もう少し書きたいことがあるので、

先日の記事たちの補足としてお読み下さい。

 

^^^^^^^^

 

心の筋力、というものがあるとわたしは考えています。

 

身体には筋力があるように、心にも筋力がある。

 

 

筋肉を動かせば、筋力がつき、基礎代謝がよくなって体温があがる。

 

心の筋肉を動かせば、心の筋力がつき、心の温度が上がる。

 

 

 

ムキムキマッチョになる必要はありませんがw

 

筋力というのはとても大切で

身体にとって必要な循環や温度調整、

自律神経の働きなどにも影響を及ぼします。

 

心の筋力というのは単純に言えば、

「感情」の動きに対する感度、というか対応力です。

 

 

 

生きている限り心は動き続け、

わたしたちは反応をし続けながら過ごしています。

 

 

心は常に動いているのですが、

その振れ幅の大きさというのが

心の許容範囲を決めます。

 

さて、心の筋力を鍛えるためには、

とにかく感情の動きに対して対応する力を高めるしかありません。

 

 

どんな感情も抑圧することなく

表現することができるようになると、

自由になる。

 

 

よく感情の波がある、と言いますが本当は感情には波はありません。

感情は種類があるだけなのです。

 

 

 

波があるのは、人の許容と反抗によるもの。

 

受け入れたり受け入れなかったり、味わったり反抗したりするから、波立つのであります。

 

 

どんな感情に対しても

抑圧することなく対応することができる、

というのが心の筋力であり、

本当の意味の”感受性”なのだと、わたしは思います。

 

 

 

 

 

どのような感情に対しても同じように接することができたとき、

人生からポジティブな感情やネガティブな感情という概念は(必要)なくなります。

 

 

感情に対するジャッジがなくなれば、

わたしたちはもっと自由に心の動きを感じ

共にあることができるのです。

 

 

^^^^^

 

多くの人と接してきて、またカウンセリングなどをしてきて特に思うのは、

 

 

感情の振れ幅、許容範囲、つまり心の筋力と、

物事に対する柔軟性は比例しているということ。

 

その柔軟性は、そのまま

自由さや豊かさとつながっている。

 

 

感情に対するジャッジメントそのものが、

物事や出来事、他者や自己に対するジャッジメントそのものと

つながっているからです。

 

 

極端な話、

 

どんな感情であっても受け入れ、同じくらい味わうことができれば

どんな自分であっても受け入れ、同じくらい楽しむことができる、ということ。

 

 

それくらい、感情というものに対して意図的に鍛えていく心の筋トレ、というものが重要だと感じているのです。

 

 

^^^^^

 

そのようなことを会議室メインでお伝えしていた頃。

何か物足りなさを感じていました。

 

 

感情は会議室では起こらない、現場で起きているんだ!

 

image

 

と、どこかの映画のセリフのようなことを思い(笑)

わたしはもっと多くの感情を引き出し、

味わい、心がそれに慣れ親しんでいく場を用意したいと思って

 

ELMプログラム、というものを編み出しました。

 

下矢印注目下矢印

2月12日@福岡

2月19日@神戸

3月1日@東京

で体験会をやります!

 

 

image

 

 

 

このプログラムでわたしは、

人生の自由というものを体感的に獲得する場を設けたかった。

 

 

 

わたしはアシストすることしか、できません。

本当の自由を与えるのはいつも、その人自身がその人自身に、だからです。

 

 

ただし、アシストする側としては、とにかくまずは感情の自由に触れて欲しいと思うのです。

 

 

 

 

 

ELMプログラムの中でわたしは、人には

得意感情と苦手感情がある、ということを説明します。

 

あ、この本にも書いたかな?(忘れてしもうた。読んでみて。笑)

 

 

 

得意な感情は、すんなり出てくる感情。

つまり、よく感じる感情です。

 

※注意※

 

不安やイライラ、モヤモヤは感情ではなく

「反応」なので、ちょっと違います。

そういった反応の下には必ず感情が隠れています。

 

感情とは、

 

怒りや寂しさ、悲しさ、喜び、嬉しい、楽しい、

というようなとてもシンプルなものです。

 

 

 

 

 

わたしの得意感情は寂しい、かもしれません。

わたしの苦手感情は、嬉しい、です。

 

(1種類とは限りません、人それぞれです)

 

 

これを知っておくと、心の筋トレとして

日々、意識的に「嬉しい」の瞬間に意識を向けてみようとできるのですよね。

 

 

 

嬉しいときのわたし、どんなとき?

嬉しいって、どんな感じ?

 

 

まるで子どものように、好奇心を持って苦手な感情を日常の中で感じてみる。

 

 

 

 

そうすると、自分の中で対応できる、というか

 

「この感情はこう感じたり味わえばいいのね」という

 

感情の種類が増えて、心の筋力があがるのです。

 

 

 

もう少し具体的に説明すると、わたしたちには

 

・感じる自分

・判断する自分

 

とがあるのですが、

 

判断する自分が未熟だと、感じる自分を否定します。

 

そうすると、感じる自分は感情を選ぶようになる。

判断する自分も、慣れ親しんだ感情しか受け入れないようになっていく。

 

 

 

感情って、良し悪しがないんだ!

ただ種類があるだけなんだ!

 

ってことを、

 

・感じる自分

・判断する自分

 

の両方が知っていく。

 

そうすることで、感情に対する対応力は成熟していきます。

 

^^^^^

 

不安やイライラは、感情が出てくる一歩手前、のような反応です。

 

 

あと、拒否感とか嫌悪感、あるいは罪悪感なんてのも

感情ではなく反応の一種として捉えるとわかりやすいです。

 

 

一般的にそのような区分けがあるわけではなく、

あくまでもわたしの長年の個人的な研究結果ですが。

 

 

不安やイライラしたとき、モヤモヤしたときや

拒否感を感じたときに、その下にある感情を探してみると

 

自分が苦手だとしている、あるいは

「今ここでは感じてはいけない」と抑圧している感情に出会います。

 

 

 

そのようなプロセスを経ることによっても、心の筋力といいのはあがっていく。

 

 

何度も申してすみませんが、

 

 

心の筋力が上がるということは、

心が様々な動きに対応できる、ということ。

 

様々な動きに対応できるということは、

 

どのようなことがおきても、

どのようなことを考えても、

どのようなことを言われても、

心がどのように動いたとしても、

 

大丈夫

 

 

だと思えるってこと。

 

 

 

自由ですよね、非常にフリーダムです。

 

わたしはブログや講座、ELMプログラムのようなちょっと特殊なワークショップなどを通してこの自由さを体現できる場を増やしたい。

 

そしてわたしも、もっとこの自由な感覚に触れていたい。

 

 

2017年も潜在意識漬けの日々となりそうです。

 

(オチは自己表明でした。)

 

^^^^^^

 

 

余談ですが、ビジネスをする人は必見!?

 

お金を稼ぐことができる人とできない人との間には

 

”ある感情・反応”への対応力が決定的に違っていました。

 

 

 

 

なんだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

”羞恥心(恥)”です。

 

 

お金を稼げるようになりたい〜!と思う人は

 

ぜひ羞恥心にスポットライトを当てて、

 

日々の中で恥ずかしい、という感情や羞恥心というものと出会ってみましょう。

 

この感情・反応に慣れれば慣れるほど、

 

お金を稼ぐのは得意になっていくと、わたしは確信しています。

 

ぜひ、試してみてくださいねとびだすピスケ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リブログ(8)

  • ”自由であるにはこれしかない!とたどり着いた結論。”

    自由になりたい そんな願いを、ずっとずっと大切に握りしめてきました。 どこで、どうやって、その願いが生まれたのかさえ、今は、もう思い出せないのだけれど。 自由になりたいと願いつつも、何に囚われているのか、まったく見当がつかなかったし、 いったい どういう状況になれば、どういう環境が整えば、何…

    一ノ瀬奈津

    2017-01-04 21:00:00

リブログ一覧を見る

コメント(5)