心の病 PART8

テーマ:
ハンサムさん今日は東京にも桜の開花宣言が出ました。桜
皆さま 如何がお過ごしですか。桜**
気がつけば、三ヶ月もブログ更新もせずに居りました。
暮れから、以前紹介しました一般社団法人 身体均整師会出版「からだ,姿勢,健康,呼吸ー身体均整法研究」の2巻目に掲載されるために行われた座談会「12種体型-頭脳型』の注釈・手入れ校正 自業自得と言うか、その時の私の発言量が災いしてこれが結構の分量で,思いの外に手間取り,同時に、2巻に載せる別口の原稿依頼を気楽に引き受け、「脊髄反射法と身体均整法との関係を考察する-類別克服法の系譜」を投稿したり,確定申告ありのと言う訳で。。。。ございます。
弁解はさておき、「心の病」の本題に移りましょう。

心,感情,フィーリングなどが、脳が受け取る内臓感覚や身体感覚など身体からの情報が少なからず影響していることを説明してきました。
逆に姿勢の歪みから、その時の感情傾向や,精神的な問題がどの程度なのかを推測できることもお話ししました。
100年も前にアメリカの医師・エドモンド・ジェイコブソンは「リラックスした身体には不安は宿らない』と考え、開発した「漸進性弛緩療法」は筋肉を弛緩させることで、心のストレスを癒す方法ですが、私の身体均整師20数年の経験から,言えることは「心が病んだときは,精神科や心療内科,カウンセラーも結構ですが、漸進的弛緩法もさることながら、まずは身体の歪みを整えましょう。その時も、身体均整法の12種体型調整は大きな力を発揮します。」

この項のまとめに姿勢と心持ちとのおもしろい関係を紹介しましょう。
これは均整師の娘が教えてくれた
NHKのTED エイリー・カディ「ボディランゲージが人を作る」
https://www.youtube.com/watch?v=flQwXztDdfA
お薦めですよ。




AD

心の病 7

テーマ:
ハンサムさん
皆様
またびっくりポン現象が起こりました。
なんと当ブログが前回を上まるアクセス数をいただきました。

前回から、まだ更新もしていなく訳がわからない状態ですが、アクセスしてくださった方々ありがとうございます。

テレビ番組の「主治医の見つかる診療所」に出演することを切っ掛けに立ち上げた当ブログですが,家人には「もっと笑えるおもしろものを書いたら」「こんなの小難しいの誰が読むの」などの手厳しい意見を背に、書きつづけて9年間、とは言っても最近では月1回更新でしたが、まったく「継続は力」とは良く言ったものですね。

前回の続きに入りましょうか。

さてソマティックマーカー仮説で身体と心と脳の関係をご理解いただいたところで、
このテーマのpart3の稿で述べた
「心ハートとからだブルマ」は切っても切れない関係にあることを示す言葉 「心身不二」についてもう一度おさらいしてみましょう。

「心が病むと身体が病み,身体が病むと心が病む。」
「病は気から。」
「健全な精神は健全な肉体に宿る
こころこのように「こころと身体」の関係を聞く機会は案外多いとおもいます。

東洋医学の治療哲学では五臓の色体表,その中でも五志において、臓器に発する感情の関係が
挙げられています。

五臓と感情を結びつけて、

例えば 怒りは肝臓…何でもすぐに怒る人は肝臓の働きの矛盾を考え,逆にひどく怒ると肝臓を痛めるなどと臓器の働きと感情をリンクして考えます。

この東洋医学の考え方に立脚し,更に身体均整法では脊髄神経と臓器のつながりから,背骨の歪みがどのようになっているかと言う観点から,

怒っている人は、背骨から臓器に分布する脊髄神経とその臓器との関係から、肝臓に関係する椎骨、胸椎9番と胸椎10番もしくは胸椎10番、胸椎11番の変位が生じることが分かっているので、この自律神経の調整を通して体を整えることにより,感情・心にアプローチすることが可能なのです。

恐れたり、,悲しんだり、または憂いてしまったりする時には、その原因になる客観的な事象や、環境があるのでしょう。
しかしその時に生じた心の動きに伴った臓器の歪みは,その後もその時感じた感情・心の発火の閾値を下げしまうのです。

つまり身体、臓器の自律神経の変動により、その時に感じた感情を引きずり安くしてしまうのです。

こころの病を患っている方の 病の原因は,精神科や心療内科または臨床心理学者領域です。

今までの説明でご理解いただけたと思いますが、
身体均整法の調整は,医師など病気の専門家の治療をサポートし、その治療が有効に機能することを可能にする,「身体の環境作り」にお役に立てると言うことが出来るのです。
まさに創始者亀井師範がが残した「病を追わず」の実践なのです。

ベル 私が前・学園長を務めていた一般社団法人 身体均整師会付属
身体均整法学園 http://www.kinsei-gakuen.com/はこちらから。ベル

当学園の受講生・卒業者は
身体のことはまるで関わりがない方はもちろんの亊、指圧師,マッサージ師、鍼灸師,整骨師、理学療法士,整体師、WHO基準の教育を受けたカイロプラクター,看護師,助産師、
薬剤師、医師等の医療の専門家,博士号所有者、元大学教授、大学の副学長、年齢も経歴もいろいろ。

なぜ経歴のまったく異なる学生が一緒に勉強できるのか。

その答えは
身体均整法は故亀井進師範により創出され、
60有余年の歴史を有する日本が世界に誇れる、独自の理論体系を持つ身体調整法であり、どんな経歴をお持ちの方でも均整法を勉強しない限りは、身体均整法はわからないからのです。

さあ皆様
身体均整法を学んで、その精神である『世のため、人のため」をスローガンに健康開発・整姿(美容)開発・頭脳開発で世の中に貢献しようではありませんか





AD
皆様ハンサムさん
びっくりポンです。
数日前、同業の娘が,FACEBOOKで当ブログを「マニアックすぎ」と評してくれたお陰で,ブログ開設以来のアクセス数を記録し、何だか気合が入っちゃいまして、今回は早めの更新に成りました。

日頃、私は家人に恥ずかしくなるくらい「わかりやすい質」と言われるのも,無理はないかと感じております。

びっくりポン現象はさておき,早速「ソマティックマーカー仮説」続きを始めましょう。
まずソマティックとは身体と言う意味で,マーカーは記録のマークの派生語なんですが、
自分的には「身体(情報)刻み感覚仮説」がいいじゃないかなぁと思っております。
と言うのは
アントニオ・ダマシオは、
情動,感情,推論・結論ー意志決定と言う枠組みの中で、
脳の前頭前皮質の働きである、体に起こることすべての情報、例えば五感や内臓痛・飢餓・渇き・満腹・悪心・痛み・尿意・ 便意・性欲などの内臓感覚・筋肉系の感覚や骨格系の感覚の体性感覚,などの身体感覚の集約と対応処理の中で,学習して、心を感じる脳を作り上げていく。

つまりところ、ソマティックマーカー仮説とは
「今までに前頭前皮質に刻み込まれた身体感覚が、心ー感情を脳で作り上げていくと言う仮説
」ざんすと言っちゃいましょうか。

この解釈、著書の原題を文字って youichi`s error と言うのでは頂けませんが、まぁ当たらずとも遠からず、ではないかぁとおもいます。

これを、 こころの病part2 で紹介した息子の運転で,私に不整脈が出た例を取って説明しましょう。

駐車している高級車と我が家の車との距離の視覚認識、近まる、心臓のドキドキが始まり、ぶっかる危ない思ったときの一連の心的動きが情動。

その後、駐車している車の脇を通るときに漠然と感じる不安感、これはその経験(前頭前皮質に刻まれた身体感覚)から不安という感情を感じる脳になると言うわけです。

感じる脳はダマシオの生存する脳(原題 デカルトの間違え)に続く著書で原題は
Looking for Spinoza(スピノザを探して)
スピノザはデカルトと立場の対峙する哲学的存在。
さて情動と感情、ソマテッィクマーク仮説,そして脳についてはこんな所にしておきます。
次回からは こころの病 のテーマの核心に入ります。

皆様ご期待ください。

余談・DVDのお薦め
昨日 「セッション」http://qq1q.biz/p0nLを見たのですが、最後は圧巻、寝るのを忘れて見てしまいました。久しぶりにおもしろかったです。





感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ/ダイヤモンド社
¥3,024
Amazon.co.jp

皆様
大分、秋めいて来ましたが,ご機嫌いかがでしょうか。
ブログを更新してから、すでに2ヶ月もたってしまいました。

前回、既に慢性化している腰痛を例に、ストレスを中心にしたこころ(情動)の問題と個別の身体が持つ物理的な歪みから、その発症の原因を考えて来ました。

まずは補足として、身体の物理的な歪みが、痛みを作った例を挙げてみましょう。
2週間前ほどの例です。
前夜より、ベッドに横たわることももできないヒドい背部痛の男性。
観察では
均整法で言う,生理的湾曲の狂い,アプライド・キネシオロジーで言う視覚性立ち直り反射のくるいがでている。
東洋医学の五行の考えを元にした均整法の独特の観察により、精神的な歪みを読み込むと,腎と脾臓.つまりは恐れと考えすぎ(五行)。
まあこれだけの痛さー恐れが入るのもわかる。

足を使った運動を相当量こなしただろうなという歪みが見えてくる。

そこでご本人に尋ねると、
クライアント
「実はジョギングしたのですが,新しいジョギングシューズの初日で,靴が足に当たって痛かったのです。」

「それで分かりました.その背部痛の原因は慣れない靴のせいですね。」
このように足に合わないジョギングシューズが足の歪みを作り,その代償として首、背部痛が生じたことが分かりました。

この背部痛のように、特定の場所の物理的な歪みがほぼ直接的に、症状をつくる場合もあるわけです。
因みにこの方、次の日の2回目の調整で,完全に痛みがなくなりました。

さて今回の本題の「こころの病」に焦点を当ててみましょう。
「こころの病」と言っても,いろいろの症状・診断がありますでしょうね。
私は医師ではありませんので、これについては何とも言えません。
身体均整師として、心身症やこころの問題を身体の歪みの観点で考えるということです。

したがってこの観点での考察には限界はあります。
この限界についての説明は,後ほど述べたいとおもいます。

さて突然ですが、
「ソマティック・マーク仮説」って聞いたことがありますか。
ポルトガル生まれのアメリカ人神経学者.神経科医であるアントニオ・R・ダマシオの著書
「生存する脳」原題は(Descartes`Error-)デカルトの間違え
の中で述べられたことです。

皆様ご存知、デカルトはフランスの17世紀の哲学者で「我思う故,我あり」の言葉(命題)は有名ですよね。
「人間機械論」につながる、人間の精神と身体は別々に存在するという二元論を主張し、ギリシア哲学者アリストテレス「霊魂と肉体を表裏一体とする」の一元論の向こうを張るものです。

この認識の差は医学においては,
西洋医学に於ける専門,細分化,(二元論)
東洋医学に於ける全体からのアプローチ(一元論)
とそれぞれ病気に臨む立場を反映しています。

続く


生存する脳―心と脳と身体の神秘/講談社
¥3,024
Amazon.co.jp
デカルトの誤り 情動、理性、人間の脳 (ちくま学芸文庫)/筑摩書房
¥1,620
Amazon.co.jp

こころの病 4

テーマ:
皆様ハンサムさん
毎日暑い日が続きます。スイカ_01
如何お過ごしですか。海。

さて早速、テーマの続きを始めましょう。
身体の姿勢を通じて、東洋医学の臓器と感情の関連を軸に、その臓器に関連した背骨の変位から、その人の情動がどのよう傾向にあるかを想像ができることを、前回お話しました。

以前、均整師の娘が音叉を使って、心理的なアプローチから身体の歪みを調整する療法の勉強会に参加し,私にその療法を見てもらいたいというので,その勉強会の見学に行きました。
その時は、腰痛を解消するセッションでした。

私は音叉の振動療法の効果は認めていますが、話を簡単にするために、使用する音叉効果については今回は触れません。

腰痛が発症した時の心理的なストレスの所在を、職場や近親の人間関係などから,探索して本人に心理的なストレスと腰痛の関係を認識させるものでした.
セッション終了後、セッション前の痛みの程度を10として、本人に痛みの軽減を自己評価させた,結果は2、つまり8割痛みが取れたとの評価でした.

その痛みが軽減するプロセスを、当ブログではお馴染みの、歪みの体系を姿勢の観点からまとめてある12種体型を元に観察していくと、セッションが進むに連れ,歪みは消失していくのです。
しかし残りの2割の痛みの原因は。。。。。

10から12人のなかで行われているセッションで,口をはさむチャンスがあったので
私は均整法の観察から,その腰痛の持ち主に
「貴方,左の手首を過去に骨折か,怪我などしていませんか。」
と聞いてみました。
「はい,左手首を昔、骨折しています。」
わたしの観察では、残りの2割の腰痛はその骨折した手首に関連した頚椎変位が自己調整のため連動して、腰椎4番の変位が残っているからだと考える旨をその場で伝えました。

参加されている方は口々に「すごいですね」など感心してくださいました。
その参加者のなかに,以前、身体均整法を勉強した中年の男性がおられ,昼食の時には専ら均整の話に花が咲き,身体均整法の面目躍如ということになりました。

身体均整法自慢は、さておき、

ここで言いたいのは、身体の症状の多くは,こころの問題を除外しても、身体の物理的な歪み,例えば、本人がすっかり忘れている過去にやった骨折の瘢痕等は、それを調整しない限り,腰痛の原因として残る,詰まり腰痛の症状はなくならないということなのです。
又これは、逆も言えるわけです。
身体の歪みだけとっても、こころの問題を解決しなくては症状は解決しない。

心理的な歪みと同様に、物理的な身体の歪みからなる腰痛の原因は、発症の必要条件であるが、それぞれは原因の十分条件ではないと難しいむずかしい言うことなのです。

今まで述べていることは、例えば椅子に座っていたら、その椅子が壊れて尻持ちをし、、尾骨が痛くなったなど、急性的な身体の症状には、こころの問題がまったく関わらないものがあることを、踏まえてのことですので、その点よろしく。

次回はこの関係を、こころの症状にスポットを当て考えていきましょう。

続く





こころの病 3

テーマ:
皆さまハンサムさん
ご機嫌如何がですか?
東京では、ジメジメ天気した梅雨模様です。
さてテーマの本題に入りましょう。sao☆

まずは「心身不二」
これは「心ハートとからだブルマ」は切っても切れない関係にあることを示す言葉。
これについて、お話しましょう。

世間では
「心が病むと身体が病み,身体が病むと心が病む。」
「病は気から。」
「健全な精神は健全な肉体に宿る
こころとか 「こころと身体」の関係を示す言葉が使われています。

東洋医学では
肝臓は怒り.心臓は喜び。腎臓は恐れ.肺臓は悲しみ(憂)。脾臓は熟考と
五臓と感情を結びつけて、例えば 怒りは肝臓…何でもすぐに怒る人は肝臓の働きの矛盾を考え,逆にひどく怒ると肝臓を痛めるなどと臓器の働きと感情をリンクして考えます。

均整法ではこの東洋医学の考え方に立脚し,更に脊髄神経と上にあげた臓器のつながりから,背骨の歪みがどのようになっているかと言う観点から,その方の情動の傾向を観察する点があります。

調整する前に、来院されたクライアントさんがどのような歪みを持っているのかを観察する時に,
臓器の歪みと姿勢からその方の情動傾向も観察できます。

何か嬉しいことがあったのかなぁとか、
深く考えている何かを持っているのかなぁ考える,文章を書く仕事本なのかぁとか,
なにか怒りをブチッ!!持っているのかとか、
これは思うとおりにできないフラストレーションを抱えているのかなぁとか,
うつ状態鬱、etc


その観察は必要に応じて、クライアントさんにお伝えするのことがあるのですが、その場で泣かれてしまうようなことは何回も経験しておりますし,それを切っ掛けにそのかたが置かれている状況などを話してくださいます。

ちょっと前に「怒りは腰痛である』と言う本が話題になりましたが,これは均整法では60年も前から常識ですが,もちろん腰痛の原因が100%怒りと言うわけではないので,誤解しないでください。

しかし、この感情の有り様を勘案しないと、来院されたクライアントさんの症状改善の調整はできないケースが多々ある事も確かなことです。
続く

身体均整法学園・大阪校10月開講です。
6月20日の土曜日は私が大阪校の説明会で頑張ってきました。


こころの病

テーマ:
ハンサムさん
皆様
ご無沙汰致しました。
東京でも梅雨入りとか、いかがお過ごしですか。あじさい

5月26日27日と行われた一般社団法人 身体均整師会の第125回全国講習会の講師の依頼を受け,その準備で精一杯状態。
と言うのも、今回の講師は3回目、私としては身体均整師24年間の総括としてまとまったものを提供したかったので,十分に準備し講習会に望みました。

妻には「お父さん、時間とおかねをかけて受講する方々に次の日の仕事に使えるような講義をしなくてはダメよ。大体あなたは早口だし,説明が下手、それでなくともあなたは。。。。」

アシスタントを頼んだ均整師の娘には「お父さん、時間配分どうなっているの?それでなくてもおとうさんは。。。」

と、まぁいろいろなプレッシャーを乗り越え.手厳しい意見を参考に、2日間の講義のテーマは
1 本年、身体均整師会の創刊された研究誌に,私が投稿した論文(もどき)の説明
2 身体均整法の12種体型調整の信頼性について,その支えになる身体の現象に関する知見と、医学者のデータをもとにできる限り,科学的(再現すること)に証明すること。
3 後進に伝えておかなくてはならない均整法の研究に大事な2,3の事柄と姿勢保健均整専門学校時代の講義ノートに書かれていた現在では知られてない調整方法の伝達。
4 現在手技療法の世界で注目されてきている「姿勢と身体」、なかんずく姿勢の重心支点に関する身体均整法ー創始者亀井進師範の慧眼についての解説。
屈強の男性4人のモデルさんをお願いして、上半身ブルマ裸で行った再現実験も見事に成功。(当初5人の方にお願いしていたのですが1人は時間切れ)協力いただいた方々、この場を借りてお礼申し上げます。
てなわけで
お陰様で無事終了することができました。あんしんほっ
今日はブログ再開のご挨拶がてら,近況報告ということで,本題については次回から書きたいと思います.
おじぎまたのお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。


心の病 part2

テーマ:
皆様ハンサムさん
昨日の節分如何お過ごしでした。
当家は夕ご飯前に豆撒きを済ませ,恵方巻を夕飯に頂き、午前12時を待って、高田馬場の穴八幡から受けてきた「一陽来復」のお札を無事貼り付けることができました。
このお札,一度貼り付けた後に落ちたりしても再度貼り付けること不可。

金銀融通の穴八幡神社はわたしの父と母が結婚したてに、今で言うカフェ・レストラン「オリンピア」を開いた大曲り<母はそう呼んでいた>から200から300メートル位先.
その『オリンピア」ですが、早稲田の学生さんがたむろっていたそうでした。

さてそのお札しっかり貼り付けた後,本年の運気、易を立てみると『地雷復』陰の基調から陽が芽生える文字通り『一陽来復」。

この卦はまさに、先日観たDVD、心理学者・ユングと精神分析学者フロイトと女性の精神分析医シュピールライン<ユングとちょっと複雑な人間関係でフロイトにも関係のある>3者を描いた『危険なメソッド」の中でも描写されていた意味のある偶然性ーシンクロニティを感じるチョイうれ結果でした。

私が何かの折には「易占」を立てるようになったのは、一人のクライアントさんとの出会いが切っ掛けなのですが,それはまたの機会にお話ししましょう。

さて前回の続きです。
思いつくままに精神的ストレスと身体の関係を場合分けして、述べてみましょう。

まずは精神的なストレスの身体の歪みが身体症状につながる例。
私が経験したことを紹介しましょう。

息子が自動車の免許を取ったばかりのころ,20年くらい前のことです。
習熟目的で、息子の運転する脇に乗り、夜な夜なドライブをしていました。
ある2車線の通りで,路肩に高級乗用車が路駐,対向する車が迫り,私なら一旦停止して、対向車を通し、それから進むと言うシーンでした。
息子は車線ぎりにハンドルを取り,臆さず前進。軽バン

私の視界には路駐の高級乗用車の側面う

ワァ。。。ワァーぶつかる!!

ぶつかりませんでした。
しかしそれを契機に私の不整脈が始まりました.
そんな症状いまなら,何ということはないのですが、そのころはまだ駆け出しの均整師,不整脈が収まるまで2ヶ月くらい続きましたか。

これは精神的なストレスが身体症状につながった例ですが,次回は肉体的なストレスが心理状態に影響する例について述べてみましょう。
では
私が前学園長を努めた,重心から姿勢を観察できる身体均整法の学園です
"http://www.kinsei-gakuen.com/"

心の病

テーマ:
皆様ハンサムさん
節分までに数日を残しておりますが,如何がお過ごしですか。
はつらつセラピーは2週間ほど前から始まった、外壁などの塗り替え工事ピカ☆が無事終了しました。
お越し頂いたクライアントさまはじめ、ご近所の皆様にもご迷惑をおかけ致しました。



さて今日のテーマですがストレス社会の今日、多くの人が心を病み,苦しんでいます。

身体の歪みを治す,身体均整法ですが
一見すると心のストレスと身体の歪み
関係が無いように思われるでしょう。

ところが心と身体は皆様が考えている以上に関係が深いものです。

例えば,驚いて腰を抜かすとか,
そこまでいかなくてもショックで立っていられずへたり込んだとか、心配や心労で胃が痛んだり、意中の人と会うのに胸がドキドキするとか、身体と心の関係の例を挙げると枚挙にいとまがありません。

先日、医学部の漢方の先生とお話しする機会があったのですが、その時伺った話を紹介しましょう。

ある病気に大変有効な薬とプラセボ<偽薬>を、2グループに患者を分けてそれぞれ投与、その比較で薬の有効性検証した研究の学会発表、何とその結果は大変効くと定評のあった薬と偽薬とほぼ同じ。

いわゆるプラセボ効果に驚いたと言うことでした。
これも心とからだの両者の関係を如実に表していることです。

東洋医学では臓器の働きと精神状態を重ねて考えますが、
身体均整法ではこの関係を一歩進めて、この精神状態と姿勢と結びつけてとらえています。

この様に書くと
フムフム、なるほど、
確かに憂鬱な時は,どうしても下向いてしまうし,良い事があったときはガッ・ポーズするもんねと思われるでしょうね。

その意味でも心の動きと姿勢は文字通り、リンクしていますが,私の言う姿勢とは重心が右に傾くとか、捻れるとか、このような姿勢の重心を通して診る身体均整法の観点から、姿勢を12種類に分けた体型,その姿勢に表れると言うことです。

身体均整法では、先ほど述べました東洋医学の心と身体の観察から、例えば怒りは肝臓とか、喜びは心臓とか、憂いは脾臓とか、これらの臓器の働きが醸し出す姿勢を12種体型の観点から分析、怒ると胸椎9番と10番,心配すると胸椎3番、4番<その他は略>の両側指2本の部位が興奮して緊張し、それらの偏在凝集力の作用により姿勢の歪みとして表現されることを明らかにされています。

生活のなかで色々な情動が起こりそして消えるそれが毎日の生活ですが,その情動のインパクトが大きいとその時の感情がなせる背骨の変位からその時の歪みが姿勢に残ると言い換えたほうが分かり安いかもしれません。

続く
では
私が前学園長を努めた,重心から姿勢を観察できる身体均整法の学園です
"http://www.kinsei-gakuen.com/"