特別支援教室、というのもです。

 

文京区では「学びの教室」と呼んでいます。

 

簡単に言うと、

 

通級とはいつも通っている学校の授業中に抜け出して

 

必要な支援をしてくれる区立の学校に通うこと、

 

特別支援教室になってからは

 

わざわざ足を運ばなくても

 

専門知識を持った先生が

 

今いる学校に来てくださること。

 

 

ま、だいぶ良し悪しがあるので

 

8分の1の方が通級を選ばれたそうです。

 

 

これまで通り通ってこられる方々が

 

いらっしゃるとのことですが

 

いずれ通級の制度がなくなるので

 

今後のことも考えていかねばなりません。

 

ちなみに通級の新たな申し込みは行っていないので

 

新入生たちは皆、特別支援教室です。

 

 

これまでと制度が変わるので

 

今まで通級にいた方たちの特別措置として

 

希望する方だけ通級制度を残した、とのことです。

 

何度かブログに載せているかと思いますが

 

なぜ特別支援教室が懸念されるのか、

 

それは、違う学校での環境の変化、

 

同じ学校のお友達との確執、

 

ようは、子供の心の問題です。

 

違う学校で同じような子供たちが集まって

 

みんな自分と同じなんだ、という安心感、

 

自分の学校ではほかの子との差を

 

率直に感じ取ってしまう劣等感。

 

 

そんな中での新制度、

 

今日から始まりました!

 

 

さて、息子はどうだったのでしょう????

AD