昔懐かしいブリキロボットの箱絵の原画を集めた展示会が、東京都渋谷区渋谷の古玩具販売店「VINTAGE GATE GALLERY」((電)03・5466・2887)で開かれている。昭和40年代に描かれた原画に、モデルとなったブリキロボット…。店内には、40年以上も昔の貴重な手描きの作品群がずらりと並んでいる。

 原画の所有者で玩具工房「ROBOTART」(埼玉県春日部市)代表、宮沢真治さん(57)によると、展示されている原画は昨年、廃業した東京都墨田区東向島の箱屋「東栄紙器」で見つかったという。

 宮沢さんの自宅は、父の代から続く手作り玩具の工房で、東栄紙器は先代のころの取引先だった。昭和40年代の玩具はほとんどが職人の手作り。箱も製品のイラストを箱屋に持ち込んで作ってもらっていた。店主が亡くなって廃業した東栄紙器で昨年、家族が店内を整理していたところ、ロボット玩具の箱絵の原画を多数発見。保管状態も良く、元の持ち主に返そうと探したところ、宮沢さんの父が持ち込んだものと判明。40数年ぶりに、宮沢さんの元に原画が届けられた。

 「まずは多くの人に見てもらおうと思った。ロボット本体に箱がつくと価値が上がるが、原画までそろうことはなく、とても貴重」

 こう語るのは、ギャラリーを提供した守田高士さん(39)。原画はA3からA2サイズほどの大きさで、アクリル絵の具で描かれた色彩は今も鮮やかだ。 宮沢さんも、「特に平成になってからは、おもちゃの箱には写真ばかりが使われ、手描きの味わいがなくなった」と話す。

 ギャラリーには原画36点をはじめ、モデルとなったブリキロボット20点や箱10点などが並ぶ。展示は27日まで。(奥村清史)

現場に指紋…男を再逮捕 南青山の従業員殺害(産経新聞)
岡田外相、外国人看護師雇用へ試験改善=難解な漢字、合格阻む(時事通信)
浄霊代など650万円、TV人気霊媒師らを提訴(読売新聞)
【視点】都予算原案 生活に戦略的投資(産経新聞)
「報道統制」の声 民主「検察リーク好ましくない」(産経新聞)
AD