ぼんじゅーるぼんのう。

初田悦子のライブ情報や日常を、若干の脚色を含めてお届けします。


テーマ:
先日アップした、祖母の入院の記事、

たくさんの方に励ましのメッセージを頂きました。

ありがとうございます!!


そして、先日、無事に退院致しました。

実は、Facebookには近況を投稿していたのですが、

こちらにはアップしていなかったので、

ご心配くださった方にご報告の意味も含めて

時差はありますが、そのままアップ致します。


☆祖母の入院生活覚え書き☆

火曜日。

今朝は絶食からやっと解放された祖母と
一緒に朝食を。

楽しかった。

もちろん、祖母はまだまだお粥さんですが、

付いていたぶどうゼリーを
これでもか!ってほど
大切に美味しそうに
カップがピカピカになるまで
食べている姿を見て


嬉しくて、
せつなくて、
泣けてきた。



ばあちゃん。
明日、退院出来るって。



あらー。
おめでとうございます。



いやいや、ばあちゃんがよ。



わたし?わたしが?
入院?
いや、わたしは
ここに勤めとるよ。



おっ、それは新しいね!
でもばあちゃん。
ばあちゃんが退院するんよ。



あら、そうね。
…退院して、どこいくか?
わたし家がわからんたい。



大丈夫。
私らが連れて帰るからね。
じいちゃんが
ずーっと待っとるけね、
じいちゃんとこ帰るよ。



ああ、おとうさんやね。
元気しとるかね?
うんうん、北九州帰ろう。
そうよそうよ。
えっちゃん、あんた
北九州住んどるの?
いつから?



北九州かぁ、懐かしいねぇ。
でも今は住んどらんのよ。
ばあちゃんは今、大阪に
住んどるんよ。
私らの近くに住んで
もろうとるんよ。
ありがとね。



うんうん、ええよええよ。
へぇー知らんやった。
いつの間に。
へー。。。うとうと… ぐぅ。





相変わらず、
ステキにトボけています。
しかし、いつの間に勤めていたんだ。笑


それと、今日は久々に入浴許可も出て、
フカフカのツルツルのピカピカになって、
ええ顔して部屋に戻ってきました。


その介助してくれた看護助手の方が、
なんとも明るくて優しくて素敵なお人柄。

しばし三人でガールズトーク。

やっぱり、ばあちゃんの周りには
素敵な笑顔が集まります。


ばあちゃんが自慢話するから、
母のことも娘のことも
みーーんな知れ渡っていた。笑


というわけで、
祖母の身体にぽこぽこ現れた
癌が取れたわけではないですが、

明日、退院することになりました。


じいちゃんと暮らすことが、
ばあちゃんの何よりの望みなので、
ホッとしてます。





よし、決めた。



近いうちに、ホームで
コンサートを開こう。


退院祝いと、感謝を込めて。



黒田節、練習しとこっと。

$ぼんじゅーるぼんのう。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
※今日のブログは、私の個人的近況です。



母方の祖母が下血して昨晩から入院しました。

(以下、ばあちゃんと書かせてください)

ばあちゃんは端から見れば痴呆症の老人ですが

私にとっては何も変わらない

ものすごく優しくて人をとても大事にする
笑顔の絶えない素敵な人です。

いつだってばあちゃんの周りには、
笑顔が連鎖しています。

そんなばあちゃんを
誇りに思っているし、
会うたびに、ばあちゃんのように
自分の笑顔で人を笑顔に出来るような人になりたい。
と思っています。

そのばあちゃんが、
二人で一つと互いに言い合う
おじいちゃんと離れて、一人で入院。


痴呆症で体力のある老人は点滴を抜いたり
徘徊したり急に暴れることがあるとかで、
付き添いする家族がいなければ拘束をされるのが
病院のお約束なのだそうです。

腑に落ちないけれど、仕方ないのかもしれない。


昨晩は、どうしても付き添うことが出来ず
同意書の意味や事情もよくわからず、
そういうものなのかと納得せざるを得ず、
拘束させたまま一晩を過ごさせてしまいました。


ばあちゃんは一晩泣き叫び続けたそうです。


死ぬ準備はもうできているから、
いつ死んだってかまわないから、
こんなことをして生かしてもらわなくていい。
舌噛み切って死ぬ!と。


その話しを翌朝聞いた私の母は、
泣き崩れました。悔やんで一人謝り続けていました。


痴呆症だから、その晩のことすら覚えていないかもしれません。
だから、こちらは気にしなくていいのかもしれません。


でも、ばあちゃんは、確かに悲しかったんです。


疲れきったばあちゃんは、朝方やっと少し眠ったそうです。

私と母が病院についた時はもう、
ナースステーションで車いすに座って
監視のためとはいえ人がいるところに置いてもらって
笑顔で看護婦さんと話しをしていました。


看護婦さんに


忙しいのに話しをしてくれてありがとう、
お世話になりました、ありがとうありがとう
と繰り返し手を握ってお礼を言っていました。


でも、その顔には疲れと涙のあとがありました。


もう覚えていないのかなと思いました。
でも、悲しかったって涙ぐんでいた。
具体的な経緯は覚えていなかったけど、
そのときの感情だけが残っているようでした。


私もお母さんも、もう二度と夜中に一人で
縛り付けたまま悲しい想いをさせるのはいやだったので
交代で泊まり込むことにしました。

個人部屋はお金もかかるし、簡易ベッドだって別料金。


でも、どうしても払えないことはない。
それよりも、ばあちゃんの笑顔が見たい。


付き添うだけでなく、
あの手この手で笑わせるネタを思案中です。


今日はお母さんの結婚式のアルバムを持って行って見せました。


楽しそうだったー!!


昔のことは覚えていたけれど
新しいことはちょっと覚えにくいようなので、
明日も明後日も同じものを見せようと思います。


『もう見たよコレ』とか言ったら面白いな。(笑)



私のことも、途中までよくわかってなかったけど、


『えつこだよ』って何度も言ってたら、


あら!!えっちゃん!!あらどうしたんね?
えろう可愛いなってから!あんたはほんと、かわええ子やけねぇ。
娘がおったろう?ああ!!この子よ!あらー!来てくれたんね。
ありがとうありがとう。優しい子。優しい子。


って、娘ごと思い出してくれた。褒められてめっちゃ嬉しい。
手が私そっくり。この手は、ばあちゃんだ。あったかかった。
おばあちゃんにとっては
毎分毎分サプライズパーティーみたいなんだと思うと
何だかそれも、面白くなりました。(笑)


ばあちゃんが明日私を覚えてなくても
私が覚えてるから構わないし、

何度も笑わせてるうちに
また思い出してくれてもすごく嬉しいし、

思い出さなくても

ばあちゃんが笑うと私の世界がより楽しくなるから
これを機にばあちゃんをいっぱい笑わせようと思います。


お母さんも楽しく笑ってたから、それが何より嬉しかった!!
私には、お母さんは太陽みたいな存在だから。

娘には、私がそういう存在なのかもしれない。
太陽みたいなみんなが笑ってて、娘もすごく楽しそうでした。



笑うってことは、絶対、身体を元気にする何かがある。


そう確信しました。


そう思うと、
痴呆症も、笑ったもん勝ちなような気がしてます


私は。


おもろいことをこっちから仕掛ければ
きっと笑ってくれる。


笑ってくれたら、なんかすごく良いことした気になってね、
自分が嬉しくなるんです。


覚えられなくったって、一緒に笑えることはたくさんあります!
それがわかって、大収穫な本日でした。


さて、明日の午後は、ライブのリハーサル。


夜は、初めて、ばあちゃんと2人きり。
緊張するなぁ。照れてる私がおります。(笑)


そうだ!出来たばっかりのCD、聴いてもらおうっと。
むしろよく眠れたりして。(笑)


もし夜中にふらっと出掛けようとするなら、
ちょっと話しを聞いて付き合ってみようと思ってます。

どこに行きたくなるんだろうなぁ。興味があります。



ばあちゃんは、本当に素敵な人です。


痴呆症でも、それは変えようがありません。


ばあちゃん、はよ元気になって
じいちゃんとこ帰ろうね。


二人で一つ。魂の絆を持つ二人です。

御歳90と88。

二人とも、肉体の終わりを怖がってはいません。

むしろ、無理に個を失ってまで生かされることを
心からいやがっています。

この二人の孫であることを誇りに思います。


『誇りを持って生きる』

ってことを教えてもらってます。
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。