吉川洋之の企業成長サポートブログ

株式会社ジーキューブ代表取締役・株式会社シエーナ取締役 吉川洋之の公式ブログです。


テーマ:

 

4月も半ばですね。

この時期は、例年決算説明会の準備で比較的忙しくなります。
2月決算の会社は既に決算発表を終え、決算説明会を実施していますし、
3月決算の会社もゴールデンウイーク前後の決算発表を見据えて、
決算説明会での説明内容をある程度固めていくというような作業をしております。

 

 

そんな中、先日ある会社の決算説明会キックオフミーティング(的なもの)に参加してきました。
その会社は決算説明会を実施するのが初めてということもあり、役員全員集合でした。
最初に社長が「決算説明会でどんな話をするのか」といった大まかな話をした後、
「各セグメントごとの説明をどうするか?」ということで、

各セグメントの担当役員から説明がありました。担当セグメントの現状、事業の強み、課題、

今後の方向性・施策などなど。


担当役員が説明していると社長や上席役員から

「あの話はどうなった?」「あれはどうするの?」等々、話がドンドン出てきて

脱線することもしばしばでした。

そこは軌道修正をしつつ(脱線も重要です!脱線することで気づくことも多々ありますから!)

私も外部の人間として色々な角度から質問したり(当然事業のことは詳しくありませんし)、

フィードバックしたりすることで、社内だけでのミーティングの時と比べ、

少しは新たな視点を提供することができたかな!なんて自負しております。

 

 

実際、後日その会社の役員の方から、

「決算説明会のミーティングだったけど、色々と話しているうちに新たに気づいたことも

 結構あって良かった。社内だけでは難しいんだけど、結果としてブレーンストーミングの

 ような場が持てて良かった。」

というようなフィードバックを頂くことができました。

 

このようなミーティングはまさにこれから佳境に入っていきますが、

今回のようにミーティング終了後「良かった」と言って頂けるようなミーティングを

1回でも多く実現したい!と、

このフィードバックを聞き、あらためて想いを強くしました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

前回書いた「中計作成にあたってのコーチング」についての補足です。

 

中計の完成はこのブログで書いた通り、
適当なフォーマットに落とし込むだけなのですが、
ここで重要なのはこの作業を”社員にやってもらう”ことです。

 

コーチングでまとめたものをフォーマットに落とし込むだけのことなのですが、
社員にとっては経営に触れる良い機会になります。

ポイントは3つです。

 

   ①中計をフォーマットに落とし込む過程を通して、経営者の考え(経営視点)を知る。

   ②作成過程で経営者と確認等のやり取りをすることで、経営者の考え(経営視点)を知る。
   ③経営者に代わり現場に直接確認したりすることで、自分の部署以外の現場のことを良く知る。

 

①は当然ですが、

むしろ重要なのは②③で、このようなやり取りを通じ経営者はもちろん、

各部門の上司とのコミュニケーションを築くにはもってこいの場になります。

 (もちろんコミュニケーションスキルも磨かれます)

これは、上場会社で言えばIR担当者の役割に近いですね。
 

 

     ※会社のそばの南池袋公園の桜です。

       まだ五分咲き位ですが、芝生(公園全体が芝生で覆われています)では

     ランチを楽しむ人たちで一杯でした。

          

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

今年もあっという間に3か月が過ぎ、新年度ですね。

 

さて、この4月からある会社(未上場)で
「中期経営計画(中計)作成のためのコーチング」を始めました。

 

「期間は1か月、毎週1回2~3hのコーチングセッション(ミーティング)を行い、
  中計作成にあたっての材料を揃えてしまいましょう」

というのがこのサービスの趣旨です。

内容は、下記のとおりです。


 【第1回】現状分析
  ◇自社の現状を整理する。
   ・沿革
   ・ビジネスモデル(商流)

   ・組織図(役職員の役割・スキル整理)
   ・事業セグメント(製品・サービス)別の顧客・競合・市場規模・市場の成長性
   ・SWOT分析
    自社の現状を踏まえた上で、O(機会)・S(強み)・T(脅威)・W(弱み)を洗い出す。

    (外的環境・内的環境の整理)

 

 【第2回】中長期ビジョン
  ◇長期的な会社のあるべき姿・経営者としての会社の未来像を明確にする。

    (長期ビジョンまたはイメージ)
  ◇長期ビジョンを踏まえ、中期(3~5年後)の会社をイメージする。

 

 【第3回】中期経営計画策定に向けて
  ◇中期の会社イメージ達成にあたり、必要なものの明確化。
    → 投資(人・モノ)・資金計画(キャッシュフロー・調達等)
  ◇中期の会社イメージを達成で得られるものの明確化。
    → ・会社として
       ・経営者として
        ・社員として

 

 【第4回】まとめ(振り返り)

 

 

中計の策定サポートはこれまでも色々やってきたのですが、

しっかりした会社(経営者) 

  ※「しっかりした会社」という表現はおかしいですが、

    「しっかりしていない会社」もあるのです!

にはコーチング的アプローチが有効だと考えております。


何か(アドバイス・情報など)を積極的に提供するというよりは、

その会社(経営者)から引き出すことの方が先決です。

そうでないとせっかく中計を作っても絵に描いた餅になりかねません。

  ※当然ですが、中計を作ることが重要なのではなく、

    中計を立てて”実践”することが大切なのですから。

 

また、社内(経営者だけで)考えて中計を作成するより、
外部の人間を相手に話すことで、

自社(自分)の中にあるもの(顕在しているもの・潜在しているもの)を一旦アウトプットし、

その上で整理していった方がより良い材料が見つかりますし、

アウトプットすることで気づくことも多々あります。

さらに、なんといっても効率が上がります。

ここに外部の人間からのフィードバックや質問(様々な角度からの)を加えていけば、

より良いものができあがります。

 

ちなみにこのサービスでは、

会話した内容を1回ごと私の方で記録して、メモとしてお渡しています。

これを4回繰り返せば、1か月後には中計作成にあたっての材料は全て出そろい、

あとは所定のフォーマットに落とし込むだけとなります。

 

まだスタートしたばかりですが、

これからの1か月で会社(経営者)が認識していなかった強み(もちろん課題も)などが出てきたり、

意外な発見が多々あるはずですので、今後が楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。