが、いくつか勘違いされてるようですね。
1つ、申し訳ないですけど、あなたのコメントほとんど読んでません。自分は自分が純粋にしゅんすけさんの記事に対して思ったことを書いただけで、他の人のコメントに対することは全く考慮にいれてません。いろんな考え方があるのはわかってますが、別にそれにどうこう言いたいわけでなく自分は単純にしゅんすけさんの書いた記事に対してコメントしたかっただけなので。
2つ、現実主義というのは自分の中では物事をしっかり理解してるからこそ本質をつかんだ意見を言える人だと自分は思ってます。だからこそ厳しい意見も言えるのだなと。けど自分はそれが正しいのだろうと思いつつも理想論を掲げたい。別に彼らを批判してるつもりじゃなかったんですけどね。文章力がなくてすいません。
それと、自分がロマンチストだと思っていても、他人から見たら違うように思えるかもしれない。だから自分がロマンチストだと言われても、なるほど、ぐらいんしか思いません。自分の思惑と他人の自分を見る目は結構異なりますからね。なのでそこを指摘されても正直困ります。意味がない。
安易な行為が本質を見えなくさせる?その発言こそ安易だと思いますけどね。
今更ですがコメントを確認したので簡単に返信させていただきました。
ですがこれ以上このブログのコメント欄で討論するのも無意味なので、何かありましたら自分のブログの方にメッセージをください。
自分は自分に関する情報を公開してます。本名からどこに住んでるかまで。逃げも隠れもしないんで何かありましたらどうぞ。

>しゅんすけさん
今更この記事に対するコメント掘り返してすいません。全然確認してなかったので・・・

19 ■Re:無題

>けんたさん
「自分がしたいと思ったからする。それでいいのでは?」
これには実は賛成です。ただ、この表現は抽象的すぎて、個人の見解が大きく変わってくるので、多分僕が考えている「したいと思うからする」とけんたさんが考えるものとは全く異なることでしょう。
今回の状況に関しては、「他者」を巻き込んでいる状況である以上、他者に対する配慮が必要なのは人間として当然でしょう。そこには当事者の解釈よりも、他者の解釈やニーズを優先すべき必要が生じる。特にしゅんすけの場合は、「他者」の必要性やつながりの大切さを強く感じているのだから尚更、今回協賛してくれた他者の扱い方を重視することは、今回の旅の目的を達成するにおいても必要なファクターなんじゃないでしょうかね。
自分がしたいことをするということに関しても、他者からの批判を無視することは当然必要ですが、(僕も無視することは無視しています)、今回の批判((僕が言っていることは批判ではありません。それに、現実主義者というのはそれはあなた個人の勝手な解釈でしょう。僕はロマンチストです。)は、受け容れるべき類のものです。
考えるのが面倒くさいから、そういった批判を排除してもいいということが言いたいのであれば、それは弁えるべきです。意見を言う際の逃げ道をつくりながら、今回のような批判に対しての擁護(しかも、迷ったらgo的主義的な)を行うのならば、そんなちゃっちい意見は何の足しにもならないと思いますが。特に今回の件においては。
応援しているなら、応援しているで一向に構いませんが、変に僕のコメントを考慮した適当なちゃちゃを入れないでください。そういう安易な行為が本質を見えさせなくする要因でもあるんですから。
なんかむかついたので、きちんとコメントさせて頂きました。長文失礼しました。

18 ■無題

サッカーが持つ力って本当に大きいと思います。
非現実的な言葉かも知れんけど、サッカーが世界をつなぐっておれは思いますよ。おれ自身サッカーをやっていましたしほかの国の人とサッカーをしたこともあります。

個人が何かしようとすると大抵現実主義者の人たちは批判してきます。その金をほかに回せだとか理由がおかしいだとかどーたらこーたら。もちろんその批判が間違ってるわけじゃないと思いますが。

おれは何かをするのに明確な理由なんて実際は必要ないんじゃないかと思います。目の前の困っている人を助けるのに理由がいりますか?って。

自分がしたいと思ったからする。それでいいのでは?それが悪影響を生むわけでもないですし。

動機理由が大事なんじゃなくて、大事なのはやるかやらないかの行動だと思います。それがどんなことであれやらないよりはやった方が良い。

まぁ個人的に難しいことをあんま考えたくないってのがあるので軽い言葉に聞こえてしまうかもしれないですが、おれは駿祐さんのやろうとしてることがすげーって思うし応援してます。おれはやらないことですし(^^;)
がんばってください。

17 ■Re:Re:Re:あほあほまんに同意2

>かとじゅんさん
何度もありがとうございます!!><

こうやって協賛という形を取ったのは、自分なりに覚悟は決めてから始めました。バイトなり治験なりででもお金を貯めて、それで目標金額を達成することはできたので。5ヶ月ありましたから。月20万円でいい。

ただ、協賛という形を取ったということにリスクがあります。もちろん、集まるかどうかという部分もありますが、それ以上に求めたのは協賛をいただけるほどのものを集めて、表現できるのかということ。

めっちゃ不安でしたし、完璧に拭い去ってもいないので、どうしたら良いのかは常に考え続けています。

協賛というものに対するイメージを肯定するわけではないですが、僕自身も他者、他団体の協賛へのペイはしています。それは、そのお金を渡す主体が本当に意味があることをやろうとしていて、それに共感したときに、ぼくはペイします。

そこに、正直なところ見返りは全く求めてなかったです。だって、ぼくが持つお金がそのい人や団体に渡ることで、より価値のあるモノに替わるなら、そんなに嬉しいことはないですから。

全然、disられているとは思っていませんから。笑 むしろ、こうやって見てくれていることに本当に感謝しています。

また、今週中には僕からもメールを入れたいと思います。

16 ■Re:Re:あほあほまんに同意2

>八木 駿祐さん
返事ありがとう!俺も勉強になった。多分見ている世界が違うんだろうな。だから、俺が「え?!そんなことして平気なん?!」っていうことをいい意味でも悪い意味でもできる。
それが果たして、子供が赤信号という媒体の意味を全く知らずに道を渡ってしまうような類のものなのか、はたまた個人の価値観の相違による不一致のようなものなのかは、きちんと検証していく必要はあると思う。
何にせよ、本当の意味で気持ちよく(みんなに応援されながら)横断してほしいし、しゅんすけの見えていない点を指摘できていたらなっと思うわ。少なくとも、俺は個人の独断でしゅんすけディスってるわけではないし、限りなく客観的に見た中での意見だということだけは理解してほしいな。
言葉が入ってこないっていうから、またgmailにメールするわ、遅れるかもしれないけど。ちゃお。

15 ■Re:無題

>黒田淳一さん
ありがとう!!

月末の都合がつき次第、連絡します。もし無理だったら、ごめんね。

14 ■Re:あほあほまんに同意2

>かとじゅんさん
お久しぶりです*30thが終わって以来、お会い出来ていないんですよね。。

協賛はリターンというとしっくり来ないですが、協賛する方にメリットが必要なのは知っています。リターンを返すというと、どうも株式のイメージしかなく、そのような気持ちでは始めていませんでした。

お返しに関しては、そこまで比重をおいていません。ないがしろにしている訳ではないです。ただ、協賛していただける方に、そこまで重きを置かれているとなるならば、また考えます。お返しのために協賛していただいているとは思ってもいませんでした。

かとじゅんさんが意味するところを、完全に理解出来ていないです。どうにも、言葉が入ってこない。

お話ししたいですね。日程調整したいです。

前の携帯から変わっているので、gmailに連絡いただけると嬉しいです。

本当に、こんなにも長い文章を打ってもらって、嬉しいです。ありがとうございます。

13 ■Re:?

>あほあほまんさん
こんな長文を打っていただきありがとうございます。何度もこういった言葉はいただいています。そういった意見があることを留意した上で、書いていることをまずはご了承ください。

メディアが伝えていることが全てではないなと思っています。もちろん、TVや新聞までが伝えてくれていることはたくさんあります。しかし、僕が知りたかったことは、論文にもテレビにもありませんでした。実際に見なければ分からなかった世界でした。

だから、それをもっと見たいし、これを見てくださる人にも見てほしいです。

授業のことは、あったことです。後悔している要素はたくさんあります。準備不足だったことはもちろん、それ以外にもたくさん。

後悔はしていませんよ。「いい経験だった」って書くと、また自分のことやんと言われそうですが、自分が知ることのなかったJOCVの日々の業務の厳しさを知りました。こればかりは報告書レベルでは分からないことで、国際協力を志す学生にも伝えたいと思うことでした。

教師でもないです。そして、子どもたちを〇〇したいという想いもないです。

ただ、彼らが生きる上で、覚えておいてもらえたら有益だと思うことを授業という形で伝えたつもりです。

日本の子どもの件も知っています。親戚にも一人、高校に通えなかった子がいます。

ザンビアに行ったのは、目的地がそこのスタディツアーだったからですね。アメリカやヨーロッパ、中東でもいいと思います。日本でもいいと思います。自分が貢献したいと思うところで力になれるなら、それでいいです。

ひと通り、頂いたお言葉にはお返事をしたと思いますが、足りていなければ、またご連絡ください。長くなりそうなので、以下のメールアドレスにいただけると嬉しいです。

shunsuki.s.yagu.1205@gmail.com

よろしくお願いします。

12 ■あほあほまんに同意2


もちろん、身内だけでやってもらうのは全然構わないけど、ここはプライベート空間じゃないんだよ。ここには社会的価値を要するアウトプットが必要になってくるし、実際の目的や目標に沿ってプロジェクトを進行する必要があるのはわかってると思う。

今回は、根本的部分を指摘させてもらったけど、やっぱり俺には理解できないな。
本当に、貢献したければ、もっと良い方法はあるし、むしろ日本でやったほうがインセンティブはある。もし、「自分」ありきの何かを提供したいんであれば、即刻協賛などの名目は捨て去るべき。身内でやってくれた方が、見る側も面白いし納得すると思うし。まず、そういった他者から見た「違和感」を払拭しない限り、何の社会的価値もここには生まれない。そしてその「違和感」が見えないのであれば、それは友達が悪いんだろうね。そう思われたくないのであれば自分や周りを律するべき。そうじゃないと、しゅんすけがやりたいことも、魅せたいことも、何にも伝わらない。まずはそっからだと思う。

長文失礼。また話をできる機会があればしましょう。

11 ■あほあほまんに同意1

「自分を知ってもらいたい」それで十分じゃないですか!
そうじゃないの?自分を知ってもらいたいだけなんじゃないの?twitterを見てもブログを見ても、(誰が見ても)「僕のこと見て見て!」としか書いてない。向こうの人達云々というよりも、「しゅんすけ」。
もちろん、自分のことを知ってもらいたいとか、自分の承認欲求を満たしたいっていうのは全然在りだと思う。そういった欲求を社会的価値に昇華している人間はたくさんいるし、それは「大人」だと思う。
だけど、しゅんすけが行っていること(手段)はあまりにも卑猥すぎないか?
協賛金を出してくれた人間の多くは、「心配だから」「友達だから」お金を出したんじゃないのか。それは果たして協賛金なのか?ほっこりするお返しって何?サプライズの方がみんな喜ぶと思ってるの?実際に協賛してもらった人から聞いてみたらどう?俺は聞いたよ。自分の耳で確かめた方がいいかもしれない。きちんと、友達や色々な人の協賛で、目標額に達成して、新しい協賛金の概念を打ち出したければ、それはそれでいいかもしれない。でもそれって、何かねずみ講と同じやり口じゃないんかな?協賛金とは、あくまでもリターンを返してくれるという前提の信頼の基に、前貸金を出すシステムでしょ。具体的な提示がないと、それは協賛してくれた人に失礼なんじゃないかな。それで、「ほっこりお返し」でいいんかな。誰もそんなほっこりお返しのために払ってるわけないでしょ。だから、俺はみんな何かしらの同情や応援のためにお金出してるんだなって思う。

10 ■?

「世界を知ってもらう」
それならあなたの小さなブログに対してTVや新聞などのメディアに任せれば良いことでは?
あなた自身が協賛だのどうたらするならばそれをアフリカの現地に送れば良いのでは?
ブログ拝見しましたが授業の失敗で涙したとかそんな恥ずかしいことよくも読者にさらせますね。ほんとに後悔しているなら絶対にブログなんかに載せないし誰にも話さない。
あなたの心理は容易に解ります。
「自分を知ってもらいたい」それだけ。
本を書くとかやめてくださいね。
ほんとに矛盾だらけ。
教師でもないくせに「子どもを○○したい」とかお調子者ですね。
とにかく企画書もひどいしブログ内容もひどい。
バイトのお金を全額寄付ならば本を書けるのでは?w
日本の子どもたちもまともに教育を受けれない子はかなりいます。
なぜアフリカ?アメリカやヨーロッパ、中東はなぜだめなの?たまたまアフリカに行ったから?そんな中途な理由ならやめてくださいね。

9 ■無題

想いがそっくりでびっくり!

がんばろう!”

8 ■Re:☆

>HIBIKIさん
ごちそうさまwww

いや、本当に素敵な時間でした。。

また会おう♪

7 ■Re:(^ω^)

>りなこさん
ホンマに?!ありがとうー><
ぜひぜひ、覚えてください笑

6 ■Re:!

>reona32さん
ありがとう><

もしかしたら、吉祥寺で会えるかもね笑

5 ■Re:やりたいことをやったらいいと思う。

>まちゃるさん
まだまだこれからです!!
また、名古屋行くのでお会いしましょ♪

4 ■☆

昨日は本当にありがとう♪
とても素敵な刺激頂きました:)*
ごちそうさまですwww

なんでアメブロにはイイネ!がないの~;;笑
イイネ!連打したくてたまらないw

3 ■(^ω^)

協賛したいです(^ω^)
振り込みって技を習得したら
しますねー(ノ●´∀)ノ笑

2 ■!

最高だな!!!協賛は振り込むわ( ´ ▽ ` )ノ

1 ■やりたいことをやったらいいと思う。

つきぬけてますな!!
ファイト!!!!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。