Facebook・Twitterは、ほぼ毎日更新中です。SNSでしか読めないつぶやきも書きまくってます。
よろしければ「フォロー」はお気軽にどうぞ。
(Facebookでの友達申請も歓迎ですが、場合によっては”承認しない”可能性もありますので、ご承知おきください。)

FacebookFacebookアカウント(個人ページ) 白色の背景用Twitterアカウント

  • 04 Aug
    • もし自分がラップ講座をやるとしたら①【ネタ記事】

      なんとなく思いついたのもありますが・・・実は先日、地元のイベントで、公共施設を活用して、何らかの講師として活動してる・もしくは、デビューしたいという人向けに、施設館内の各部屋で、いろいろと講座を体験出来るというイベントが開催されてたのもあって。  (ちゃんと説明出来てるか・・・。今年は行けなかったのですが、昨年にお伺いしまして。興味のある方は「いわなびだめし」というキーワードで検索してみてください。)  で、自分は普段は、パソコンを教えるという感じなのですが、電源とか、パソコンの持ち込みとか、ネット(Wi-Fi)とか・・・そういう設備(というか、パソコンルーム的な部屋)は残念ながら、その施設には無くて。  それ以外に、自分に何か教えられる事は無かったかな・・・と思って。(ホワイトボード・紙・ペンだけがあれば出来そうなこと。)   ・・・思いついたのが、「ラップの作り方」なら教えられそうだな、と。  という訳で、これは完全に「ネタ」ですが、来年の出店も視野に入れつつ、数回書けそうな範囲で書いてみたいと思います。m(_ _)m    今回は、HIPHOP自体の歴史の話とか、何がリアルHIPHOPなのかとか、そういうのは置いときまして。  完全に単刀直入で、「何をどうすれば”ラップ”を作れるのか?」という話をします。   ・・・「音楽のリズムに合わせて、言葉で”韻”を踏んでください。」  一言で言ってしまいましたが、ドが付くほどシンプルに言ってしまうと、そうなります。m(_ _)m  そこから、どんな言葉を組み合わせて韻を踏むのか・音楽のリズムやメロディーにどう合わせていくのかという段階で、かなり奥が深くなってくるのですが・・・。  一番の基本形としては「韻を踏む」ことになってきます。   では、どうしたら「韻を踏む」ことが出来るのかというと・・・  日本語には”母音”というものがあると思います。  「あ・い・う・え・お」という感じで。 (ローマ字にすると、「a/i/u/e/o」という感じですね。)  韻を踏む鉄則としては、それぞれの言葉同士の”母音”が、全て完全に一致するもの~最悪一致してなくても、だいたい8割以上は合っていそうなものを探してください、という感じになります。  (もし一致してなくても、実は「歌い方」でなんとかしてる人も、かなりたくさんいるのですが・・・)  具体例としては・・・  「タバコ」という言葉があったとします。 ローマ字にすると「ta/ba/ko」となりますが・・・  ・・・この言葉に対して、韻を踏んでいる言葉を探すとします。  その時に確認する必要のあるポイントは、先ほどにも書いた通り、言葉の”母音”です。  例のタバコという言葉の場合、母音は「a/a/o」となっているので、これが一致するような言葉を考えていきます。  この場合、「騒ごう」という言葉も、 「sa/wa/go/(u)」←(uの部分は歌い方で調整します。”歌わないで延ばす”歌い方の方が良いかもしれません。) で、”母音”が先ほどのタバコという言葉と一致してるので、「韻が踏めている言葉」ということになります。   ・・・実はこれは、例題的なものなのですが、書いてる途中で思いついたものがあったので、それも出してみます。 「ららぽーと」↓「ra/ra/po/(to)」←(toの部分は先ほど同様に歌い方で調整出来ると思います。) これも”母音”が一致してるので、「韻が踏めている言葉」になります。  ラップの歌詞の作り方として、一番基本形である「韻を踏む」ということに、ひたすらこだわるという人もいれば、「歌うようにラップする」という感じの人もいたりするので、もし本格的にラップをやってみたい・始めてみたいというのであれば、いろんな人のいろんな歌い方・いろんな韻の踏み方を研究してみても良いかもしれません。  ・・・実はこれだけだと、まだ”片手落ち”状態なので、次に書くことがあれば、どうして自分がラップをやろうと思ったのか、などを書いていければいいと思ってます。  ・・・ネタ記事にお付き合いありがとうございました。m(_ _)m   

      テーマ:
  • 30 Jul
    • 実際にマイクを持ってみないとわからないこともある。

      *最初に何のことか説明しておくと、全体的にラップの話です。  2005年にLibraRecordsのUMB(ULTIMATE MC BATTLE)が始まって・・・ 2010年に、実際にエントリーしてステージに立つまでは、自分は掲示板のUMBスレとか、ネット上での評判を「見るだけ」の人だった。 ・・・問題は、その情報だけで、その人の人間性とか、どんな人なのか、その人のバトルのレベルなど・・・まで、判断しようとしてしまったことだ。   2010年に、自分は初めてバトルに出た。さらに言うと、ステージ上でマイク持つのも、その時が生まれて初めてだった。  そして、粋がって、「自分なら勝てそうなんじゃないか?」とまで、考えてしまってもいた。  でも、実際は遥かに違った。  その時の自分は、マイクの使い方(というか、どうしたら声がちゃんとマイクに入るのか)すら、全然わかってなかった。  1回戦はビートが良かったためか、奇跡的に勝てたけど、2回戦(BEST16)でその時の準優勝者に、フルボッコにされて、完敗した。     完敗はしたけど、その後から、GHETTOなどの現場(クラブ)に通うようになった。  通う、と言っても、オールナイトのイベントに行くのが、当時の自分には難しかったので、デイタイムのイベントだけだったけど。  その中で、クラブの入り口で会話して、仲良くなれた人もいた。 サイファーとかもやった。入口前で、七輪持ってきて焼き鳥焼いてるという強者の人もいた。(もちろん自分も一緒に食べた。)  その時期から、MC松島さんにも会える機会があって・・・今でも自分の好きなアーティストの1人になった。(貼り付けたのは一番好きな曲。)    最近、フリースタイルダンジョンという番組に出演してる、R-指定さんも、ドイケンさん・KOPERUさんと”コッペパン”というクルーを組んでた時代に、札幌にいらっしゃることもあって、この2on2のバトルとかは、自分も現場で見ていた。    ここまで書いて、結局何が言いたいのかというと・・・・  実際にマイク持ってみたり、現場に行って、その人に実際に関わってみたりしないと、わからないこともたくさんあった、ということだ。   実はバトルにも、デビュー戦以降、何回か出場しているのだが・・・ 緊張のためか、ステージに立つ直前になると、毎回足が震える。 無意識のうちにガクガクしたり、足に微妙に血液が回らなくなるのか、足がつってしまうような感覚を覚えることもある。 これも、実際にマイクを持ってみないとわからないことだった。   ・・・最近はあまり現場には行ってない。 バトルを動画で見るのは好きだけど、自分はやっぱり、他人のことを理由もなしにDISることが出来ないなということにも気付いてしまったので、最近はバトルにも出てはいない。 (それでも出たくなったら出るかもしれないけど。来年以降かな・・・)   一度始めたら続けなきゃいけないということもない。止めたくなったら、いつでも止めたらいい。 まずは「気軽に体験してみる」というのも、大いに結構なことだと思う。 やってみて、実際にそこに関わってみて、結果としてどうか・・・自分で体感してみて、そこからわかることもたくさんあると思う。   実はパソコンを選ぶ時の話とも共通してる部分がある。 時々、「WindowsとMac、どっちがいいんですか?」という質問をされることがある。 自分の答え方としては、大まかにそれぞれの特徴(Windowsは手に入りやすく、Macはどちらかと言うとプロ仕様・・・とか)は答えはするんだけど、結局のところ、最終的には「自分が触ってみてどうなのか?」という結論になってしまうのが、正直なところである。  実際にお店に行くなりして、実際に触ってみないとわからない部分も、たくさんあったりする。 メーカーによって、操作性・キーボードの感触・重さ・形・色・・・いろんな部分が細かく違ってる。 その中で、一番自分に操作しやすそうなのはどれか?や、自分に必要な機能が入ってるのはどれか?などを見ていく。 結果として、その観点が、余分な費用を抑えることに役立つこともあるし。  「見てるだけ」でも、それで満足出来るんならいいだろうけど、実際にやってみた方が面白いことも、存在するのだけは、間違いなく事実であると、自分はそう考える。   ↓数年前にUMB出場した時の写真が、全国販売されてたDVDにも収録されてます。(今は売ってるのかな・・・?)この時は1回戦勝てたんだっけ。2回戦でボコボコにやられたけど。    

      テーマ:

プロフィール

八日市屋智史(ようかいちやさとし)

性別:
男性
誕生日:
1989年04月02日8時半
血液型:
AB型
お住まいの地域:
北海道
自己紹介:
旅するデジタルアーティスト。 東京生まれ・北海道在住。

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。