春分の日をお祝いして、
そんな日に読んでほしい過去記事アップ!


------


人生は、山登りのようなものだ、とずっと思っていました。

頂点を目指し、登り坂を力込めて一歩、一歩、あがっていく。
時には困難もあるだろう。
時には苦痛も、伴うだろう。

山登りをしはじめると、
もう後には戻れない。


頂点まで上り詰める間、
そこには今まで登って来た道のりへの
様々な想いがあり、

足は前へとしか進む事を許さない。



でも・・・



ある時気付いたんです。

人生は、山登りじゃなかった、って。

わたしの人生には、山はなかった、って気付いたんです。


頂点がありませんでした。

のぼり坂も、くだり坂も、実はありませんでした。


そこにあったのは、
ただただ広く、自分を受け入れてくれる壮大な平地でした。


----

人生は山登りだ、と想っている時。

困難があってあたり前
苦痛があってあたり前


上と下がいて、あたり前
そして、自分はどこにいる?
今どの地点にいる?と。

周りの人たちを見て
一喜一憂するのでありました。


あの人は自分より1合、上にいる。
あの人は自分より、まだまだ下にいる、って。


あぁ、あの人はもう見えないところまで
上の方にいるなぁ、って。


そういうのを見るたびに、
自分のポジションを確かめるようにして、
前へ、前へ、もっと、前へ
がんばるんだ、ハタユカ。


そうやって、山を登っている

「つもり」でした。


---

実は山なんて、なかった、と。

ただ美しく広がる平地を、
自分が山のように登っていたんだということに気付いたのです。


頂点という課題を課し、
困難をひとつ乗り越えることにより、自分の価値を見つけようとし、
苦痛に耐えた分だけ、頂点に近づいたとホッと
一安心したかと思えば、

その後またすぐに、一歩前へ出す足に重みを感じる。




山登り、やめたんです。
自分の目の前にあるのは、ただの平べったい土地なんだ、と。


そして、わたしはただそこで
踊るように駆け巡りたいだけだし、
同じ平地にいる人も、みなが山を登っているわけではなく、

ただただ、己の道をゆくだけなのだ、と。



そういう風に思ってからは、
たくさんの道具や必要なものを背負って山を登っていた時、
わたしの肩にのしかかっていた
なんだかよくわからないモノたちは、


たった1枚の白いワンピースへと変わっていきました。




--

頂点をめざすこともなければ、
そもそも、頂点などなかった、と気付かされたのは


心身の不調。
というか、限界値を超えたとき。


「あぁ、頂点にたどり着いたわ、わたし」
じゃなくって、

「あぁ、山なんてなかったのに、勝手に登っている
つもりだったんだな」

という安堵感も、やってきたのです。



困難と苦痛があってあたり前の世界より脱却。


それらがあってもいいし、
それらがなくても、いいし。



でも、

「あってあたり前」なのではないからこそ、
困難も苦痛も「有り難い」ものとなり、
感謝する事ができる。


本当に、心を取り戻したのは
この時だったと、思います。


--

がんばるすべてのひとへ、
山を登っているという勘違いから目覚めてほしいと思っているわけではありません。

わたしは、わたしの思った事、
体験した事、
そして自分の感じている世界というものを、


ただ舞うようにして表現したいだけなのです。


そこに、何合目にいまいるのか、と
争う人も必要ないし、
自分の価値を計るための頂点も、いらない。



共に平地で遊び、楽しみ、豊かに舞うような
そんな人たちとたくさん出会いたいと、思うのです。



今日もそんな出会いを求めて。
また新しく舞えるように。


 

求められるところで、自由に舞えばいい。

 

 

 

わたしが、人生のコンセプトコピーを

 

「それでも世界にYESと言おう。」(現ブログタイトル)

 

に決めた時、そんなことを感じた。

 

(スーッと決まっただけだが)

 

わたしは、

求められる場で、

自由に舞おう、と。

 

 

 

 

求められる場、というのは

誰かに求められる場所のことじゃない。

 

 

求められる場、といのはつまり

自分の人生におこるすべてのことであり、

 

 

誰かや何かを通して

自分のほうへ知らぬ間に流れてくる場のことである。

 

 

photo by Mizuho Kito

 

 

 

むかし、いろいろな職業に憧れたわたしは

 

デザイナーになろうと思ったり

建築家になろうと思ったり

起業家になろうと思ったり

旅人になろうと思ったり

カフェ経営者になろうと思ったり

小説家になろうと思ったり

写真家になろうと思ったり

 

実にいろいろなことを考え、

手をつけてはやめてみたり、

やってみては違うと思ったり。

 

ずっとずっと、

自分がずっといられる居場所みたいなところを探していた。

 

 

でも今は、自分には居場所は必要ないと思っている。

 

というより、

 

 

いま自分のいるところが常に、

いまの自分の居場所なのだ、と。

 

 

だから、特別な場を求めることは必要なくなった。

 

 

 

そのとき、

 

人生は山登りではなく

ただっ広い平地であるんだ

 

ということが

一気に実感として細胞に流れ込んできた。

 

 

 

 

誰々が自分より前にいるとか、後ろにいるとか、じゃなくて。

ほんとうはみんな、それぞれ思い思いに

今いる場所で、すきなように、踊っている。

 

 

みんな違う音を聞いて

みんな違う景色を見て

ただっ広い地の上で、

自分の存在を舞っている。

 

平地を山だと勘違いしているときは、

 

ただ歩けばいいのに

しんどそうに歩いたり、

疲れるなぁと動いたり、

急がなきゃ追い越される、と焦ったり

 

 

自作自演で、ひらべったい土地の上で山登りをしている。

 

 

その滑稽さに気づいてからはもう、

冒頭の通り。

 

 

求められるところで、自由に舞えばよいのだと。

 

 

 

 

 

何が起きていても

何も起きていなくても

何をしようとしていても

何もやりたくないと思っていても

 

自分がいる(在る)、ということが

なによりも重要で最大でそして最愛の事実であり、

 

その事実は生きている限り、

自分から離れることはしない。

 

 

 

しかし、わたしたちはすぐに、

 

ただ存在している等身大の自分そのものよりも

 

誰かの目や

世間の常識や

人の役に立てているかどうか

社会の役に立てているかどうか

 

という、

 

持ち主のよくわからないものさしで、

自分を計ろうとする。

 

 

 

そのものさしは、

 

”誰の”ために用意されたものでもなければ、

誰かに合わせてつくられたものでもなく

 

ものさしは、ただただ

自分の等身大を不自由にしていく。

 

 

 

ただ在る、ということは

今の自分に素直になるということ。

 

一瞬、一瞬それは変わっていくだろう。

今日と明日では、あるがままの自分は違うのだ。

 

だから尊い。

明日には出会えないかもしれない、今日の自分がいる。

 

 

 

photo by Mizuho Kito

 

 

 

だから、生きている、ということは

とてもすごいことだとわたしは思う。

 

ものすごい数の細胞が集まり、

頭では理解できないような調和の法則で

人体は動いていて。

 

その人体は、

 

地球の、

宇宙の、

ちいさな投影物だとしたら、どうだろう。

 

わたしたちは、地球の細胞だとしたらどうだろう。

 

すべてには、完全な調和が

科学や頭では理解できない法則で流れているとしたら、どうだろう。

 

 

むやみやたらに、

 

「起きていることにはすべて意味がある」とか

「全部、うまくいっている」と思い込むことに対して

 

懐疑的だったり、

恐れを抱く人もいるかもしれないけれど、

 

実際わたしだってそんなのはどうでもいい。

 

 

 

それよりも自分にとって重要なのは

 

 

”何が”ではなく

 

”どう”

 

という部分。

 

 

WHAT(何)より

 

WHY(なぜ)

そして、

HOW(どう)

 

 

つまり、

 

人生で何が起きるかはわからないし、

すべてうまくいっているかどうかは知らないけれど、

 

そうだとしても、

そうじゃなかったとしても

 

わたしは、

わたしの存在するその場で

自由に舞えばいいのだ

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

それでも世界にYESと言おう。は

 

 

人生が求めたことが身に起きるならば、

どんなことでも舞台にして踊ってやるわ

 

 

の決意表明だったのかもしれない、と

 

最近、再びおもうのだった。

 

 

ここからはお知らせ的な。

 

 

 

2017年の9月から、

しばし無期限活動休止

とすることにしました。

 

 

それまでの予定は

 

3月〜6月(4ヶ月プログラム)

ELMプログラム3期(現在募集中)

 

5月〜8月(+2ヶ月スカイプ期間)

ビジネスコアプログラム本講座(3月末募集開始)

 

 

4月と7月に潜在意識に関するセミナーを1回ずつ。

 

が現在決まっている予定。

 

そのほかにも、本の出版や

水面下で進んでいるプログラムなどがありますが

 

 

9月からは、セミナーや講座など、

すべておやすみします。

 

再開するかどうかはわかりません(笑)

一生しないかもしれません。

やりたくなったら、するでしょう。

 

 

 

 

・ブログ執筆やメルマガ

 

・ハタユカラボでのコンテンツ配信やメンバー限定企画(本日より募集開始)

 

・裏プロデュース&コンサルティング業

 

 

は継続します。

 

 

 

どうぞそれまでの間

まだこの場で舞っているので、

みなさまどうぞ宜しくお願いします。チューリップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前、ELMプログラムインストラクター研修をしていて、あるワークをやったのです。
 
そのワークは、ネガテイブな反応や心のブロックと呼ばれるような反応にアプローチをかけて、
 
潜在意識の深いところにある目的を見つけるワークなのですが
 
そのワークを通してわたしの中から衝撃的な思い込みが出てきたのです。
 
 
 
 
 
 
それは、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
わたしがハッピーだと
みぃーんな幸せになる
 
 
(と、潜在意識の深い部分に書き込まれてて超ウケた。笑)
 
 
 
それはまるで、
3歳児のように。
 
 
 
あ、これわたしの3歳くらいの写真。
{0173FF4F-EC31-41BC-A30E-943B690E6C75}
 
へんっなおっじさん♪の踊りしてるの。
 
この頃のこと思い出した。
 
 
 
わたしが笑顔だとみぃーーーんな笑顔になる。
わたしがケラケラ笑うとみぃーーんな喜ぶ。
 
 
 
 
あぁ、そうだね、そうだね、そうだったね。
 
 
わたしは、ここからスタートしてるんだったね、って。
 
 
 
---------
 
 
あなたのことが嫌いな人は、
あなたが幸せでも、あなたが嫌いだし、
あなたが不幸であっても、嫌いなのだ。
 
 
だけど、
 
 
あなたのことが好きな人は、
あなたが笑顔だと嬉しいし、
 
あなたがキラキラしていると
同じようにキラキラするし
 
 
 
でも、
あくまでも、
あなたのことが、好きな人は、ね。
 
 
 
 
自分がハッピーだと
周りもハッピーになるって、
そういうことだと思う。
 
 
でも、自分のことが嫌いな人は
どうだって、嫌いなのだ。
 
 
だからわたしは、
わたしのことが好きな人の前で、
 
 
たくさんのハッピーを
まるで飴玉が飛び出して溢れて止まらないように、ばらまけたい。
 
 
 
どうしたって自分を嫌いな人はいるけれど、
(または、嫌いじゃなくとも無関心だったり)
 
 
 
どうせなら自分がハッピーだと
つられてハッピーになれる人のそばにいることを選ぶの。
 
 
 
 
潜在意識の深い深いところで
 
 
自分の幸せは
みんな幸せにする
 
 
って、誰もが実は、知ってるし
信じてる。
 
 
 
 
でも、思い出せないだけ。
 
喜ばないひとがいることも、もちろん知っている。
 
 
 
だからこそ、選んだらいい。
 
 
 
 
 
嫌いな人に好いてもらうためにエネルギーさくよりも、嫌われるんじゃないかとか考えることにエネルギーさくよりも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オチが見当たらないので
大事な書類が見つからなくてガビーンな顔で〆る。
 
{ACAB97EB-D0F3-4C46-9CC5-1835AE09C091}