先月はたゆか頭脳解放DAY for ビジネス

 

というのを開催しました!

 

 

 

 

 

お越しいただいた一部の方の感想をご紹介・・・

うれしいので笑

 

 

 

▼名前(ペンネームでも可)

 

s

 

▼はたゆか頭脳解放に参加してどうだったか?

 

まずは、秦さんのすごさを改めて感じました!

表面的な話から、私のコアを一言で言い当てられ、

思わず涙が溢れてしまいました。

 

泣くつもりはなくて、びっくりしました。

頭では、これがコア?! みたいな感じでしたが、

薄々気づいていることだったなと、ハッとさせられました。

数年モヤモヤしていたことが、鮮明になり、かなりスッキリしました。

 

 

いろんなコアを知る機会はありましたが、どストレートの特に純度の高いコアを知れたのは良かったです!

勇気出して参加してよかったと心底思いました。

ありがとうございました!!!!

 

他の方の話も深くて、参考になりました!

スピ的な話からリアルなビジネスの話の振り幅がとても興味深く、楽しい時間でした!

 

 

▼どのような人に、はたゆか頭脳解放をおすすめしたいか?

 

秦由佳さんの発信する世界観が好きな人は特にオススメです!私がそうなので。。。

 

 

目の前で繰り広げられるハタユカワールドを是非、リアルに体感してもらいたいです!

やみつきになります笑。

 

あと、受ける前と受けた後は、自分の中で大きな変化があります!

 

 

----------------------

 

 

ということです。笑

 

コアの発掘は大の得意ででしてね。

コンサルティングでは世界観をリーディングする必要があるので、おのずと開発されました。

 

会って10分くらい話していると分かります。

聞かれないと言いませんが。

 

 

Sさんもそれを思う存分味わってくれて

頭脳解放のしがいがありましたキラキラ

 

 

もうひとつご紹介。

 

 

▼名前

 

高野友実(たかのゆみ)

 

 

▼はたゆか頭脳解放に参加してどうだったか

 

もう、ほんとーーにありがとうございました!

 

はたさんはスピリチュアル方面のことは

お仕事にはされていないとのことだったので

ブログ向きの感想ではなくて申し訳ないですが笑

 

 

「今世にね~、学びは無いんだよ~」

と言われてびっくり。

そして妙に納得しました。

本当のことに出会ったとき特有の、

お腹が先に「そうそう!」って言い出して

頭が「え?何々?なんで?」ってテンパる感じ笑

頭はあいかわらずあーでもないこーでもないって

グッピーいっぱい増やしてますが…

 

 

わたしに学びはないんだ

まったりしてていいんだ

オーディエンスでもいいんだ

使命とかナントカとか

探さなくていいんだ

学びのために苦しむことはないんだ

完全に自作自演なんだ

楽しめばいいんだ

ものすごい、自由なんだ

何?もう

生きてることがギフトじゃん

ご褒美の命なんじゃないか

 

なんだ、そうだったんだ、、

 

な~んだ

なあ~んだ、も~~~

なあ~~んだ~

 

って

36年分、

「なあーんだ」

を味わい

いっぱい、泣きました。

今までくっつけていた要らないものが

しゅうしゅう音を立てて消えた感じです。

 

安心したんです。

とてつもなく。

 

使命とかたましいが望むナンチャラとか

そういうことに振り回されてたけど

この体と心で自由に自分を生きればいいのだと

本当に大切なことに気付かせてもらいました。

 

〜 中略 〜

 

とにかく

はたさんは写真より綺麗だし

愛で出来てるし

ビジネスやるやらないに関係なく

いろんな人が会いに来れる

頭脳解放みたいな会を

いっぱいやってもらいたいです!!

 

 

▼どのような人におすすめしたいか

 

ビジネス?よくわからん

だけどハタユカって人に会ってみたい

あの人なんか持ってるっしょ…

うん、行こう、とりあえず

何聞きたいかもわかんないけど!

 

的な笑

 

ビジネスはピンと来なくても

はたさんにピンときた(≧∇≦)

って人にはうってつけです!

 

 

----------------

 

ということです。

たくさん褒めていただいて、嬉しい限り照れ

 

中には彼女のように、

今世では学びはもうない、ということを学びにくる人もいるんですよね。

 

ここらへんは、ちょっと怪しいあっちの世界との会話です・・・。それをお伝えした感じです。

 

 

 

これも楽しかったくちびる

 

 

 

 

 

 

 

for ビジネス

 

のつもりでやった頭脳解放DAYでしたが、

 

ビジネスの話があったり、

チャネリングショーがあったり

お金のリーディングがあったり

全然違う法則的な話があったり、

 

泣いたり笑ったり(8割爆笑でしたが)

いろいろな人生が垣間みえてとても面白かったです。

ありがとうございました。

 

 

また開催しますね。

 

 

はたゆか頭脳解放DAYと似ていますが、

 

 

 

8月20日・8月29日は、同じような人数体制で同じような感じで、こんな勉強会をします。

 

やりたいことでビジネスをはじめたいビギナーさん、

既にビジネスをしていて売り上げをグンっとあげたい方

収入を上げたいけどどうしたらいいかわからない人

 

などのための勉強会です!

 

会いに来てくださいね〜。ズバズバいきまっせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さきほど、フェイスブックにこんな投稿をしました。

--------

仕事ひと段落して、ひとり焼肉。
お店の人(女性)の空気がものすごくいい。なんかすんごい、楽しそう。なんか、すんごい接触すると幸せな気分になる。なぜだろうと思ってたら、話しててわかった。
 
 
彼女は、
焼肉が好きなんだ。
お店で働く以上に、焼肉が純粋に好きなんだ。
焼肉を食べることが好きだから、楽しいんだろうなと。やっぱり、それには敵わんわ。
 
わたしはどうだろう?
 
 
んー。
 
 
 
やっぱり好き、潜在意識( ̄▽ ̄)
(あとお肉。というかホルモン。笑)

{E62B6B55-A952-4431-ABE0-817080BD9EC3}




わたしね、自分より潜在意識のことや
心のこと、あっちの法則のことなどを
知っている人はたくさんいると思ってる。



専門的に研究している人に比べたら知識量や、研究量は足りないし、


実証データもなければ、論破するほどの経歴もない。



でもただ好きなんだ、といえる。



わたしの講座にぜひきてね!
コンテンツを手にしてね!
一緒に学ぼうね!

その理由は?と聞かれて


なぜならわたしはそれが、
大大大好きだから


と言う。


そんな、

好きが理由になる社会って
そう遠くない気がします。






あ、わたしは
潜在意識と
お肉大好きです。

(2回目。笑)


ある日のスーパーの帰り道。

まぶしい西日をあびながら、ふとおもった。

 

 

「あ、そうか。わたしっていつか必ず死ぬんだよね」

 

 

別に、病気になったわけでもない。

思い悩んでいたわけでもない。

 

死について憂いたわけでもなければ、

なにかが嫌になったわけでもない、

 

ただのただの、今日の夕飯つくろうっと、

 

な日常の中に急に降りてきた、不思議な感覚だった。

 

 

それは、わたしに何か別の感情を与えるものではなく、

 

ゴクリと軟水を飲んだときくらいの

ちょっとしたさわやかさを帯びた、

ほんとうに不思議な感覚。

 

 

かといって、

今生きていることを大切にしよう!!!!!!!

(びっくりマークの数が重要)

 

 

と思ったわけでもないので

それはそのまますーっと通り過ぎていったのだけど。

 

^^^^

 

そのあと夕飯を作りながらぼーっと考えた。

 

そうか。

 

わたしはいつか必ず死ぬなぁ。

 

なにかが残せたとしても、

残せなかったとしても、

 

どうせ死んだわたしは、

それを身を以て確認することは、できない。

 

 

誰かが、

 

あの人はすごかった

 

といっていても、

 

誰かが、

 

あの人は最低だった

 

といっていても。

 

 

それは、わたしのすでにいない世界で広がることで

わたし自身はもう、そのことばにさえ触れることができない。

 

 

 

さみしい、

 

とは思わなかった。

 

 

でも、そのかわり

何かを残したとしても

自分自身はそれに触れることができないならば

 

 

がんばって何かを残そうとする必要もないんだろうな、とおもった。

 

 

 

たとえば、地位とか。

お金とか。

(家族や子供がいたらべつかもしれないけれど)

愛とか友情とか。

 

 

残そうとする必要がないということはつまり、

 

”わたしのものである”ものは、

実はなにひとつないし、なくてもいい、ということでもある。

 

 

 

残す必要もないのだから、

所持する必要もない。

持っていないことに、嘆く必要もなければ

”ある”ということに執着する必要もない。

 

 

 

わたしたちはときに、

あるとかないとかに、

翻弄されすぎるとおもうんだ。

 

 

持っているとか、持っていないとか、よりも大切なことがもしそのときの自分にあるならば、

 

わたしはそっちを大切にしたいとおもった。

 

 

 

 

孤独なことかもしれないけれど、

 

わたしのものであるもの、こと、ひとは

なにひとつ存在しない。

 

それはただの幻想である。

 

(そして、幻想であっていいし、

幻想をみていても、よい。 )

 

 

だから、べつに

 

”わたしのもの”を増やす必要もなければ、

”わたしのもの”が減っていくとか減るだとかで

思い悩むことも、ほんとうはない。

 

 

 

 

あぁ、

 

”わたし”ってなんて自由なんだろう、とおもった。

 

 

(この”わたし”っていうのは、秦由佳のことではなく、

「わたし」という感覚のこと)

 

 

持っても良いし、

持たなくても良い。

あってもいいし、なくてもいい。

とても自由。

 

 

 

わざわざブログに書くことでもないかもしれないけれど、

残しておきたいと思った雑感。

 

 

わたしは、

 

実はなにも手にすることができない

 

し、

 

なにも手にする必要がない

 

のかもしれない。

 

 

だからこそ、何かを手にする自由も権利も同時に持ち合わせている。

 

それは必須なのではなく、あくまでも”楽しみ”である。

 

 

だから、持っていることや

持たないこと、を楽しもう。

 

あるなら、あるを楽しんでみて、

ないなら、ないということも楽しんでみる。

 

自分にやさしい生き方なんじゃないかとおもった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・まぁいいか、といって味噌汁の準備をした。

いつもよりちょっとだけ、

 

味が濃い気がしたのは気のせいだとおもいたい。