ナチュかわオバサンの 気ままな生活

いつも「かわいいオバサン」でいたい、

そしてそのまま「かわいいお婆さん」に

なれたらいいなと思っているオンナが常日頃思うこと、

関心を寄せているものをこっそり語ります!?


テーマ:

真冬のドナウ川クルーズ8日目の朝はまだウィーンにおり、日が昇る少し前の午前7時半に次の目的地であるスロバキアの首都ブラチスラヴァへ向けて出航しました。到着したのが正午で、午後6時過ぎにはブダペストへ向けてまた出航しますので、ブラチスラヴァ滞在はほんの6時間ほどでした。旧市街を散策しました。

e8f225c7bf49c4de974556d792e84793_6eabfd2a910f3a8

12月30日の午後6時過ぎ。ブラチスラヴァ Bratislava の船着き場から、リバーベアトリス号がもうすぐ出航します。この日は貴重な快晴の日で、出歩かないと勿体ない感じでした。これはSNP橋。SNPとは スロバキア民族蜂起 (Slovenské národné povstanie)を意味します。 別名「UFOの橋」といいます。

ここで出航したら次はブダペストになってしまいますので、一旦朝に戻りましょう。

30日の朝7時過ぎ、リバーベアトリス号がウィーンの市街を離れる間際です。

午前7時半、静かに動き出しました。さよなら、ウィーン。

朝8時に日が昇りました。ブラチスラヴァまでクルマで1時間の距離を、川伝いに数時間かけて移動します。

クルーズ8日目にようやく青いドナウ川に出会いました。ワルツを口ずさんでもうすぐ目的地。

そうこうするうちにブラチスラヴァ城 Bratislavský hrad が見えてきました。

ランチが済んだら上陸します。

かわいい観光バスに乗って、新市街を抜けてブラチスラヴァ城を目指します。

「ひっ くり返ったテーブル」のニックネームで地元の人々に親しまれているというお城です。

お城の中へは入れませんので、眺めの良い場所からドナウ川を眺めることとします。先ほどはあの辺にいたのですね。またバスで丘を下りて、こぢんまりとした旧市街を散歩します。

 

スロバキア国立歌劇場。早くも日が傾いてきました。

 

ブタがモチーフのお店が結構多いのです。

人気のチュミル像。若い人たちが順番に記念撮影しています。

日本大使館がありました。

まだクリスマス飾りがありますね。午後3時です。

明日の夜のカウントダウンに向けて設営された公衆トイレも芸術的です。

こちらのお花屋さんは正月飾りの準備ができています。クリスマスローズの白が清々しいでしょう?

そしてミハエル門。

お菓子屋さんのショーウィンドウにはからくり人形。

午後3時台にはもう黄昏(たそがれ)です。

まだ大道芸人がいました。

そろそろ灯が点り始めました。気温はちょうど0度くらいです。船に戻りキャビンで一安心。

とっぷりと日が暮れて、ブラチスラヴァをあとにしました。

 
 
 
via いばりこぶた's WORLD
Your own website,
Ameba Ownd
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いばりこぶたさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります