ずっとコツコツ長年やってきたことで

最近、想定以上の結果が出ているものがある。

それを振り返っていて思った。

 

あー。努力が花を咲かせるんじゃないんだなって。

  

 

語弊があるかもしれないけど、

努力そのものが無駄なのではなく、

 

必要な努力と

無駄な努力があるだけだということ。

  

例えば、先に未来には結果が決まっているとする。

 

その結果に向かっているときの努力は心地よくて楽しくて夢中になれる。

 



ひかりを見て進むからだ。

 



そうじゃない「やらなければいけない」から設定した、無意識の結果に向かっているときは

  


うしろからオバケが追いかけてくるような、そんな感じで辛い。というか、こわい。

 




追いかけられる努力と

ひかりに導かれる努力。

 



はたから見たら同じだろうけど、

ひかりに導かれた努力の道に残る

その足跡ひとつひとつが

豊かな土壌をつくり

  



そして、ふと後ろを振り返ったときに

花が咲いていることに気づく。

 



 

想定以上の結果が出ていることは

努力もしたし

頑張った時期もあったし

たいへんなこともたくさんあったけど

 



常にひかりが導いてくれた。



 

そして今もなお、

ひかりが見えるから



 

結局、咲いてる花(結果)は

前を向きひかりを見つめる自分ではなく、



 

その後の道を歩む者たちのためにあるのだなぁとおもう。


{F9E48D2C-491C-45FD-8527-488DA984C988}

(写真は広島の太光寺)









わたしは努力がすきだ。


でも、


辛い努力は嫌いだ、


というか


選択しない。








おかげで、


できないこと

わからないこと


に対する免疫がかなり高くなったと思う。




つまり、



出来ないことがあっても

あまり気にしないから

できるまでちょこちょこ

コツコツできる。


わからないことがあっても

それに罪悪感がないから、


わかるまで

こうかな?

あんな感じかな?

こういうことかな?


と考えることがすき。




もちろん、

昔は正反対で。




わからないことがカッコ悪いから

それ以上知ろうとしなかったし、


出来ないことは恥ずかしいから

挑戦する前にやめるか、

言い訳をして避けていた。



でも、


分からない自分

出来ない自分を


本気の本気の本気で受け入れてみたら、

そんなことどうでもよくなって、





やってるときの自分や

やっている最中がどれだけ

楽しくて好きな時間であるのか


これを基準にするようになった。








だから、



自分のことが嫌いになったり

やっている最中とても

辛い気持ちになる努力は




そもそも、

歩んでいる道が違うのかもしれないと

分かってからは

方向転換することにしている。





そういう道は

歩かなくてもいいと、思うようになった。






そういう道、つまりそれは



自分自身じゃない

誰かの道。





------






自分の存在価値を確かめるために、

やっているすべてのことをやめてみる。

 

それは自分に対しての

とってもやさしい贈りもの。

 

 

もう、確認しなくてもいいよ、って。

もう、なんの証明もいらないよって。

 

 

望まれて生まれてきたのか

生きていていいのか

自分は価値があるのか

愛されているのだろうか

 

 

その確認はすべて

”わたしは、生きていてもいいのか”に繋がっている。

 

 

でも、今生きているということがすべてなのだから。

確認しなくても、本当は答えはすでにでている。

 

 

だけど人は、

生きているという事実そのものよりも

もっとたくさんの答えが欲しい。

 

多くの人の言葉が欲しい。

たくさんの称賛があれば、

 

自分はここにいてもいいって

そう思える、と。

 

 

 

そして、

生きている自分を無視して

誰かの声に耳を傾け

誰かの目線に気を配り

誰かの気持ちに自分ごともっていかれてしまう。

 

 

 

もう、やめていいよって、言ってしまえばいい。

 

 

 

確認しなくていいよって

証明しなくていいよって

 

わたしが素晴らしいのかどうか、

価値があるのかどうか

人の役に立てるのかどうか

誰かに必要とされているのかどうか・・・

 

 

そのものさしで自分を計ろうとするのは、

もうやめちゃおうよって。

 

 

 

”その”ものさしって書いたけど、

どのものさしでも測るのを

そもそもやめてしまうの。

 

自分を計ろうとすることさえ、やめるの。

何かを計ろうとすることさえ、やめるの。

 

そのときはじめて、”共存”が始まる。

 

ものさしを捨てた時に、

はじめて人と人は、

自分と自分は、

もっとも素の状態でいられる。

 

 

 

 

そうすると、息をするのがすっごくラクになる。

誰かと比べなくてもいいんじゃなくって

 

本当は何とも比べられないってことを

受け入れるしかないって。

 

 

 

 

 

 

 

だから、

 

自分には価値があるのかどうか

愛されているのかどうか

守られているのかどうか

必要とされているのかどうか

 

 

という

 

確認のためにやっていることを

 

ちょっとずつ、ちょっとずつ

気付きながら、やめていく。

 

 

 

 

確認しなくなったらどうするの?

一生わからないじゃない?

不安じゃない、こわいじゃない!

誰か、わたしはここにいていいよ、って言って!

誰か、わたしのこと愛してるって

大切にしているって、

守ってやるって、

大丈夫だよって、

 

言ってよ!

 

 

 

 

そうやって叫びそうになったなら、

最高のチャンスだ。

 

 

考えるよりも、見ること。

欲するよりも、見ること。


未来について考えるのではなく、未来を見る。

自分について考えるのではなく、自分を見る。


じーっとただ見ることってとっても大切。
でも、難しいと思って
答えが欲しいと思って
はやくしたいと思って、

そこを手抜きしちゃう。


すごくもったいないな、って思うんです。

「見る」力は誰にでもあるのに、
それを閉ざしちゃうのってとってももったいないな、と。


こういう仕事をしているとつくづくおもいます。

———

わたしはほとんど悩むことがありません。


しかし、嫌なことだったり問題が起きたり、普通にします。

でも、悩みません。

未来のことも、どうしたらいいかわからないことはたくさんあります。


でも、悩みません。



考えるのではなく「見る」ことをいつもしています。

それはとてもシンプルな作業ですが、

しかし、自分の心の深い部分で落ち着いていないとできません。



考える、と見る、の違い。



例えば仕事で何がつまづいたとしましょう。

その時に「どうしようか」と考えることと、

「どうしようか」と見ることは違います。

考えて考えてこんがらがるときって、その対象が見えていません。
逆に、対象を見ずに自分の中の思い込みと対話し続けていることになります。

例えば恋愛で何か問題があったとしましょう。

その時に、多くの場合は「相手」を見ずに、

「ちょっとした相手の行動や言動」だけを見て、あとは脳内妄想を見ています。

なので、それは本当の意味で対象となるその相手を見れていません。


やっていることは、脳内合戦のような、
つまりは自分自身との戦いをしているようなものなのです。



わたしが何か問題を抱えた時。

その問題について考えることは一切しません。

その代わり、

「見る」ことはします。


問題だとおもうこと、現象、などを、しっかりと見ます。


観察、と言い換えてもいいかもしれません。


見ていると、自分の中から色々なものが出てくるのです。



考えや価値観、感情などがでていきます。

いわば、アウトプットですね。




「見る」を続けていくと、

自分の中のものがどんどん外に出て行き、そして、出て行った結果

自分の中に隙間が生まれます。




その隙間がうまれたとき。

「ポンっ」と何かに気づきます。



問題をこうすればいいというヴィジョンや、

「お、こういうことか~」という視点が生まれます。



見て、アウトプットがはじまって、
出し切った頃に、発見する。



このサイクルを繰り返しているので、自分の中の隙間に
ポンっと答えが落ちてくるまで、ただじっと見つめているのです。




ただ見る、という時間を増やすことをおすすめします。

最初は慣れませんし、

「ただ見る」ってどういう風にするの?これであってる?これはまちがっている?

と考え出すかもしれません。



でも、ただ見るってのは、ただ見るってこと。




将来について考えるのではなく、
将来を、見よう。

幸せポジションに立って見よう。
自分ポジションに立って見よう。



見えたものが、答えになるから。

だから、


ただ、シンプルに、見るだけなんです。



————

2016年過去記事でした。


★3月20日からの本格スタートに備えて!

今日はメルマガを配信します。
テーマは

『純度』

今日の20時配信予定です。


無料メルマガはvie.createur◎gmail.comから届きますよ!
受信設定や迷惑メールボックスなどもご確認くださいね。



無料メルマガはこちからから登録