吉川洋之の企業成長サポートブログ

株式会社ジーキューブ代表取締役・株式会社シエーナ取締役 吉川洋之の公式ブログです。

NEW !
テーマ:

 

先日、ある会社のIR担当者との打ち合わせでのことです。


その会社の主力事業は、あまり今後の成長が期待できない事業です。
ゆえに、数年前から別の新規事業を立ち上げました。
この事業が今や主力事業に取って変わり、売上の半分を占めるまでになりました。
言うまでもなく、この会社の大きな成長ドライバーです。

 

打ち合わせでは「次の説明会でこの新規事業を中心に説明を組み立てていこう」という

話をしていたのですが、

さらにこの新規事業について話を聞いていくと、驚いたことにこの新規事業は現場のある

1人の社員の発案から始まったもので、当初は社内でも反対する人が大半を占めていた

そうです。なんと営業の責任者すらも反対していたそうです。

 

ただ、経営陣は「やってみれば」とまるでサントリーの「やってみなはれ」的なスタンスだった

そうで、R担当者の方も「これが当社の社風なんです」と言っていました。

 

また、当時この新規事業に対し、経営陣がそのようなスタンスを取れた背景として
  □主力事業の利益率は低いが、比較的安定している。
  □結果、これまでの利益の蓄積により、財務基盤を厚くすることができた。

    (無借金のキャッシュリッチ会社!)

 

そう、この会社は良くある高財務体質でROEの低い会社です。

一般的な株主や投資家目線では、「株主還元を強化して、ROEを高めろ!」 と言われて

しまうような会社です。

 

しかし、この会社のビジネスモデル(キャッシュフローの流れ)を踏まえると会社の継続

(安全性)を考えた場合、ある程度の余裕キャッシュが必要となります。
その結果、高財務体質の会社になり現在に至るのですが、
一方で、この高財務体質と(それに基づく)経営者の懐の深さが新たな成長ドライバーを

産んだとも言えます。

 

このような会社のDNA的なことは、投資家や株主が外から見ていてもなかなか解り難い

のですが、会社をより深く理解するためには不可欠なことです。

 

IRをサポートする立場として「このようなことを発行会社から引き出し、投資家や株主に

しっかり伝えていくサポートをする」こともIRの醍醐味の一つだな!とこの打ち合わせの

後にあらためて感じました。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

先日、お客様(上場会社)から新規のお客様(上場会社)を紹介されました。

 (ジーキューブの仕事として)

その新規のお客様は、これまでIR活動に積極的に取り組んできていないそうです。

 

この会社の代表の方と会って話をしたのですが、

紹介してくれた会社の代表の方から

 「なぜ、IR活動を積極的に行わないんだ?

  アナリストや投資家と会って話をすると、

  (業界外の人から)想定外の質問を受けたりするので新たに気づくことが多い。

  また、説明するためには色々とあらためて考えたりするので、勉強にもなる。

  やらないのはもったいない!」

と言われたそうです。

 

「業界外の人」と言っても相手はプロの投資家やアナリストなので、

紹介してくれた会社の代表曰く

 「自身が予想もしないようなユニークな視点からの質問をされることも結構多いので、

  参考になる。」そうです。

 

アナリストや投資家に会う(1on1ミーティングや説明会等々)ことは、

IR活動の一環として「やらざる負えない」的なニュアンスで捉える会社も多いですが、

実はこのようなIR活動というのは(原則)上場会社にしかできません。

 

自社の魅力をアピールしつつ、新たな気づきを得たり、勉強になったりもする。

こんな場を積極的に活用しないというのは非常にもったいないことですし、

もちろん株主に対してしっかり責任を果たしているとは言えません。

 

一方、新たに導入予定のフェア・ディスクロージャー・ルールの問題もあり、

「このようなIR活動自体が今後どうなるのか?」という不透明感はあるのですが、

ともかく上場会社の特権でもある積極的なIR活動は1社でも多くの会社に取り組んで欲しいですし、

私達も「このような”積極的なIR活動に取り組む魅力”をもっともっと伝えていかなければ!」

とこの話を聞いてあらためて思いました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

既に年も明けて10日なりますが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

 

さて、1/5の日経新聞に「アパレル「暮らし」を売る」という記事が載っていました。

ストライプインターナショナル(主力ブランド名:アースミュージック&エコロジー) が、
渋谷に旗艦店を出店するにあたり、ホテルも併設し運営していくといった内容です。

記事ではこのストライプ社の石川社長曰く

 「衣食住すべてで私たちの商品を体感してもらいたい」
と語っているようです。

 

この記事を読んでいて、懐かしいというか昔のことを思い出しました。
ファッション関連やインテリアを扱う会社は、
十中八九この「ライフスタイルを売る」というのを目標にしているように思います。

そもそもこのような会社は、創業から創設者の感性や世界観(ライフスタイル)を拠り所に

成り立っているので当然と言えば当然なのですが、
まさにこの石川社長が言うように「自分たちの感性=世界観=ライフスタイル」を「衣食住」

といった様々な形で世に訴えていきたい!と。

 

私が直接存じ上げているところだと、この記事にも出ていたフランフラン(会社名:バルス)も

フランフランというブランドからスタートし、株式上場後はよりアッパーなブランドを展開したり、

他業態に進出したり「自社の世界観」を様々な業態で展開していこうとしていました。
当時、イメージしているのは「マーサ・スチュワートやコンランショップ」だと聞いたことがあります。

   ※もう10年以上前の話です。。

 

また、ファッションビジネスを手掛ける「リステアホールディングス」は、
非上場会社にも関わらず約10年前には外資系の投資銀行から資金調達し、
「自社の世界観」を訴えていくべくファッションビジネス以外へのビジネス展開を描いていました。

 

この記事にもあるように、無印良品のような成功している会社もありますが、

多くの会社は”夢半ば”で頓挫しています。

 

   ※会社を成長させるには、同カテゴリーの中でブランドを増やすか?(縦に伸ばす)

     「衣食住」のように他カテゴリーに進出していく(横展開)しかありませんが、これが

     かなり難しいのです。

     
近年、急成長を遂げたストライプインターナショナルがどのようなアプローチで実現していくのか?
昔のことを少し思い出しつつ「興味深いな!」とこの記事を見て感じました。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。