アメリカ在住向け 通じる発音を手に入れて英語環境で働こう

アメリカ英語の発音レッスンをしています。
北米生活16年目
北カリフォルニアからアメリカ生活が始まり→ロサンゼルス→カナダ→ロサンゼルス→カナダ→そして2016年の夏に念願のハワイへ引っ越し
アメリカ人夫とビーチを散歩するのが日課です


テーマ:

メールコースではどのようなことが学べるのですか?という質問をいただきました。
なので、どのレッスンでどのようなことが学べるのか紹介しますね。アメリカ在住で発音力が必要という方のために書いた内容です。
 

Day 1 リラックスで腹式呼吸→力が入ると全然違う単語になってしまう例。どのような単語を注意したらいいかという具体的な例

 

Day 2 LとRが逆になっている→日本人はLとRを逆にしてしまってる傾向があるので、発音の仕方をまず明確にします。アメリカ人からのアドバイスがあまり適切ではないという例。辞書の発音記号通りには発音しないこともあるという例。Lのすぐ後にRがくる場合はどのようにしたらいいか。など

 

Day 3 難しい英語の母音1→Schwa など重要な母音の発音の仕方。カタカナ表記では同じでも、英語では全然違うというややこしい単語リストと、どうやって違いを出して発音したらいいかというヒント

 

Day 4 難しい英語の母音2→Rの発音の仕方は3つあるのですが、それを明確にしました。Hit の母音は日本語の「い」じゃない。Head の母音は日本語の「え」じゃない、など

 

Day 5 難しい英語の子音→日本人にとって特に難しいTHとFについて、詳しく発音方法を書きました。それから、意外と知らないNなどの発音方法。日本語の「じゃ」は英語で2通りの発音方法がある。Yの発音。Wの発音

 

Day 6 Tの発音でアメリカ発音へ→Tは様々な音に変化するのですが、それを5つにパターン化しました。以前無料PDFで書いた内容をさらに訂正&情報追加してます

 

Day 7 速い発音を練習しよう→速い発音の仕組みを4つにパターン化しました。

 

Day 8 どこを強く発音するかが大切→強く言う場所によって意味が変わってしまう例など。強く発音する単語とそうでない単語の見分け方。文章でどこを強く発音すればいいか、など

 

Day 9 イントネーションを英語らしく→典型的な日本語アクセントを取り除く方法を紹介しています。


アメリカ在住で発音にお困りの方は、ぜひコースをとって発音のことを知ってみてくださいね。大人になってからでも上達します。聞いている相手にguess してもらう必要がない生活を目指してみませんか?

 

 

詳しくは、私のウェブサイトをご覧くださいね。

 

無料のウィークリーニュースレターに登録された方にはディスカウント価格で提供しています♡ 登録はこちらからhttp://eepurl.com/cpx-eD

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。