ナチュかわオバサンの 気ままな生活

いつも「かわいいオバサン」でいたい、

そしてそのまま「かわいいお婆さん」に

なれたらいいなと思っているオンナが常日頃思うこと、

関心を寄せているものをこっそり語ります!?

~*~*~いばりこぶたワールドへようこそ♪~*~*~





     2010年9月にこのブログを開設しました。 


     どうかのんびりとおくつろぎくださいませ。


     お気に召しましたら、また遊びに来てくださいね。



      プロフィールの写真は くまのパディントンです。
    

      (記事の写真で小さいのは、クリックいただくと大きくなります♬)






テーマ:

再び、今年7月10日から18日に出掛けたイタリア北西のちっちゃなヴァッレ・ダオスタ州の旅行記を続けます。前回お伝えしました「パラダイス」という植物園のあるヴァルノンティまで、その翌日もコーニュからバスで向かい、そこから川沿いの22番というコースをのんびり歩いて行きました。

 

植物園訪問についてはこちらの記事をご覧ください。

ヴァッレ・ダオスタ州の旅・その6;グラン・パラディーゾ国立公園のパラディシア植物園で出会った花々

 

川沿いをただただ南へ向かうと思うと、単調でつまらないのではと心配したのは全くの杞憂で、次々変わっていく絶景と道沿いに咲いている花や蝶々たち、そして色々なハイカーとあいさつを交わしていると、愉しい時間は瞬く間に過ぎていくようでした。

~*~*~*~*~

それでは一旦、スタート地点に戻ります。

パラディシア植物園を訪れた7月12日は小雨模様でしたが、コーニュのベルビュー・ホテル&スパで迎えた翌13日の朝は快晴です!ハイキングの装備をしてホテルを出発し、コーニュ・チェントロへ徒歩で参ります。

ヴァッレ・ダオスタ州の旅・その3;コーニュの可愛らしいベルビュー・ホテル&スパに滞在しました

観光案内所のあるコーニュ・チェントロ。


陽射しを待ちわびたとばかりに、午前中から老若男女がバスターミナル前に集まってきています。

この可愛い女の子とおじいちゃまとはバスで一緒になり、愉しくお喋りいたしました。

夏の繁忙期は無料になる市内循環バスでコーニュからヴァルノンティ村へ。車窓の風景です。

22番の遊歩道を歩き始めました。詳細はこちらのグラン・パラディーゾ国立公園公式サイトをご覧くださいね。

ポニーに乗るお行儀のよい子供たちとすれ違いました。ほかにもマウンテンバイクに乗る親子連れやバギーを押すお母さん、可愛いワンコを連れてお散歩気分のお嬢さん、そしてポールウォーキングを楽しむ老夫婦など、みな和やかでした。

橋を渡って反対側の川沿いの道へ。

前日、植物園で見た花に似た花々が咲いています。

ホテルからは遠く谷の向こうに見えていた3700メートル級の雪山が、進むにつれて次第に眼前に迫ってきます。

支流もキレイ。

険しい斜面が迫ります。

しばらくは平坦だった道が次第に山道に。

登った先に天国の山がいきなり現れました!

道の脇に大きな岩がごろごろ集まっているところに腰掛けて、ランチをいただきました。空気が澄んでいて気持ちいいこと!

戻り道はまた違った風景を楽しめます。

下りはあっという間ですね。

歌を歌いながら歩いているとすぐ平坦な道に出ました。

こんな光景、決して忘れることはないと思います。

今度は春先に来て、アイベックスやカモシカに遭遇したいものです♬


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)