サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に合わせ、宮城県岩沼市のとんかつ屋「かつ藤」の佐藤永一店長(47)が日本の勝利を願う創作弁当を考案した。価格は1230円。

【特集】情報満載!南アW杯

 その名も「我居るど勝歩(われいるどかっぷ)弁当」。「我も一緒にいる」との東北弁と「勝ち歩む」を組み合わせた。サッカーボールのおにぎりや対戦国の国旗や食材にちなんだ総菜を詰め、栄養も満点だ。

 「相手を食べ尽くしてパワーを」との願いを込めた自信作。W杯開幕を前に最近の日本代表の試合内容は振るわないが、弁当のおいしさでは、世界が相手でもベスト4は間違いない!【垂水友里香】

【関連ニュース】
【南アW杯】:日本代表、ベースキャンプ地のジョージ到着
【南アW杯】:揺れる魔球も注目 軌道は予測不能、GK泣かせ
【南アW杯】:意外な因縁 スイス合宿地と山形・大蔵
【南アW杯】:高速鉄道が操業開始 30キロを15分で結ぶ

参院選、単独過半数目指す=民主・輿石氏(時事通信)
<銃刀法違反>改造拳銃11丁所持 警官を追送検 警視庁(毎日新聞)
<蓮舫担当相>初会見 特別会計は「丁寧に見ていきたい」(毎日新聞)
路上強盗で女性けが 大阪・西成(産経新聞)
現地本部長に篠原農水副大臣=菅首相、口蹄疫対策に総力(時事通信)
AD