2016年の大晦日、ドナウ川クルーズで辿り着いたブダペスト滞在の1日目の午後は現地のツアー会社に市内観光をお願いしていました。ハンガリー語の堪能な日本人のガイドさんがついてくださり、運転手さんとの連携もスムーズで3時間という短い時間でしたが、観光スポットをクルマと徒歩でとても効率よく巡ることができました。モデルコースがありましたが、私たちは午前中に既に聖イシュトヴァーン大聖堂を見学していたので代わりに国立歌劇場へ行きたいと申したところ、快くアレンジして下さいました。

これは市内観光の後半に夕陽が見たいという私たちのリクエストを、大平原トラベル福井祐介さんが叶えてくださった、王宮広場から見た夕陽です。それでは世界遺産のアンドラーシ通りを通ってスタートとなる英雄広場 Hősök tere のある市民公園 Varosliget へ戻りましょう。

ハンガリー建国千年祭のパビリオンとして建てられたヴォイダフニャッド城 Vajdahunyad vára の前には広いスケートリンクがありました。

この建物は何だと思いますか?地元の人たちがたくさん出入りしていますので、覗いてみましょう。

ブダペストで一番有名な温泉、セーチェーニ温泉 Széchenyi gyógyfürdő でした。入口には行列ができています。この人たちは温泉のスタッフ、おしゃれですね。

屋外にも水着を着た入浴客が沢山いました。

セーチェーニ温泉をあとにして、オペラハウスを目指します。

その前に世界遺産の地下鉄1号線 Millenniumi földalatti の駅を見てみます。ヨーロッパ最古の、地表のすぐ下の浅いところを通る地下鉄なのだそうです。タイルがキレイです。

レトロでかわいい駅のホーム。地下鉄を見てから地上にあがりました。

リスト・フェレンツの銅像。

487e8eb27a3560e61797bc1b6c488c55_d1481c81079ffb6

突然でしたが、エントランス・ホールから少しだけ入れてもらうことができました。ホワイエ foyer ですね。

5099be863aaba7655b9c78f81ac48acd_939abc11ed23e70
柱と壁はブラウン、台座がダークグレイと白、円柱は明るいグレイに黒。どれも美しいイタリア産の大理石です。床は白と黒のアンティーク調モザイクで覆われていました。
 

天井の装飾にうっとり・・・。奥はもっと素晴らしいそうですが、入れませんので見学ツアーのガイドブックを購入いたしました。

午後3時過ぎ、国会議事堂 Parlament (Országház) にやって来ました。ドナウ川とは反対側です。

トラムが目の前を通過、だいぶ日が傾いているのがわかります。

 

王宮のあるブダ側へクルマで向かい、急いで昇っていって何とか日没に間に合いました。
最初の写真もこの時に撮影したものです。

王宮の囲いの中をそぞろ歩きます。

さらに漁夫の砦 Halászbástya という展望台へ。中央には聖イシュトヴァーン王の像があります。大晦日の日没後の時刻で、なんとなく皆さん気もそぞろな様子でした。

ドナウ川が見えました。このあとはヒルトン・ホテル Hilton Budapest にて休憩し、無事、停泊中のベアトリス号まで送り届けていただきました。最後に動画です。

 

 

 

 

via いばりこぶた's WORLD
Your own website,
Ameba Ownd