真冬のドナウ川クルーズ11日の旅でドイツのパッサウ Passau をスタートし、オーストリアに入ってリンツ Linz へ、そして4日目に訪れたのが小さくて癒やされる町のグライン Grein でした。

これは小さい町グライン Grein のドナウ川沿いにある洒落たカフェSCHÖRGI とその後ろにある教会のライトアップです。船のリバー・ベアトリス号が停泊する船着き場のすぐそばにありました。

2016年12月26日の朝、クルーズ4日目にしてドナウ川沿いの町グラインはもうすぐそこ。

グラインの船着き場Municipalに Theater Grein にリバー・ベアトリスが到着。すぐ目の前にグラインブルク城が見えます。グラインは人口3,300人のちっちゃな町ですから、日本の旅行ガイドブックにはどこにも載っていません。上の方には、ザルツブルクよりもずっと小さいながらちゃんとお城がありました。

こちらは1枚目の写真と同じ、岸壁からカフェと教会を捉えたものです。さっそく散策してみましょう。

石畳のかわいいみち。この辺りが町の中心です。

教会ではミサが終わって町の人たちが出てくるところでした。しばらくして入ってみました。

祭壇の様子。

シンプルなクリスマスオーナメントがありました。

教会のお向かいにある銀行はお菓子の家みたいです。入口にブタの貯金箱のポスターが・・・。

そしてオーストリア最古の劇場は思っていたよりもずっとちっぽけでしたので数人ずつしか入れっず、外で待つことしばし。

ようやく入ってみると小さいながらも歴史を感じさせる舞台の幕。

ちゃんと2階席もありました。もう少しそぞろ歩きが済んだら、一旦船に戻ってランチをいただき、あとは数時間お昼寝してしまい、気がついたら日が暮れていました。もう少し探検をしに出掛けます。

船から町の中心地に出て・・・、ちょっぴり寂しい夕暮れかもしれません。

先ほどの劇場もひっそりしていました。

駅の方角へ歩いて行ってみるとますます寂しくなってしまい、無人駅で引き返しました。


 

店先にはまだクリスマスのディスプレイ。そろそろ船着き場に近づきます。


 

やや、かわいいお菓子のショーウインドウ!

と思ったら、ここだけ煌々と照らされていたあの最初の写真のカフェ Schorgi でした。このお店でもまたホットチョコレートをいただいて冷え切ったカラダを温めてから、船へと戻りました。明日はメルク Melk とバッハウ渓谷 Wachau Valley のデュルンシュタイン Dürnstein です。

 

 

 

 

via いばりこぶた's WORLD
Your own website,
Ameba Ownd