うー大漁!!さかな芸人ハットリです。


Twitter、facebookでは既にお知らせしましたが、私さかな芸人ハットリ、これまで「そらなさゆりのつりタメ!」でお世話になってまいりました沖釣り専門誌「つり情報」さんにて5/1発売の5/15号より、月1で連載をもたせていただくこととなりました!

{F0847554-3945-4D90-9A2E-2AD7BE8D3E2C}

タイトルは「さかな芸人ハットリの釣れたら食わねば!」

{D68AA752-8316-4A38-B459-D0A4E4DF712E}

釣り人が捨ててしまう魚、捨ててしまう部位を食べることを主軸に、僕が釣りで奮闘している様子やお魚の情報などをお伝えし鱒。


なんとカラー4ページです!!


詳しい内容は紙面をご確認ください^ ^皆様記念にたくさん買ってください^ ^

{343510D7-D305-4E30-8E05-A37419F2A2FF}

{3F4D68FA-A30F-4F70-95D5-9BF4EF842AF9}

これまで金魚を、アカエイを、ウツボを食べてきて良かった!!ゲドゥー様に感謝です!!


そして取材でお世話になりました金沢八景忠彦丸さん、さつま揚げ専門店、笹塚愛川屋さんありがとうございました!!


ここから光に向かうダツごとく突き進んでいく所存です\(^o^)/


◆◆ハットリへの御仕事依頼、出演情報等は こちら◆◆
AD
うー大漁!!さかな芸人ハットリです。


ちょっと遅くなってしまいましたが、木曜日は「そらなさゆりのつりタメ!」でした。主役のそらなさんが体調不良によりおやすみ。そしてMCかとうさんが産休によりラストという寂しい回でした^_^;


そういう時こそ盛り上げなければならないのが芸人。にもかかわらず放送中に「寂しい」を連呼してオキトウ編集長に怒られました(´Д` )しっかりせねば(´Д` )


実釣は平和島にあります「まる八」さん出船の東京湾シロギス釣り。まる八の若船長さんは顔が若干僕に似ています。年は一つ違い。弟かと思いました\(^o^)/


東京湾とは思えない荒れ方でしたが酔い止め奥義「ヤナギノマイ」を駆使してなんとかなりました。奥義の詳細は放送を見てください^_^


さてさて、2015年から釣れた魚種をカウントしている僕ですが前回のつりタメ実釣、走水の吉明丸さん出船のビシアジ釣りにて150種類目のスミツキアカタチ、151種類となるキンギョハナダイを釣って参りました。


そして今回もシロギス釣りのおゲドゥー様で魚種追加です!まずは。

{A1B0BF90-93EC-4B39-ADB3-B886E4882707}

152種類目、ムシガレイ!!


丸い玉があればタマガンゾウビラメだと先入観があり、放送中にタマガンゾウ!と叫んでしまいましたがよく見りゃ右頭。ちゃんと見なくちゃね(´Д` )


この直後にタマガンゾウビラメも釣れました。カレイ、ヒラメの変わり種が連チャン\(^o^)/


そして、放送中に「ガッチョ(ネズミゴチなど、ネズッポ科魚類の関西での地方名)釣って!」というリクエストコメントに応える形になったのがこの子!

{8B85396A-6C20-4A2B-B630-DE81235CBE96}

背鰭の模様からネズミゴチと思いきや。

{BA2D0DAA-D7D1-44E1-AB72-D3CC6563D808}

実釣放送とスタジオ放送の間に西野博士に写真を送ってみてもらい。。

{FDF1873C-4B07-4949-936E-91E4F3412C2D}

{75DA71C7-D667-452A-B7DB-D2C48D3E9459}

尾鰭の黒点模様などから出た結論は「ハタタテヌメリ」


153種類目、ハタタテヌメリです!


オキトウさんが東京湾のメゴチは減ってしまったと言った後の釣果。テンション上がりました。


さらに先週ちょうどメゴチの話をしたばかりのところで魚種追加です。サクラダイ、キンギョハナダイの話をスタジオでした翌週にキンギョハナダイ釣れてるし、なんかジンクスできつつあるかも。


スタジオ放送ではお料理も。


シロギス昆布締めや。

{51D95BB5-7810-41A4-9ECE-670105F00AA0}


おゲドゥー様刺し盛り。

{427B5DC9-BB5E-43CA-8C35-CE6ABB18B4BF}


定番天ぷら。

{00D1F3C4-426E-4877-8BB6-BA1CF9EA4C74}


アオサを足して磯辺揚げ風。オキトウさんが釣った、異様に引いたパックンチョ(イトヒキハゼの愛称。噛み付くからカミツキハゼとも言います。)の素揚げを添えて。

{C1A24E0E-ED74-418E-9AA5-0E83B7102EC1}

盛り付けに関してはまた居酒屋釣り人の店長にダメ出しして貰うつもりです^ ^


よくしてくださったまる八さん、ありがとうございました!!


つりタメのニコ生タイムシフトは


YouTubeは


ご視聴何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m


そしてかとうさん、本当にお世話になりました。元気なお子さんを産んでください。そして親子総出で僕をイジってください。


来週5/4のつりタメはおやすみ、5/11よりリニューアル放送が始まり鱒。これからも何卒よろしくお願いいたし鱒!


◆◆ハットリへの御仕事依頼、出演情報等は こちら◆◆

AD
うー大漁!!さかな芸人ハットリです。


昨日のそらなさゆりのつりタメ!実釣編ということで横須賀走水港の吉明丸さんより出船、ビシアジ釣りに行って参りました^ ^


これまでのつりタメでは、根岸社長からいただいたライトタックルでのアジ釣りしかしたことのなかった僕ですが、今回は初のノーマルタックルを使ったアジ釣りでした!

{DF028032-A599-436F-B58B-900FB583F127}

結果としては、うー大漁!!そらなさんも僕も35センチオーバーのアジや、二点掛けもできましてとても楽しかったです^_^


優しくレクチャーしてくださった鈴木雅之船長(同姓同名とのこと!)、ありがとうございました。


しかしまぁ。。ハットリが釣るときは

{B71E4899-16A5-49DE-AEFC-EED96E429F49}

曇り。むむむ。。


さゆり姫が釣るときは

{DEB3E500-339C-41A9-AD16-76B9A79DF834}

{22CE2FB3-D918-4D83-A602-087D7E93E4CE}

快晴。晴れの似合う女だぜ。


ワタクシ、いよいよ悪天候に対して責任すら感じはじめており鱒(´Д` )


そして夜のスタジオでは定番の刺身たたき、つみれ汁から最近僕が実験的に作っているアジの胃で作るチャンジャ、ゲドゥー様甘露煮まで、いろんな料理をみんなで作って食べて鱒。

{2B55728B-E490-4E02-B4D9-4035EC4B3EB6}


さらにはビシアジの釣り方を根岸社長がボードでしっかりとレクチャーしてくださり鱒^ ^

{96516AC8-7140-4252-8E0B-F3A5A4A6B474}

タイムシフト予約してくださった方、ニコ生プレミアム会員の方、番組ご視聴はニコ生配信ページから!


さらには過去のつりタメアーカイブも随時公式YouTubeチャンネルにて公開されているので、ご視聴ならびにチャンネル登録をよろしくお願いし鱒m(_ _)m


さてさて、今回の実釣前に149種類の魚を釣ってきたことをこのブログでお伝えしましたが、吉明丸さんにて新たに2魚種に出会うことができました!


まずは。。

{0781EEFB-DC10-4E40-82F5-9438A96C8B02}

記念すべき150種類目!!スミツキアカタチ!


アカタチ科のお魚を釣るのは初です。アカタチとイッテンアカタチしか知らなかったけど、西野博士曰くこの子が一番よく釣れるとのこと。


アカタチの仲間は体型こそ細長いですが、タチウオの仲間というわけではありません。Wikiを見るとスズキ目スズキ亜目アカタチ上科アカタチ科。スズキ亜目を3つの上科に分けた中の1つがアカタチ上科ということで、たくさんのお魚がいるスズキ亜目の中でも独特の仲間たちみたいですね。


背鰭に黒い点があればスミツキアカタチ、なければアカタチと勝手に記憶していたので西野博士に送るようにこんな写真の撮り方してましたが。。

{673F71DD-B415-4847-9F02-276AF83C3899}

もっと口を開くとわかる、口元の黒点が大きな特徴みたいです。

{FF0E9303-0F9C-48C7-BF58-C7E43AAFA7B5}

微妙に見えて鱒ね(´Д` )


150の大台にのり、200目へのモチベーションが上がって参りました!


そして151種類目!!初代ポケモンでいうところのミュウが。。。!!

{F88CBDF7-181C-4B07-975F-B6D8E1B3A6C8}

キンギョハナダイ〜〜!!!


先週のつりタメスタジオで紹介したばかりのお魚に出会えました。釣れてくれてありがとう。釣れがとう。


この子はメスですね。ダイバー時代に伊豆で親しんだこの子に釣りで出会うとは。


ソラスズメダイとかもそうなんですけど、僕、ダイビングや水族館で馴染んでいる魚を釣って手で触れることに異様に興奮してしまい鱒。昨日もテンション上がりすぎてそらなさん引いてましたから(´Д` )


ちなみにこのタイミングで根岸さんはトゴットメバルを釣ってらっしゃいました。つり情報の珍魚ファイルでキンギョハナダイに近い仲間のサクラダイとトゴットメバルはよく混じると書いてあり、その通りになってましたね。


スミツキアカタチ、キンギョハナダイ、トゴットメバルはスタジオにて甘露煮(煮付けのつもりが過熱しすぎただけ^_^;)でいただきました。キンギョハナダイ食べたって言ったらかつてのダイバー仲間は引くんだろうなぁ\(^o^)/


人によって魚への触れ方はさまざま。そんな中での出会いを大切にしたいなぁ、なんてまた真面目かつセンチな気持ちになっているさかな芸人ハットリでしたm(_ _)m


◆◆ハットリへの御仕事依頼、出演情報等は こちら◆◆
AD