覚せい剤などの違法薬物を密売したとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた無職粉川顕吉被告(39)の裁判員裁判で、横浜地裁(久我泰博裁判長)は19日、懲役6年6月、罰金200万円(求刑懲役8年、罰金200万円)を言い渡した。
 判決後の記者会見で、裁判員を務めた60代の男性は「(薬物事件は)裁判員制度に向かない。被害者が限定されるものではなく、一般市民の感覚を取り入れるという裁判員制度の趣旨に合わない」と述べ、補充裁判員経験者を含めて会見した6人中5人が同じ見方を示した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
「つくられた感じ」「分かりやすい」=取り調べDVD映像に裁判員

就活のために留年する学生支援  大学に広がる「卒業延期制度」(J-CASTニュース)
<岡田外相>程・新駐日中国大使の表敬受ける(毎日新聞)
青森市発注工事で官製談合=前副市長が関与、改善要求へ-業者に課徴金3億・公取委(時事通信)
<連続保険金殺人>元看護師の死刑確定へ…被告側の上告棄却(毎日新聞)
「格闘訓練は制裁」死亡の海自隊員遺族提訴(読売新聞)
AD